FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第49話「後信」

IMG_5440.jpg
「初ちゃん、有難とよ。疲れたろ。適当に休めや」 「うんうん、有難う。でもあたし、もう少し素敵なお月様を眺めていたいわ・・」美波に豊を伴い、彼の小型船で 熱い交わりを実行すべく、豊の祖父が持つ 秘密の小島への往復から戻ったのは 10:30pmに近かった。

豊の実家への帰途 宿近くに車を寄せてくれた美波に豊と別れ、宿の主人一家が用意しておいてくれた 遅い湯を使った。中条は、初美の下方を特に入念に清めてやった。「嫌らしいわね!」と揶揄しながらも、満更でもない様子だった。浴衣に上衣に着替え、寝る前の一時を 思い思いに過ごす事にしたのだ。

高台の 重厚な二階家の上階にある彼らの居室は南向き。昼は太平洋へと続く内海が見渡せる窓際からは、南中した満月が輝きを放つ。「うん、素敵!」寝品の日本茶を嗜みながら、うっとりした風情で見上げる初美の様子を確かめ「俺、ちと宮城さんに連絡するわ!」と一言。「あぁ、どうぞ。ちょっと遅い時間だけど、大丈夫なの?」 「あぁ、そりゃ良い。彼からも、そう聞いてるからな」 「そういう事なら・・」と呟いて頷くのをチラ見して、中条は居室片隅のソファに席を取り、スマート・フォンをいじった。

以下、暫く宮城との LINEによる会話を。「宮城さん、お疲れ様です。遅くに失礼、例の件 どうにか山場を越えました」 一呼吸おいて、宮城から返信。「お~中条、今晩は。待ってたぞ。まぁ遅ぇのは仕様がねぇな。あっちの事は普通深夜までかかるもんだ。今回は、まだ早い方だろ。どうやら無事済んだらしいのは良かったな。俺は又 お前が『中折れ』でも起こしたんじゃねぇかって心配してたぜ(笑)」

中条「そいつは有難うごぜぇます。宮城さんを、マジで心配させちゃいけませんからね。でも大丈夫、俺のアレはお蔭で無事ですから・・」 宮城「ほぅ、マジだろうな。まぁ初ちゃんも一緒だったからまあ良いや。何かありゃ、彼女が本当の事を語ってくれるだろうしさ」 「あぁ、アハハ。まぁそんなとこですね。所で、今日の出来事をボツボツとご報告しますわ~!」

宮城「あぁ、宜しくな。良いか、一切の脚色なしに、事実をありのままに言ってくれ。まぁお前は、嘘がつけねぇ性格は分かってるが・・」 「有難とです。この期に及んでお信じ下さるたぁ喜ばしいです」 「まぁ、言わんで良いぞ。そんな大それた事かよ?」 「ハハ、それもそうですね」 「・・だろうが。まぁ今日のお前たちの行状は 少しは想像がつくぞ。嘘交えても、仕様がねぇだろ」 「はい、まあそんなとこです。では・・」

冒頭の挨拶を区切ると、中条は 夕食後からつい先程までの宵の出来事を宮城に伝えた。そして「・・でね、宮城さん。看護師の瀬野美波さんとはお初だったんですが、あの女性(ひと)、初めのお話より随分と嫌らしいですね。特にさ、昔から知ってるらしい豊君を 見事に調教してましたね」 読んだ宮城「あぁ、そうか。ちっと前 俺が鵜方病院に世話なった時、研修で来られてた折はそうでもなかったんだけどな。・・いや待てよ。中条、ちょっと聞けや」 「はい、伺いますよ。続けて下さい」

返信を受け、宮城は続けた。「何かさぁ、今感じたんだが、それって小町先生の指金臭ぇなぁ。つまりよ、お前の話と 俺の想像突き合わすと、まずお前と豊君が、お相手の初ちゃんと美波さんを交換(スワップ)した。お熱い出来事になってさ、前後して昇った後に美波さんが、初ちゃんとお前にもう一度交わる様に促したって事だろ」 「そうですね・・」 「んでもって、初ちゃんとお前が ちと過激な正常位で交わった『ハメ撮り』位置に彼女と豊君が滑り込んで、初ちゃんの菊花(しりあな)に、細筆で仕掛けたって寸法だ」 「正にそうです」

宮城「・・でだな。詳しいとこだと、美波さんが豊君に細筆を操らせて、初ちゃんを筆調教したって事だろ」 「そういう事です」 「う~ん、増々小町先生の指金っぽいな。因みに、初ちゃんの反応はどうだったの?」 「あぁ、彼女はかなり敏感に反応してましたね。まぁ良かったんじゃねぇですか?」 

宮城「・・だろうな。豊君も少しは知ってるが、頼まれりゃ 真に受けちまうとこがあるみてぇだからな」 「まぁ、そんな感じですね。特に 相手が以前世話になった美波さんなら、絶対に Noとは言えねぇでしょうね」 「それだよ!まず小町先生の指金で間違いねぇだろうな。因みにお前は、明日帰る前に 彼女に会えそうなのか?」

宮城のこの問いに、中条が返信するのに少しの時間を要した。確かに明日の日中 小町から昼食に誘われてはいるが、はっきり返事をした訳ではない。「宮城さん、実はね・・」男は、曖昧に返した。「続けろ。読んでるぞ」返事を得ると 「明日は、昼飯は一緒しようって事になりそうです。返事はまだですが・・」 

宮城「そうか、なるべく顔出してさ、その辺それとなく訊けりゃ良いな。尤も頭の回る小町先生の事だから、簡単に口割るとも思えねぇが・・」 「・・ですよね。ただ、明朝までに返事すりゃ良い事になってまして。それと、ご存知だろうれけど、初美が顔出しを渋る可能性もありますしね・・」

宮城「まぁ どうしても初ちゃんが嫌だって言うなら仕様がねぇが、そうでなきゃどうだ?折角向こうが誘ってくれてんだから、出てって その席でそれとなく聞いてやっても良いんじゃね?お前も話の進め方が下手だから ちと心配も事実だが、余程ヘマやらなきゃ、口割るかもな」 

中条「・・ですね。その可能性もありって事で。明朝までに、ご一緒の返信しときますよ」 「それがええ。まぁ、色好い話が聞ける事を祈るわ!」 「お気遣い感謝です。そいじゃ、又続報をお伝えしますわ」 「有難とよ。まぁ帰ってから直にでも良いけどな」 「了解。遅くに失礼しやした」交信ここまで。

「初ちゃん、悪かったな。宮城さんまだ起きてて、話に付き合ってくれたよ」中条はそう言い、まだ窓際で月を愛でる初美の所へ戻った。「あぁ いえいえ、ホントに名月だから、退屈はしなかったわよ。それにね・・」 「はい、何ぞ?」 「時々、夜の漁に出るらしい船が通るのも面白いわね」 「あぁ、それね。この辺の海、意外に夜も出入りがあるんだよな」対面の形で、中条も夜の海に目を遣る。

「所で新(しん)さん・・」初美が訊いた。「いいよ。聞いてるぞ」中条が返すと 「明日の予定ってどうかしらね?」と続く。「あぁ、それね。明日午前から、中央病院に呼ばれてる。そこで小町先生たちと会って、そのまま昼飯になるだろう。帰りの列車は 北紀長島(ほっきながしま)を午後発つから、割合自由時間はありそうだぞ」そう続けた。

「但しだ・・」捕捉の意味で、中条は言った。「初ちゃんが乗り気でなきゃ、小町先生のお誘いを断れる。その場合はさ、宿の人たちに昼飯を頼んで、午後までこの辺りをブラついても良いんだけどな・・」 初美「あぁ、それも良いわね。観光地じゃない地元の空気や美味に触れるのも、そりゃ魅力だわ。でも・・」 「うん、聞こう・・」 「折角小町先生も誘って下さってるんだし、病院もチラっと見てみたい気もするのよね。だから・・」 「はい・・」 「明日は病院へ行くって事でどうかしら?」 「分かった。そういう事なら・・」聞いた男はそう返し、女医に LINEを送った。

「小町先生、中条です。此度のご出張はお疲れ様です。お話下さった 明日の病院にての会合、謹んでお受けします。尚、今夜は遅くなりましたので、この送信は明朝にでもご覧下さい。それでは、明日はご面倒をおかけします」 そう結んで中条は、ふと思った。「まぁさ、小町先生の側にすりゃ、ちっとも面倒じゃねぇかもだ。宵の出来事にしたって、どうせ先生の指金だって考えりゃ筋が通るし・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 秋の JR名古屋駅構内夕景 2018=h30,10 撮影、筆者
今回の「音」リンク 「フェイス・トゥ・ザ・ライト(Face to The Light) by野呂一生(下記タイトル)
Face to The Light
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。