FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第24話「昇道」

IMG_4659.jpg
「あっ、はあっ!い・・好い~っ!」叫ぶ様な喘ぎ声と共に、望み通り 由香利と前嶋は正常位に戻っての行為を再開した。ただ今度は、彼の企みで 初めよりかなり屈曲の大きい、激しい体位である。由香利の下肢は海老の様に曲げられ、両足先は天を仰ぐ体裁。上に重なる前嶋は、由香利の両膝を強く抱え込み、脚の曲がりを大きくしてのしかかる格好だ。彼からは、こうした曲がりの大きい体位の方が、竿を由香利の「女」に深く繋げられる感じがしたのだ。

「うんうん、好いぞ。思った通りだな・・」 由香利の下肢をガッシリと抱え込んだ前嶋は、更に曲がりを大きくしながら 上体を預けて行く。「あっ、あっ、はっ、はっ・・!」悲鳴に似た第一声に続く 小刻みな喘ぎによく耳を傾けながら、彼は再び ゆっくりと腰の動きを再開する。ウェアのアッパーはわざと脱がせない。フレア・ミニのアンダーは随分乱れたが、まだ腰回りを覆っている。極小の「T」は紛失しない様、右脚の途中に留めてある。

上から重なるも、下方は中腰の状態。長時間は辛いが、核心を繋いだ愉悦が その事を一時忘れさせてくれる様だ。「好い感じだ。まだまだ・・乳房(おっぱい)を攻めるのは、もう少し後だ・・」 時折 由香利の顔を上から覆い、短く唇を奪う仕草を繰り返しながら、ゆっくりと高めて行った。

「ああ、ああ、い・・好いわ。曲がりがちょっときついけど、慣れると丁度好い感じの拘束感だわ。のぞみさん、よくこんな技 知ってるわね・・」 仰向けに臥し 屈曲の姿態で組み敷かれた由香利は、そう反応した。聞いた前嶋「有難うございます。あ、いやいや・・技なんて意識してません。今夜、たまたま思いついたって事ですよ。ホント『こうしたら良いんじゃ‥』て感じでね」 そう答えておいた。

「のぞみさん・・」由香利は続けた。「今 居るかどうか分らないけど・・」 前嶋「はい・・」 「もしもよ。つき合ってる彼女とかいたら、こんな技 仕掛けたりするの?」 「あはぁ、そう来られたか・・難しいなぁ。どうしてもお答えせんといけませんか?」 「あ、ううん・・無理なら良いのよ。でも、叶うならちょっと知りたいなぁって気もあるのよ」 「分かりました。それじゃ・・」 一旦言葉を区切ると、前嶋は又、短く由香利の唇を奪った。下方を繋いだ腰は、依然せっせとスロー・ピストンに勤しんでいた。

「それですねぇ・・」 近づけていた顔を離した前嶋が返した。「こんなに熱くはないですが、ありますね・・」 由香利「そうかぁ。彼女と繋がる時は、今夜程燃えないの?」 「いや、状況にもよりますね。彼女と自分の体調の具合とか。まぁなるべく、熱い気分で進める様 心がけてはいるんですが。あ、あぁ・・いかん!」そう言葉を継ぎながら、彼は一瞬 腰の動きを停めた。不用意に射精しそうになったのだ。

「あは、のぞみさん。暴発かしら?」と由香利。前嶋は「ご心配感謝です。済みません、お察し通りです。ですが、由香利さんがまだ昂ってないのに、自分だけ昇っちまってもいけません」 「あら、私も随分昂ってるわよ。じゃあそろそろ、頂上に昇る?」 「良いんですか?」 「勿論、良いわよ・・」

「よしゃ!」返事を得た前嶋は決意した。ここから、腰の動きを速め強め、由香利と同時に絶頂へと昇る様にしようと思った。「少し強めますね・・」そう囁いて もう一度由香利の上体と曲げた下肢を抱き、腰の上下動を加速させて行く。「ああっ、好い、好い!こ・・これを待ってたのよ!」喘ぎを強めながら、由香利も途切れがちに返して来た。暫くして・・

「あ、あぁっ、はぁっ・・い・・行くわぁ!好い~っ!」 「お・・俺もです!ゆ・・由香利さん。の・・昇りますぅ~っ!」 ギシギシというベッドの軋(きし)みを伴い、腰の運動が 一際激しくなった後、由香利と前嶋は望み通り ほぼ同時に頂に立った。「あぁ、あぁ、よ・・良かったぁ・・」 まだ息を弾ませながら、途切れがちに呟いた前嶋、又 下の由香利に唇を合わせる。それを察したかの様に、微笑む彼女の方からも唇を寄せて来た。

「さ、次・・行きますね」 そう呟くと、前嶋は一旦整えていた 由香利のウェアのアッパーを、再び下から捲り上げ、これも剥ぎ取る事のなかったブラを もう一度上にずらした。もう行為の終盤だ。大きくはなくも 形の好い胸の双丘の感触を もう一度味わっておきたかった。依然 下方は堅く熱く繋がったままである。

「あぁ、好いなぁ、好いなぁ・・」 何度も繰り返し呟きながら、前は 露わになった由香利の乳房に 舐め回す様な愛撫を執拗に仕掛けた。心行くまで 気の済むまで続けたかった。仕掛けられる由香利も、しつこさの割には不快感がなかった。「続けたかったら、好きにどうぞ・・」という感じが正直な所だった。

「チュッチュッ、チュバッ、ジュルジュル・・」耳障りなレベルには届かない 微かな愛撫音を伴って、数分超の愛撫が続いた。「あぁ、良かった。感謝です・・」 愛撫を区切り、何度目かの接吻(キス)を果たすと、前嶋はこう言った。そして「そろそろ、離れんとたけませんね」 「あ・・ううん。急がなくて良いわよ。貴方さっき『まだ夜は長い』なんて言ってなかった?」 「アハハ、そうでしたか。俺、もう忘れかけてたな。嫌ですね・・」苦笑を伴い、前嶋が返した。暫く後・・

由香利「一晩中繋がってても良いけど、のぞみさん、そろそろ離れる?」 「あぁ、有難うございます。俺もそうしてたいけど、一旦 区切りましょうか」 前嶋はそう返すと、由香利の上に重なっていた上体を起こし、両腕による 美脚への拘束を解除した。組み敷かれ 仰向けに臥した半裸の由香利が、徐々に身体(からだ)の自由を取り戻して行く。後は 下方の「男女の連結」を解くだけだ。その必要を知る前嶋が解除しようとしたその時、自由を得た由香利の両脚が、再び前嶋の腰を捉えた。

「私だって・・」由香利は囁いた。「私だって、名残り惜しいわよ。ね、のぞみさん。もう少しだけ、貴方の腰を味わわせて。それから、ゆっくり離れて・・」 「分かりました。では・・」 気分を察した前嶋は、もう少しだけ迪送行為を続ける事にした。「あぁ、好い気分・・」既に射精を遂げた竿を堅くする様努めながら、彼は再び捉えられた腰を できるだけ強く揺らした。

「有難う。離れても良いわ・・」 優れた笑みを浮かべ、由香利は下方の離脱を許可した。「分かりやした。それじゃ・・」両脚による腰への拘束を解かれた前嶋は、由香利の秘溝からゆっくりと竿を抜き離した。まだ堅く熱いそれは、女の愛液をたっぷりと得て濡れそぼっていた。「凄いな。とても三十路熟女のそれとは思えんわ・・」 その加湿は、前嶋の下草まで濡らすレベル。勿論、由香利自身のそれも 暗めの照明にテラテラと濡れ輝くのが認められた。そして・・

露わになり、男の眼前に晒された秘溝から、発射した夥しい白色(オパール・ホワイト)の男精がゆっくりと流れ下って来た。「もう一度だけ、失礼しますよ・・」 彼はそう言い、秘溝に唇を合わせ、現れた男精を啜(すす)り上げた。「ジュパッ、ジュルジュル~!」秘溝への口唇愛撫(クン二リングス)の時と似た 微かな、しかし耳障りな音が再び聴こえた。

前嶋の 由香利に対するこの後処理は、行為を許された事に対する当然の礼儀のつもりだった。秘溝を一通り清め、嗽(うがい)の為に洗面所に立とうとした彼を、彼女は止めた。「のぞみさん、待って!」 言葉を発せられず 頷いた彼は、しかしどういう意図かを知っていた。「こっちよ、こっち。さぁ、近づいて!」優れた笑みを保つ一方で、有無を言わさぬ迫力を伴って、由香利は前嶋に接吻を促した。そして「分かるわね。貴方のその白い物を、私の中に流し込むの・・」 「驚いた!」内心では思いながら、その指図を従容(しょうよう)と受け入れる前嶋。再び、上体を起こした二人の唇が重なった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR東海道新幹線、名古屋駅西方 庄内川橋梁付近 2018=H30,2 名古屋市内 撮影 筆者
日野皓正さんの今回楽曲「ライフ・トリップ(Life Trip)」下記タイトルです。
Life Trip
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。