FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第40話「月下」

hikaru-konno11_3.jpg
周囲を岩礁に囲まれながらも 南側に僅かな砂地を擁する、周囲2km足らずの小島の 洞窟の様な窪みの所で、敷かれたマット上に 初美と美波 二人の女が仰向けに臥す。昇って輝きを増した満月が下方を照らし、妖艶さを否応なく盛り上げる風情だ。「いやぁ、好いぞ好いぞ。抜群に お返しには良い夜だな」傍らで見守る 中条が言った。「・・で伯父さん。今度は 先生方のスカートの中がどんなかを確かめたい訳ですね」糾す様に、豊が応じた。

「ハハ、悪いな。それ言われると、ちょいと俺も弱くてな・・」苦笑しながら、男が返す。聞いた若者は「ですが、初めから狙われてたのでは?これまでもご一緒した事あるけど、いつも全裸になる様な要求はされなかった様な覚えがありまして」 「ハハ 豊君、その通りやよ。俺はさ、全脱ぎより 半脱ぎで着衣乱れってのが一番昂奮するって事でさ・・」 「あぁ半脱ぎね。何んとなく分かります。その方が良いって男性(ひと)って、結構居られますもんね」 「そうそう・・。さ、それが分ったら、いよいよお返し・・な」中条はそう返し、美波に向かって言った。「さぁ、行きますよ・・」薄明りの下、彼女が無言で頷くのが分かった。

まずは両の膝を立てさせ、膝丈フレアのスカートを捲り上げ、曲げて開いて行く。股間の辺りが認められると、ショーツを着けていない事が分かった。「ありゃりゃ、のっけからノーパン・・か」 はっきりとは行かぬまでも、薄く茂る 股間の下草が認められた。「うんうん、茂みは好い感じやね。ささ、そいじゃ核心へと向かおうかい。ねぇ、美波さん・・」 「ええ。まぁお手柔らかにね」 「まぁ任されたい。俺は、滅多な事は致さぬて!」 「まぁ!信じても良いの?」 「是非、そうされたし!」

そう言葉を返すと、中条は美波の両脚を曲げ開き、ぐっと下方へと進む。俗に言われる「マングリ返し」の姿態で、股間の女芯が月明りでも拝める様 露わにして行く。「お~、期待通り。熱く燃えとるな。さぁ、その熱気を分けてもらうとするか」鮮やかな朱の輝きを放つ秘溝を暫しじっくり、ねっとり愛でると、中条はそこに顔を埋めて行った。

「あっ、あっ・・い、好い!」これが、この夜初めて男の口舌に秘溝を攻められた美波の第一声であった。「ホントは嫌。ねっとり視線で見られて、舐められしゃぶられて・・おぞましい。考えただけでもぞっとする。でも・・」 頭の思考とは裏腹に、体感は仕掛けられる刺激を受け入れようとする。「中条さん・・いや新(しん)さんの刺激って、粗雑さや乱暴な感じがしない。お願い。暫くでも良い。つ・・続けて。あぁぁ・・」

じっくりと 下から突き上げて来る様な快感に喘ぐ女看護師の反応を、見過ごす程 鈍い中条ではなかった。「よしよし、美波さん。温まり出したって風情だな。車で言や エンジンの暖気ってとこでな。確かよ、昔無敵だった F-1レーサーがそんな事言ってたよな。ドライヴと「H」は 暖気が大事なんだと・・」 その呟きを、美波が聴いていた。「あはっ、女の身体も、その『暖気』が大事って事かしら?」

口舌を巧みに使い、美波の秘溝の合わせ目に出し入れしながら嘗め回していた中条は、一旦行為を中断して「あっ・・嫌だなぁ美波さん。聞こえてたかな、俺の独り言・・」と返した。美波「はい、そりゃもうしっかり聞こえてますよ。もうそれ、本音でしょ?」 「は~い、ご免なせぇ。確かに本音かもですな。ですがやっぱり好きなんでしょうなぁ。このね、月明りに映える貴女の『核心』が言葉もねぇ位ぇ素晴らしい眺めなんです。今 天空に浮かぶ満月と変わらん位ぇね。世に『月下美人』て優れたお方があるらしいが、今の貴女はもう『月下美人の月下美尻』なんてね!」 

美波「ハハ、嫌らしい本音が出たわね。分かるわ。・・で、さっきまでの愛撫の技 とても素敵だわ。続けて下さる?」 中条「ああ勿論。そいじゃ、戻ります!」頷く美波の 無言の返事を確かめると、中条は再び口唇愛撫(クンニリングス)に戻った。「クチュッ、ニチャッ!」とかの愛撫音と、低い喘ぎが再び・・

ほぼ時を同じくして、初美と豊も高め合い始めていた。「初美先生、お久しぶり。宜しくお願いします!」 「はい。楽しみね。あたしたちも始めましょう・・」 返事を受け、豊はまず 仰向けに臥す初美にのしかかり、重なった。「もう少し、濃いご挨拶をさせて下さい・・」の豊の言葉に初美が頷き返すと、上と下で唇を合わせた。舌技を交えての 濃い接吻(キス)を暫く。

「豊・・」挨拶が区切られると、初美が言った。「はい・・」彼が返すと 「あたしね、今夜はこうして 仰向けのままでいたいのよ。ここからだとほら、好いお月様も良く見られるし。でね・・」 「はい、自分がどうすべきか・・ですよね」 「その通りよ。折角下半身露わになったんだし、君の立派なお竿を ここに来させてくれないかなぁ。そしたら、あたしがしゃぶって高めてあげるからぁ・・」 「あぁ、はい。有難うございます!何だか夢みたいだけど、まぁ良いです。直ぐ初めてよろしいか?」 「勿論!」

この言葉を聞いた豊は、一旦立ち上がると 初美の上体の上に中腰でしゃがみ込みにかかる。「あぁ、そうだ。先生・・」 「うん、何かしら?」恩師の返事を得た若者は 「お願いする前に、先生の乳房(おっぱい)見ちゃいけませんか?」 「あは、言うと思った。勿論良いわよ。そうしないと、お竿の礼儀が守れないかしら?」 「いやその通りですよ。流石は先生、お見通しだなぁ!」 「いやいや、と言うか 男は皆 そういう事には単純に反応するのよ」 「そうかぁ!ですが、それで良いんですよね?」 「その通り!」

濃い接吻が区切られた後 直ぐに己の竿(=男根)を 初美の顔に近づけようとした豊だったが、すんでの所で思い留まった。そして「じゃあ、少しだけ乳房にご挨拶しますね・・」と言いながら、淡色ブラウスの上方を剥く様にはだいて行く。「少しだけ、乱暴にして良いわよ・・」挑発する様な恩師の言葉に、以前の教え子は それを守る様に進めて行った。少し花柄のある 白いブラを下方にずらすと 魅惑の乳輪をそれぞれに頂く 優れた胸の双丘が表れた。

「あぁ、素敵・・」呟きながら、豊はまず 双丘の谷間に顔を埋めた。次いで 片側の乳輪を、ゆっくりと口に含んで招き入れ、舌先で愛撫の挨拶を。「あぁ、好いわ。上手よ・・」喘ぎながら称える初美に、豊は「先生、有難うございます・・」一瞬 口舌を離して答礼する。暫く こんな愛撫が続いた。

「さぁ、豊・・」初美が 促す様に言った。「はい、あぁ 次ですね」戸惑う様な返事を得て 「そうそう、今度はね、さっき美波さんにしてもらった事を あたしがするからさ。さぁ、君のお竿を あたしの顔に近づけるのよ」 「あぁ、はい。何となく分かります」そう返し、豊は一旦腰を上げた。そして「お顔の傍にっと。あ、こうですね」もう一度腰を落とすと、彼の亀頭は初美の口元ギリギリにやって来た。

「ふふ、もう分かる・・でしょ?」 「あぁ、何となくね」そう答えると、豊は 更に亀頭を初美の唇に近づけた。そして「じゃ、お願いします!」 頷き返した彼女は、ゆっくりと礼儀を正す亀頭に食らいついた。「ジュパッ、ニュプッ・・」なる鈍い音を伴い、女の口唇愛撫(フェラチオ)が始まった。一渡り区切られると 「豊、今度はね・・」恩師は又 新たな指図をするのだった。「はい・・」元教え子の返事を得ると「今度は、お袋(陰嚢)が舐めたいわ」 「有難うございます。じゃ、直ぐ用意を・・」豊はそう返し、竿が恩師の口唇から抜き放されると、今度は陰嚢を近づけた。これは

「あっ、うぅぅ・・これは、く・・来るぅ!」一度は覚え有りとはいえ、それは久しぶりの新鮮な刺激だった。初美の 陰嚢への愛撫は優れていた。絶妙な舌技で、豊は危うく射精まで押し上げられる所だった。「あっ、あっ、勘弁を!」喉まで出かかっていたその呻きを、豊は辛うじて凌いだ。「ふふ、豊・・」下からの舌技を一旦止めた初美が、豊に笑いかけた。「そして「我慢しないで、発射しても良いのよ」 

こうして 陰嚢への愛撫が区切られた。豊は「あ、いやいや・・何とか我慢します。やはり自分は、貴女と一つになって昇りたい・・です」 初美「分かった。そう来なきゃね。さぁ、今度はあたしがお返ししてもらおうかしら」 「はい、お返しですね。じゃあ用意します・・」言葉を区切った豊、腰を上げて初美の下方に回ると、これも膝丈のフレア・スカートをめ捲り上げ、露わになった ストッキングを纏う両脚を曲げ開いて股間へと進む。月明りに晒された 恩師の下方はやはりショーツが見当たらず、朱の秘溝がやや濃いめの下草に囲われる 素晴らしいものだった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 紺野ひかる
今回の「音」リンク 「ハーヴェスト・ホーム(Harvest Home)」 by葉加瀬太郎(下記タイトル)
Harvest Home
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。