FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第42話「月見」


思いの他明るさある 満月の灯りの下で、四人の男女が蠢いていた。一方の美波と中条は正常位、前戯を終わった初美と豊は後背位で繋がろうとしていた。四つん這いになった恩師の背後に回った教え子が、まだ下方を覆うフレア・スカートの裾をゆっくりと持ち上げ、優れた曲線を誇る臀丘を露わにすべく、滑る様に捲り上げて行った。淡く白く光るその曲線が表れると、彼は息を呑んて言った。

「いや、どっちも素晴らしいですね。お月さんも文句なし。そんな光を浴びて こんな行為ができるなんて、自分は幸せだと思いますね」 初美「その通りよ。その気持ちが大事。さぁ、そろそろあたしの核心に繋がって」 「はい、有難うございます。それでは・・」大胆に臀丘を突き上げる恩師の脚の間に進み、竿の亀頭を秘溝にあてがい 正に繋ごうとしたその時 一瞬思い留まった。

「先生・・」呟く様に言った。「うん、何かしら?」彼の前から、初美の返事。聞いた豊「ゴム、どうしましょう?着けんと拙いんじゃ?」 「ふふ、訊くと思ったわ・・」初美のこの返事も 呟く様だ。「豊、心配有難う。でも大丈夫。あたしは今 一応安全期だし、ピルも飲んでるからね」 「うぁ、マジですか?」 「その通りよ。まぁ聞いて。どうせ君と繋がるんなら、そりゃお竿は生身の方が良いわ。あたしの肉壁に、君の亀頭が直に当たる感触をじっくり味わいたいって事よ」 「有難うございます!自分も素直に同じです。ホントはゴム介してでない方が、そりゃ良いですもんね!」 「うんうん、分かるわ」

「よしっ、それじゃ・・」会話を区切った豊は、初美の股間へと膝を進め、もう一度己の亀頭を恩師の秘溝にセットする。「先生、行きます・・」呟く様に一言。頷き返す彼女の反応と秘溝の熱と湿気を確かめ、礼儀を知る竿を、ゆっくりと滑り込ませる。はっきり感じる 肉壁の迎撃。所謂「挿入」を暫く続け、亀頭の先端が奥に当たる様な感触を得ると 連結完了だ。

「あっ、はぁぁっ!豊、上手く繋がったわ。さぁ、動いて!」 「かしこまりました。只今・・」繋がった瞬間、豊の方が落ち着き、余裕が感じられる風だった。むしろ、繋がれた初美の方が興奮し、上気している感じだった。「ホントに好い。久しぶりの、先生と歓びの時。それも、満月を愛でながら。何か 出来過ぎてる様で、怖い・・」前に突き伏した恩師の背後を覆う様な姿勢で 腰を前後動させながら、豊は思わずそう呟いた。

一方の美波と中条も、正常位での行為が進む。初美と豊もそうだが、喘ぎと荒い息を交えてのものであるのは勿論だ。「ああ、好い感じの夜やな。それにしても美波さん、話にパ聞いとったが『締め上手』ですなぁ!」 それを下で聞いた美波は「あっ、はぁ!・・ふふ それ、誉め言葉って思って良いかしら?」そう返し、中条の腰に組付けていた両の美脚を、更にガッシリと力を込めた。

中条「あぁ、いやいや。ホントですよ。お信じ下されよ。今だって、こうして貴女の綺麗なおみ足が、俺の腰を攻めとりますしなぁ。あっ、俺の竿も、貴女の『女』を攻めとるから、大きな事ぁ言えねぇか・・」 「そうですよ。性愛(セックス)はお互い様ですからねぇ。でも、これだけは言えるわ」 「はい、何ぞ?」 「貴方が誠実に愛して高めて下さるから、あたしも同様にお返ししたくなるのよ」 「ああ、お返しね。そりゃ、自分が奉仕したら同じしてくれりゃ嬉しいもんなぁ・・」そう返すと、中条はもう暫く 美波の下方に繋いだ腰を上下動してやった。

「さて、美波さん・・」暫くおいて、中条が言った。「はい、新(しん)さん、何かしら?」 「素敵な技に感謝です。特に蟹挟み!男の腰 脚で支配できるなんて、考えただけでも昂奮ですわ。これ、初美にもやってもらう事あるんだけど、貴女のは芸術レベルやね。一生忘れられんし、又やって欲しい・・なんて変な憧れが出て来ちゃって困ったモンだ」そう言った男は、苦笑した。

美波「ふふ、それは有難う。初美先生と時々楽しまれてるのは、聞いて知ってましたわ。試した甲斐があった様で嬉しいわ。ところで・・」 中条「はい・・」 「あたしたちも、初美さんと豊みたく、お月見しながら進めたいわね。どうかしら?」 「おーご免なせぇよ。確かに仰向けじゃ 月が見難いかな?」そう返すと中条は、仰向けの美波の上を離れ、彼女に片手を貸し助け起こす。美波はそれに応じ、少し前 初美がした様に、今度は中条の方に臀丘を向けた四つん這いに。そして「さぁさぁ、好い眺めでしょ。早く戻って来て」と促す。「戻って来て」とは、勿論単純な意味ではない。彼女の秘溝に、勃起した竿を戻せという意味だ。

「OK。じゃ、俺たちも再開な・・」美波が頷いて返す様を確かめ、中条も 今度は後背位で、竿を美波の秘溝に返して行く。改めての喘ぎを聴き、二人の息も 又荒くなって行った。「あぁ、これも良い!美波さん、これならどうだ?二人で月見ながら高まれるって寸法だよな?」 「あぁ、はぁぁ!ふふ、そうね。こんなお月見って、貴方も初めてでしょう?」 「そう。まぁそんなとこですね。いやホントに良いですよ。月そのものと、それに照らされて輝く貴女のお尻もね」 「まあ、嫌らしい称え方ね!でも、素直で良いわ。もう暫く続けて欲しいわ」 「ええ、勿論!」 確実に愉悦が伝わる様、美波の腰を両の腕で抱えて安定させた中条は、秘溝に繋いだ竿の動きを守るべく、慎重に腰を前後動させた。

島に着いてから約二時間が過ぎようとしていた。秀逸な姿と輝きを見せていた名月だったが、徐々に雲が出る様になり、時折雲間に隠れる様になった。この様子を見て 喘いでいた美波が言った。「ねぇ新さん」「はい、何ぞ・・」後ろの中条か返すと「残念だけど、お月様が見え難くなっちゃった。又上に来てくれるかしら?」「あぁ確かにね。さっきより 雲が増えたのやな。まぁ、仕様がねぇか。ま、それで行く・・か」

美波「ウンウン、そうですよ。それでね・・」中条「はい、何ぞ。聞いとるよ」「あたしに重なる前に、もう少しお竿の観察がしたいわ」「おい来た!俺も望むとこさ。お摩(さす)りにおしゃぶり、大抵の無理は聞くし聞いてくれると良いな」「それは、あたしも同様に考えてますわ。詳しいとこはまぁ、成り行き次第ですけど・・」「成り行き次第、よろしおすな。反って面白ろそうだ。そいじゃそれで お願いするってことで・・」

中条が美波との連結を一旦解き その上を離れると、彼女は上体を起こし 中条に彼の竿を顔の傍に向ける様言った。聞いた彼が応じ 勃起を保ったそれを美波の顔に近づけると、すかさず彼女は 竿の亀頭に食らいついた。「ううっ、み・・美波さん、熱いなぁ。余り昂らすと 暴発しそうで心配だわ~!」暫くの間、竿を咥え込んで「ジュパッ!」とか「ヌプッ!」などの微かな音を生じていた彼女だったが、一旦竿を放すとこう言った。

「お竿、好い感じで堅くなったわね。さ、そろそろお返し願おうかしら」聞いた中条「ハハハ、返せですか。俺はよろしいから応じるが、ちょいとお待ちを・・」「はい、何かしら?」「さっき、隣の二人が、ゴムどうしようかとか言ってたな。俺たちは大丈夫なん?」「勿論ご心配なく。あたしも一応安全期だし、念の為 避妊ピルも服用してますから。第一、不安なら初めからそう言うからね」

中条「そいつは有難うです!俺も安心だしね。さ、それじゃもう一度、貴女ん中に こいつを返すとしますかな!」そう言い、更に「そうだ。さっきより、もそっとハードな体位で行こうかなって思うんです」美波「あぁ、少し分かりますわ。さっきより、あたしの脚腰の曲がりが大きくなる感じね。まぁとに角 試してみるが良いわ」中条「分かってくれて有難う。初ちゃんと豊君も、何やら始めた様だしね・・」

会話を区切ると、中条は言葉通り 再び仰向けの美波に重なって行く。両の脚を抱え込んで更に屈曲を大きくし、ゆっくりと竿を秘溝に返したのを確かめ 上体を美波のそれに預ける。「あぁっ、こ・・これも好い!新さん、接吻(キス)して!」求められた中条は、勿論その通りの事を美波に返してやる。新たな喘ぎと より粗くなる息遣いがはっきり聴こえる様になり、熱気も感じられる様だ。それは隣で絡む、初美と豊も同じだろうが。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 大曾根(おおそね)浦付近から、熊野灘方面を臨む 三重県尾鷲市 2015=H27,8 撮影 筆者 
今回の「音」リンク 「ライフ・ゴウズ・オン(Life Gose on) by野呂一生/鳴瀬喜博(下記タイトル)
Life Gose on
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。