FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第2話「行路」

12129.jpg

7月19日の日曜、天気は曇り。女講師 初美と香緒里、それに生徒の健(たける)と徹の二少年が、G県下の特別林間学級の場、研修施設「中山荘(ちゅうざんそう)」へ出かける日だ。
この日午前9時頃、N市内の、ある大手陶器メーカー広報拠点近くの香緒里の家玄関へ、銀灰色(ガンメタリック)を纏った、一台のレクサスLSが滑り込んで来た。

運転は、健の伯父 中条 新(なかじょう・しん)。助手席に健、後ろは、所謂上席とされる運転席背後に初美、その隣に徹が座る。中条と健は、早めにN城址北方にある、健の親許を出て、近所に住む初美、そして香緒里宅から割合近い住まいの徹を拾い、赴いて来たのだ。香緒里の親許は、産業廃棄物関連のリサイクル業。自宅にほぼ隣接する本社屋は、普段から大型ダンプやトレーラー、重機などがよく出入りしていて、駐車場所に不自由はない。

「お早うございます。全員、今 着きました。今日から、宜しくお願いします」中条が、香緒里の元への挨拶と、到着報告をする。「いらっしゃいませ。お早うございます。あら、中条さん。お世話をおかけしました」と香緒里。
中条「いいえ、とんでもありません。俺も通り道でしたから。それじゃすぐ、乗換え準備に入るとしましょう」こう返せば「いえ、多少の余裕はあるから大丈夫ですよ」香緒里も応じる。

早速、香緒里の愛車、アイボリー・ホワイトのトヨタ・アルファードへの乗換えと、各自の所持品の積替えが開始される。既に、運送便による用品は、中山荘宛て送り出されているので、直前に必要が分った物ばかり。それでも、衣類や一部の教材、それに二少年の「自主トレ」用サッカー・ボールや肢体のサポーター、キャッチ・ボール用具など、結構な数量に上った。この日の服装は、中条を含め全員が、Tシャツにジーンズか綿パンと言った、作業に向いたそれだったのも幸い、約10分で、乗換えと積替えは完了。

「伯父様、今朝は有難うございます」と彼以外の全員。香緒里が「よかったら、少しの間お茶でも如何ですか?」と促すも中条は残念そうに「いやー、実はこの後、健の親父からゴルフに引っ張られておりまして。と言っても、パター・ゴルフのレベルなんですがね」と苦笑しながら「まあそんな訳で、これからすぐ向かわないかん訳です。又、今度の楽しみにしときますよ」と返す。香緒里も「まあ残念ですけど、そう言う事なら仕方がないですね。中条さんとは是非一度、ジャズのお話をさせて頂きたく思いまして、今朝なんかは丁度好いかなと思ったんですが」

中条も「有難うございます。俺も楽しみです。それでは、今朝はこれで失礼しますんで、皆さんどうかご安全に」と言った後、「おい、健!」急に語調を変え「パンティ返せ!」
健も、負けてはいない。「知らん!あれはこの前、伯父さんが酔ってた時に、間違って捨てたんでしょう。それが事実だよ」
中条「本当にそうか?林間学級終わったら、もう一度探せや」「いいや、無意味だよ。そんな事はしない」健、こう返す。それから皆で「まあ、伯父様もお気をつけて」。このやり取りを聞いていた初美は、思わずクスリと笑ったのだが、この辺りの事は、後程記したい。

さて、意外に速い加速で遠ざかった、中条の乗るレクサスを見送った一行は、香緒里の運転で、ほぼ予定通りに中山荘へ向け出発。席順も、香緒里を覗いては、中条の車の時と同様だ。
N城址近くのインターチェンジより都市高速道へ。その後、遥か昔、豊臣秀吉・徳川家康の両公が対峙した古戦場の近くより、C自動車道へ合流。軽いアップ・ダウンと緩いカーヴの続く道を東へ。約一時間後、G県との境を間近に控える所で一般国道へ。

この間の車中、二少年はネット・ゲームやスポーツなどの雑談とか、日曜なので、JR中央西線貨物便は余り運転されない、などの話題を断続的に。ただ時々、低レベルな笑いネタ発して、初美に「バカ!」とか叱られる一幕も。休憩中は、勿論スマート・ホン画面に吸い寄せられていた。苦笑 女講師間の会話は概ね少な目で、翌日以降の日程は、中山荘着後に伝達と言う事になった。
中津川と呼ばれるこの街の、とある商業施設にて昼食と、当面必要な食糧や雑品の買い物の後、車はいよいよ山間に差し掛かる。

街並みを抜けた国道は、暫く続く長い上り坂にかかる。つい先程まで降雨だった様だ。カーヴを交え、15分位も進むと景観は一変し、山間の濃い緑が間近に迫る様になる。国道は、左右各一車線。かーヴが続き、日曜とは言え、大型車との擦れ違いも結構多い。馬篭、妻籠の各宿場にも近く、曜日によっては、交通渋滞が生じる事もある辺りだ。
暫く進んだ「賤母(しずも)」と呼ばれる道の駅で、往路最後の休憩。中津川を発って、約一時間後の午後2時前、一行は中山荘に入った。

中山荘は、佐分利学院の先代理事長が建てた、山荘とかログハウス風の建物で、何ヶ所かある研修施設の一つだ。平屋ながら、生徒数人位までなら十分な広さがあった。3室ある、居間の一つを改装した教室は、定員8名。グランド・ピアノの設置もある。生徒の寝室は、二段ベッドが3セット。勉強机も併設され、別に、講師の寝室兼事務室、食堂、浴室、二ヶ所のトイレ。寝泊りもできる管理人控室、運動にも向いた、広い前庭と駐車場がある。当初は、別荘として使われるつもりだった様で、木曽川の造った河岸段丘の途中。眼下にはその流れと、昔ながらの宿場の街並みを臨め、その傍らを通る、JR中央西線とR19も見通す事ができた(註)。

日中は、ここから少し川下の街に住む初老の管理人 早瀬夫妻が詰めており、この日も、早めに着いた運送荷物の整理にかかってくれていた。初美たち一行も合流し、夕方までに片付け。入浴・夕食の両準備も済ますべく頑張った。この整理ができないと、勉強も何も始まらないからだ。はっきりしない空模様の下、ほぼ予定通りに落ち着いた様だった。やむを得ない場合以外は、夕方帰宅する早瀬管理人夫妻を見送った後、初美は言った。「さてと、来月7日まで、足かけ三週間の教程を知らせないといけないわね。まあ、寝る前でも好いかしら?」
(つづく 本稿はフィクションであります。2016=H28,6,5記)

(註) このJR線の正式名は中央本線ですが、長野・塩尻を境に、現在の東西路線がJR別会社となり、運転形態も基本的に分かれる為、地元の慣習にも鑑み、この名称を採った次第であります。

今回の人物壁紙 小川あさ美
渡辺貞夫さんの今回楽曲「スウィート・ディール&フロント・シート(Sweet deal&Front Seat)」下記タイトルです。
Sweet deal&Front seat
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。