FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第43話「照度」

3c38646d.jpg
「あぁ、帰って来た。ふ、ふぅぅ・・!」自らの望みもあって、再び正常位で組み敷かれた美波。その上に中条が重なり、女の足腰をやや強めに曲げて股間を上向きにし、そこへ礼儀を保つ「竿」をゆっくりと返して行く。竿の幹には、熱と湿気を帯びた 朱の肉壁がべっとりと纏わりつき「さぁ、もっと奥へ進んで!亀頭をうたしの子宮口に繋げるのよ!」と促される様な風情だ。

感触を知った男は、美波の願望を悟った。「まぁお待ち。そういう事なら、俺はとっくりと付き合う用意があるぜ・・」半分は美波、もう半分は彼自身に諭す様に 中条は呟いた。下方の連結を果たし、上腕で美波の上体を捉えると「さぁ、再開ですよ~!」の合図代わりの接吻(キス)を仕掛け、彼女もし返して来た。

「新(しん)さん、動いて・・」太腿の動きを男の両腕に制されていて 腰に脚を組み付ける「蟹挟み」の技が使えないのは残念だが、下から両腕を男の背後に回して力を籠め、腰の動きを促す。「あぁ、分かる分かる・・」上で女の意図を察した彼は、少しでも望みに沿う様、ゆっくりと腰の上下動を始めた。

「美波さん・・」 「はい・・」 「気持ちは分かった。だけどよ・・」 「何よ?聞いてるわ」 」・・と言ってだな。初めから激しくは本意じゃねぇだろ?」 「あぁ、分かるわ。初めはスローな動きで高めるんでしょ?」 「その通り!俺のモンを動かして じっくり温めてからスピード・アップって寸法な」 「そうか、貴方一流のお気遣いね。エッチな意図だって分かってても嬉しいわ」 「あぁいや、こちらこそ!エッチはその通りやね。まぁ、隠してても仕様もねぇ事だけどさ・・」会話が区切られると、二人は上と下で目を合わせて笑った。

少しでも 言葉との矛盾が少なくなる様、中条は初めの内 できるだけゆっくりしたペースで腰を進めた。所謂「スロー・ピストン」という技だ。「さぁ美波さん、俺の性感で歌ってくれるかな?」様子を見ながら呟くと、美波は低い喘ぎで応えてくれた。「あ・・うんん。い・・好いわねぇこれ。新さん、ゆっくり続けてくれる?」 「あぁ勿論!暫くと言わず、朝までだって OKよ。ここ暫く、俺はこの『持続力』の修行をしたから自信はあるよ。この技 じっくり味わってくれると嬉しいな・・」そう返しながら彼は、美波に繋いだ腰の動きを徐々に強めて行った。

一方の初美と豊。随分長い間、中空に上がった満月を共に眺めながら、後背位で交わりを進めて来た。彼女は言った。「もう二度目だからさ。なるべく喘ぎ声とか低くしたかったのよね。まぁ無人島で 誰も聴いてないのは分かってるけど・・」 聞いた豊も「まぁ、それもありますよね。余り大声だと もしかしてですよ、近くを船が通った時に気づかれるかもですから。まぁ美波さんと伯父さんは、今の行為に浸りきってるから 多分大丈夫でしょうけど」との返事。

「あらやだ。雲が出て来たのかしら。お月様が陰ったわね」少しおいて、初美が言った。豊「そうですねぇ。さっきからそれっぽいのが出た様な感じがしたけど、やっぱり・・ですか」と応じた。「美波さんと新さん、体位を替えたみたいね」 「・・みたいですね。自分たちも、替えた方が良いかな?」 「うん、そろそろじゃないかしら。だって、お月様見られないなら、仕様がないじゃないの」 「それもそうですね。俺は、先生のお尻を愛でながらの後背位(バック)は良いなぁ!なんて思ったんですが・・」 「あぁ、そうか。じゃあ、このままもう少し続けたい?」

豊「あっいやいや・・自分もね、とても好いけど、いつまでも後ろから仕掛けてて良いんやろか?なんて想いになり始めてたとこでして。先生もお疲れだろうから、一度自分と上下体位を入れ替えてみるのも良いかな・・なんて考えてた訳ですよ」 「君の言葉通りだと、今度は騎乗位がいいの?」 「ええと・・そこまでは申しませんけど、もしかして そんなのが良いかなって想像してみた位の事ですね」

初美「そうかぁ・・じゃあ、実行しよ!」 豊「マジですか?俺は良いですけど・・」 「又そんな出方をして・・。ホントは『あったらいいな!』位の事は考えてるんでしょ?スケベね!」 「は~い、ど~もスケベで済みません!ですが、本当に実現なんて思いませんで・・」 「まぁ良いわ。ご免ご免、さっきの『スケベ!』は撤回よ。でも、その夢実現したげるわ」 「有難うございます!俺も少し気楽ですね。何しろ、恩師を上から目線って ホントは気が進まないんですよ」 

初美「それは違うんじゃない?ちょっと前の師弟っていう前に、男と女なんだからさ。発情して燃え上がれば、もうその辺は眼中にない・・な~んてあたしは思うんだけどね」 豊「ええっ、そんなもんですか?やっぱり、正常位で先生を抱いてる時も、少しだけそんな想いがあったりするんですが・・」 「それはね豊、君がまだ熱中できてない証拠よ。気遣いは嬉しいけど、どこか醒めてる様な感じって あたしは感心しないな」

聞いた豊は、一瞬だが割り切れない表情を見せた。そして「う~ん、難しいなあ。俺、とに角一方的にどうのって嫌なんですよね。・・で、先生にもお訊きしながら あの事を進める訳ですけど・・」 初美「うんうん、分かった。一方的で粗暴なのよりは良いわ。今だから話すけど、あたし 以前つき合ってた男にそんなのがいて ちょっと嫌だったから、何となく分かるよ。だから、その辺りは君に任せる。『どうにでもして』て訳じゃないけど、こうしたいって風で進めたら良いわ」 「有難うございます!ちょっとだけ、気が楽になりました。それじゃ・・」

四つん這いの姿態から立ち上がった初美と入れ替わりに、豊が仰向けに臥す。思いの他明るい満月の下、傍らで 臥した美波に中条がのしかかり、かなり熱い正常位で交わる様子が分かる。勿論、喘ぎと呻きも聴こえてくる。「さぁさぁ、もう一度熱くなろう!」天仰ぎ勃起を保つ 豊の竿をめがける様に、初美が露わになった腰を下ろしにかかる。

「先生、ゆっくりお願いしますね・・」 「了解。任しといて!」下からの、結構な眺めも豊の視覚を酔わせるものだった。優れた曲線の臀丘と、それにつづく美麗な太腿の線は、豊の性欲を否応なく揺さぶるに十分。既に下着を剥いだ、露わな下草の上に咲く秘溝と菊花(肛門)も又、若者の願望を煽るものだった。堅くなり充血した亀頭を、同じく朱に染まる陰唇が呑み込んで行く。少しして、沖で微かに何かが当たる感触。心地よい衝撃だ。きっと初美も同様に感じているはずだ。

「あっ、あっ、はぁぁっ!」初めとは少し異なる 小刻みな喘ぎで 初美は愉悦の中にいる事を 豊に伝えている様だ。「せ・・先生。俺・・じゃない、じ・・自分も、わ・・分かります。うぅぅっ!」次第に激しさを増す 恩師の腰の動き。その上下動に導かれる様に、豊は昂って行く。「あぁ、凄い!こ・・このまま昇りそう。あうっ、ホ・・ホントに危ない。発射しそう!」 すると、喘ぎを伴う激しい上下動が一瞬止まり「ダ・メ・よ!」厳しい注意の様な、初美の声が大きめに響いた。

「ちょっと見てご覧よ。豊も一度停まってさ・・」初美はそう言い、引き続き正常位で高まる美波と中条を見る様指図。そして「最後はさぁ、あたしの望みも聞いて欲しいわ。彼たちみたいに、君があたしの上に乗って、正常位で頂上目指すのよ」 聞いた豊は「あれ~、分かりました!俺、下でイクのも悪くないなって思ったんですけど、先生のおつもりなら仕方がないですね」何気に返したら 「ちょっと、豊!仕方がないって何よ?」意外や意外、激しく詰め寄られた。

「いや~、ご免なさい。俺、先生のお言葉の理解が足りなんだ様ですね」一瞬同様も、直ぐに落ち着きを取り戻すのが 豊の強みだった。様子を見て 初美は言った。「あたしも熱くなったのは反省だわ。でも・・」 「はい・・」 「教え子が恩師の上に乗って昂るのって、凄く刺激的だと思わない?きっとね、君の 秘めた願望にもあるはずよ。それを今夜、お月様を観ながら叶えたげようってのが、あたしの気持ちなの。分かる?」 

恩師の話を聞いた豊は、少しおいて言った。「あぁ、分かります。先生の仰る願望、確かに自分にもありますね」 「よしっ、それが分れば良いわ。さぁ、最後の高め合いよ。美波さんと新さんがやってるみたく、熱い正常位で頂上よ」 「分かりました。そういう事なら俺も努力します」豊はそう返し、再び仰向けに臥した初美の上に重なりにかかった。「それじゃ先生、この姿態で高めてご覧に入れます」 「宜しく、お願いね・・」月明りの下、彼女は美しく笑った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 Rion
今回の「音」リンク 「サルヴァドール(Salvador)」 by渡辺貞夫(下記タイトル)
Salvador
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。