FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第23話「見当」


「まあ、あの女性(かた)の持病みたいなもんだから、仕方ないんだけどね・・」そう思いながら看護師・瀬野美波(せの・みなみ)は女医・本荘小町(ほんじょう・こまち)に LINEの返信をした。「大声じゃ言えない・・ですね。大体の所は分かりますわ。でも今は、詳しく触れない方が良くありません?」 少しおいて、小町から折り返しが。「分かれば良いのよ。11/3の金曜祝日に、直に会った折でも良い事だしさ・・」 「了解です。そうしましょう」ひとまず、交信終了。

「どうせ・・」少しおいて、美波は一人呟いた。「ウチへの出張視察や講演とかは そりゃ必要な事だろうけど、もう一つ『影の』目的があるのよね。それはズバリ、患者の男たちの『そのもの』を味見する事なんだわ」 そして続けた。「あたしも、その標的の絞り込みには加担させらるわね。まあ覚悟はしてるわ。小町さんのご行状が、表にならない様に細工すれば済む事だし・・」決して暇とは言い難い病院勤務の合間、暫くはその事に時間を割かれそうな気配だった。

「それにしても・・」更に美波の呟きは続く。「小町さんがお越しの あの同じ日取りで 豊(ゆたか)も一度帰って来るのよね。又 是非会いたいわぁ~!」 勿論、美波が豊に会おうとしているのも、暫くぶりの他に「影の目的」があった。言うまでもなく、彼の若い身体と竿(=男根)を 彼女の下方で味わう事にあったのだ。

一週間の後 10/27土曜午後、中条は 己の居所に豊を招いて M県下の 彼の実家近くの宿の事などについて、詳しい話を聞く事にしていた。まず昼過ぎに JR中央駅近くの 中条の馴染み処で昼食の後、彼の車で居所へと流れた。「今夜は 初ちゃんも来れない日だから、良けりゃ泊まってけよ」 「有難うございます!まぁ 成り行き次第って事で・・」豊も、笑顔でこう返した。

「まだ、アイス・コーヒーの方が好いかな?」そう問いたくもなる位、日中はまだ暑さを感じる陽気が感じられる日だった。蝉(せみ)の鳴き声が止んだのさえ、つい先日の事だ。「そうですねぇ。冷たい方が良い位で・・」訪ねた若者は、そう返した。「よしゃ、じゃあな・・」それを受け、中条は二人分を用意した。

よく冷えたコーヒーを嗜みながら、中条と豊は話を進めた。「豊君、面倒かけたな。有難う。場所は、君の実家からそう遠くなさそうだな」 「とんでもありません。お役に立てて嬉しいです。そうですね、親父の勤務先・地元漁協の知人が持ってる民宿でして、設備面は旅館クラスだし、料理も自信があるなんて言ってましたね」 「ああ、そりゃ楽しみだ。初ちゃんも俺も、海鮮は得意だからな。それに好い日本酒でもありゃ、もう文句なしでさ。後少しで、豊君とも杯(さかずき)を交わせるな。頑張れよ!」 「ええ勿論!大学受験を控えて ちょっとしんどいですが、是非乗り越えますよ!」

「所でさ・・」中条が続けた。「はい、伺います」豊が返すと 「この時の三連休って、君も帰郷するんか?」 「ええ、三日ありますんで、親元への顔出しと、お世話になった 瀬野美波さんと会えれば・・なんて思ってるとこですよ」 「そうか、分かった。短いから叶わんかもだが、美波さんや君とも 現地で会う時間が取れると良いな」 「・・ですね。ホント まだ今ここでは分からんですが、イケそうならご連絡入れる様にしましょうか?」 「それが良い。頼むわ!」 「分かりました。確かに!」豊はその夜 中条方に一泊し、他の話題などで談笑の後、翌日昼 雨に祟られて帰ったが、小町と往路を共にする事は、最後まで伏せた。

さて 11/3金曜祝日朝 まず小町と豊が、美波のいる病院もある M県の北紀(ほっき)町を目指すべく 混雑で賑わう JR中央駅にて待ち合わせ。この年の春、豊が 大学進学を果たした阿久比周(あぐい・あまね)を実家に招いた時と同じ臨時特急「紀伊81号」。乗り込む車両も同じ 2号車だが、前回と異なり 上級のグリーン席である。

「どう、少しは寛(くつろ)げるでしょう?」プラットフォームの売店でペット・ボトルの日本茶や缶コーヒーなどを買い、窓側席に落ち着いた小町は 隣席の豊にそう問う。「・・ですね。やっぱりグリーン車は良いなぁ!」後席の客に一言の後、リクライニング式の背もたれを倒しながら、豊はそう返す。当然だが グリーン席は普通席より間隔に余裕があり、背もたれも深く倒せるのだ。

天気にも恵まれた 三連休の初日。臨時といえど、特急「紀伊81号」の乗車率も良い様だ。4両編成中 自由席の最後尾 1号車は立席も複数見られ、他の指定席車 3両も、2号車の過半を占めるグリーン席を含め 空席は僅かだ。「この列車で このレベルの混雑は、盆暮れと5月連休位ですね」豊は小町に、そう説明した。

「そぅかぁ・・なら今日は、一年でも一番混んでるレベルなんだね。じゃあ、余り騒いだり大声じゃ言えない事とかはできそうにないね」小町、残念そうに笑いながら応じ。豊も その言葉の意味を薄々分かっていて、笑顔で返す。「ですがね、先生・・」笑いなから、彼は言った。「うん、何よ?」小町が返すと 「多分、美波さんとも会えるでしょうし、自分はその辺 楽観してるんですが・・」

小町「まぁ!そいじゃ、夜にでも彼女と会って ヌイて欲しいって訳?」 豊「随分露骨だなぁ!」と苦笑しながらも続ける。「それはまぁ 美波さんのご都合にもよるでしょうけど、もし叶えば、そうしていただければ有難いって事でして」 聞いた小町は「まだ分からないけど、その願望 叶うかもよ・・」と、笑顔で応じた。そうこうする内に 出発時刻が迫る。

8:50am、時刻表通り出発。初めの内は、単線々路の行き違いなどの為 速度(スピード)が伸びない事は、一度はこの便に乗った豊なら知る所だったが、小町が苛立ったりしないかと ちと心配なのも事実だった。幸い それは杞憂だったのだが。豊がその辺りを説明すると「まぁ そういう事なら仕方ないわね。この辺は土地の地盤も弱い所があるし、鉄道も道路も通し難かったみたいね」と返された。

出発して小半時程で 広い木曽三川を長い鉄橋で越え、ようやく本来の特急らしいスムーズな走りを見せ始めると、小町が「所でさぁ・・」と声をかけた。「はい、何でしょう?」豊の返事に 「今日から、中条さんも こっちへ来るらしいじゃないの」と続けた。「わっ・・!」豊は驚いた。「早いな、情報が・・」

そう思い出ながらも、彼は努めて冷静に振る舞おうとした。「ええ、まぁ そんな事も聞きました。自分の実家近くの宿とかを尋ねられましたので、分かる所でお答えしておきました」 小町「あぁ、なる程ね。・・で 彼、まさか一人じゃないよね」「はい、こちらへはお一人って事はないと思いますよ」「そぅか、分かった。有難う・・」

そう返した小町、脳裏には「恐らくは、初美が一緒。もう、間違いないわ!」との確信が渦巻いていった。そして「ちょっと、美波の力を借りようかしら。とに角 北紀中央病院への出張中、彼には踏み込んで欲しくない。うん!美波と会ったら、この事は 早めに打ち合わせといた方が良さそうだわ」幸い、列車はまだ伊勢平野を快調に南下している。この先、山間に入ると LINEなどSNSの通信状況悪化も考えられた。

「小町です。忙しいとこ悪いけど、折り返し返事をくれる?」一旦 豊がトイレに立ったのを認めて、美波宛て LINEを送る。直ぐ様の返事。それに「今 列車の中だから、手短かにするわ。午前中に着けると思うから、その時至急打ち合わせたい事がある訳。お仕事とは必ずしも関係ある訳じゃないけどね。まぁ 昼ご飯一緒にしながらできれば、最高ね」美波からの、続いての返事も直ぐだった。「了解しました。それじゃ お昼ご飯の折って事にしましょう。後少しね。お気をつけてどうぞ。豊にも 宜しくお伝えを」「有難う。確かにね!」

美波との交信を終えた直後、豊がトイレから戻った。「惜しいわねぇ。空いてれば、二人して事に及んだかもだけど・・」そう呟(つぶや)き、教え子の股間に目を遣ると、結構張っているではないか。つまり礼儀を正し、勃起しているという事だ。「豊・・」席に戻った所で、こう言った。

「はい、何でしょう?」彼が返すと 「礼儀正しいわね。そのままにするの ちょっと惜しいから、マッサージしたげるわ・・」「わっ!、ちと拙いんじゃないですか?」「静かにやれば 大丈夫よ・・」そう言葉を区切ると、小町は 豊のジーンズ越しに左手で摩(さす)りを入れ始めた。「あっ、はっ、うぅぅ・・で、でもやっぱり、い、良い・・」押し殺した様な豊の呻きは、強さを増す列車のディーゼル・エンジンの轟音にかき消され、殆ど聴こえない。いよいよ、紀伊山地へと入った様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 浅野えみ
今回の「音」リンク 「イヴニング・タイド(Evening Tide) by松岡直也(下記タイトル)
Evening Tide
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。