FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第58話「熱雨(ねつう)」

487b5228.jpg
12月半ばの土曜夜が少しずつ更けて行く。高層住宅の 7Fにある中条の居所では、交際相手・初美との行為が 近所の幼犬を迎えるべく訪れた 木下姉妹も加わって高まりを見せる所であった。帰着した間もなく降り出した雨のせいもあって、さほど寒さは感じられない夜だ。

「あぁ、これこれ・・好いなぁ。初ちゃんの秘溝(オマンコ)の感触はよ・・」 ピチャピチャと 舌の抜き挿しを交えた口唇愛撫(クン二リングス)を少しの間 中断して、中条が呟く。四十八手に言う「立ち花菱」に近い姿態での前戯。彼の頭上には 肌色ニー・ストッキングを纏った初美の両足先がのしかかり、時折「グッ、グッ・・」と力が込められ 更に熱い愛撫を促す様に感じられた。

「嫌ね。そんな事、気が退けるわ・・」初めの内彼女は、男の頭に さながらフット・レストよろしく両の足先を乗せる事を躊躇ったのだが、中条に押し切られたのだ。「あ、いや構わん。構わんから、是非やるべし。俺は良い。むしろ望むとこだよ・・」その言葉に押される形で、初美はこんな行為にも出る様になったのである。その間、彼の両脇では 由香・由紀の木下「女子大生」姉妹が、左から右から 初美の臀丘の白肌を執拗に舐め回していた。

「あっ、はぁっ、ふぅぅっ!し・・新さん、随分愛してくれたの分かる。だ・・だから」 由紀が先頭を切った 中条への口唇愛撫(フェラチオ)から通すと半時は続いた濃い前戯で、大いに昂った様子の初美が喘ぎ呟く。「う・・うん。何かな?」彼女の願望を知りながら、尚も焦らそうとする中条が返すと 「素敵な愛撫(ペッティング)を有難う。随分楽しめたわ。だから・・」 「いいよ、続けろよ。聞いてるぞ」 「だから、そろそろ来て。あたしの中に・・」 

中条「ホントにか?」 初美「ホントよ。由香ちゃんに由紀ちゃんがいるせいかしら。いつもより随分しつこいじゃないの?」 「そうかぁ?やり過ぎたらご免な。俺ぁいつも通りのつもりだったんだが。後さ・・」 「はい・・」 「由香ちゃんと由紀ちゃんの舌技、中々だろ?」 「確かにね。お尻をベロベロに舐められてちと悔しいけど、彼女たち ホントに上手だわ」 「よしゃ!分かりゃ良い。じゃあ、そろそろ・・」言葉を区切った中条は、後ろで見守る姉妹にも分かる様目で合図し 初美の上にゆっくりと重なった。

「さて、もう一度接吻(キス)しよか・・」 「良いわよ。その方が あたしも心の準備できるから・・」上下で唇が合わされる。舌の絡み合いも交えたそれが、少しの間 続く。見守っていた由紀は、姉にこっそりと言った。「なぁなぁ、お姉ちゃん・・」 「うん、何や?」由香が返すと 「どやろ?あたしらの望み通りになりそうやな」 「うん、まぁな。しかし由紀・・」 「はい・・」 「アンタの望みは、ただの『正常位』とは違うやろ?」 「あぁ、そやな。言われてみれば・・」

「アンタ、何考えとんねん!」とでも言いたげに、由香は静かに続けた。「良いか?正常位は正常位でもやな。先生と伯父様が両脚を『ガッ!』と曲げ開いてやな、核心の結合部があたしたちから良う見える『ハメ撮り』の姿態(ポーズ)にならな、意味ないやんか。アンタ、そこまで考えとるんか?」 聞いた由紀「あは、悪いな・・一本取られたわ。(笑) やっぱりお姉ちゃん『年の功』かいな?思考っちゅう事では、今んとこ あたしゃ勝てへんな~!」

由香「こらこら、姉貴の事を BBAみたく言うなんな。そやけど、肝心な詰めが甘そうやから言うたんや。これ、老婆心言うんやけどな」 由紀「冗談はさておき、おおきに。そやけどお姉ちゃん、あたしゃ信じとるで~!」 「ほう!何をや?」 「そのほれ・・伯父様はきっと、その『ハメ撮り』の姿態をして下さるって事や。多分、分かってはる・・」 「ん。アンタはそれ信じるって事やな?」 「せや。それにな・・」 「うん、何や?」 「あたしに、ちょこっと考えがあるんや。ちょっと、お耳借りてよろしか?」

言葉を区切ると 由紀は、由香のストレート気味の長い髪をかき分けて耳を露わにし、ヒソヒソと何事かを呟く。「よぉし、そんなら・・」と、聞いた由香が、今度は妹の少しウェイビーなロング・ヘアをかき分けて その耳に返す。その会話とは・・まず由紀が由香に「伯父様にゆっくり腰を落としてもろて、あたしがお竿(チンポ)に手を添えて、先生の秘溝(オメコ)に繋ぐんや。その恰好で伯父様に腰を動かしてもらえれば『ハメ撮り』成立やで~!」 対する姉の返事は「アホ!そないに上手く行くかいな?」という感じがあった。

しかし、由紀は本気だった。「伯父様・・」初美の上体への愛撫をゆっくりと進める中条に、由紀が囁いた。「うん、何ぞ?」の返事を得ると「あのね、お腰を落とす時、あたしがお竿を誘導します。だから、お腰の方に集中して下さいまへんか?」とやった。聞いた男は「あぁ、それ良いな。由紀ちゃんが手貸してくれりゃ安心だ。お願いしちゃおうかな」 「分かりやした。必ず、きちんとやりまっせ~!」 「OK、宜しくです!」 この会話で、中条は由紀の狙いを理解した様だった。

「さぁ、来て・・」再び 初美の促す様な呟きが漏れた。「よしゃ、初ちゃん・・今 行くぞ」そう返すと、男は 重なった女の下方に自らのそれを繋ぐべく 手を添えた。それを受け取る様に 由紀のなよやかな白い右手が、男の竿を捉える。「よしっ 由紀ちゃん、ちゃんと掴んでくれたな・・」 感触で確かめると、彼は腰を落としにかかった。「伯父様、ゆっくりね・・」傍らから、姉の由香が囁く。「お姉ちゃんも有難とよ。大丈夫、用心しとるからな・・」一瞬振り返った男は、そう呟き返した。

「さぁ、始まりやぁ~!」右手で中条の「礼儀を知る」亀頭を掴んだ由紀は、左手指で 下に位置する初美の秘溝を摩(さす)り、熱気を維持する様努めた。指の腹を 浅く膣穴に滑り込ませると「あっ、はあっ・・」軽い喘ぎが伝わって来る。「先生も、期待して下され。今 繋ぎまっせ~!」降りて来た男の腰を慎重に誘導しながら、右手は竿を捉え続け、左手は秘溝の上で 亀頭がゆっくり確実に合致(ミート)する様仕向ける。それに応える様に まず亀頭が秘溝に吸い込まれ、次いで竿の幹の過半が膣内に収まった。「やった。連結成功!」 「ああっ、はぁっ、ふぅぅっ!」少し大きくなった喘ぎが、男(パートナー)を受け入れた歓びを表している様に聴こえた。

「お姉ちゃん、見やれ。上手く行ったで~!」満面の笑みを湛え、由紀は由香に言った。聞いた姉は「ホンマ、アンタにゃ呆れたわ。こんなんが望みやったとはなぁ。しかしや、見事な結合ってのも事実やな!」 「せやろ。ホンマ、あたしが見た内で一番美しい合体やで~!」 確かに、この時の由紀の言葉は当を得たものだったろう。曲げ開かれた 二人の両脚が絡み合い、曲げ開かれた中条の脚の間から 初美の月の様な臀丘が覗いている。朱の秘溝に繋がれた少し浅黒の竿(男根)がゆっくりと しかしガッツリした力強い感じで上下に出入りし、秘液で湿った女の下草を、耕す様に纏わりつかせながら 喘ぎと呻きを交えて動いている。

「いやぁ、好い眺め。今夜も、大坂から出て来た甲斐あったなぁ~!」由香は思わず呟いた。そして、妹・由紀の「悪だくみ」ともいえる思考に感心してもいた。「此奴、何時からこないに知恵回る様になったのやろ?」と、ふと思ったりもした。しかし「だが待てよ・・」の想いがあったのも事実だ。「これだけやないやろ。由紀の奴、更に何か企んどるはずや・・」

その間にも、繋がり一体となった初美と中条は、上と下で高まりつつあった。「あぁ、はあっ!新さん・・久しぶりで熱いわ」 「あぁ、俺も。初ちゃんと付き合って来て、やっぱり良かったって思う訳よ・・」 途切れがちな会話を挟み、息を荒げながら行為を進めて行く。様子を見た由香が、再び中条に囁く。「伯父様・・」 「うんうん、聞こう・・」 「あたしが、伯父様の『あの袋』を愛して進ぜますわ。その間に由紀は、又先生のお尻を愛したい言うてます・・」 「良いぞ。宜しくです!」 「おおきに・・」 

言葉をを区切った由香は、由紀に目で合図す。妹が頷くと「良いか由紀。まず、あたしとアンタで両脇から 伯父様の金玉に口でご挨拶や。それからアンタの大好きな、先生のお尻舐めさせたるでな。暫くは、それで行こ!」 「ん・・良いでしょう。ま、その後どないなるかは成り行き次第って事で・・」 少しの危うさを感じもした由香だったが、ここは妹の言葉を信じる事にした。そして・・

引き続きゆっくりと 初美の菊花の上で上下動の揺動(ダンス)を繰り返す中条の陰嚢に、両脇から姉妹が唇を寄せる。「チュッ・・チュバッ!ジュパッ!」少し濁った愛撫音に乗せて「あっ、うぅぅっ!」と、男の静かな呻きが聞こえて来た。「ほな お姉ちゃん、金玉は任すで・・」 そう呟きを残し、由紀は陰嚢の下で動き続ける竿の幹と 受け入れる秘溝の辺りに口唇を寄せ「チュッ、チュッ、クチュッ・・」と、陰嚢に対するより静かな愛撫の音を伴い、行為を始める。最大の目的、菊花(肛門)への攻めは もう少し後だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 成宮りか
今回の「音」リンク 「この道の果てに(The end of The way)」 by松岡直也(下記タイトル)
The end of The way
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。