FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第50話「口約」

ecfc299f.jpg
名月の情趣に救われた感があった。美波と豊が加わっての 些かの衝撃を伴うも新鮮な交換(スワップ)体験を経た 初美と中条は、日付を跨いで暫くまで 少しの寝酒をお伴に 明るく天空に浮かぶ満月を見届けた。明け方頃、相次ぎ出漁する漁船のエンジン音で一時目覚めるも、又寝入り 日曜朝は 7:30am過ぎの遅い目覚め。この日も快晴が続く。

「お早うございます!」二人、そして宿の主人一家とも挨拶を交わして遅めの朝食。海鮮の焼き物メインの和定食を終え、ロビーでコーヒーを嗜む所へ、中条の携帯(スマート・フォン)に、北紀中央病院にいる女医・小町から LINEが入った。「中条さん、お早うです。夕べは有意義だったかしら?」 「あぁ先生、お早うございます。そうですね、まぁ素敵だったって事で・・」

小町は続けた。「初美さんのご様子は如何?」 中条「まぁ気分も良い様でして。夕べ初めて『会場』の離島に渡った時はかなり緊張してた風ですが、行為の進行が それを和らげてくれた様なとこがありまして。これね、或いは美波さんのフォローが良かったせいかも知れませんよ」 「そうですか。もしそうなら あたしも嬉しいわ。大声じゃ言えないけど、美波もね 豊の『その方』の個人教師みたいな立場だから、多分上手に進行をしてくれたんじゃないかって思ったのよ」

中条「アハハ、まぁそんなとこでしょうな。所でこの時間にご用ってのは、この後の予定についてですね?」 小町「その通り!最後の一日だから 午前中はお宿でゆっくりしてもらって構わない。お昼前に 美波に迎えに行ってもらうから、こちらの病院で合流して 食事にでも行きましょうよ」 「はい、有難うございます。それじゃ、初美と俺は 11am過ぎ頃に宿に居ればよろしいか?」 「そう、それで願いますわ。それでね・・」 「はい・・」 「お帰りの切符は こちらで用意するってのは覚えていらすわね?」 「はい、乗車券は我々で用意するけど、座席指定券二人分はお願いできるって聞いてますよ」 「その通りよ。それはお越しになったら案内って事で・・」 「了解しやした」交信ここまで。

「初ちゃん、ちょっと良いか?」食後の一時、内海を臨む 宿の前庭に出ていた初美に、中条は声をかけた。「はい、何かしら?」 返事を得ると「もう分かると思うが、小町先生からのメッセージだった。11am過ぎに、美波さんが迎えに来られるってよ。で、北紀中央病院で先生に会って・・(多分、その時 豊君も合流して来ると思うんだが)、一緒に昼飯になりそうだって。少しは病院の中も見せてもらえるかもだ。そうこうする内 帰りの列車が来るだろう。だから午前は、この宿で適当に過ごしてりゃ良いんじゃね?」

初美「あぁ、そういう事ね。何か中途半端な気もするけど、ここの長閑な風情は気に入ったわ。それなら、お言葉に甘えようかしらね」 「それが良い!」そう言葉を交わす間にも、眼下の漁港には 結構頻繁に漁船の出入りがあった。時折前庭に出るなどして、二人は変化のある内海の風景を目に焼き付けた。

「有難うございます!」 「お世話様でした!」 11am過ぎ 勘定を済ませ、手回り品をまとめて宿の一家と挨拶を交わして宿を出る。美波も自らの愛車で迎えに訪れ、予定の行動だ。「夕べは有難うです。とても素敵でした」の彼女の言葉に、中条が「あぁ いや・・こちらこそ感謝です。お陰で良い場所だったし。あそこ、貴女と豊君だけの、秘密の場所だったんじゃね?」

美波「ふふ、まぁそんなとこですね。豊はね、最初 小町先生に童貞を捧げた訳ですけど、あたしもそれから 彼に色々濃い事を教えたんです。実はね・・」 「はい・・」 「彼が早くに船舶免許を目指したのも、あたしとそういう間柄になって行ったからってのがありましてね」 「ア八ッ、そりゃ面白ぇ話だ。そいで彼は一念発起したって事ですかい?」 「まぁ、言ってしまえばそういう事になるかしらね・・」 「う~ん、こりゃ良い事を聞いたぞ。なぁ初ちゃん!」 

美波と中条の会話を聞いていた初美は「うん、まぁ面白いわね・・」と、努めて落ち着いて返した。まぁ彼女にとっても面白みはあったのだが、そこは中条に合わせて昂奮してはならないと感じていた。彼女は言った。「そうか、それで豊君の出方って 妙に大人びてたのね。あたしを抱いた時も、妙に余裕があったしさ」 「あぁ、やっぱりそうか?」中条が反応すると 「うん。下手な二十代の男たちより、彼の行為は上手よ。巧みってレベルじゃないけど、だからって不愉快な感じもないしね」

「そうか、初ちゃんがそう言うなら、豊君は結構な技持ってるって事だな、いや美波さんの指導も大したもんだ!」中条はそう続けた。慎重にステアリングを操る一方で 彼の言葉に耳を傾けていた美波は「あぁ、いやいや・・お褒め下さって有難う。嬉しいわ。でも、豊もまだ十代で修行途上ですから、余り持ち上げないで欲しいわ」 「あぁ、そりゃ済んません。そうだよな、彼もまだ若いからこれからも色々覚えて経験せないかん。分かります」 「そうそう。でも、応援して下さるのは感謝です。勿論彼にも伝えますよ」 「はい、宜しくお願いします」そうこう言い合う内に、病院構内へ。階下のロビーにて、引継ぎを済ませたらしい小町と対面した。

小町「ようこそ、北紀中央病院へ!」 「先生もご苦労様!日曜なのに大変ですな」 「うん。まぁ・・でも大丈夫。もう大体目途は立ったからね。後は、お昼をご一緒して帰るだけです」 「なる程ね。当然かもだが、今日は静かな院内やね」 「そうですね。日曜だから通院の患者さんは来ないし、入院の方たちも、これから順次お昼で、今日は美波が日直だから 一応は安心ね」小町が、笑顔を浮かべて言った。

院長と女医の内科部長と共に、病院近所の和食処にて昼食。院長行きつけの、少し高級な店だ。ここで人気の「天ざる」と、非番の院長と中条にはビールが振舞われる。序盤で小町が、院長や内科部長と病院の事共を一渡り話した後、中条に向け「それでね・・」と切り出した。

「はい、聞きましょう・・」彼が返すと 「帰りの列車のお話よ」と続けた。「あぁ、それそれ。初ちゃんも、聞いとかんとな・・」と、初美も会話に加わる様促した。それを見て女医は、手にしていたポーチから、船車券の様な票を二枚取り出した。「これがこの後、あたしたちが帰路に乗る列車の指定券です。今度は、新さんも初美も、あたしと同じ車両ね。今、美波が豊を迎えに行ってるから、来たら病院の車で送らせますわ。列車の出発は 1:55pmね。少し、余裕があるでしょう・・」

「なる程。有難うごぜぇます・・」そう返して特急券の票を受け取ると、中条は車番と席番とを改めた。2号車の早い席番、勿論窓側と廊下側の席が対だ。「これは・・」見終わった男は呟いた。「ひょっとして、グリーン車かよ?」そんな想いが渦巻き始めた。そして・・「先生、ちょっと・・」控え目に、彼は思った疑問を尋ねた。

「ふふ、新さん・・」又も笑みを浮かべ、女医は返した。「お思いの通りよ。この席は、グリーン席です」 「良いんですか?」 「大丈夫よ。費用面の処理は、きちんと片付いてます」 「そうですか。改めて感謝です」 「いえいえ、気にしないで。それよりも・・」 「はい・・」 

一旦区切られた会話を、女医は続けた。「夕べの出来事を、あたしにも車中で聞かせてくれないかしら。丁度良いわ。豊も同席しますから、お話は進め易いわね。どう、約束してくれる?」 「はい、あぁ・・それならお聞かせしても良いでしょう。初ちゃんも、良いよな?」 聞いていた初美も「あたしも良いわ。もう今更、隠してても仕方ないもの・・」と割り切った様に応じた。

「院長、有難うございます!」食事から戻ったのは 1pm過ぎ。また出発には余裕があるので、階下ロビーの喫茶室で時間を調整する。美波に伴われ、手回り品を携えた 平装の豊も到着した。「皆さん、有難うございます。道中宜しくお願いします!」 「あぁ、こちらこそ!先生が、あの話を聞きたがっていらすぞ」 「あぁ、あのお話・・分かります。先生の前なら、色々お話しできるでしょう」雑談に耽る内、予定の 1:30pmを過ぎた。

「さぁ、行きましょうか・・」病院側がさし回してくれた、送迎車トヨタ・ハイエースに乗った初美、中条、小町、豊の四人は病院を発つ。「美波、後を宜しくです」小町の言葉に 「心得ました。後はお任せを・・」の静かな、しかし頼もしい返事。「いや、自信あるな・・」二人の男は、思わず呟く。それを初美が、微笑んで見ている。「じゃあ、出しますね・・」 「宜しくです・・」まだ若い、二十代の大柄な男子事務員の運転で、車はゆっくり病院の外へ。勿論 背後では美波が見送るが、涙する様な感傷はない。「やれやれ、やっと好き者が帰るわ・・」とでも言いたげな安堵感の様なものが、美しい顔に漂っている様だった。

(つづく 本稿はフィクションであります。令和期も、少しの間連載を行います)
今回の人物壁紙 夢乃あいか
今回の「音」リンク 「メッセージ・トゥ・バイア(Message to Bahia) by渡辺貞夫(下記タイトル)
Message to Bahia
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。