FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第27話「返答」

momoka-ogawa2_2.jpg
「お題か。そうか・・」理乃への返信を打ち込みながら、前嶋はそう呟いた。そして「そうだよな。先週末、由香利さんがこちらへお越しってのは、彼女も分かってたんだ。そりゃ、会ったんだろうって事になるわな・・」とも思った。そこで「了解。その辺も含めて、俺が貴女に語れば良い訳ね」と。案の定、返信は「その通り!では、当日は宜しくです」とあった。勿論それは「昼食は、貴方の驕りで」も意味していた。

5/25 土曜は、初夏を思わせる暑い晴天。日中の気温は 30℃超で、多くの店舗や施設が冷房を使い始めていた。理乃と前嶋の待ち合わせ場所、金盛南ビルの階下ロビーも又同じ。「多分、今夜は深い事はないだろう。だからホントの普段着で良いな」そう思った彼は、長袖のアッパーを含め、ジーンズの上下とウォーキング靴の装いで赴いた。予想通り、理乃も下方は前嶋とほぼ同様。「やっぱり、今回はその気なしっと・・」成り行きでそうなれば否定しないつもりだったが、まぁ無理はしない方が・・とも思う彼だった。

土曜日は、飲食店を初め各所が混雑する。早めに、前嶋が予約を入れた和食の馴染み処へ。天ざるを嗜みながら、初めは当たり障りのない映画やラジオ番組などの話題で繋いだ。半時余りで食事を終え、これも前嶋馴染みの古風な喫茶店へと流れた。土曜の昼時とあって、店内はやや混雑してはいたが、二人は何とかゆっくり話せる席に落ち着いた。

平日よりは間をおいて 夏場相応のアイス・コーヒー が二杯現れると、理乃は前嶋に向かい 声をかけた。「先週末の事ですけど・・」 「はい・・」返事を得ると続けた。「由香利さんとは、会われたんでしょ?」 「えぇ、確かにね・・」一呼吸間を置いて、前嶋が返した。「その土曜の午後だったかな・・。まずは彼女の知ってる関係のテニス場でちょいと練習試合をして、夕飯までは一緒だったですよ」 「夕飯ねぇ。でも続きがありそうだな。そうでしょう?」

「うーん、悟られたか・・」前嶋の立場は、一歩難しくなった。「まぁ食事の間は、ラジオ(番組)の事なんかで、結構盛り上がった訳。それからもう一か所寄って 彼女を宿まで送ったんだけど、満腹ごなしに 夕方のテニス試合の復習を少しやろうって事になった訳」 「復習ねぇ。何か訳有りって感じもするけど・・」

前嶋は「あは、やはり食い下がって来るなー。ま、仕方ない・・か」と思いながら続けた。「うん、彼女はここから遠くない、テニス仲間で集まるとこがあって、そこに投宿してた訳。そこで食後のシャワーを借りて、夕方の復習に及んだ訳ですな」 理乃「大体わかった。それでね・・」 前嶋「はい・・」 「テニスと来れば、貴方の大好きなミニコスの事が引っかかるよね」 「あぁ、あはは、そう来たか・・」 「想像がつくわよ。夕方の試合の時からそうだったの?」

「あのさぁ・・」返事の前に、前嶋はそう思った。「確かに見事なミニだったけど、それ言わんといかんかなぁ?」そうは言っても、やんわりと糾す理乃は、どうしても語らないと承知しない様子だった。「仕方がない・・」悟った彼は、次第に全てを語らんと・・という気分に傾きつつあった。「その復習の折に、俺好みのミニコスを披露して下されたね・・」

「アハハ、おめでとう!良かったね」反応した理乃は、心底笑っている様に思われた。その一方、穿って見れば、前嶋から全ての事実を語らせる作戦染みた様なものも感じられた。「さぁ、どう返答するものやら・・」 一呼吸おいて「まぁね。俺の望み通りの装いになって下されたのは、ホント喜ばしかったですね・・」 「ほら、本音が出た!」どうやら、見事に理乃に言質を取られた様だ。

彼女は続けた。「コスの事だけじゃないでしょ。シャワーの後、更に深い事があったんじゃなくって。ここまで喋れば、もう隠してても仕様がないじゃないの」 前嶋「まぁ、そういう事ですね。それなら白状してしまおうか・・」 「そうそう、犯罪の取り調べじゃないけど『吐けば』楽になるわよ」そう言った理乃は、又ニッと笑った。眼鏡顔にしては、優れた美しさだ。

「よし、そういう事なら・・」と、前嶋は居住まいを正した。そして「理乃さん、貴女の知りたがってる、由香利さんと過ごした日、俺は確かに深いとこまで行きました」軽く頭を下げて語った。聞いた理乃は、意外にも笑顔だ。「そぅら来た!やっぱり H(セックス)まで行ったんだね。良かったね!」 「有難うございます。まぁそんなとこでして・・」静かに、しかしバツが悪そうに前嶋が返した。

理乃は、続けて尋ねた。「・・で、色々試したの?」 「試した・・か。ん?何をでしょう?」戸惑った様に前嶋が返すと、急に語気を強めて「トボけんじゃないわよ。試すって言や、体位に決まってるじゃないの。彼女を仰向けにさせて上に重なってする正常位で、最初から最後までイッたんじゃないでしょ。それだったら、貴方随分お間抜けだと思うけど、どうかな?」

聞いた前嶋は「あは、説明不足はご免なさい。でも、そんな事はなかったな。少なくとも 3姿態(ポーズ)は試したかな?」 「ハハ、来た来た。そのお話が聞きたいのよ。さぁ、初めから終わりまでお願いね!」 「あー、分かりやした。それじゃ・・」前嶋は曖昧に返すと、続けた。「まずは正常位。由香利さんが仰向けに臥して、俺が上に重なり 彼女のショーツをゆっくり脱がせて繋がるってアレです。その時に・・」 「うんうん、その時に?」

前嶋「その 最初に正常位で繋がった時、由香利さんが両脚を俺の腰に回して締め付けて来られたの。凄い力でね、俺 一瞬腰骨を折られるんじゃないかって、ちと心配だったですわ」 理乃「うわ!凄いわね。由香利さん、そんなに脚力あるんだ。まぁあの女性(かた)は 学生の頃陸上選手だったっていうから、そりゃあり得ない話じゃないだろうけど」 「そうそう。それで両脚を回されて締め付ける時の感じが、又凄い。上の俺に『もっと腰を上下に揺らしてよ』て催促して来る訳」 「いや、それも凄いわね。俗に『蟹挟み』て言うらしいけど、言われるままに腰を振ったら、暴発しちゃうじゃない?」

前嶋「そう、それです。そのまま動いたら、仰る通りになるから、俺 それだけは嫌だったんです。だからさんざ促されても、ゆっくり動かすスロー・ピストンを厳守してたの。お陰で何とか暴発は免れてね」 理乃「確かに、貴方のスローな動きは、あたしに繋がる時も感じるわ。ゆっくり出入りするの『あっこれ、信念で抑えてるな』てのが、何となく分かるのよ。あたしのサイドじゃ、ゆっくり動く間に昂れるから、とても具合が良いのよね、でも、腰に脚を回して締め付ける技は、あたし初耳だわ。良い事を聞いた!」そして、更に詳しい話を聞かんとして 上体を乗り出して来る。「・・で、他の体位はどうしたの?」 「うん、それをこれから話そうって事で・・」前嶋はこう返すと、もう一度座り直して居住まいを正した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 小川桃果
日野皓正さんの今回楽曲「ブラック・ジャック(Black Jack)」下記タイトルです。
Black Jack
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。