FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第37話「月夜」

347198fc.jpg
11/3から 5の金曜祝日から日曜にかけての三連休、M県北紀地方は 11月とは思えぬ 温暖で穏やかな気候に恵まれた。3日間全て晴天、朝方の最低気温も 15℃以上。日中の最高気温に至っては 25℃近くまで上がり、夏日に迫る陽気であった。大声では語れぬ「特別健診」を無事終えた女医・小町と看護師・美波は、病院下階の事務室応接間で暫しの雑談だ。

美波「小町先生、検診お疲れ様です。中身は大声じゃ言えないけど、無事済んで あたしもホッとしてますわ」 小町「はい、貴女もお疲れサマー。『ホッとする‥』ね、分かります」ニヤリと笑みを浮かべ返した。「ホントにもう・・」内心で、美波は想った。「呆れた女だわ。お越しの前から 直感で『普通じゃない科目もありね』て思ったけど、一度に 3人相手にするとは恐れ入ったわ・・」 その一方で笑顔は絶やさず「今夜の懇親会、ゆっくりお楽しみ下さいな。あたしはそれ、途中でご無礼のやむなきですけど・・」

この「途中でご無礼」の意味は、小町も分かっていた。病院に隣接した 町のコミセン広間にての懇親会は 5pmスタートの予定。病院上部の関係者の他、町長以下 町役場や漁協の主な面々も加わり、総勢は 30人位だろうか。会は概ね 2H位の予定だが、美波は冒頭の 1Hのみ同席する事になっている。その後は 帰省している知人の高校生・豊と、前日からこの土地に入っている初美と中条の計 3人と落ち合う手筈となっていた。

この件につき、小町が軽く触れて来た。「所でさぁ、美波ちゃん・・」 「はい先生、この後の件ですよね・・」美波が返すと 「そうそう。豊はこの前、あたしか呼んでざっと話しておいたから 分かってくれてるはずだわ。(中条)新さんは、豊とあたしの後追いで この町へ入る途中に SMSであらましは伝えといた。今夜は空けておく様に言っておいたから、彼も分かってるはず」

美波「分かりました。中条さんには、今からもう一度連絡して 行き違いとかがない様に手立てしましょう。後は 豊ともう一度連絡ね。彼には、夜に船を出してもらう必要もあるしね」 小町「あぁ・・それ、聞いたわ。彼、操船は確かなのかしら?」 「ええ。これまで親元へ帰った折に、何度か船で夜釣りに出た事があるんですって。小型だけど 船舶免許を取ってもう 2年目だし、一応腕は確かでしょう。後は、彼のお祖父様がお持ちの離れ小島での展開が楽しみね」 「あぁ、あはは。まぁ、そんなとこですね・・」同じ年の春先、豊、そして彼の予備校上級生 阿久比 周(あぐい・あまね)の 3人で持った「秘密の会合」を思い出しながら、美波は曖昧に応じた。

小町の「特別健診」があった同じ日、中条は 初美を伴い、北紀町から更に南の K灘の海岸へと往復していた。名勝「鬼ヶ城」を一巡りの後「七里御浜」と呼ばれる長い海岸を暫し散策。これで初美も、普段のストレスをかなり緩和できた様だった。宿から紹介された海鮮処での昼食を挟み、僅かな間 世界遺産に推された「熊野古道」の一部をチラリと覗き、夕方前 宿へと帰って来たが、その途中 美波からの LINEを受信したのであった。

「中条さん、瀬野です。海沿いは素敵だったかしら?」 「有難うございます。お話通り、素晴らしかったです。初美も喜んでまして」 「まぁ、良かった。お天気も良くて何よりです。でも・・」 「はい・・」 「夜の海は、もっと素敵ですよ」 「あぁ、夜ね。楽しみですな。漆黒の海に、漁船の灯りがポツポツなんて図は、俺も好きでして・・」 「そうですか。良いですよね。そのお言葉、きっと叶うと思うわ」 「そりゃ良い。宜しく、お願いします!」 「了解、任せて下さい!それでね・・」

そんなやり取りを経て 美波は初美と中条に、夕食を早めに済ます事と 酒気を取らぬ様求め、了解を得た。己も同席する 小町の懇親会は 6pm頃離れるつもりだ。ざっとシャワーを使い、簡単に用意をして 7pm前には宿に迎えに行けるだろう。美波の軽自動車「スズキ・アルト」には豊も乗るが、どうせ全員手回り品は多くない。定員が乗るに支障はないだろう。

「・・て事で、中条さん」美波は区切りにかかる。「お宿には 7pmに伺えると思います。それに合わせて、初美さんも出かけられる様にして下さるかしら?」 「分かりやした。それじゃ、その段取りでこちらも動きます。初美にもそう伝えときますから」 「はい、宜しくお願いします」 ひとまず、交信終わり。K市から乗った JR紀勢東線の列車が、正に北紀長島駅に滑り込もうとする所であった。

「随分かかったじゃないの。誰?お相手は」駅前に迎えに出ていた宿のワン・ボックス車に乗り換えると、直ぐに初美が訊いてきた。中条は「あぁ悪い。昨日も世話なった、看護師の 瀬野美波さんだよ。この後の予定を教えてもらったんだが 7pmに、俺たちの宿に迎えに来られるんだと。んで、それまでに風呂と夕飯を済ませといてくれだってよ」

初美、それを聞き「ふぅん、ちょっと慌ただしいわね。でもまぁ良いわ。夜のお出かけも面白そうだし」と返した。中条は「あぁ。まぁそんなふうに取っといてくれりゃ 間違ぇねぇだろうな」と応じた。北紀長島駅から宿までは、車ならものの数分。それこそ一走りの距離だが、その短い行程で愛でられる海辺の車窓も 又二人を魅了した。

2日目のこの日は 水入らずの内風呂を楽しみ、前日とは少し異なる海鮮メインの 早めの夕食。酒気が嗜めないのが、中条にとっては残念だったが。宿の面々の周到な用意もあって、予定より早めの終了となった。「さてと・・」腹が落ち着いた所で中条が言った。「特に 着て行くモンって、気にしなくて良いんだよな・・」

聞いた初美は「まぁ、それで良いんじゃないかしら。今日着てった、上シャツや上着にジーンズでも良いだろうし。まぁ、あたしは替えるけどね」中条が「替えるか、そうか。そりゃ楽しみだな。日中はパンツ・ルックだったから、夜はもしかして スカート・・かな?」と訊くと「あっ、嫌らしいわね!でも、ちょっとなら期待して良いわよ」そう返し笑った。

結局 中条が日中 K市の海辺へ往復したと同じ上下の服装に落ち着いたに対し、初美の方は 下方のみフレアの膝丈スカートに替えて出かける事になった。丈夫さをも備えた、デニムかジーンズ地らしい。「まず不要とは思うけどな」とは言いながら、中条は海パンも所持品の中に忍ばせた。

「今晩は。お待たせしました!」「お晩です。宜しく!」時計が 7pmにかかる寸前、美波と豊が乗った イエロー・カラーの軽自動車が姿を現した。「今夜は、素敵なお月様ね」初美か美波か どちらからともなくそんな言葉が発せられる。「そうやね~、特に海の水面(みなも)に光がこぼれた感じがよろしな~!」中条が反応した。

「皆さん今晩は。いや、有難うございます。今夜みたいに素晴らしい月は、ここに住んでても中々見られませんで・・」ここまで助手席にいた豊が、挨拶を兼ねてこう言った。「やっぱりそうか。・・だろうな。ホント、俺がこれまで見た中でも一、二を争う見事さだよ」中条が真面目に反応し、宿のオーナー夫妻も笑顔で頷き返した。

「さぁ、それじゃ 行きましょうか」美波、先に運転席に着き あとの 3人に乗車を促す。申し合わせた様に 中条が助手席、初美が上席に当たる後席右側、豊が左側に着いた。宿の人々には、日付が替わる頃には戻る予定を伝えている。軽い会釈を交わし、車は宵闇へと分け入って行く。

中条たちの泊まる宿から、豊や彼の親元の漁船が居る港まで 10分程。「皆さん、いいかしら?これからちょっとの間、お月様の下で航海(クルーズ)よ」「あぁ、いやいや。航海なんて大袈裟なもんじゃありませんよ。余りご期待にならない方が良いでしょう」戸惑った様に 豊が返した。「お~、豊君。船に乗れるたぁホントらしいな。今夜の航海、宜しくな」その後ろで、初美も笑顔で頷く。「何が始まるのかしら?」の、一抹の不安を抱きながら。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 平林あずみ
今回の「音」リンク 「ロング・フォー・ジ・イースト(Long for The East)」 by松岡直也(下記タイトル)
Long for The East
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。