FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第45話「因果」

c05bb9d8.jpg
「あぁ、良かった・・」 「ふぅん、素敵よ・・」前後して頂に昇り詰めた美波と中条、初美と豊 二組の男女は、満月の薄明りの下 愉悦の余韻に浸っていた。奇しくも、二組共女の下肢の曲がりが大きい ハード目の正常位。豊と中条、壮若二人の男は、まだそれぞれの女たちの上に重なっていた。

「先生、よろしいですか?」 「あ?うん。良いわ・・」豊の囁(ささや)きに初美が反応、二人は又 上と下で唇を合わせた。「豊・・」一旦口唇を離した初美が呟いた。「はい・・」上から彼が返すと「舌技も、頂戴。繋がる前の技、とても良かったわ」 「分かりました・・」豊はそう応じ、もう一度 初美の唇を奪っていく。下方の男女の核心は、まだ堅く繋がっていた。

「ん・・んん。い・・好いわぁ!」時折そんな反応を伴い、豊は初美の口内に舌を挿し入れ「クチュクチュ、ジュルジュル・・」の様な微かな音を伴い、掻き回す様に愛撫していった。「あぁ・・」彼も呻く様に反応した。「こんなに、先生と濃い事ができるなんて、望外ですよ」 「そう。望外は嬉しいわね。こんなのは中々ないから、念入りにする事だわ」 「有難うございます!」既に 9pmを過ぎ、師弟の後戯は暫く続いた。

一方の美波と中条は、達して直ぐ 上と下で雑談に耽っていた。「いやぁ、素晴らしい!このまま暫く繋がっていてぇな」と中条が呟くと、下の美波も「あたしもよ。ほらご覧なさい。初美さんと豊も、似た様な事をしてるわ」 「ハハ、そうか。まだ熱い状態から抜け出られん訳ですな」 「そういう事。貴方とあたしだって、直ぐは無理・・でしょ?」 「あぁ、アハハ。すみませんね。言われてみりゃそうだよな・・」少しく笑い合うと、美波は中条が腕の力を緩めたのに乗じて、抱えられていた両の脚をするりと抜き、もう一度 中条の腰に回してガッシリと組み付けた。

「おお感謝!何度やられても、新鮮な効きだなぁ!貴女の素晴らしき蟹挟みは・・」叫ぶ様に中条が言うと、美波「初美さんと豊もそうでしょうけど、貴方とあたしだって中々ない機会よ。さぁ、もう一度あたしの技をご覧に入れるわ。きっと忘れられないわよ」 「あぁ、そりゃ有難うです。でも俺、堅さを守れる・・かな?」 「大丈夫よ。あたしは今 肉壁で貴方の亀頭を感じてるけど、十分な堅さよ。所で・・」 「はい・・」 「中に出してくれたかしら?」 「中に・・ですか?つまり、あの・・精液の事?」 「そうそう・・」 

中条「そう言や、事に入る前に 俺、貴女に訊いた様な。ゴムは良いんか?みたくね・・」 美波「あらやだ。あたし、忘れかけてたわ。笑 でも大丈夫。初美さんも話しとられたけど、あたしもピル飲んでるから不安はなしよ。それにそも、彼女同様安全期だしね」「いや、有難うです。それで不安がなくなったよ。それでだな・・」 「はい・・」 「俺が今 貴女の上を離れて、竿を貴女の膣(オマンコ)から抜き出すと、途端に精液が流れ出すって寸法ですな?」

美波「好~い問いだわね。その通りよ。あたしとの連結を解けば、そうなるわね。だから・・」 「はい・・」 「もう少し頑張って、繋がっててくれないかなぁ。勿論勃起厳守でよ」 「あぁ、分かりやした。何んとかしやしょう。でも・・」 「はい、何?」 「余り腰を動かすと、下手すると拍子で抜けるといかんから、静かにした方が良いかな?」 「まぁ、その方が具合が良いならそうすべきでしょうね。後、初美さんたちと 離れるタイミングが合うと良いわね」それを聞いた中条はこっくりと頷き、初美と豊がした様に、美波と唇を合わせた。

「さぁ・・」十数分程 後戯が続いたところで、美波が言った。同時に、中条の腰を締め付けていた両脚を緩めたは勿論だ。「はい、それ全員向けだな。聞こうや・・」隣で重なり合う初美と豊も促して、中条が応じた。話が続く。「そろそろ、男性(おとこのひと)たちは、女の上から一旦離れましょう。きっと、白いあの液を 女の中に発射したでしょうから、その後始末をして欲しいわね。それが済んで、あたしたちの下方も清めてくれたら 次の事を話します」 「有難うございます!了解しました」 「はい、俺も承知しやした」豊と中条はそう返し、ゆっくりと初美、そして美波の上を離れた。

豊が初美に、中条が美波のそれぞれ下方に繋いでいた竿をゆっくりと抜き放す。それぞれに、まだ勃起で礼儀を保っている。すると、開脚された女たちの秘溝から注文通りの風情で 白い男精が流れ出て来た。量は流石(さすが)に、豊の発射を受けた初美の方が多いが、糊の様なネットリ感は 中条の方に分があるかもしれない。鼻を近づけると、独特の刺激臭を放つ。

「先生、お清めを・・」呟きながら、豊が初美の曝け出された股間に唇を合わせにかかる。「ジュルジュル・・」音を伴い、発射した己の男精を啜(すす)ろうとすると、美波が割り込んで来た。「豊!」少し大声で、彼女が叫ぶ様に言った。そして「その精液(ザーメン)、半分はあたしのものよ!」と続けた。「あぁ、はい。どうも済みません!」咄嗟に思考の回らなかった豊は、思わずひるんで謝った。その隙に、美波は 初美の秘溝に残る 豊の男精を舐め取った。それはまるで、猫が好餌(こうじ)の煮汁を舐め取る様な、入念な仕草だった。

「呆れたわ。貴女には!」ついて行けないみたいな風情で、初美が言った。「ご免なさいね。女どうしは不愉快だったかもね。でも・・」謝る傍ら、美波が返した。「・・で、何よ?」ムッとして初美が反応すると 「これは豊の精液よ。つまりね、半分はあたしのものなの」 「ふぅん、何か屁理屈っぽい気もするけど、貴女がそう言うんなら、そういう事かしらね」 「ご理解有難う。それでね」 「はい・・」 「今度は、あたしの中に出たのを、新さんに清めてもらうからね」 「それ、ちょっと待って!」変わり者に近い美波の話を、初美が制した

彼女は続けた。「さっき貴女は、あたしの秘溝を舐め取った。そんなら、あたしだって同じ事をして良いはずよ。新さんに清めてもらうなら、半分はあたしのだわ。そういう事でしょ?」 「はい、あぁ・・まぁそんな事になるわね」 仕様がない・・の風情で、美波が返した。そして「新さんお待たせ。今度は、あたしたちが後処理をする番ね」 「はい、まぁそんなとこ・・かな?」あくまでもざっくばらんに、しかし落ち着いて 中条が返した。

初美の時同様、美波が仰向けで開脚すると、その秘溝から 中条の「射精の証明」が現れた。それを初美が左から、中条が右から顔を埋め、口唇で舐め取って行った。「やれやれ、これで気が済んだわ」初美が言うと 「そりゃ良かったな。随分と際どい儀式だったが、無事済んで何よりだわ」中条も応じ、二人は目を合わせて笑った。壮若の男二人は、上方は着衣も下方は裸、女二人の衣装乱れもそれなりで、やはり下方は裸である。

「それでね、お二人・・」その様子を見た美波が言った。「はい、何ぞ・・」中条が返すと 「新さんさぁ、射精の量が何か少なかった気がするのよね。もしかして、まだ余力あるんじゃない?」 「あぁいや、そんな事ぁねぇよ。俺はもう、美波さんの上で きっちり発射致したのでね」 「う~ん、そうかなぁ?今度はね、初美さんと貴方がこちらへお越しに当たって、あたしもそれなりにお世話したから、少しはこちらのお願いも聞いて欲しいのよ」 「あぁ、それかぁ。そう出られると弱いんだよね。・・で、望みは何かな?

「そう、その事よ。それはね・・」微かな笑みを浮かべ、美波が切り出した。「はい、何ぞ?」中条が返すと 「つまりね、新さんが 愛する女性(ひと)と、熱く交わるとこをあたしと豊に見せて欲しいのよ。そして、歓びが高まった辺りで あたしたちに悪戯(いたずら)で参加させて欲しいのよ。大丈夫。看護師のあたしの見立てじゃ、新さん もう一回戦できるわ」 「やれやれ、そういう事かよ。なぁ初ちゃん、彼女、あんな事言ってるぞ。どうだ?応じられるかよ?」 

聞いた初美は、明らかに躊躇(ためら)っていた。「あぁ・・」一つ、溜息をついて彼女は言った。「余り、気の進む事じゃないのよね。幾ら医療のプロだからといってさ、美波さんと豊の眼前で、新さんとあたしの性交(セックス)を見せて欲しいってんでしょ。本当は拒否よ。でも・・」 「初美さん・・」聞いていた美波が、口を挟んだ。そして「拒むのは、貴女の自由よ。でもさ、そうしたら、豊が帰りの船を出さないって言ったらどうかしらね?」 「そりゃ困るわ。新さんもあたしも、休みが明けりゃお仕事もあるしさ。だから・・」 「はい・・」

初美は続けた。「仕様がないけど、少しなら あたしたちの『行為』を見せたげても良いわ」 「ご理解有難う。豊にも、きっと好い勉強になるわ・ねぇ・・」美波はそう言い、笑顔で豊の方を向く。彼も又、笑いながら 二人の女に会釈した。「それなら・・」と、美波が続けた。「遅くなってもいけないわね。今から入れば 10pmには島を出られるわ。それでね、お二人・・」 「はい。聞いてるよ」初美と中条はそう返した。

美波「今度の行為は、正常位でお願いしたいの。お二人が交わって連結できたら、あたしと豊は後ろに回って、そこからおイタをするかもね。つまり『ハメ撮り』の位置からするって事です。初美さんは、できたら蟹挟みとかの技を使って欲しいわ。何としても、新さんをもう一度昇らせたいのよ。それに・・」 「それに、何?」初美が訊くと、美波は「手指の他に、一つだけ道具を使ってしたいの。勿論安全よ。さぁ豊、それを見せて差し上げて」 「かしこまりましてござる」豊はそう返すと、件の道具を 四人の前に差し出した。「嫌!」見る間に、初美の表情が変わった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 綾乃なな
今回の「音」リンク 「六番目の駅(The Sixth Station )」 by久石 譲(下記タイトル)
The Sixth Station
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。