FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第7話「予行」

9b4afcca.jpg
「先にどうぞ」 「分かった。有難とね」理乃にシャワーを促し、ちょっとの間 一人になった間も、前嶋の内心は揺れ動いていた。「できるなら・・」彼は、シャワー後の理乃に、汗の匂いが漂い始めた 日中の下着姿にもう一度させて「事」に及びたかったのだ。彼女が同意するか否かは別として・・

「まぁ・・」彼はこうも思った。「どうしてもってレベルじゃない。彼女が嫌がるなら、まぁ仕方ないさ。それに・・」呟きながら、ベッド上の夜着(ナイトウェア)に目を遣ると、それは多分にバス・ローブに近かった。「うん・・」頷きながら、彼は己のそれを手に取って言った。「これ着せて『実行』てのも、それはそれて良いな・・」体位を含めた「事」の進行をどうするか、ゆっくりと頭の中を巡り始めた。傍らの TVは民放の報道番組を伝えているが、まぁ上の空だ。

「のぞみさん、お先ね!」小半時程も経ったろうか。TVを ONにしたまま、ボンヤリと窓外を行く JR東海道線の列車の往来を眺めていた前嶋の背後から、理乃が声をかけた。洗髪したらしく、ショート気味の髪が水気を帯びていた。ちょっと好い香りも・・「有難と。好い香りやね。じゃあ、ちょっと・・」 「適当にね・・」 「あぁ・・」短く返しながら、前嶋は「やっぱり・・」とふと思った。「ゆっくり、とは言わなかったな・・」ほんの僅か、引っかかるものがなくはなかったが、彼はそのままシャワーを使った。

この夜のここまでの進行は、本当に「成り行き」の結果だったのだが、後付けちはいえ 前嶋にはちょっとした狙いがあった。先程までの「ラジオ深夜館の集い」に絡んだ邑井由香利との会見で、彼はいずれ由香利に近づき、関係を深めようと目論んでいた。何よりも、彼女の名刺に手書きされた URL状の横文字は「多ほんの分、彼女のメール・アドレスに違いない」との確信に近い気持ちを抱かせる様になっていた。「理乃ちゃんには悪いけど・・」今夜の事は、後日必ず来るだろう、由香利との「事」に備えた予行演習の意味もあるのだ。

当然の事かもだが、前嶋のシャワーは 理乃のそれよりは短かった。彼女がそうした様に、洗髪もした。部屋に戻ると TVの chは他局のバラエティ番組に替わり、理乃がバス・ローブ調の夜着に替えてソファで寛ぐ。短めの髪は、ほぼ乾いている風情だった。「中々好い感じだわ。この夜着(ウェア)」の言葉を 「あぁ、そう。そりゃ良いね・・」短く返す。暫くの間、短い感想を挟みながら TV番組に興じた。

「さてと・・」半時程して番組が区切られると、ゆっくりと理乃が言った。そして「そろそろ始まるね・・」 「あぁ、ラジオの事?」前嶋も応じた。理乃「そうそう。深夜館よ。今夜のアンカーは権藤さん・・だったかな」 「あぁ、第三土曜の夜なら、普通はそうじゃなかったかな?」 「この部屋って、ラジオ入るのかしら?」 「どれどれ・・」

会話を区切った前嶋が 窓際のコントロール・パネルを一瞥すると、果たしてラジオのポジションが見つかり、公共 N局第一放送が受かるのを確かめた。「良かった。今夜も好い感じになりそうだわ・・」一安心の風を見せる理乃に、前嶋は「もっと良くしよう!」そう言って笑いかけた。この夜の担当、権藤 繁(ごんどう・しげる)も理乃好感の男性アンカーだ。

「好いね、それ!」図らずも、理乃も合わせてきた。「よし、いける!」そういう確信が、前嶋の頭を支配し始めた。「勿論。そいじゃ、まずは挨拶をね・・」そう呟いてソファに座る理乃の傍らに身をかがませると、流れる様に唇を奪った。「ハハ、来たね・・」理乃も応じ、前嶋の首に両腕を回して行った。

「場所を変えよう・・」右手を差し伸べ、起立を促すと 理乃をベッドへと誘った。「ほら、こう来ると思ったわ・・」理解している風情の彼女、勧められるままにベッドに臥し「さあ、のぞみさんも、ここよ、ここ・・」と傍らに来る様サインを送る。「はい有難う!直ぐに・・」並んで臥した。

「さぁさぁ、核心へと進む用意ができたぞ・・」ニンマリの一方で 「やはり、昼間の下着での『事』は無理・・か」の想いも交錯する。この時彼は、思い切り理乃の体臭を感じたい衝動に駆られていたのだが。遠巻きにその話をすると、理乃は「ふぅん、貴方はそういうのが好きなん?」に続き「でもやっぱり、夜は新しいので迎えたいしさ・・」と呟いた。無理はしない方が良さそうだ。

前嶋が理乃と交わるのは、二回目だった。前回は余り要領が分らず、己はとも角 彼女が喜べたかどうか確かめる様なフォローもした記憶がなかった。「前回の轍だけは踏みたくないな・・」昂奮の一方で、そういう想いも傍らに置く前嶋であった。理乃はどうも、彼が上に重なる正常位での行為を望んでいるらしい。「ねぇ、来て来て・・」仰向けに臥し、その上を覆う様求める風がその証左だ。「よしよし、只今ね・・」前嶋は応じ、理乃に重なると、もう一度上から唇を奪う。それだけでなく、舌で彼女の口内を一渡りまさぐってやった。

「ん、あぁ・・い、好いわ・・」一旦奪った唇を解き離すと、理乃は呻く様にこう呟いた。そして「ねぇのぞみさん、昼間の下着と どっちが好い?」と、わざと意地悪そうに訊いた。「う~ん、難しいなぁ・・」聞いた前嶋は、本当にどちらに「転ぶ」か難しかった。「確かにさ、日中の匂いが残る下着姿は魅せられる。が、しかし・・彼女はもう夜着に替えてるし、今更着替えたくもないだろう。それに・・」と呟きを区切り、下に組み敷いた理乃の寝姿を、頭から爪先までざっと一瞥してみた。

「うん、これはこれで好いよな・・」彼は再び呟いた。そして「理乃ちゃん・・」声低く呼んだ。「はい、何?」些か単調な感じで彼女が返すと「迷って悪かったけど、これで決定です」と、きちんと纏っている夜着を指差して言った。「ハハ、そうでなくちゃね・・」理乃は、笑って応じた。そして「できたら『頂上』へは、生まれたままの姿で昇りたいわね。これ、貴方もよ」 「う~ん、そうかぁ・・」聞いた前嶋は、まだそれには踏み切れないでいる。

彼は続けた「それ、ちょっと 成り行き次第って事にしませんか?この前 二人で昇った時も、完全に裸じゃなかったしね。だから・・」 「仕様もない!でも、まぁ良いわ。つまり貴方は『半脱ぎ』の方が昂奮する訳ね」 「仰る通りです・・」前嶋は、バツが悪そうに答えた。そして「さぁ、そいじゃ実行しようかな。接吻(キス)の次は、オッパイさんにご挨拶しないとね・・」 「はい、あぁ・・そりゃそうだわ。じゃあ、始めてみて・・」前嶋はこれを聞くと、頷いて理乃の襟を 上から開いて行く。ブラは着けておらず、下方もノーパン状態らしい。忽ち 色白で中庸の、形良い胸の双璧が前嶋の眼前に現れた。二つの乳頭も明るいトーンで魅力だ。「宜しく、お願いします・・」低く呟くと 彼は双璧を一仕切り撫で回し、その一方に 静かに、しかし「グッ!」という感じでむしゃぶりついた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 乙葉ななせ
日野皓正さんの今回楽曲「ラ・ホラ・アジュール(La Hora Azul)下記タイトルです。
La Hora Azul
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。