FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第8話「夜習」

e1f9ec37.jpg
「二度目だけど・・」手指と口唇で、交互に理乃の露わになった乳房への愛撫を続ける前嶋は、合間に呟いた。「ん・・ふっ、何?」その動きに軽い喘ぎを交えながら、理乃が返す。聞いた彼は「好い形だね。肌も綺麗だし・・」 理乃「有難う。でもさ・・」 「はい・・」 「それって、あたしの『首から下』への讃辞かしらね?」

ああ、バレてたか・・と、前嶋は内心思った。普段は眼鏡女子の 余り目立たぬ彼女だが、仕事と私事の両面で頭はキレた。特に前者はそうだ。「あぁ、悔しい!」その要所に先に気づいておれば、確実に己の成績に反映できたであろう事共に先回りされ、云わば後塵を拝する事多い彼だったのだ。だからこの夜 理乃の肉体を味わえる機会を得た事に、素直に喜ぶ一方で、何か普段は抑えつけられた優越感を強く感じ始めていた。

「今夜は・・」理乃が呟いた。そして「随分オッパイへの愛撫(ペッティング)が丁寧で濃厚だね」 前嶋「こういう『濃い』のは嫌ですかね?」 「ううん、そんな事ぁないわ。むしろね・・」 「はい・・」 「どうしてこの前も、これ位念入りにしてくれなかったのかなって思う位よ」理乃は率直な所を述べた。

「あぁ、それはね・・」前嶋の返事も、呟く様だった。そして「まあ云わば『学習』したって事ですよ」 理乃「あぁ、そういう事ね。どうかしら、その時はお別れの後に気づいたとかだったりしてね。『あぁ、しまった!あの時、こうすりゃ良かった・・なんてね」そう繋ぐと、彼女は一瞬ニッと笑った。

「あは、やられたな」聞いた前嶋は、苦笑で返す。「まぁ『たら、れば』は言っちゃいかんかもだけど、だから今夜はこうして、ネットリと進めてる訳ですよ~」そう言った前嶋は、再び理乃の双丘に顔を埋めた。「あぁ、好いわ。もう少し続けて・・あ、あ・・」 「好いですよ~」 努めて気軽に返した彼は、この夜初めにした 理乃の双丘の頂へのおしゃぶりを再開した、少し後・・

「つまり・・」頃合いをみて行為を区切った前嶋は、又呟く様に言った。「今夜の貴女は、夜着(ナイト・ウェア)の下は何も着けてない訳ね?」 「そうよ。今頃気がついた?」そう返した理乃は笑顔交じり。返事の途中で眼鏡を外すと、その素顔は前回夜を共にした時より、気持ち美しく見えた。「もしかして、深い事は生まれたままのカッコでしたいのかな?」彼はふと、そんな事を想像した。

前嶋「理乃ちゃん、今夜は・・」 「はい、何?」 「今夜は綺麗だね・・」 「余り褒め言葉になってないみたいだけど、有難と」 「本気度が足りなかったら、ご免・・」 「気にしなくていいわよ。貴方が言葉下手な位、分かってます」 「あぁ、そこはこちらこそ感謝です」 「分かってくれれば良いのよ」暫くは、普段の会話が続いた。その後・・

「さぁ、のぞみさん・・」理乃が、前嶋の目ほ見据えて言った。「うん、次段階だな・・」そう感じた彼は 「分かるよ。次の所へ行く訳ね・・」 「そうそう、いつもの習慣かもだけど、自分だけトランクス着けるなんて不公平だわ。あたしは、さっきからノーパンなんだから・・」 「あぁそりゃ悪かった。そうそう、俺はいつもの癖で着けちゃったんだ。今、脱ぐからね」 「それでね・・」 「はい・・」 「そうしてもらうのは、もう一つ訳があるのは分かるわね」 「もう一つ・・」そう小さく復唱した彼は、これも小さく脳裏で「!」という反応を自覚した。

「勿論、分かります」そう言いながら、前嶋は 少し柄の入った藍色のトランクスをゆっくりと下す。現れた下方はやや体毛濃いめ。股間の剛毛は丁度中庸で、実は理乃の好みに近かった。「男の証」たる竿と陰嚢は僅かに色素が濃く、理乃にはこれも好感だったが、もう一方で「やっぱり、自慰(オナニー)してるね」という感を抱かせたのも事実だった。

「ふふ、のぞみさん・・」そう呟きながら、理乃はゆっくり、スラリとした手指を 勃起を始めた前嶋の竿へと伸ばしていく。「これも二度目だけど、貴方のも好い感じで成長してるね。期待できるわぁ・・」そう言葉を継ぐと、手指を柔らかく動かして、竿の先方 亀頭の周りをメインにじっくりと摩りを入れていく。低圧だが、何か通電でもされた様な刺激と興奮が、徐々に前嶋の脳裏を昂らせていった。

「あ、あぁぁ・・」下方の竿に仕掛けられた彼は、思わず呻きを発した。そして「理乃ちゃん、分かるよ・・」やっとの思いで呟いた。「それにしても、手コキも格段に上手くなったな。勉強でもしたんですかい?」 「ふふ、勉強ねぇ・・」ニヤリとして、理乃が返した。「もう分かるだろうけど、ネットでもその手の技や知識が紹介されてるからね。まぁ参考になるとこを頂いたって事よ」

「有難と。それだけ聞きゃ十分だ。訊いたのは、野暮だったか・・」引き続き手指で下方に仕掛けられながら、前嶋の呟きが続く。そして「・・で理乃ちゃん」 「はい、何?」 「もしかして、その手コキを今度は口でしてくれる・・はない・・か?」 それを聞いた理乃は「ふふ・・」と薄笑いを浮かべている。

「のぞみさん・・」 「はい・・」 「意外と好い勘してるじゃないの。その通りよ・・」 「!」 「やっぱり・・」という表情で、前嶋が彼女に向き直った。「でもやっぱり、嬉しい・・」のが本音だ。そして「有難と。謹んでお受けします」と、やはり呟く様に返した。「うんうん。どうせ・・」理乃も頷き返した。「もう一般論よね。男はそう出られりゃ喜ぶものよ。ある意味『アホ』だけどね・・」そう思いながら、前嶋に膝を進めた。

「さあさあ、始めるよ・・」思ったより「ノリ」の良さそうなこの夜の理乃。「どっちがいい?寝るか、立ったままか・・」訊かれた前嶋にも、その意味は鮮やかに理解できた。「よし、それじゃ・・」彼の返事。「やっぱりさ、アレが礼儀を正すとこだから、膝立ちの中腰でお願いしようかな。貴女も、その方が疲れなくて良いでしょ?」 「分かった。まぁどっちでも良いけど、つまりあたしが咥えてるとこを、上から観察したいって事よね?」 「悪いね。まぁそんなとこです」言葉を区切ると、勃起した下方を露わにした前嶋は、膝立ちの姿勢をとった。

四つん這いの姿態(ポーズ)で向き合った理乃が、その「礼儀を正した」下方に口唇を寄せてきた。瞬く間に、紅潮した亀頭が呑み込まれていく。生暖かい感触と共に、舌先が亀頭の周りわ蠢くのがはっきり分かった。「あぁ、うぅぅ・・」前嶋、思わず又呻く。「上手い。この前より、ずっと上手いぞ。あぁぁ!」 「ギュッ、ギュッ!」と、感じ易い急所を攻めてくる様な 適切な口舌の動き。迎える前嶋は、波の様に襲ってくる射精の衝動を、何とか凌ぎ切る。そして理乃の夜着の裾をゆっくりと捲り、胸の双丘と同様に優れているだろう臀丘を探りにかかった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 篠田りょう
日野皓正さんの今回楽曲「センド・ミー・ユァ・フィーリング(Send Me Your Feeling)」下記タイトルです。
Send Me Your Feeling
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。