FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第28話「受診」

ayaka-tomoda8_1.jpg
女医・小町の呟く様な言葉通り、11/3~5の金曜祝日から日曜にかけての M県北紀地方は、暖かく穏やかな晴天が続いた。特に中日の 11/4土曜は、朝方の最低気温 10℃台半ば、日中の最高気温に至っては 20℃台半ばに迫る高い値で、日向では汗ばむ程だった。北紀中央病院では、院長と小町の指揮で、事前に予約を受けた漁業関係者十数名の 特別健診が行われた。

若衆たちは、身体測定と問診メイン、勿論 胸部X線検査はある。三十代後半以上の中高年組は、胸部に加え 胃部検査や「下の物」の絡む 大腸潜血検査なども加わる。9amから始まった健診は概ね順調に進み、正午過ぎにはほぼ全員を診終わった。補佐役の看護師・美波と少し遅めの昼食に入った小町は、海鮮丼と吸い物を食しながら話を進めた。

「それでね、美波。午後の事なんだけど」 「はい先生、午前と違って、大声じゃ言えない部分(パート)に突入って事ですね」笑いながら、美波が返す。これを受け、小町は続けた。「午後は 2pmから、特に選んだ男三人を詳しく診て行く予定よ。場所は、病院上階の特別病室ね。ここがメインの診察室で、隣の同じ病室を控室に充てるから。この件、院長からは了解を得てるので、その辺は、気にしなくて良いわ」 「分かりました。2pmスタートとなると、大体所要は 2H位かしらね。その頃には、胃の検査をした一ノ瀬さんと崎戸さんも、下剤の方が収まってる事でしょうね。後 若い三浦君は、特に問題なしでそのまま行けそうですし・・」

小町「有難う。それでね、美波・・」 「はい・・」彼女が返すと「貴女は明日午前、中条さんや初美さん、豊(ゆたか)君の行為に合流してもらうつもりだけど、もしもあたしの『診察中』にその気が起きたら 加わってもらって構わないからね」 「そうですか。それは有難うございます・・」そう返事をした美波だったが、内心では勿論「この好き者!」と揶揄する気持ちがあったのも事実だった。

小町と美波も、受診の男たち三人も昼食と休憩を終え、上階にある 特別病室向けの専用ロビーに集合したのは 2pm少し前だった。南を向いた開放的な空間で、眼下には入江と、その外の 太平洋へと繋がる外海「K灘」が臨まれた。波は、年に何度もない真っ平に静まった 所謂「ベタ凪ぎ」の状態だ。遥か沖合を、首都圏か中京圏から出たらしい 大型貨物船が西へと向かう。

「先生方、午後も宜しくお願いします!」後から上階ロビーに入った、白衣上下に身を固めた小町と美波の姿を認めた受診の男たちは、揃って立ち上がり 一礼した。最年長 四十代後半と思われる一ノ瀬 建(いちのせ・たつる)は、豊の父・豊野 樹(とよの・いつき)と同じ精悍な漁師。北紀漁協の役員という立場も 172~173cmのがっしりした体躯も近い雰囲気だ。樹と同じく、中小型漁船を保有する。

崎山 洋夢(さきやま・ひろむ)は、沖合にも出る中大型船の漁労長。齢の頃は三十路半ば。体躯は 三人中一番小柄で、身長は小町や美波にも及ばぬ 150cm強だが、強靭さでは他の誰にも引けを取らないものがある様だ。一番若い三浦 渚(みうら・なぎさ)は、体躯も大柄な175cm強。実は豊の通った地元小学校の先輩で、この年成人したばかり。県内の高校卒業後、家業の漁業と共に 地元漁協に就職したという事らしい。

「皆さん、午前中はご苦労様。一ノ瀬さんと崎山さんの胃腸検査結果は後日分かるけど、他の箇所は今の所異常なしだから自信を持ってね。・・でこれから、午前中できなかった所を診ようと思うの。もう少しだけ、協力をお願いね」 「分かりました。では、詳しくどうするかを伺いたいですね」一番年長の、一ノ瀬が訊いた。

頷いた小町は「はい、それじゃぁ そのお話をして行くわね。早い話、皆さんの『男の機能』を診たいって事ですよ」 「なる程ね。我々の『男の機能』をご覧になる・・ですか」三人の漁業関係者たちは、小町の発した言葉の意味が、直ぐには呑み込めない様だった。が、少しおいて 尤も小柄な崎山が反応した。「先生・・失礼ですが、それはですね・・私らが、直に先生と交わって その『機能』を診て頂くって事でしょうか?」

小町「話がし難いのはご免なさいね。実は、そういう事です。一ノ瀬さん、崎山さんと三浦君があたしと寝て『男の機能』を表してもらうって事ですよ」 「おお、何と!」何度も荒海に出たりして、度胸では誰にも負けぬ男たちだったが、女医のこの言葉には動揺し、どよめいたものだった。

「まぁまぁ、落ち着いて・・」色めき立った男たちをなだめる様に、女医が言った。そして「まずは、交代でシャワー使って用意しましょうよ。核心のとこは、皆さんのシャワーが終わってから話すからさ。さぁ、順番にどうぞ。何なら、隣のを使っても良いわよ」と続けると、彼たちは「有難うございます。それじゃ・・」と応じ、一ノ瀬が隣室へ。崎山と三浦は同じ部屋のシャワーを交替で使った。10分余り後。

「さぁ、用意は良いわね・・」「はい、OKです」短い会話を経て、特別病室応接用長手ソファーの真ん中に収まった女医の右に一ノ瀬、左に崎山が座り、彼女の眼前に 若い三浦が立つ。「先生、まずは改めてのご挨拶ですね・・」既婚で経験値の高い一ノ瀬が、小町の長いほぼストレートの黒髪を軽くスウッとかき分けると、耳元で囁く様に言った。「ふふふ、建(たつる)さん、好い感じ。そういう事よ・・」下の名で呼ばれる返事を得た一ノ瀬は、少し強引な感じで 小町の唇を奪いにかかった。

「あぁ上手、素敵よ・・」小町、呟く様に返し、二度、三度と一ノ瀬と唇を合わせる。前後して、一ノ瀬と崎山の両の手指が、まず彼女の上体周りに柔らかな攻めを開始する。直ぐに白衣を脱がす様な、無粋な出方はしない。白衣越しに手指どうしを絡ませ、次いで上腕を摩って行く。右からの一ノ瀬、左からの崎山、ほぼ同じペースと強さで じっくりと高めて行く。一ノ瀬の顔が小町から離れると、入れ替わりに崎山が その唇を奪いに来た。

「二人・・と、とても好いわぁ・・」まだ前戯の入口に過ぎぬ段階で、女医は早くも愉悦に酔い始めた風情だった。接吻(キス)は、未婚の崎山の方が上手い様に 彼女には感じられた。「さぁ渚、貴方も挨拶だ」重ねていた唇を解くと、崎山は眼前に立つ三浦を促した。彼たちの背後では、美波が微かに笑みを浮かべながら 行為の行方を見守る気配である。

「先生、自分も宜しくお願いします・・」しゃがみ込むと、小町と三浦の顔は ほぼ同じ位置で向かい合った。頷きの返事を得ると、彼も先輩方に続き 女医の唇に己のを合わせて行く。「あぁ・・」三人の男たちと唇を交わした彼女は、もう上気している様にも見えた。「先生、とても素敵だ・・」一ノ瀬が囁く様に言い、他の二人も「確かに・・」と合わせた。

この間にも、小町の左右・・そして眼前から 男たちの計 6本の手が、彼女の身体に回され、ネットリと這い回る様な動きをみせていた。一ノ瀬と崎山は、着衣のまま 小町の胸の双丘への攻勢を始めた様だ。「あぁ、あぁ、皆 上手。渚君もよ。あぁぁ!」この様子を見た一ノ瀬は、眼前にいる 他の二人に声をかけた。「次、行くか?」崎山も三浦も、頷き返した。「よしゃ!」短く確信の言葉を発した彼は、女医の白衣の裾に左手を忍ばせ、太股を目指した。反対側の崎山も、同様の動きを見せる。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 友田彩也香
今回の「音」リンク 「サウス・ビーチ(South Beach)」 by野呂一生(下記タイトル)
South Beach
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。