FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第29話「深察」

IMG_5382.jpg
静まり返った 北紀中央病院上階の一特別病室で、女医・小町による 漁業関係者の男三人に向けた、特別・・と言うより秘密診察が進もうとしていた。病室の応接用長手ソファの中央に小町、右に漁協役員の一ノ瀬、左に大型船漁労長の崎山、小町の前に 若手船員の(三浦)渚がいた。

齢の順に一ノ瀬、崎山、渚の順で唇を重ね、左右から一ノ瀬と崎山が、小町の白衣の裾に手指を入れ、まずは太腿を狙う気配だ。看護師・美波も同室で付き添うが、時折離席しては戻って来る。どうやら院内の他部署の者たちが、この病室を訪れるのを牽制している様で、それは小町も理解している様だった。

「さぁ!渚、ファースト・キスは先生に教えてもらいな!」左手で小町の上体を摩(さす)る一方、右手を白衣の裾に滑り込ませながら、一ノ瀬が渚を煽る様に言った。聞いた渚は一ノ瀬の方へこっくりと頷き、女医の眼前にかがみ込むと「先生、宜しくお願いします!」軽い一礼を伴い、こう言った。「ええ、いらっしゃい・・」の返事を得ると、彼はぐっと顔を女医に近づけ、先輩方に続いて唇を合わせにかかる。まだ見よう見まねのレベル。その事が小町に「ふふ・・初々しくて好いわ」そう思わせた。

「先生の太腿は、よろしな~!触った感じが、ホントにグーですわ。なぁ、崎ちゃん!」ストッキングに覆われる 太腿奥の裏側に摩りを入れながら、一ノ瀬は呼びかける様に言った。左側から仕掛ける崎山はそれに応え「いや~・・ですね!一ノ瀬部長のお言葉、よく分かりますよ。先生は、ホントに素晴らしいお肌をされてて感心します!」そう返しながら、太腿の奥 股間の傍で、一ノ瀬の手指と交錯した。この間、渚は小町の首筋を舐め回している。

「あぁ・・あはん。ねぇねぇ・・今、二人の手がぶつかったでしょ。ちょっと好い感じよ。渚君の舌技もね!」壮若合わせて三人の男から一度に仕掛けれる女医は、そう反応した。その様子を見た一ノ瀬が、若者に言った。「渚さぁ、俺たち二人が下から入ったから、先生の胸を試してみな。若いモンに乳房(おっぱい)せがまれるのは、先生も悪い気はせんのと違うか?」言葉の終わりに、彼は小町の方をチラ見すると、喘ぎを交え 彼女は微笑で返して来た。それを見て、こう続けた。「うん、悪かねぇな。ここは、渚に任そうっと・・」

一ノ瀬の言葉を受けた渚は「では、行きます・・」と小町に一言入れた上で、白衣の胸元ま合わせ目から右手指を滑り込ませて行く。ブラ越しに 軽く揉む様に胸の双丘を柔らかくまさぐって行くと「あぁ、渚君も上手。上も下も、とても好い感じよ。暫く続けて・・」女医の、喘ぎ交じりの返事が聴こえてきた。

時折の 入れ替わりながらの接吻(キス)を交えての濃い前戯は、十数分間は続いた。「あぁ、とても好いわぁ。いつまでも、味わっていたい感じ。でもね・・」そんな小町の言葉に、男たちは「・・だよなぁ。特別診察っていっても、そりゃ『触り』だけだろ。ホントに濃い核心の事は、そりゃないよな・・」とも思っていた。が、実際は少し違った様だ。

「さ、それじゃね・・」一渡りの愛撫が区切られると、それを見透かした様に小町が言った。「あたしだけが気持ちよくなるのも何だから、今度は貴方たちが気持ち良くなる番よ。どう?もう『下』の方は堅さも熱さも上向きでしょ。順番に診させてもらおうかしら」それを聞いた崎山が、返して来た。「順番、どうしましょう?」

「先生、ちょっとよろしいか?」静かに会話を聞いていた一ノ瀬が、手を挙げて 話に割り込んで来た。「ええ、何かしら?」女医が返すと、彼は続けた。「最初のお触りは、年長の俺からでしたから、今度は 若い渚からお願いって事でどうでしょう?」これに、傍らで聞く 崎山も頷いている。

「分かった。じゃあ、それで・・」そう返すと、女医は若者に声をかけた。「あのね、渚君・・」 「はい・・」彼が返すと 「次のパートはね、若い君から始まるの。細かいとこは教えるから、あたしの方向いて 立ってくれるかな?」 「分かりました。お願いします!」そう返して 小町の前に立つ渚の下方は、一見して分かる程 激しく勃起していた。

「ふふ・・じゃあね、渚君・・」薄笑いを浮かべながら、女医が言った。「はい、何でしょう?」まだ戸惑いから抜きれない渚が返すと 「余り、深くは考えない事だわ。落ち着いて、検査着の下側を脱いでくれるかな。下ろすだけでもそりゃ良いけど、脱いだ方が具合が良いわよ」 「分かりました。それじゃ・・」指図のまま、渚は検査着の下側を脱いだ。下着の ボクサー・パンツが現われた。

小町は続けた。「悪いわね。そのパンツも脱いで」 「わ、マジですか?」 「いいから・・!」 ならば・・という風情で、渚は着ていた検査着の ズボン状の下方(アンダー)、そしてボクサー・パンツの順で脱いで行き、遂に下方が露わになった。程好く茂った下草と、それに囲われた元気一杯に屹立した 色好い竿(=男根)が、小町を好感させた。初めての事とて「ヒャー、先生!瀬野さん!こ・・こんなんで良いんですかぁ~?」動揺して叫ぶ様に言ったが、後方で見守る美波は 知らぬ顔をしている。

「ふふ・・渚君、良い子ね。性格もだけど、お竿(チンポ)の反応が素敵よ。ちょっとの刺激で、こんなにご立派になるんだから感度も中々じゃないの。こりゃあ、期待が持てそうだわ」 「先生、つまり自分は褒められてるって事でしょうか?」 「まぁ、そんなとこね。つまり、自分の一物に自信を持ちなさいって事よ」小町は言葉を区切ると、図った様に 眼前に現れた 渚の程好く堅くて立派な竿に食らいついた。

「あっ、うぅぅ!せ・・先生、か・・感じちゃって、ダ・・ダメですぅ!」 「大丈夫よ 渚君。ここはね、辛抱できる様になる為の、修行のし所なの。まぁここは、あたしに任せて。そう簡単にイカせはしないから・・ね!」その言葉通り、小町の口唇愛撫(フェラチオ)は巧妙だった。渚は 一旦は絶頂近くまで押し上げられながら、その寸前で押し留められる 所謂「寸止め」の技を仕掛けられ、もどかしそうにしている。

「ハハ・・崎ちゃん、見たかよ?」左右から小町に仕掛け続けながら、一ノ瀬は静かに笑って言った。「渚の奴、有難い修行を賜りってるよな。一気にイカされそうに見えて、その寸前でちゃんと止められてんだよ。小町先生の技も素晴らしいモンがあるな。貴方も楽しみだろ?」 訊かれた崎山は「あぁ、確かにですね。でももし 自分の回で粗相でもあったら、恥ずかしいですね」

一ノ瀬「まぁそれもあるかもな。俺は気にせん事にしてるが、人によっては関心事かもな。所で崎ちゃん・・渚がこんな風だからさ、この間に先生の胸(おっぱい)を攻めよかなと思うんたが、どう?」崎山「その方がよろしいかな。渚君も尺られて何も考えられんだろうから、丁度良いタイミングかもしれませんね」「よしゃ!それじゃ・・」一ノ瀬、決心した様に言葉を継いだ。

「先生・・」一ノ瀬、今度は小町に声をかけた。「ふっ!・・はい、何?」彼女が返すと「渚がまだ昇ってる様なんで、この間に 貴女の胸周りを擦って気持ち良くなって頂こうか・・なんて思いましてね」「お気遣い有難う。面白そうだから、しても良いわよ」女医は、一ノ瀬の目論見を許可した。

「よしゃ、始めよう!」下方を露にして前に立つ 渚の竿に口唇愛撫を施し続ける小町の白衣前方を緩め、左側にいる崎山の協力を得てボタンを外して その中のブラを下へと
ずらすと CとDの丁度中間位の 形の良い「胸の双丘」が姿を見せた。明るい目の 乳輪の様も魅力的だ。渚への愛撫が区切りを迎え、何とか「暴発」を免れた事が分かると、次は崎山の番だった。「先生、初めにちょっとだけ良いでしょうか?」下方の愛撫に入る前に、彼は女医にその希望を伝え、了解を得た。少しの間で良い、たまらなく 彼女の乳房が吸いたかったのだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR高山線特急「ひだ」にも運用される 「南紀(物語中「紀伊」のモデル)」の車両 ワイド・ビュー85系ディーゼル気動車。東海道線・枇杷島駅北詰 2018=H30,10 愛知県清須市 撮影 筆者
今回の「音」リンク 「ステップ・アウト・オン・ザ・ストリート(Step out on The street)」 by渡辺貞夫(下記タイトル)
Step out on The street
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。