FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第18話「開発」

a3c80086.jpg
「ああっ、の・・のぞみさん。し・・舌技も上手・・だわ。はっ、はっ・・」下半身を突き上げた前傾姿勢のまま、由香利は 後ろに取りついた前嶋の口舌による愛撫を受けていた。足先から始まった ねっとりとした執拗な「舐め」は、ハイソ調の膝下ストッキング越しにふくらはぎ、膝、太腿へと続き、遂にフレアのミニコス内に鎮座する臀丘に及ぼうとしていた。

「よし、所定の到達だ・・」ニヤリと舌舐めずりをした彼は、一呼吸おくと 遂に臀丘の外周から股間へと向けて、白く滑らかな肌に舌を這わせ始めた。「あ、ああっ・・ゆっくり核心へ向かう気ね。焦らしてるんだわ。意地悪!」前方から喘ぎを伴う 由香利の𠮟声が聴こえて来た。前嶋はそれを、少しは予感していた。フレア・ミニの裾は捲らずに、あくまで「秘め事」の一つとして楽しみたかった。しかし、適度に反応を返す事も必要だ。

「どーも済みません。初めてなもんで、由香利さんがどうお思いか、反応視ながら進めんと、俺 ちょっと不安なんですぅ」 尻肌へのソフトな攻めを一瞬中断し、前嶋が呼びかける様に言った。聞いた由香利が「ふふ、そんなとこだと思ったわ。心行くまで気の済むまで、ここはお尻を舐め回したいんでしょ?」 「重ねて済みません。仰る通りです!」そう返すと、前嶋はもう一刻 臀丘にじっくりと口舌を走らせた。

「由香利さん、そろそろ・・」前嶋は又、呼びかける様に言った。「あっ・・はい、何?」少しの喘ぎを交えた由香利の返事を得ると、彼は「もう少し舐め舐めしていたいけど、次へ進まんといけませんね」と続けた。「私は良いわ。まだ夜はこれからだし・・」そう返されると、彼は「うーん、悩みますね。ですがそろそろ、貴女の秘密の谷間へと進みたい気もするんですが・・」 「あは、それって、ショーツの中を侵略したいって事?」 「そうです・・」

「嫌らしい!」鋭い𠮟声が飛んだ。勿論、由香利はわざとそう発声したのだ。「三度(みたび)、どーも済みません!」前嶋もあくまで低姿勢で応じた。由香利「真に受けないで。怒ってなんかいなくてよ。どうせ貴方は、初めから狙ってたんだろうから」 「やはり隠せませんね。仰る通りです」 「そんなの分かってるわよ。さぁ、始めて」由香利はそう続けると、改めて Tバックを纏っただけの フレア・ミニに囲われた臀丘を 前嶋の眼前に突き出した。

「ご理解に感謝!では・・」呟く様に謝意を述べると、前嶋は鼻先を由香利の股間ギリギリまで近づけ、右手指を一本、又一本と ショーツの中へと滑り込ませた。「うん、これらしい・・」人差し指の腹が、陰核(クリトリス)らしい出張りを捉える。静かに摩りを入れると「あはぁっ!感じるぅ!ふっ、ふっ!」敏感な反応が反って来た。「な・・何か、新しい快感を、彼に開発されてる感じがして、少し怖い・・」そうも感じる由香利であった。

「いやぁ、こりゃ期待大!一応予想はしてたけど、やっぱり好い感度してるわ・・」 わざと「T」を脱がさずに、親指に人差し指、中指の三本を中へと滑り込ませ、陰核らしい所をグリグリと摩り回した後は、陰裂の辺りを見定めて、ゆっくりと指を滑りこませてみる。人差し指の腹、そして第一関節の辺りまでが、ぬめる様な感触で 肉壁の間に滑り込む感触が得られた。

「ご免なさい。入っちゃったみたい・・」苦笑しながら前嶋が呼びかけると、由香利「もう・・初めから狙ってたんでしょ。でも、ちょっとなら許すわ」 「有難うございます。爪は切ってるけど、傷とかになるといかんですから、この辺にしますね」 「そうして欲しいわ。この後の大事な段階(ステージ)もあるし・・」 「ですよね・・」 間違っても、繊細(デリケート)なこの場面で「それって性交(セックス)の事ですか?」などと露骨な事は訊けまいて・・と自問自答の前嶋であった。

程々に「T」を脱がす事なく股間への攻めを区切った前嶋は、又 声をかけた。「由香利さん、お疲れでしょう。少し座られた方が良いんじゃ・・」 「有難う。そうするわ。でも・・」 「はい・・」 「そろそろね、貴方のお竿を見てみたいわ。一方的に私のお尻やお股を攻めるなんて狡いわよ」 「分かりやした。それもそうですね・・」 会話を区切ると、由香利はベッド縁に着座した。そして「さぁのぞみさん、私の前に立って」 「はい、只今・・」

前嶋はこの時、全裸の上に白のバス・ローブを羽織っただけだった。「脱がなくても良いですか?」と訊くと、由香利「そうね。私がまだ脱いでないんだから、そのまま行きましょう・・」そう返すや否や、前嶋の下方にサッと右手を伸ばして来た。余り荒れの目立たぬ 白くなよやかな 長めの手指。爪は前嶋よりは長めだが、マニキュアはクリアで清楚さが魅力だった。

既に堅さを持ち、礼儀を正し始めていた竿(コック)は、由香利の手指が取りつくと 覿面(てきめん)に勃起の度を増した。「ああっ、由香利さん。その愛撫、お・・お見事ですぅ!」亀頭に、肉茎に摩りが入れられた瞬間、前嶋は思わず叫び出しそうな声を上げた。最初のタッチで、本当に射精しそうになった。「い・・嫌だ。ま・・まだ、こんな愛撫(ペッティング)の最初で発射したくない。な・・何とか『連結』までもたさんと・・」 巧妙でねちっこい由香利の摩りは、竿全体からその下に位置する陰嚢にまで及び始めた。「あぁ、グッド・・」 射精の衝動と対峙しながら、前嶋は美しい高揚に酔い痴れた。そして・・

「あふぅっ!更に凄い高波だぁっ!」立ったまま、前嶋が打ち震えている。手指の愛撫から、由香利の口舌が 彼の亀頭を捉えたのだ。まず一回 深く吸い込んだ後、小刻みに亀頭、肉茎、そして陰嚢へとそれを這わせて行く。「ふっ、ふっ!ゆ・・由香利さん、ち・・ちょっとご勘弁を。お・・俺、マジで発射してしまいます。うぅぅ~っ!」

由香利「あは、昔あった歌で『発射~、オーライ~♪』て風情かしらね。やっぱり貴方はある意味原石だわ。つまり修行不足って事よ」 ジュパジュパと 濁った愛撫音を立て、竿をしゃぶる合間に 由香利はそう揶揄し諭す様に言った。「ハハ、仕方ないですよね。俺、そっち方面は真面目に勉強しなかったし。でも、これから立て直せるかな。復讐(リベンジ)・・なんてね!」冗談を交え 返した。

「のぞみさん・・」 「はい・・」 「その熱意が大事よ」 「やっぱり・・」 「だから・・」 「はい・・」 「今夜はじっくり教えたげるわ」 「有難うございます。謹んでお受けします」 「よろしい。そしたら・・」 「はい、聞きましょう」 「ちょっとの間、ベッドで横になって授業しようよ」 「好いですね。分かりやした。俺が仰向けで良いのかな?」 「そうそう・・」 

会話の区切りを待ち、前嶋はバス・ローブ姿のままベッドに臥す。その上に、これもミニコス姿のまま 由香利が上下逆に重なる。お互いの顔と下方が相まみえる、俗に「二つ巴」と呼ばれる体位だ。「ふふ、これで又暫く、お竿と玉袋を攻められるわ・・」ニンマリとする由香利。一方の前嶋も「おぉ絶景!これでミニスカの中がフル・オープンって訳だ。では由香利さん、始めますよ」 「分かったわ。宜しくね・・」快い返事を得ると、仰向けの前嶋は、由香利のショーツ両脇のストラップに両の手指をかけ、慎重に下して行く。いよいよ、彼女の「女の核心」と対面する時が来たのだ。
(つづく 本稿はフィクションであります。2019=令和元年の連載はここまで。新年は 1月三が日明けから再開予定。各位どうか、良いお年を)

今回の人物壁紙 三田羽衣
日野皓正さんの今回楽曲「ウィンド・ブロウズ・ユァ・スキン(Wind blows Uour skin)」下記タイトルです。
Wind blows Your skin
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。