FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第36話「終礼」

29206.jpg
「会いたくない・・けど、会いたい」特別林間学級から帰った、健(たける)、徹の二少年が、間もなく佐分利学院を去る主任講師 初美に抱く、偽らざる想いだった。

8月7日の金曜、夕方に帰宅してから、彼たちは、勉強や部活の合間、プロ野球 NCドラゴンズの拠点、チュウキョウ・ドームからも遠くない、JR中央西線沿いの、名もない公園を訪れる様になっていた。ここで午後、すぐ傍らを通る、下りコンテナ貨物 81や石油貨物 5875、上りコンテナ貨物 2074や油槽回送 3084、夕方なら下り石油貨物 5885の各列車が通り過ぎるのを眺め、林間学級「夜の出来事」をなるべく早く忘れようと、彼たちなりに努めていたのである。

「あの女性(ひと)の事、美し過ぎる記憶だぜ。すぐには忘れられないよな・・」余りにも熱く、鮮烈な「夜の補習」の思い出を、そう簡単に忘却の彼方に押しやれる訳ではない。それが、冒頭の呟きとなって表れたのだろう。

健「特に、81レの時が大事だな。午後唯一の下りコンテナ便だ。あの夜の思い出も、遠い山間へ、コンテナに詰めて持ち去ってくれたらって思うんだよな」と言えば、徹も「その気持ち、分るよ。俺もできればそうしたいって思うんだよ。でも、あの女性(ひと)を、忘れられるかどうか・・」こう応じる。

林間学級からの帰路、N城址の近くから、二台の車は分れての走行となった為、彼たちは、女講師たちとは中津川の休憩時、口頭で軽い挨拶をしただけだった。初美と二少年の、三人だけで交わした、熱い終礼の記憶がまだ残っていた。勿論それは、心に留めていた。彼女の進路は、佐分利理事長の力添えもあって、9月から、学院近くの情報関連企業に移る事となっている。

8月17日の月曜。二少年は公立小学校の登校日で、佐分利学院に登院しない日だった。奇しくもこの日が、女講師 初美の最終出番となったのである。
事前に仕上げていた、林間学級活動報告書(勿論「夜の補習」の記載はない)提出や、二学期からの担当となる、後任講師への引き継ぎと申し送り。若干の残務・・などなど。初めは、書類による申し送りだけになる予定だった、若い後任女講師 花井 結(はない・ゆい)が、都合をつけて出動してくれ、直に引き継ぎができたのは幸いであった。教え子たちの顔が見えないのは寂しいが。

この日は、養護課の小町主任も出動していた。傷病の手当てに必要な薬剤や、ガーゼ、バンドエイド、消毒剤やアルコールなどの有無、備品類の大掛かりな点検をしておきたかったからだ。後任の結を交え、三人、近所の馴染み所で昼食。

小町「初美、引き継ぎ完了ね。ご苦労様」 初美「有難う。結が出てくれたお蔭で、全て片付いたわ」 「当然ですわ。早く様子も知りたいし、少しでも、初美さんからお聞きするのが良いですから」と結。
「後は、そうね。改めて、彼たちと終礼をした方が好いんじゃない?」小町が言うと、初美「小町さん」「はい?」「奇遇ね。あたしも同じ事を考えてたの。20日の木曜が、学院在籍の最終日だから、この日に彼たちと都合できれば好いと思うわ」「そうね。それが好いでしょう」「彼たちに、連絡しておこうかな」初美、そう言うとSMSで日取り確認。少年たちからは、いずれもOKとの返事。

初美、二少年に決定を告げる送信「じゃ、20日の木曜に、お昼から彼たちと暫く会うって事にするわ」「それが好い。済んだら、香緒里に結ちゃんを交えて、貴方の慰労会ね。楽しみだわ」小町はこう言い、微笑んだ。「宜しく、お願いします」結も、笑顔で一言。「有難う。お世話かけるけど」初美も応じた。午後は、小町の応援も得て、結に学院各所の案内をしたり、ともすれば問題化し易い、男性講師への接し方などを伝授、合間に、実家にいる香緒里に、木曜の面会場所手配の依頼などをして了解を得る。概ね、静かな終幕であった。

心揺れるのは、二少年だけではない。健の伯父 中条。特別林間学級の帰路は、何よりも安全優先。午前にあった、あらゆる雑念を取り払い、二少年をつつがなく帰す事に全身全霊を傾け、車内でよく聴く、マイルス・デイビスやハービー・ハンコック、渡辺貞夫らのBGMもそこそこに、安全運転に徹した。勿論、少年たちからの、冗談交じりの会話に応じる位の余裕はあったが。

ただ、居所へ一人戻ると、初美が林間学級最終日に見せた、思わせぶりな立居振舞が気になった。己の不注意の結果とも言える、健が秘かに送った下着の事。しかも、ミニコスと共に、その着けた艶姿の披露・・明らかな挑発。更に、成行きに任せれば、拒まれる事なく、昼間から間違いを犯していたかも知れず、終いには、今後に影を落としかねない言質まで取られる結果に・・。

「いやいや、それは違う。あいつらと同じで、あの『遥かなる山峡(やまかい)』だけの出来事だったのさ。何とか、その様にしなければ」中条は、次々に起きて来る想念を振り払った。初美は、確かに「女性」を強く感じさせる魅力に溢れてはいるが、彼女は、甥や徹との深い仲が終わったばかり。中条自身も、急の離婚からまだ一年程。半分は、己の不心得だった所もある。教育者でもある、才気ある女性を、今、苦境に晒す訳には行かない。

もう一つ「よく、全てを許したな」甥と、徹の二少年を、公平に愛し抜いた事への、敬愛の念もある。彼たち二人と交わったとは言え、相応の男性遍歴があるとは言え、それは決して、誰にでも己を許す雌犬(ビッチ)などではないと言う事も。
とまれ、お互いに心の冷却期間が必要だろう。ただ、直ではないが、連絡手段は断たない事にした。何しろ、甥 健の恩師だった女性(ひと)だ。ここから、彼女が学院を去った後も連絡はできるはずで、彼はそのルートで、必要なら接触(コンタクト)ができる術を残したのである。

一方の初美も、その気持ちが見られたのは事実。何よりも、健から送られた下着を、中条の眼前で堂々と着け、披露。しかも、深部に誘おうとするそぶりまで見せ、辛うじて思い留まった彼から、次への言質を取り付けてもいる。この一夏、深い間柄だった二少年への情念も、すぐには消える訳がなく、微妙な所あるも、中条に対する女性としての「向き合う姿勢」を見せたのは明らかだったろう。「エッチな男性(ひと)だけど、強い信念もおありなんだわ」

8月20日の木曜。本当に、林間学級最後の日が訪れた。朝方まで雨、日中は曇りで、夜に入り晴れ間と言う、中山荘(ちゅうざんそう)最終前日と似た天候となる。

健の親元近所、某名店にての昼食の席には、初美と二少年、中条、香緒里、小町、それに結の七人がいた。シーフードがメインのコース。女講師の装いは、香緒里が、林間学級へ出かけた時そのままの、ラフなTシャツにジーンズで、これは男たちも色目違いだけで大体同じ。結が、割合堅めのブラウスに濃色のロング・パンツ。他の二人は、往く夏を惜しむかの様な、薄手のワン・ピース。初美が薄黄で、ウェストに青の飾りベルト、小町は薄紫で同色のベルト。少年たちは、初美の装いを「(東海道・山陽新幹線試験列車)ドクター・イエローの様だ」と評した。進行は、まずは結の後任挨拶と自己紹介から。

それからは、林間学級の思い出話や、結局は大きな不安のなかった、夏休み課題の仕上がり状況、十分な練習とは行かず、一時劣勢となるも、すぐ立て直せた草サッカー活動の話題などが出、初美と中条、香緒里はジャズなどの音楽談義も交わした。

「初ちゃん、後でね」「ええ・・」午後2時過ぎの食後、香緒里、小町、結の三人は、近所にある、後程 初美と合流予定の喫茶店へ移動。ここで「終礼」が済むのを待つ。後の四人は、健の家の応接間に集まり、暫し歓談。中条と二少年は、初美を見送った後、JR中央西線下り貨物 5885列車の通過を見てからチュウキョウ・ドームで行われる、プロ野球 NCドラゴンズの試合を観に行く予定。この日は、西日本の勇者 MHカープを迎えての好カードである。

午後3時過ぎ、冷えたサイダーと麦茶が振る舞われ、一服した所で、中条「じゃ、俺は会社の雑用を片づけて来るから、お前たちは宜しくやってくれ。初美先生と、皆さんのいらす店へ行っても好いけど、ここの出発は4時半な。二人は、必ずそれまでにここへ戻る事。いいな」「はい、了解です。伯父さん、今夜は飲んでもらいますから宜しくね。地下鉄での行き来だから、安心だし」健の返事。
「こらこら、余り調子をこくなかれ。叶わんマセガキ共だ!」苦笑しながら、初美への短い労いの言葉を残し、中条は席を離れた。彼女は会釈で返す。

想いでの「夜の補習」の時同様、初美と二少年だけの席になった。彼女は訊く。

「ドームの試合で、伯父様に何をしてもらいたいの?」「はい。伯父貴に少しビールを飲んでもらい、変な言葉で応援したりするのを聞きたいんです」笑いながら、健が返す。「ああ分る。MHカープのファンは、変なとこから声出して応援するぞってのか?」徹が苦笑しながら割り込むと「そうだな、多分それもあるかもよ。何せ伯父貴は、酔うと前後が分らなくなるとこがあるからなあ」再び、笑って返す。

「まあ、面白そうね。あたしたちもドームのチケット買って、応援に行くと良かったわね」初美も合せる。もう、あの夜の薄気味悪さは微塵もない。健やかな美しい笑顔。「よければ、当日券もあるでしょう。ただ、伯父貴や俺たちとは、席が分れるかな」と健。暫く、プロ野球メインの談笑。二少年は、このまま応接間で中条を待つ事にした。

そして、何となくの区切り。初美が「ちょっとね、最後に、しなければならない事をしようと思うの。それはね・・」切り出す。「あ、分ります・・」言葉を察した二少年は、部屋を一時施錠しながら反応す。「順番は、あの時と同じかしら?」「そうですね」初美は、長手のソファに落ち着くと、まず健を手招いた。

「さあ、この林間学級の終礼よ。あたしの目を見て、あの言葉を頂戴」これを受け健、今日までの師と向き合い、目を合せ「初美さん、好きです」「もう一度くれる?」「初美さん、好きです!」二度目の言葉が終わるや、二人は、互いに腕を回し唇を重ねる。30秒は続いた。
次いで徹。「さあ、健と同じくね」「はい」ソファで向き合い、目を合せ「初美さん、好きです」「もう一度くれる?」「初美さん、好きです!」これもすぐ、抱き合って唇を重ね、ほぼ30秒。解錠と共に、特別林間学級の「本当の終礼」が交わされた。

「二人、とても好い夏だったわ。これからも、お互い希望を持って頑張ろうね。あたしも、二人と又会いたい。心がければ、願いは叶うわ。好いお話もあるけど、それはこれからも学院にいる、小町さんや香緒里から聞けると思う。それを信じて」「よく分りました。貴方のお言葉を信じます」

「じゃ、二人、グッド・ラック(Good Luck)!」スッと席を立つ初美。モデルの様に凛とした歩みで、応接間を出る時振り返り、二少年に向け、両手で投げキスを送った。向き直り、歩み遠ざかる、美しい後ろ姿。閉まり始めるドア。
「有難うございました!」彼たちは、大きな一声と、深い一礼で見送った。
(おわり 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,29記)

今回の人物壁紙 波多野結衣

渡辺貞夫さんの今回楽曲「ドゥセ・セドゥサォ(Doce Seducao)」下記タイトルです。
(演奏編はこちら)


(歌唱編はこちら)
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。