FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第2話「問診」

d432e78f.jpg
女医でもある佐分利学院の養護主任 本荘小町(ほんじょう・こまち)の事は、今までも何度か触れて来た。

年齢は三十代前半。東北地方は某県某所の出身。首都圏の某私大卒。身長160cm強、体重50kg弱で、3サイズは B85cm、W59cm、H86cm位、ブラ٠カップはDと言う所か。髪は黒のロングで、肩下15cm位の長さだろうか。普段は勿論、後ろで纏める格好だ。白衣着用が多くてよくは分らないものの、相当な美脚の様だ。
医師、養護教諭の両免許を保持してはいるが、学院の養護課は、学校教育法の適用を受けないので、授業時間中に常駐しなければならない訳ではない。その為、彼女は週二回、火曜日と金曜日に、学院から近い鵜方病院で、内科、小児科の診療もしていた。つまり、同病院の非常勤医師でもあるのだ。

佐分利学院の学級は、朝方から午後途中までが、主に高卒浪人の受験向けと、小規模だが中卒浪人と、現役を退いた中高年メインの社会人向け学級もある。学院教科の中心となる、小・中・高校生の受験向け講座は午後4時頃から二~四限位。夜間に、社会人向けメインの学級も設けられている。公立学校が休みの土曜は、勿論小・中・高生向けの教科が午前から組まれる。

講師たちはほぼ二交代で、午前からの高卒浪人向け学級などの担任は早朝から夕方前まで。小・中・高生教科の場合は、昼前後から午後9時の、その日の終講後暫くまでと言う勤務形態で、概ね午前7時から午後10時位まで、入れ替わりで多くの生徒や講師たちで賑わっている感じであった。

その様な中にあって、養護主任 小町の一日は、大体午前8時半頃起床して朝食、その席で朝刊に目を通して10時半頃から登院。午後1時頃からの授業開始を見届けて、小一時間の昼食。手当などで最も忙しい夕方前後は、基本 養護室を空けない様心がけていた。

小・中・高生の教科がほぼ終わる午後7時頃に、二度目の食事が小一時間。その後、終講直後の午後9時半頃まで詰め、30分程かけて、N城址から程近い市内居所へ帰宅と言うのが大体の慣例であった。
勿論、鵜方病院の診療がある日は早朝に起き、その間の養護室は代理の保健師がフォローしてくれていた。この場合は、午後2時頃からの登院となるので、引き継ぎや申し送りの為、15分位は早着できる様に調整していた。

医師免許もあり、開業や、病院或いは公立などの学校勤務もできる立場なのだが、小町は、佐分利理事長の熱い希望と、経営役員と言う好待遇もあって、学院の養護主任を請ける事に決めた経緯がある。

5月下旬は、梅雨の前哨の様な曇りや雨がちの日々が、ほぼ一週間は続いた。月末だったろうか。豊(ゆたか)、徹と健(たける)の生徒たちは、平日の毎日午後、学校の後、学力補強と受験対策向けの、学院通いが続く。
月末のこの日、ようやく晴れ間が覗く好天に恵まれ、生徒たちの気持ちも少し軽くなった様な所が見られた様な。夕方から二限の教科を終えた所で、この三人が教室廊下に集まっていた。豊が言った。

「二人、悪いな。俺、ちょっと頭が痛いみたいなんで、この後 本荘先生の所に寄ってから帰るわ。今日は、マクドはつき合えそうにない。好けりゃ二人で行ってくれるか。ご免な」(これは、表向きの理由。実際、目立った症状はなかった)。
健「ありゃりゃ、今度は、豊野さんの具合が良くないですか?」 徹「痛いなら、我慢せずに診てもらった方が好いですね」
豊「有難うよ、そうするわ。特に、健とは今日辺り、ゆっくり話がしたかったんだが」 健「いや、又今度で好いですよ」

「お大事に」別行動となる、二少年の声を背に、豊は「ああ、どうも」と返し、学院の建物上階にある、養護室のドアを叩いた。「失礼します」

「どうぞ」の返事を確かめ中へ。「先生、ちょっと頭が痛いみたいで、宜しくお願いします」
「そうなんだ。困ったわね。とりあえず熱から診るわね」白衣姿の小町、豊の額に手を当て、触診。
熱はない様だ。続いて、口を開けさせて喉の様子も診る。夏風邪の可能性もあるからだ。
こちらも特段異常なし。小町は言った。「多分ね、少し疲れから来てると思う。頭痛薬を二回位出すけど、明日も続く様なら、病院で診てもらった方が好いわね」 「有難うございます。今夜は、大人しくしてないといけませんね」薬を受け取り、問診はひとまず終了。

「さてと」小町が言った。「ねえ豊君、この春から高等科に上がって、やっぱり忙しくなった?」 「そうですね。去年までとはかなり違いまして。同じ気でいると、拙いかな・・なんて思ってる所です」豊、こう返す。
小町「そうかぁ。すると、やっぱり気持ちの余裕とか、段々なくなって来るよね。青春の入り口だから、楽しむ事も、それは必要なんだけどね」 豊「ですよね。それが好い様にできると、本当は嬉しいんですが・・」暫く、こんなやり取りが続いた。そして・・

小町が、ちょっと資料を見に自席を立った時の事だ。書棚を向いたその時、豊はすかさず、師の後ろに寄り添い、白衣越しにもそれと分る、そのくびれたウェストの辺りに、両の手を滑り込ませた。「先生・・好きです・・」
「豊君、慌てないで・・」小町は、拒む様子を見せなかった。が・・「今夜は拙いわ。嫌な訳じゃない。日を改めて、もっと深い所の話をしようよ」 「はい、どうも済みません。ちょっと出過ぎた様ですね。でも、今の気持ちはマジですよ」と豊。

小町「うん、約束するわ。二・三日の内に、君の携帯に、周りから分らない様にメールする。それを待って、又ここへ来てくれる?」
豊「はい、かしこまりました。お言葉を信じて、その通りにしますね」 「きっとよ・・」その言葉と共に、小町は豊の背に腕を回す。
立ったままで二人、それが分っていた様に、唇を重ねる。二・三十秒は続いたろうか。

小町「豊君・・」 「はい」 「今夜は、ここまでにしましょう」 「了解しました。じゃ、ご連絡を待ってって事で。今夜は診て頂き、有難うございました」 「遅いから、気をつけてね」 「はい、先生も、どうかご安全に・・」 豊、こう言って養護室を後にした。
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 上原亜衣
松岡直也さんの今回楽曲「虹のしずく」下記タイトルです。
Drops of Rainbow
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。