FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第35話「説話」

4099b237.jpg
「・・こんなのも、悪くない・・かな?」己よりも小柄な崎山洋夢(さきやま・ひろむ)に抱かれ のしかかられた小町は、仰向けに臥し喘ぎながら、そんな事をふっと想ったりした。身長 150cm強、体重にしても 50kg強の体躯もさる事ながら、がんぜない童顔と高めの話し声が 10代前半位の少年との交わりを想起させ、それが又 独特の昂りを催させたのだ。

「あぁ、先生・・」彼女の上で ゆっくり腰を動かす「スロー・ピストン」を進めながら、崎山は呟いた。「うふ、気持ち良さそうね。あたしもよ・・」下からの返事を得ると、彼は「もう天国かって境地ですよ。まさか、女のお医者さんに こんな診察を仰げるなんて・・僕は幸せ者ですね・・」 「まぁ、そう思ってりゃ良いんじゃない。ここまでの 君の出方はとっても好いわよ。初めの接吻(キス)も、その次の愛撫(ペッティング)も、今 交わって繋がってるりもね・・」 「有難うございます!僕は慣れてないもので、暫くはこのまま進んでよろしいか?」 「勿論よ。あっ・・ああっ、い・・好いわ!」少しの喘ぎを経て、小町と崎山は、又 上下で唇と下方を合わせた。

繋がり高まって行く二人の後方では、崎山の上司 一ノ瀬 建(いちのせ・たつる)と若手漁師の三浦 渚(みうら・なぎさ)が、女医と小柄な部下の 露わになり連結された下方の様子を、しげしげと 惚れ惚れと覗き込んでいた。「あぁ、いやいや・・小町先生のご指導、大したもんだ。崎ちゃん、すっかり『男』にされて高まってるな・・」と一ノ瀬が呟けば、渚も「・・ですねぇ。自分も初めて見せてもらうけど、いかんです。崎山さんの竿が堅くなって、先生の『中』に出たり入ったり・・。昂奮で、又 勃(た)ってきちゃった・・」と、苦笑しながら返した。

聞いた一ノ瀬は「ハハ、若いな。羨ましいわ。さっき、先生に有難いお導きを賜ったばっかりだろ。もう回復かよ?」 渚「有難うございます。まぁ、完全とは行きませんけどね。ですが、こうも生々しいとこ見てると、やっぱり昂奮新たってとこですね。」 「あぁ、分かるよ。さてさて、俺たちも見てるだけじゃ済まねぇ。ちょいとお手伝いをって思う訳よ」 「あぁ、お手伝いですね。何となく分かります」

渚の返事に頷いた一ノ瀬は、崎山に抱かれ その下で喘ぐ小町に「先生、ちょっとお邪魔してよろしいか?」と一言。聞いた彼女は「お邪魔?何か嫌らしい感じね。まあ良いわ。やってみて・・」と応じ。 「御意です・・」と頷いて返した一ノ瀬は、崎山との交合僅かに覗く菊花(肛門)に右の手指を延ばし、親指と人差し指をメインで 静かにじっくりと摩(さす)りを入れ始めた。小町の反応は鋭く、最初の一摩りで「あっ、はぁぁ~っ!い・・好い。つ・・続けて~っ!」と叫びを交えた喘ぎを発した。

一ノ瀬「お~、有難ぇ事です。どうかなと思いましたが、のっけからこうも感じて下さるとは・・。俺としては、是非この指技を診て頂きたかったって事で。あぁ、おいおい、崎ちゃん、感心しちゃいかんよ。腰の動きが停まりかかってるぞ!そりゃダメだ。折角繋いだ竿(チンポ)まで萎えちまう。そうなったら貴方は、間違ぇなく再検査だろうなぁ!」 小町を抱き、その上で動き続ける崎山は「わっ、一ノ瀬部長、そ・・それは勘弁して下さい。とても有難い、素敵な特別健診だと自分も思いますが、再検査だけはお許しを~!」

一ノ瀬は続けた。「そうだろう。だったらしっかり腰を動かせや。先生に失礼だろうが。ねぇ・・」と 下の女医に配慮するが如き物言いをした。聞いた小町は「うふ・・まぁそうね。洋夢君も、さっき初めて繋がった時の気分を思い出してすると良いわ・・」と一言。「あ・・はい、分かりました。初めて先生に繋がった時の気分で・・ですね」そう返すと、崎山は又 下方を動かし始めた。

「あぁ、おい渚!」 「はい部長・・じゃなかったノセさん・・」仕事を離れた時の相性で渚が返事。すると一ノ瀬は「見てるだけじゃ 又昇っちまうだろ。お前、まずは崎ちゃんの陰嚢(タマキン)をマッサージしてやれよ。俺は先生の菊花(しりあな)を攻める。上手くやって、二人同時に昇らせるって事よ!」 「分かりました。そういう事なら・・」意を決した渚は、小町の上で動き続ける崎山の 上下に揺れる陰嚢に手指を延ばした。そして・・

「崎山さん・・」 「おぉ渚君、聴こえたぞ」 「マジでいじって良いですか?」 「良いも悪いも部長・・じゃないや、ノセさんの指示なら やるっきゃないだろ」 「分かりました。では・・」 「俺ぁ許すぞ。お前に触られるのは初めてだけどな」 「ですね。気をつけてやります」そう返すと、渚は 崎山の陰嚢を手指で包み込む様に、ゆっくりと摩り始めた。

「あっ、うぅぅ、な・・渚君。初めてにしちゃ上手いじゃんか。それ、ちょっとの間 続けてくれろよ」崎山が素直に反応すると、渚は「あぁ、そりゃ有難うございます。そいじゃ、暫くはこんな感じで・・」右の手指を細かく動かし、彼は先輩の陰嚢を 柔らかく慎重にマッサージした。渚の手指の下では、上司・一ノ瀬のそれが、やや強い力で 小町の菊花の襞に手指を走らせていた。

「あはぁっ!ふぅぅ~ん!皆、い・・好いわぁ。海の男って、意外と手指の技持ってると思ったけど、その通りだわ。あぁぁ~っ!」上にのしかかった崎山に繋がれ動かれ、後方からは 一ノ瀬に菊花を攻められ昂らされ、次第に小町は昇りにかかっていた。上と下で顔を合わせた崎山も「せ・・先生!じ・・自分も、もうすぐ昇りますぅ~!」時折口舌を重ね 交えながら、崎山の呻きも大きくなって行く。4人がかりの行為が 15分は続いただろうか。やがて・・

「先生、の・・昇りますぅ~!」濃厚に小町を抱きしめた崎山が 再び呻いた。それを聞いた小町は「洋夢君、ちょっとだけ頑張って!あたしと一緒に昇るんよ!」 「分かりました。じゃあ、ちょっとだけ頑張りますぅ!」女医の下方に繋いだ 崎山の腰の動きがせわしさを増す。後方から仕掛ける一ノ瀬と渚は、休まず手指の攻めを続け。そして・・「ああっ、昇るぅ~っ!」目論見通りというか、小町と崎山は ほぼ同時に昇り詰めた様だった。

「あぁ、あぁ・・先生、有難うございます。ホント、有難き幸せですぅ・・」伏せていた顔を上げた崎山はそう言い、訪れた絶頂を素直に喜んでいる風情だ。「洋夢君、良かったね。あたしも気持ち良くて嬉しいわ」彼の下で、小町もそう応じた。「直ぐにのきましょうか?」と訊かれた女医は「直ぐはダメ!暫く このままでいて。さぁ、もう一度あたしを抱いて」 その言葉に、崎山は頷き、もう一度重なって行く。

重なる二人の後方で、摩りを入れていた手指を止め、又も結合部を覗き込む一ノ瀬と渚。「さぁさぁ、先生の核心、しっかりと濡れておるな。崎ちゃんの竿も、熱くスムーズに動けただろうて。所で彼、ちゃんと射精したんだろうな?」 「ノセさん、それ自分も気になりまして。動きは停まったけど、それは分からないですよね」 「あぁ、それな。まぁ 後少しで崎ちゃんが先生の上から離れるから、そうすりゃ分かるんじゃね?」 「あぁ、成る程ね。じゃあ、その時又 見させてもらいましょうか・・」

そうこうする内 数分が経過。小町は 上にいた崎山に「離れて良いわ。その前に・・」 聞いた崎山は「あぁ、分かりました。もう一度接吻(キス)・・ですよね」 「そうよ・・」その会話に続いて軽く唇を交わし、崎山は小町の上をゆっくりと離れる。繋いでいた竿が 朱に染まった熱さ残る秘溝から抜き離されて暫くすると、夥しい白い男精が ゆっくりと流れ出て来た。若い渚と大差ない量だ。

「ほぅ、凄いな・・」一部始終を視界に収めた一ノ瀬が、感心した様に言った。「崎ちゃんの精液(ザーメン)の量も、大したもんだ」その流れ落ちた男精が、仰向けに臥す小町の下に敷かれたバス・タオルの上に垂れ落ち始める。「さぁ、洋夢君・・」彼女はそう言いながら、崎山に 渚の時と同じ小さいガラス器を渡す。そして「これに、貴方が出した物を入れて。適当な量で良いから・・」 「゛分かりました・・」器を預かった崎山は、そう頷くと 指図通り実行した。

「改めて、有難うございました。後、アソコを清めないといけませんね」 「ふふ、そうね。嬉しいけど、適当で良いわよ」 行為を終えた崎山が、残る男精を舐め取り 接吻で小町に献じた後、手早く彼女の下方をウェット・ティッシュで拭い清める。「さぁ、いよいよ仕上げね・・」小町は、まだベッド上で両の脚を開いている。語る相手は一ノ瀬だ。「そうですね。この 3人を代表して、俺が仕上げてご覧に入れます」 「有難う。楽しみだわ。これで、特別健診も大詰めね」 「・・でですね先生・・」 「うん、何かしら?」 「三浦に崎山と同様、俺も正常位で承りますが、ちょっとだけハードな感じにしてぇんです」 「それは良いわよ。じゃあ、やってみてくれる?」 「分かりました。では・・」そう返し 小町の下方に進んだ一ノ瀬は、小町の両の脚を両の手で制すると、更に曲がりの大きい 激しい体位を試そうとし始めた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 夏野ひまり
今回の「音」リンク 「サンクチュアリー(Sanctuary)」 by野呂一生(下記タイトル)
Sanctuary
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。