FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第2話「声色(こわいろ)」

30f4f345.jpg
「うん、とても好いな。この声・・」独居故のセミダブル・ベッドに身を横たえ、前嶋は携帯ラジオに切り替えて「ラジオ深夜館」の続きを聴いている。その夜の担当アンカー、邑井由香利(むらい・ゆかり)の声色は 女にしては僅か低めのクリアで聴き易い語りだ。音楽とインタヴュー番組の合間に現れるのも、概ねタイミングが良く 好感だ。1H毎の全国天気概況も、彼女の担当。平日の仕事の折は時に外務、土休日は写真撮りに赴く事もしばしばの彼には喜ばしかった。

「これで・・」聴きながら、前嶋は呟いた。「毎時ジャストの内外のニュースも、彼女が通しで読んでくれりゃ もっと良いんだが・・」勿論、全部がそう都合良く回る訳ではない。ここだけは、本局の各当直アナウンサーが持ち回りで担う。ただ、この所も前嶋が何年か親しんだヴェテランが読む時もあり、それが又 楽しみでもあった。

この夜の 1am代は 日頃楽しみにしている「落語選集」ではなく講談が取り上げられたが、余り関心の抱けない対談よりはマシで、何となく聞き流した。続く 2am代が、洋楽中心の「真夜中のコンサート」。この夜は「ジャズの巨人達」の回で、往年のトランペットやサキソフォンの名手、マイルス・デイヴィスやチャーリー・パーカーの曲が取り上げられるはずだ。

「さあ、どうなるか・・」前嶋は思った。時に官能的な流れをみせるジャズの旋律を聴くと、どうしても良からぬ想像をしがちなのは事実だ。つまり、そう・・己の下方の「竿」に変な快感をもたらすマッサージーを施して勃起し、その方の快感を追う「自慰行為」に走り易いという事だ。「いや、いかん・・」と、普段は抑制(セーヴ)をかけ 大抵は乗り切る前嶋だったが、この夜は自信が持てなかった。

2amのニュースが終わり、スピーカー越しに、再び由香利の声が戻ってきた。「いや、いかん・・」その一声を聴いただけで、男の下方のスイッチが入り、勃起を催す気配がした。マイルス・デイヴィス、ディジー・ガレスピー、フレディ・ハバードなとトランペット勢の曲が続き、その合間に漂う 由香利の音楽家(ミュージシャン)の経歴や録音を含む曲のデータ、背後(バック)を固めるサイド・メンの事共に触れて行く美しい声が、前嶋には「ねぇ望(のぞむ)、勃起してる?」の様に聴こえて仕方がなかったのだ。

「あぁ、由香利さん・・」トランペット勢の殿(しんがり)を務めるフレディ・ハバードの楽曲を嗜みながら、前嶋は思わず呻いた。「そんな語りされたら、お・・俺は暴発してしまう~!」先刻からパジャマのアンダーを脱ぎ下し、彼の下方はトランクスだけになっていた。勿論、彼にとっては妖艶な声を聴いた「竿」は目一杯、堅く勃起していた。決して大きくはないが、堅さには自信があった。更に昂奮を得て、その温度も上がっている様だ。

2am代の番組後半は、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンやアート・ペッパーといったサキソフォン勢が控える。「こりゃヤバい。サックスが背景じゃ、ホント始めかねんわ~・・」途中まで何とか抑えようとした前嶋だったが、そうした艶やかな旋律に乗った由香利の美声の前に、遂に制御(コントロール)を失って行くのであった。

起き上がり ベッド上に座った前嶋は、直ぐにトランクスの下の竿を連れ出して様子を視る。堅い勃起を催している事は前述したが、先端を見ると あの事の前触れの「カウパー」と呼ばれる粘液が滲み出している。「あぁ、やっぱり我慢できん。こりゃ昇らんとダメそうだ・・」勃起し硬化した亀頭に左手でマッサージをくれてやりながら、前嶋は ネットで調べた由香利のプロフを少しだけ思い出す事が叶った。

邑井由香利は、公共 N局の局アナウンサー。首都圏の某四大卒で、中学・高校時代は陸上選手の経験を持ち、国民体育大会出場の経歴もあった。その縁で 若手時代はスポーツ番組メインの取材や出演が多かった様だ。既に入局から 10年超。自称独身なるも、詳しい所は分からなかった。

もう一つは由香利の身体的特徴(プロポーション)。男なら必ず触れたがるB,W,Hの「3サイズ」は不詳だが、身長は 170cm超なので、下手をすると 170cm弱の前嶋より高い位かも知れない。後は聴取者(リスナー)の想像に任される訳だが、陸上で鍛えているだろうだけに、かなりの美脚ではないか・・などと前嶋は思ったりしたものだ。

・・で、そんな事もあって 遂に男は左手で自慰に及んでいた。由香利は(番組ディレクターが選んだ受け売りかも知れないが)、この夜のコーナー最後に ジョン・コルトレーンのテナー・サックスが咆哮する曲を持って来た。「あぁ、ダメダメ!お願いだから、そんな煽る様な曲持って来ないでよ~!」そうは言っても、所詮は内心での叫びだ。前嶋の体内から一歩も出る訳ではなく、従ってスピーカーの向こうにいる由香利の耳に届く訳でもなかった。「あっ、あっ、ダメッ、も・・もぅ、イク~ッ!」曲の結末(フィニッシュ)と前後して、前嶋も絶頂に辿り着いた。

「ふぅ~・・、あ~、し、しかし・・よ、良かったぁ」心ならずも始めてしまった自慰だったが、久しぶりで心地よく昇れたのも事実だった。数日ぶりで飛び出た男精の白濁も濃く、量も多めだ。一部はシーツ上にも飛んだが、このレベルの事で動じる男ではない。「ハハ、飛ばしましたと。よしよし、そいじゃ・・」傍らのティッシュで、飛ばした粗相を入念に拭き取る。その間に、由香利の声は 全国の天気概況に移っていた。

「いやいや、これで暫くよく眠れるぞ。しかしだ・・」 3amの時報に続く 男性アナのニュースを聴きながら 前嶋は呟いた。「これから第二と第四の木曜夜・・だな。由香利さん担当の夜は、毎回穏やかじゃなくなりそうな・・。何とかしたいが、何ともならない・・か」良くないとは思いながら、前嶋は月二回訪れる木曜の夜は、暫くは成り行きに任せようかとも思い始めていた。

「後は・・」 「毎月第二と第四の木曜夜は 遅くまで飲み歩かん様にするのと、泊まりの来客がない様 調整せにゃならん。まあまず来ないだろうけどさ・・」 この夜の 3am代「日本の歌曲」は余り好感しない演歌系の歌手特集。続く 4am代も、関心薄い人物のインタヴューという構成。翌日も出番の彼だ。「私ゃお先に、失礼です・・」スピーカーの向こうで語り続ける由香利の声をフェード・アウトして、男は暫しの眠りに就く。「短いかもだが、良く眠れそうだ。後は、良い夢を・・な」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 川上奈々美
日野皓正さんの今回楽曲「イゴーズ・ハイダウェイ(Igor's Hideaway)」下記タイトルです。
Igor's Hideaway
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。