FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第61話「享受」

d9501c0d.jpg
「ああっ、ああっ、し・・新(しん)さん、い・・行くぅ~!」 「あ、うぅぅ、は・・初ちゃん、お・・俺も、の・・昇るぅ~!」 初めから入れ替わる事のない正常位での交わりで、初美と中条の昂りは頂に近づきつつあった。突き上げる様な熱い愉悦は、ただ中条の巧みな腰遣いだけではなさそうだった。

交わる二人の後方では、由香と由紀の姉妹が、次第に速さと強さを増す 男の竿(男根)のピストン状の運動を、飽かずしげしげと覗き込み続ける。そればかりではない。妹の由紀は、先刻から 手に舌細筆で初美の菊花(肛門)を捉え、その襞の全てほ穂先でなぞった末 芯央に突き立て、静かに しかし執拗に抜き挿しを続けていたのだ。

「ふふ・・」 次第に甲高く増幅される喘ぎを聴きながら、微笑んだ由紀は、傍らで男の陰嚢を口に含む由香に言った。「先生、随分とえぇ声を上げはりまんな。これ、あたしの筆攻勢(アタック)を好いてくれはったって事かいな?」 「ふむ・・」舐め続けていた陰嚢から 一旦口唇を放した由香は、鼻を鳴らした様な返事をした。そして「まぁ、アンタの想像通りやろな。て言うか、好きか嫌いかやなしになぁ・・」 「はい、何やろ?」 「先生 初めはアンタの攻めに乗り気やなさそうやったんやが、段々と、アンタの仕掛け技が気持ち良ぅなったんと違うか?」

「あぁ、それあるかもな・・」感心した様に 由紀が呟いた。そして「そないな事なら、いよいよ誠実にご奉仕せなあかんな。先生も伯父様も 後チョイで絶頂かもやが、もそっと応援して進ぜようかな・・」 再び、ゆっくりと菊花に穂先をめり込ませて行く。「ホンマ、スケベな奴ちゃ!」呆れながらも、由香は努めて冷静に「そやけど、先生お歓びのメインは、あくまで伯父様のお竿(チンポ)の動きやで。アンタの筆遣いは、伯父様の動きを補佐(サポート)するもんやなかなあかん。分かる・・な?」

「あぁ、何となく分かる・・」 慎重な口調で 由紀が返して来た。そして「そやから、伯父様のお腰に注意しながら進めなあかん・・ちゅう事やな。ほな、ちょいとだけ弱めに仕掛けるっちゅう事で・・」 そう続け、依然初美の菊花を捉える穂先の動きを、少しゆったりしたものに変えた。

その間にも、初美と中条には 大波の様に「頂」への衝動が繰り返し襲って来た。「おっと・・まだダメ!」 もう何度目かの 射精の衝動を 男は何とか凌いでいる状態。その竿は、下方から女の秘溝に絶妙な締めを賜り 腰には両の美脚が組付けられる「蟹挟み」の態勢が続いている。「さぁさぁ、早くぅ・・」との射精への衝動を、少しでも後延ばしにしたかった。が、やがてそれも、終止符を打つ時が近づいている様だった。

「初ちゃん、有難と・・」中条はそう言うと、腰を捉え続ける初美の両脚の拘束を解く様促した。゜そろそろな、綺麗な鉾・・じゃなかった、綺麗な両脚を収めようじゃんか。そしたら、いよいよ一気に絶頂な・・」 「分かった。それで、もっとハードな体位に変えるんでしょ?」 「あぁ、まぁな。同じ正常位だけど、ちょいとだけ『曲げ』が大きくなるかな?」

中条の腰を捉え続けていた 初美の両脚の拘束が解かれる。これを見た彼は、今度は腰に取りついていた両脚を 曲がった海老の様に抱え込み、一度解かれた竿を 再び秘溝に返す。「あ、ああっ、熱い・・わ」角度の異なる交合に、初美はこれまでとは別の愉悦を感じ始めた様だ。

もうすぐ頂。中条は、これまでより強めに腰を使った。後ろで覗き込む姉妹も、由香が男の陰嚢と 女との結合部を交互に口唇で舐め回し愛撫すると、筆をとる由紀は、はやる心を抑え、これまでよりゆっくり慎重に 執拗に菊花への攻勢を続けた。「あはぁっ!凄い!い・・行く~ぅ!」 「あぁ、俺もだ!もういかん。の・・昇るぅ~!」寝室での行為が始まって約一時間。二人はほぼ同時に、頂に立てた様だった。

「お~、良かったな・・」この様子を見た由香は、陰嚢などに回していた口舌を又離し 呟いた。「うんうん、好い感じやわ。なぁお姉ちゃん、先生と伯父様の結合部、しっかり濡れとるな」 「まぁ、ゆくゆくは結婚やろからな。まぁ流れやろ。確かに好い眺めやけど・・」 まだ繋がったまま動きを止め、息を弾ませる初美と中条の様子を、姉妹はほれぼれと眺めた。

二人の「結合」は、中々解ける事がなかった。「まだ、離れないでね・・」初美が呟くと、中条も 「あぁ勿論、暫くはこの体位で余韻を味わうって事よ・・」と応じ、もう一度 唇を奪う挙に出た。上と下で、又口舌が交わされた。接吻(キス)だけに留まらず、交互に舌を出し入れしたり、10分以上に亘り かなり濃厚な後戯が繰り広げられた。それが区切りを迎えると・・

「新さん・・」初美が呟く。「はい、何ぞ・・」 中条が 上から呟きで返すと「そろそろ、離れたいでしょ?」 「まぁな。ま、ゆっくり離れるとしよう。理由は分かってくれてる思うが・・」 「えぇ・・」低い声での会話を区切ると、中条は「じゃあ・・」と軽く呟き、初美に重ねていた上体を起こし、下方の繋がりを解きにかかった。まだ湿度を守る秘溝から 熱さと堅さを保つ竿を ゆっくりと抜き放した。

「あぁ、何度見てもえぇなあ、これ・・」 外れる竿を見送った 初美の秘溝は熱く朱に染まり、加湿して輝いて見えた。昂りに充血した朱も見事だ。仰向けに両の脚を曲げ開き まだ息を弾ませる 初美の露わな股間からは、やはり白っぽい男精がゆっくりと流れ出て来る。

「よしゃ、好いわぁ。よしゃ、由紀、ちょいと・・!」 「あぁ分かる。これからやる事は・・」 由紀と由香は会話を区切ると、秘溝から流れ出た男精に口舌を寄せ「じゃあ、頂くで!」これを合図に 由香、由紀の順で、流れ出る男精を「ジュルジュル・・」なる低い愛撫音を伴って舌で掬い 校内に収めようとした。その時「二人、ちょっと待って!」・・鋭い声で割り込んで来たのは 初美だった。

「はい、何ぞ?」少し訝る様に姉妹が返すと、初美は続けた。「それ、新さんがあたしの為に発射してくれたのよ。分かるでしょ。それは、あたしに返して!」 由香「分かりやした。どうも済いません!そいで、どないしてお返ししまひょ?」と言葉を継いだ次の瞬間「あっ!」と 初美の意図に気がついた様だった。

「ふふ、由香ちゃん・・」 一瞬 言葉を失った由香に、初美は笑いかけながら言った。「もう気づいてる様ね。そうよ、由紀ちゃん共々 貴女の口内の男精(ザーメン)を 口移しであたしにくれれば OKよ」 「やっぱり・・」呟いて返す由香は、まだ驚愕から抜け切れていない様だった。が、そこから気を取り直すのも早かった。

「分かりやした。そないな事なら・・」 まだ仰向けに臥す 初美の枕元に赴く。「さぁ、来て・・」 「はい・・ほな、失礼します・・」先程 中条のしていた様に 今度は由香、次いで由紀の順で 初美の上から唇を重ね、口に含んだ男精を流し込む。行為を終え、顔を放すと、下の女は 見た事もない美しい恍惚の表情を見せた。

「綺麗やわぁ、ホンマ 嫉妬するでぇ・・」 顔の上から離れた姉妹も、その美顔は認めざるを得なかった。「何かさぁ・・」由紀が呟く。「うん、分かるで。続けてみ・・」由香の促しに 「いつまでも見てたい気もするわぁ・・」 「それ、右に同じやで・・」と、姉もうっとり呟き返すも、直ぐに「おおっと!」と我に返る。

「伯父様・・」 由香は、傍らで休憩する中条に声をかけた。「はい、何ぞ・・」男の返事に 「あのね・・先生のオメコ周り、綺麗にせなあきまへんな・・」 「そう、俺もそれ考えてたんや。まさか忘れ・・はねぇからなぁ・・」 「・・でね、その事ですけど」 「良いよ、聞こう・・」 「それ、あたしと由紀に任せてくれはりまへんか?」 

「・・・」中条は暫し考えていたが、直ぐに「よしゃ、お願いしちゃおう。宜しく!」と、笑って返した。それを受け、由香は言った。「先生、そないな事になりましてん。今から あたしが先生の下方(アンダー)のお手入れさせてもらいます・・」 聞いた初美は「仕様がないわねぇ。でも嬉しい、宜しくね・・」と大きな開脚で招じ入れる。由香の口唇愛撫(クン二リングス)も濃く熱い、魅惑のあるそれだった。「あぁ、これも好い!」再びの喘ぎ。ニヤリとして眺める中条の下方には、由紀の手指が伸びる。「伯父様は、あたしね・・」 「あぁ悪い。おおきにな!」こちらは 竿へのお見舞い(フェラチオ)だ。「ジュパッ、ジュルジュル・・」微かな愛撫音を伴い、仕上げの後戯に入った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 西野あかり
今回の「音」リンク 「タイム・メッセンジャー(Time messenger)」 by葉加瀬太郎(下記タイトル)
Time Messenger
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。