FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第32話「問深(もんしん)」

minami-kojima9_8.jpg
「よし、好いぞ好いぞ・・」曲げ開かれ 露わになった女医・小町の股間を、ねっとりした視線でじっくり眺めながら「特別診察」に臨む三人の男の内 最年長の漁協役員・一ノ瀬 建(いちのせ・たつる)はこう呟いた。「皆、分かるだろ。先生の『核心』、昂ると出る 愛液(ラヴ・ジュース)で良う濡れそぼっとられる。下草なんざ、加湿が良くて まるでワカメだぜ。これで極上の酒でもありゃ『ワカメ酒』ってとこだが・・」

その話を、若い男二人は 笑みを浮かべながら聞いている。勿論小町も。「残念ね。本当はそうさせたげたいんだけど、今日はあくまで診察だからさ。飲ます訳には行かないのよ」 「ああ、飲ます訳には行かない・・分かります」小柄な漁撈長・崎山洋夢(さきやま・ひろむ)が答えた。「そうですね。もし酔っちまっては、正確なとこが診て頂けないって事もありますもんね」若い三浦 渚(みうら・なぎさ)も合わせる。一ノ瀬もこの言葉には、黙って頷くしかなかった。

「さぁ・・」ベッドに臥し、男たちの様子を様子を見ていた小町が言った。「建さん、用意はいい?」 「おお、先生・・ご指名ですか。やっぱり最初に深いとこを診て頂くのは 俺ですか?」 「まぁ、それが自然な順番でしょ。それにさ・・」 「はい・・」 「年長の上司でもある 貴方の行為は、若い洋夢君や渚君にも、きっと良い見本になるわ」 「わっ、マジですか?」 「勿論よ。さぁ、分かったら意思・・よ」女医はそう言い、更に脚を曲げ開いて下方を露わにし、一ノ瀬に 上に重なる様促すのだった。

「はいっ、只今・・」そう返し、上シャツ一枚で下方を露わにした一ノ瀬が 小町に重なって行く。まずは 上と下で濃厚な接吻((キス)。「ふふ、建さん・・」合間に、女医が呟く。「はい、聞いてます。続けて下さい・・」一ノ瀬が返すと 「こうやってね、舌も使って貴方の口ん中も調べてるのよ。これはデータとかじゃなくて、あたしの勘でやる事だけどね」 「先生の勘ですか。なる程、分かります」 

小町「そろそろ、繋がりたいでしょ?」 一ノ瀬「あは、下の方ですね。大声じゃ言えねぇけど、そりゃもう・・」 「ふふ、本音が出たね。素直で良いわ・・」 「その『繋ぐ行為』じゃ、きっと好感して頂ける様努めますよ・・」そう言葉を区切った一ノ瀬は、いよいよ己の竿を、小町の秘溝に繋ぎにかかった。

「お~い、二人・・」いよいよというその時、小町を組み伏せた一ノ瀬は、抑えた声で傍らに崎山と渚を呼んだ。「はい、次へ進むって事ですね」 「そういう事だ。ついては・・」 「はい・・」 「後ろからさ、先生と俺が繋がるとこを見ていて欲しいんだ。確かにそうなるのを確かめてくれって事だよな」聞いた崎山は 一瞬戸惑った様だったが直ぐ我に返り「分かりました。何んとかしてみましょう」落ち着いた返事をした。

「先生・・」見守る格好となった二人の男の様子を見届けた一ノ瀬は、小町に声をかけた。「はい、分かるわよ」の返事。聞いた彼は「では、進めます・・」と続け、押し開いた女医の両脚を抱え込むと 一瞬離した左手を己の竿に添え、その先端を 湿度を帯びた秘溝の陰唇に押し当てた。「あっ、ふっ・・」その瞬間、喘ぎとも呟きとも取れる声を上げる彼女であった。

「よしゃ、ゆっくり滑り込もうぞ・・」亀頭が繋がった感触を確かめ、一ノ瀬は静かに腰を落として行く。その途上 後ろで見守る崎山を一瞥し「いいか?」というサインを目くばせで送った。崎山はそれに応じ「OKです。正常に繋がってますよ!の返事を頷いて送った。更に腰を下げ、竿の先で体温とぬめりを確かめながら奥へと滑らせて行くと「あっ、はぁ~ん!」今度ははっきりと、女医の喘ぎを聴いた。

「先生、まずは感謝です。貴女の核心と、俺の竿が無事繋がりまして・・」一ノ瀬はそう言い、もう一度 組み敷いた小町の唇を奪った。「あっ!んんんっ!た・・建さん、それで OKよ。こ・・これから、あたしの『女』で 貴方の『男』をじっくりと診させてもらうわ。あっ・・ふっ、わ・・分かったら、腰を動かして。し・・自然にできるはずよ。ふ・・ふぅ~ん!」 「わ・・分かりやした。仰る通り進めます。うっ、うぅぅっ!」腰の両の脚を回され組付けられ 腰の動きを促された一ノ瀬は、思わず上下動を開始する。若い崎山と渚は顔を寄せ合い、所謂「ハメ撮り」の位置から、固唾を呑んで見守る。勿論、各々の下方は点火燃焼を始めていた。

腰を動かす合間に、一ノ瀬は後ろを一度ならず振り返り ねっとりした視線で観察を続ける二人に「お前たち 見えてるか?」と、目で問いかける。「大丈夫、核心がしっかり見えてますよ!」言葉にするのも憚られる情景に、崎山と渚は 頷きと微笑で返す。会話に及ぶまでもなく「いや~凄い凄い!先生と一ノ瀬部長、マジで一体だよ。勿論、あの核心のとこがさ・・」 小町の秘溝に繋がり、本当にピストンの動きを見せる 一ノ瀬の浅黒い「竿の軸」を、二人は昂りながら観察した。

身体の曲がり大きい ハードな正常位の行為が十数分は続いた。何度も頂きに押し上げられそうになりながらも 又も凌ぎきった一ノ瀬は小町に「先生、まだ昇るのは早いかと思います。今度は、一度交代して 崎山に高めさせたいが如何でしょう?」腰の動きを一度止め、喘ぐ女医に訊いた。

「ふぅん・・余り良い考えじゃないわね。本当はね、建さんが昇ってから 洋夢君と絡みたかったのよ。でもまぁ それも良いわね。早めに違う竿の感触をみるのも悪くないわ。じゃあ洋夢君、そんな感じでしてみる?」そう小町から訊かれた崎山は「あぁ、はい・・自分は、それでも良いかな・・なんて思ってます。何しろ、先生から濃い事を教えて頂けるだけでも有難いですからね」 「分かったわ。じゃ、建さんと交代で あたしの上に来る?」 「はい、只今・・」

「さぁ、一旦交代だ!」小町の上に重なり、下方を繋いでいた一ノ瀬が一度離れ、竿を秘溝からゆっくりと抜き放すと それまで目立たなかった秘液が、光りながら滴り落ちるのが見えた。「一ノ瀬さん、まだ射精してないな。ならば俺も、何としても持ち応えんと・・」仰向けの女医にのしかかり始めた崎山の脳裏に、ふっとそんな想いが過った。ここは何とか、上司に先に昇って欲しかった。

「先生、自分に考えがあります」上と下の位置に着くと、崎山はそう話しかけた。「うん、聞くわ。何かしら?」下から返事を得ると、彼は「しつこいとお思いかもですが、自分はもう少し 先生の乳房(おっぱい)を愛でたいと思います。それが区切りになりましたら、一つ後ろから試したいと思うんですが、よろしいか?」 「あぁ、分かるわ。君は後背位(バック)であたしを試したいって事でしょ?」 「そうです。無理言う様で、済みませんね」 「あぁ、いえいえ、ちっとも無理なんかじゃないわ。そういう事なら、あたしにもつもりがあるしね・・」

小町は微笑んでそう返すと、はだけた胸の谷間に崎山を招き入れた。自ら胸元を開こうとするのを制し「それ、自分にさせて下さい!」彼は制し、ブラをずらして乳房を露わにして行く。決して大きくはないが、形の好い双丘だ。「あぁ、素敵!」小柄で童顔な崎山が、小町の「胸の谷間」に顔を埋めると、両の手を背後に回し、固定(ホールド)してやる。一種子供的な 所謂「ショタ」の雰囲気を持つ彼の出方は、小町の母性を刺激する所がある様だ。

「チュウチュウ・・」わざと音を隠さず、交互に両の乳頭を吸う事 10分程。仕草が区切られると、小町は訊いた。「洋夢君・・」 「はい・・」ソフトに攻めていた胸の谷間から顔を上げた崎山が返すと 「どう?次はやっぱり後背位かしら?」 「そうですね。自分はやっぱり、後ろからお願いしたいです」 「後ろからだと 君の顔が見えないのがちょっと不満なのよね。でも、まぁいいわ。随分乱れちゃったけど、白衣は着たままが良いの?」 「そう、それです!僕は、半脱ぎの女性に昂奮する訳でして・・」

「あ~あ、洋夢君ったら・・」小町はふと思った。「下手すると、建さん以上にオッサン脳だね。まぁ、それでも良いわ。でも・・」 「洋夢君の竿(チンポ)って、体格の反映かしらね。ちょっと短小気味なのよ。だから・・」 「後ろから繋ぐとなると、亀頭がきちんと子宮口に届くかな?なんて思う訳よ。あの結合はさ、正常位よりも後背位の方が浅くなるって言われるし・・」そして彼女は、その懸念を崎山に伝えてみた。

聞いた彼は「あぁ、そのお話、聞いた事ありまして。ですが・・」 「はい、何?」 「それでも是非一度、後ろからお願いしたいんです。もし、それで先生に不満がおありの様なら 体位を替えますから」随分自身のある物言いに 女医は「ふ~ん、洋夢君、後ろから攻めて あたしをイかせる自信がある様ね。ま、いいわ・・」そう思い、崎山に返した。

小町「よし、分かったわ。じゃあ、ベッドの上でする?それとも・・」 崎山「はい・・」 「立ってする姿態(ポーズ)もあるのよ」 「あぁ、聞いた事ありますね。『立ちバック』って言うらしいですね」 「そうそう、以前、試した事ある?」 「いいえ、まだですね」 「そうか、なら・・」一旦言葉を区切り、小町は続けた。「ベッドの上でしようかしらね。あたしが四つん這いでベッドに乗るから、君が後ろから仕掛ける格好よ」 「うわ!それ好いですねぇ。それでお願いします。ですが・・」 「はい、何?」 「一度、先生の白衣を直したいんですよ。それから自分の手で、脱がせて行きたいんです」 「分かった。それ認めるわ・・」同意を得た崎山は、一旦立った小町の 白衣の乱れを直し始めた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 小島みなみ
今回の「音」リンク 「めくれたオレンジ」 by東京スカ・パラダイスオーケストラ(下記タイトル)
めくれたオレンジ
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。