FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第54話「再会」

IMG_4562_1.jpg
その年の 12月は、暖冬予測ではあったものの、中旬にもなると やはり朝番の冷え込みはいつも通りのレベルだった。12/9土曜の午後、よく通う金盛公園傍の喫茶店で宮城、そして Sタクシーの永野と会っていた中条は、合間に由香、由紀の木下姉妹と LINEで交信を。意図は勿論 翌週迫った彼女たちの新たな愛犬となるべき、松乃家の飼い犬「マル」と宮城の愛犬「サンコ」の間に生まれた子犬の面会と引き渡しについてである。

中条「二人共見てるか?今 宮城さんと会ってる。来週の土曜 12/16から、オマルの主家の「松乃家」さんで子犬と会う件 宮城さんも先方の松下さんも了解だってよ。翌日曜になるかもだが」と送る。 折り返し、由香から返信。「おおきに。有難うございます!ほなどないしまひょ。あたしたちは、同じ土曜の午前に大坂発てばよろしいか?」 「その事ぞ。何かよ、週間の気象情報だと、前日金曜の途中から雨らしいな。当日土曜の日中まで残るらしいから、そっちを昼頃発った方が良いかもな。尤も俺は『降られる』のは慣れてるから良いんだが・・」

「又また、何言うてはるの?」中条の電文を見た由香は、思わず苦笑した。失笑かも知れなかったが。「なぁ由紀ちゃん、ちょっとこれ見てみ・・」呆れ顔で、受信したスマート・フォン画面を妹へ。由紀も「・・たく。仰る事とやる事が違うんだよな、伯父様は・・。あたしたちが嫉妬するレベルの美人先生と、あんだけ良い仲になってんだから、こんな台詞はやめにして欲しいわ。ホンマに・・」率直な感想であった。

交信をもう少し。由香「何や信じられまへんな。今 由紀も『初美先生と良いとこまで来てんだから、そないな事仰っちゃダメ!』とか言うてますよ。あたしもそれには同意です~!」 中条「ハハ、悪いな。まぁ、なかった事にしよ。松乃家さんの都合はよ、12/17の日曜午後が好都合らしいわ。だから、前日来るならゆっくり目でも良いな」 「左様(さよ)ですか。分かりました。ほな、こちらで昼ご飯済ませてから、近参の特急乗って そちらへ向かいますかな」 「それが良い。悪くしても夕方前には着くだろう」 「・・ですね。又お騒がせですが、宜しゅうお願いします!」 「こちらこそ。楽しみにしとるよ!」交信ここまで。

「済んだか中条・・」スマート・フォンの操作を区切った所で、宮城が声をかけた。中条「はい、彼女たち、来週土曜の夕方前にこちらに入る様ですね。松下さんちが、日曜午後でセットご希望ってのも伝えましたよ」 「よしゃ有難と。そやな、新しい子を連れて帰る都合もある事だし、その方が良かろう。当日は俺も行って、彼女たちにその辺も伝えようかな。それにしても・・」 「はい・・」 「夏に入院してた時以来かな。ちと楽しみだ・・」

中条「・・でしょうね。宮城さんは 彼女たちと『深い仲』たぁ違う訳ですが、やはり若い女性(ひと)たちとの会話は 精神若返りの効果もあるだろし・・」 宮城「ハハ、まぁそうだろうな。それにさ、幾らもう犬を飼ってる言ったって、新しい子犬の事ぁ、少しは説明しとかんとあかんだろ?」 「・・ですよね。まぁ俺的には こう言ったら叱られるかもだが Kuso犬の子犬だから Kusoガキ犬・・位の認識で居るんですがね」中条が苦笑しながら言うと、流石に宮城は「コラ、コラ!」と反応するも、表情は笑顔だった。

中条は続けた。「もし、言葉が過ぎたら申し訳ねぇです。ただ、実態がそんなですからね。彼女たちにも『子犬の親はこんなだった』とかを話さんといかんかなって思う訳でして・・」 宮城「いやいや、気にすんなや。そんな事分かってるよ。松下さんにも知られん様、俺の腹にしまっといてやるわ。そんな事より、多分 17の日曜午後になりそうな子犬の面会と受け渡し、間違いねぇ様進めんとな」 

中条「お気遣い感謝です。そうそう、それですね!段取りを宮城さんにお願いしちゃって恐縮ですが、俺からも松下さんに 一言挨拶せんといけませんな」 宮城「あぁ、そやな。電話でえぇから一言申しといてくれや」 「分かりやした。そいじゃ、進行としちゃ そんな感じで」 「まぁまだ日があるから、当日までちょくちょく連絡取ろうや」 「勿論です!永ちゃん 今日は発言させんで悪かった。この話はこれまでだ」

ずっと傍らで二人の会話に聞き入っていた永野は「あぁ、いやいや。大事なご用件でしょうから、少しでも密にお話されるべきでしょう。余りの立ち入りはいけませんが、自分も興味深く聞かせて頂きました」 それから暫く、永野を交えた三人で、近所に場外売場のある JRA競馬やプロ野球、世間一般の話題などが続いた。話が区切られると、中条が「永ちゃんは、まだ時間良いのか?」

永野は「いや済みません。お二人が 競馬のお話になると、自分もつい熱くなってのめり込んじゃいまして。(苦笑) 時間ですか?勿論大丈夫ですよ。それでね・・」 「うん、何かな?」中条が返すと、永野は「実は、この後城址傍から北郊への仕事なんですが、そこまで回送状態なんです。で、新(しん)さんがお車じゃなければ、乗ってって下さりゃ良いかな・・なんて思ったんですよ」

聞いた中条は「おーそれそれ、それを早く言ってくれよ。永ちゃんがあっち方面でなかったら、地下鉄で帰るつもりだったんだが 丁度良いや。宜しくです!」 永野「有難うございます!何でしたら、近場ですから 宮城社長のとこもお寄りしましょうか?」 「それ、良いね」と宮城も合わせ、勘定の上店を出ると、ちょっと裏手の駐車場所に控える 黒塗りの Sタクシー「トヨタ・カムリ」の後部上席に宮城、左隣に中条を乗せ、発車。

又またひとしきり 競馬とプロ野球の話で道中盛り上がった後、宮城の会社兼自宅車寄せに滑り込む。右側から降りる彼の為、永野が先に降り 右ドアを開ける。「社長、有難うございました!」 「永野君も、ご苦労様。それとな・・」 「はい・・」 「いつもの事だが、これでヨロです。降りる時、中条にサインもらってや」 「はい、有難うございます!確(しか)と対応します」 構内に消える宮城を見送って、中条と永野は、又走り出す。

「新さん・・」永野は言った。「うんうん、由香ちゃんと由紀ちゃんの事だろ?」中条が返すと 「勿論です。宜しくお伝えおきを」し控え目に続けた。中条は「任せなせぇ!多分、中央駅とかと、飯時の送迎で出番があるぞ。彼女たちも、きっ貴方に会いたがってるだろうしな」 「有難うございます。それ伺って安心しました」 そうこうする内、中条の居所の入る 高層住宅構内。タクシー券の処理と挨拶を交わし、永野は次の現場へと向かった。

12/16土曜当日。やはり事前の予報通り、前夜からの雨だったが、午後暫くして上がる。中条の元へは、姉妹の姉・由香から大坂なんば 2pm発の 近畿参宮電鉄特急に乗ったので、N市中央駅へは 4pm過ぎ着の見込みとの LINEが入っていた。午前中出勤し、仕事を片付けた彼は 専務の妹らと昼食の後帰宅。ひとまず 斜め向かいの松乃家宛て 翌日曜に犬の事で訪れる旨 電話挨拶を経て簡単に掃除を終えた所で 3pm前に初美が来訪。姉妹の「内飲み」希望もあり、馴染みの商業施設へ 車で買い物へ。その流れで中央駅へ回り、姉妹を拾う。

「お久しぶりです。又 お世話になります!」揃いのジーンズに淡色のパーカー、ウォーキング靴に上げた髪といった出で立ちの 普段着だが隙のない由香、由紀の姉妹が改札口に現れた。初美と中条も 近い装い。「よう来た!」 「いらっしゃい!」初美と中条も又、普段と変わらぬ出迎え。中央駅から中条の居所までは約 10分強のドライヴだ。助手席に初美、後席の右に由香、左に由紀が座り、通う大学の様子など、近況の報告で会話が始まったが、ルーム・ミラー越しに後をチラ見する中条からは、初美の背後に座る由紀の これまでとは少し違う目つきがやや気になった。「彼女、何や考えとる様な・・」少し引っかかる感情が、男の胸に去来した。

無事居所に入り、姉妹の親元からの手土産を受領、一服する間もなく「あたしたちも応援させてもらいます」との姉妹の申し出もあり、初美の采配で 内飲み兼夕食の準備を進める。その間に中条は入浴の準備。一息入れ TV番組をチェックする内に風呂時。「由香ちゃんたち、道中疲れたろ。先に入りなよ」の中条の言葉に由香は「あぁ、いえいえ・・伯父様、先生とお先にどうぞ。あたしたち、準備の続きをしたいですさかい・・」 「分かった、そんなら・・」と、彼は初美を促して浴室へ。

「有難う。お姉ちゃん・・」二人が浴室へ向かったのを確かめると、妹の由紀は、ニヤリとして言った。「これでどうやろ。今夜の予定が・・と言うか、企(たくら)みの事がちっとは話せるな」 聞いた由香「あぁ、まぁな。あたしゃ、この前はお風呂で伯父様に悪さができたけど、今度は先生とよろしくやりはるやろうから、残念やけどお任せってとこかいな・・」 「まぁ、そないに腐らんでも良いやんけ。よろしか?この後のお夕飯で、伯父様にお酒が一回りした辺りが機会(チャンス)やで」 

由香「何の機会や?」 由紀「そやから、あの行為が見たぁ~い!って、艶っぽくお願いするって事でんがな」 「つまり何や?先生と伯父様の性交(セックス)を見せて欲しいってお願いするんか?」 「あは・・まぁそないなとこやな。そいでな・・」 「うん、何や?」 「そないになった時の道具も持って来たわ」 「!・・呆れたな~、全く・・」 会話を区切った由紀が 由香の眼前に示したのは、初美と中条の交合時に、彼女の下方を攻めるべく持参した細筆と、教え子の一人 周(あまね)から贈られた 鷹の羽だった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 近畿日本鉄道(物語中 近畿参宮電鉄のモデル)名古屋~大阪線特急「アーバンライナー・ネクスト(Urbanliner Next)」 近鉄名古屋線・米野駅 名古屋市中村区 2018=H30,1 撮影 筆者
今回の「音」リンク 「タイム・メッセンジャー(Time Messenger)」 by葉加瀬太郎(下記タイトル)
Time Messenger
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。