FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第30話「共感」

106376f2.jpg
女医・小町により 北紀中央病院上階で、三人の「患者」の男たちへの 大声では言えない「特別診察」が進む。三人の内で一番若い渚のそれがどうやら終わり、次に 年齢的に中間の 崎山漁撈長の番になった。その折彼は「先生、ちょっと乳房(おっぱい)吸わせて頂いてもよろしいか?」小町に、そう許しを乞うた。

「ふふ、可愛いわね・・」訊かれた小町の受けた印象だった。彼女にも及ばない 身長150cm強、体重50kg台後半の小柄だが屈強な体躯の上に 対照的な童顔が合わされ、小児的な出方と相まって、俗に言われる「ショタ」的な情趣を持つ男だ。30代半ばに近いも未婚である事も、それを助長している風があった。

「分かった、良いわよ。じゃあ、始めようか?」 「はい、宜しくお願いします!」そう語り合う小町の上体は 既に一ノ瀬と渚によって 白衣がはだかれ、キャミソールが剝き出しになっていた。崎山は 再び小町と唇を合わせると、右手指を肩のストラップに回し、静かに滑り落とした。「CとD」の中間位のカップ、形の好い「双丘」が露わになった。彼はゆっくり 優れた曲線をなぞる様に、手指を走らせた。

「ああ、素敵・・」溜息を交え、崎山が呟く。聞いた小町は、軽い喘ぎと共に「さぁさぁ、想いは分かったから 次へ進もうね」 「分かりました。じゃあ・・」曖昧に言葉を区切ると、彼女の「胸の谷間」に顔を埋める様に寄って来た。そして「チュウチュウ・・」微かな音を伴って、左右の乳首を交互に吸い始めた。

「ああ、好い感触だわ。崎山君・・じゃなくて洋夢(ひろむ)君、暫くやめないで続けて・・」 「お褒め下さり、有難うございます。勿論ですよ。少し長めに行きますね」 赤子よろしく乳房を吸う崎山はそう返し「先生の肌、とても綺麗ですね」と続けた。小町も「とても上手よ。暫く、これで高め合おうね・・」と返した。10分間ちょっと、彼の胸への愛撫が続いた。何となく 行為が区切られると、次へと進む。

小町「さぁ、洋夢君・・」 「はい・・」 「さっきね、渚君がしてくれた様に、あたしの前でズボンを下ろしてくれるかしら?」 「あぁ、さっきと同じ感じで良いですね。はい、只今・・」 そう返した崎山は、渚の時と同様に 小町の眼前に立つと、着けていたジーンズを下ろし始める。彼はブリーフ派だ。それも ローティーンが着けそうな白。恐らくは、今日 小町に診られるのを意識していたのだろうか。

「ふふ、若々しいブリーフね、洋夢君・・」 女医に声をかけられるた崎山「あぁ、あはは・・別に意識してた訳じゃないですよ。今日たまたまって訳でして・・」 「どっちでも良いわ。さぁ、これも脱いでね」 「はい、只今・・」そのブリーフも下され、渚同様、崎山の 程良い下草の上に乗る 礼儀を知る竿と陰嚢も外に連れ出された。低身長に合わせた様に 大きくはないが、堅さは優れたものがある印象だ。

「ふふ、とても素敵よ・・」それを見た小町、まずは右の手指を 堅さを増した少し小ぶりな竿に走らせる。「せ、先生・・とても好い感じです。自分、ひ・・火が着きそうで・・」 呻きと共に、崎山が反応すると「分かるわよ。とても好い感じよね。どう?何なら射精してもいいのよ・・」 「わっ!そ・・それは待って下さい。も・・もそっと頑張っちゃいけませんか?」 「も少し頑張りたい?ま、それも良いわね。渚君も頑張ってくれた事だし・・」実は小町は、渚を一度頂(いただき)へと押し上げ 射精せるつもりだったのだが、それは果たせなかったのがちと誤算であった。数分程、手指で昂らせた後・・

「さぁ、洋夢君・・」 「はい・・」 「今度は、尺って欲しいでしょ?」 「あぁ・・渚の奴が賜ってた、有難い施しですよね。はい、是非お願いします!」 聞いた小町、軽く頷くと、少し上体をかがめて前傾させ 眼前の 洋夢の竿を口内へと導いた。「あっ、うぅぅ・・!」彼の低い呻きが、口唇愛撫(フェラチオ)開始の合図だった。

「ああ、ダメだダメだ。渚でも凌ぎ切ってる。ここで先輩の俺は、どんなに有難い刺激でも ここは持ち応えんと、恥ずかしい!」既に 崎山の竿の先端「鈴口」からは相当な量の「我慢汁」が 小町の口内に放たれている。もし ここで絶頂に達したら 上司の一ノ瀬は勿論、若い渚にも分かってしまう。そうすれば、当分は伏せられても いずれは露見してしまう事だろう。「そ・・それはできない!」先輩の意地と自尊心(プライド)にかけても、ここは凌がなければならない。

「う~ん 中々上手く行かないわねぇ」結局、崎山も何とか持ち応え 口唇愛撫の診察をクリアした。残るは一ノ瀬。彼はのっけから、デニム地のズボンもトランクスも脱ぎ、下半身露わの状態で「宜しくお願いします!」ニヤリとして 女医の前に進んだ。「ふん、流石だわ。幹部ともなると 恥とかも薄れて、些か失礼じゃない?と思う様な事も平然とできるって訳ね・・」女医は、そう思った。

後半生に入ろうかと思われる 一ノ瀬の「男の核心」は、崎山や渚のそれより 格段に老練で野趣のある印象だった。黒ずみが忘れ難い竿は、大きさ太さこそ渚に譲るも 堅さと猛々しさは 一歩も退けを取らなかった。この土地の男たちは皆 大なり小なり魚臭さと潮の香りを感じさせたものだが、その事が返って 小町の性感に訴えてくるものがあるのも事実だった。

「今から この竿を尺るのか・・」さしもの小町も、一ノ瀬の一物を受け入れるには 少しの「心の準備」が必要だったのかも知れない。その竿に手指を絡ませながら、女医はその覚悟を固めて行った。「あぁ、好い感じ。次の展開、期待が持てるなぁ・・」手コキで高められながら、漁協役員にして船長の男は 思わず呟やいた。

「あは、期待ねぇ。若手二人もだけど、貴方もまぁ健康体だし 下半身も大丈夫そうよ。まぁ、調べてみてのお楽しみってとこもあるけどね」そう会話を進める頃には、小町に 一ノ瀬の竿を咥える事に 取り立てた抵抗がなくなりつつあった。一ノ瀬は、その様子を見透かした様に言った。

「小町先生、そろそろ深いとこへ進んでよろしいか?」 訊かれた女医は「ふふ・・まぁ良いかなぁって感じね。貴方期待の、あの事へと進むのがね・・」そう返し、渚と崎山の時同様 眼前に差し出された浅黒い竿を、ゆっくり・・しかしズッポリと咥え込んで行った。「建(たつる)さん、貴方だけ特別よ・・」ジュプッ!ジュパジュパッ!周りにも届く程の雑音を伴って、熱い口唇愛撫(フェラチオ)が 若い崎山と渚も見守る前で披露された。

今度も約 10分余り続いたが、小町の巧妙に舌技に、一ノ瀬も呻きと共に昂らされ、油断すれば頂(いただき)へと押し上げられかねない風情であった。「あぁ、いかんいかん。粗相でもしたら、格好がつかんわな・・」幾度か射精の瀬戸際まで追い込まれた彼も、辛うじて凌ぎきった。

「う~ん、残念だわ残念だわ。あたしの技で、一人位は絶頂に連れて行けるかなと思ったんだけどさ・・」本当に残念という風情で、小町が言った。聞いた彼たちは口々に「あぁ、いやいや。この後も、何やら診察があるみたいですから、それにも備えないとって思いまして・・」「うんうん、皆 良い勘してるわ。実際、続きありよ」その言葉に、一ノ瀬が動いた。

「先生、俺は何となく分かりますよ」彼が言うと、女医は「じゃあね、建さん。あたしをベッドに連れてってくれるかなぁ。そこが、次の診察場所だからね」それを聞いた男たちは、内心でざわめいた。「やっぱり、あの行為があるな・・」同じ思いだろうか、一ノ瀬が「では俺が、お連れしますよ」と言い、小町が頷いて応じると、ソファーから「お姫様抱っこ」を敢行し、彼女をベッドに横たえた。「いよいよだな・・」乱れた白衣姿で仰向けに臥し、脚を開く気配を見せる女医の足元に寄り集まった三人の男たちは、そう呟き合った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 水稀みり
今回の「音」リンク 「九月の風(The September Wind)」 by松岡直也(下記タイトル)
The September Wind
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。