FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第29話「企図」

IMG_6162.jpg
理乃とのあらぬ約束のせいもあり「甘い夢」を一つ実現しはしたも、手放しでは喜べぬ心情を残しながら前嶋の 5月は終わった。続く 6月は梅雨の時季。確かに降雨も多かったが、途中には晴れ間の覗く日々も少しはあり、何かムラをも感じさせる季節の移ろいであった。

多くの企業がそうである様に、前嶋の勤務先も 6月下旬は株主総会の時期。忙しい本来業務の合間を縫い、彼も理乃と共に、総会準備にも駆り出され、株主向けの複数の資料準備に当たったりもした。勿論終業も遅めになり、時に日付が替わる寸前の帰宅となる事も珍しくなかった一方、その合間での理乃との会話や接触も普段より多く持てた事が、彼の不満を和らげる作用をしたともいえよう。

その様な状況下でも、第二、第四木曜日の「ラジオ深夜館」は幸か不幸か冒頭から聴取でき、TV番組「WBS」を視る傍ら、芳しからぬ想像を抱きながら、司会進行を担うアンカー・由香利の美声に耳を傾ける夜を過ごしもした。梅雨とあって湿度は徐々に上がって行ったが、まだ夜間は冷房の必要を感じない時季だった。

まずはつつがなく株主総会を乗り切った 6月下旬の第四木曜、雨の夜であった。この日もやや遅く帰った前嶋は、シャワーの後 持ち帰った丼物を少しの酒気を伴い嗜みながら、目は「WBS」、耳は「ラジオ深夜館」に向けていた。勿論、担当アンカーは邑井由香利である。

「いやいや、(大江)麻里子さんに由香利さん、最高のコラボだわ!」 TV画面とオーディオ・スピーカーの両方に注意を払いながら、前嶋は呟いた。「しかしだな・・」そう、己の昂る対象を間違えてはいけない。その対象はあくまで由香利であり、麻里子ではない。「あくまで『もしも』だが・・」彼は想った。「もしも『WBS』の司会が由香利さんだったら、視る目も変わる・・かな」と。

日付が替わり「WBS」の放送が終わると、前嶋は 由香利の「魅惑の」進行に耳を傾けながら SNSでメッセージを送った。「今夜も好い感じですね」で始まる手短かなものだったが、時折彼女は「メールのお便り」という名目で 彼の電文も番組中で取り上げてくれた。この夜も、一方で「ダメモト」とも思いながら送信に及んだのだが、後刻返って来た反応は、少々意外なものだった。

1amを過ぎ、前嶋はベッドに臥してラジオ放送を聞いた。この時間帯は、過去放送された各界人へのインタビュー番組が再放送される事が多かった。この夜も同様だったのだが「少し寝ようかな」と思い 消灯した直後、彼のスマート・ホンに SNS着信があった。知らせに気づき、画面をチェックした前嶋の表情が少しばかり変わった。

「のぞみさん?今夜も聴いてくれてるみたいね。有難う」由香利からのメッセージだ。「ご多忙下の返信有難うございます。そう、しっかり聴いてますよ。番組は良いの?」前嶋、直ちに返信。すると「大丈夫よ。今 1am代の合間で暫く休憩なの。分かるでしょ」 「そうでしたか。尚良いや。少し交信してもよろしいか?」 「手短かなら OKよ。私も、知らせたい事があるしね」 「そちらも感謝です。じゃぁ、お聞きしますから教えて下さい」 「良いわ。少し待って!」

由香利の SNS内容はこうだった。7月第二週の放送後は原則「明け休み」なのだが、前嶋の地元 N支局にての打ち合わせがあり、放送翌日の金曜午後 N市入りの見込みとなった由。翌土曜午後には帰京を要するが、金曜夜なら会えるかも知れないというのだ。「そうか。これは再び仕掛ける好機(チャンス)かも知れんな」 そう受け止める前嶋であった。

その彼、返信で「有難うございます。お話の感じから 直前まで何時頃お会いできるか分からなそうな感じだけど、良いですよ。俺はその夜、予定空けておきますから」 「そうなの。まだ具体的に何時頃かは言えないけど、当日会える様にしてくれると嬉しいわ」 「かしこまりました。叶う様に努めますよ」 「お願いね・・」とひとまず区切られようとして、そうは行かなかった。

由香利は続けた「のぞみさん、それでね・・」 「はい・・」前嶋が返すと 「今夜の放送でも、私の声で昂ったりしてるの?」 「う~ん!」一瞬の唸りを挟んだ後、彼は「まぁ、そうですね。絶対ないとは言えない・・か」と送り返した。それを見た由香利は「ふふ・・」との含み笑いを経て「やっぱり、余りよろしくない想像をしたりする訳ね?」 前嶋「えぇ。まぁゼロではないですね。そんな事を考えながらお聴きする事もありまして・・」ここはまぁ、素直に答えた方が・・とも思う所であった。

由香利「のぞみさん、有難う。私を女として認めてくれてるんだ?」 前嶋「こちらこそ。認めるどころじゃないですよ。女性として敬愛(リスペクト)してるんです!」 「ふふ・・いよいよ良いわね。分かった。じゃあ来月は、そういう予定にしましょう。又近づいたら詳しく詰めるって事でお願いね」 「かしこまりました。俺の方も、できるだけ貴女の都合が前後しても良い様にしますよ」 「了解。それじゃ、又番組が始まるから、この辺でね。履歴は消しておいて!」 「はい、有難うございます。勿論そうします。5amまで頑張って下さい!」 交信ここまで。

「さてと・・」もう 1:30amを回ったが、前嶋は由香利との交信履歴を消去すると、その件を理乃にも送信しておく事にした。「随分遅い。もう休んでるかもだが、まぁ良い。朝方にでも目を通してくれりゃ良い・・」そう思いながら、彼女にも SNS送信。すると意外にも、直ぐに返信が届いた。

「今晩は。昨日もお疲れサマー!」 「悪かったですね。もう休んでた?」 「うん。横にはなってたけど、たまたま目が覚めたとこだから大丈夫よ。メッセージは見たわ」 「有難うです。由香利さん、思ったより早く 又来られるみたいね」 「そうだね・・すると、この前の約束が意外に早く叶うのかな?」 「そうなる様に努力せんとってとこですな」

前嶋「その事だけど、今夜はもう遅いから 又にするけど、彼女、来月の第二金曜は支局の打ち合わせの流れ次第らしいね。まぁ、場合によっては遅くなる・・と」 理乃「あたしは良いわ。何なら全部由香利さんのご都合に合わせたげれば?要はさ・・」 「はい・・」 「のぞみさんと彼女が、あたしの目の前で『好い事』をしてくれれば良しって事よ!」

「分かりやした。貴女はこれまでも色んな事を思い通りにして来たから、今度もきっと上手く行くでしょう!」 些かの揶揄を込めて前嶋が返すと、理乃は「ハハ、そうでもないよ。どうもならなかった事だって、少し位あるしさ。でも、のぞみさんのそうした生態は是非見てみたいなぁ。勿論、お相手の由香利さんもね」 

前嶋「まぁそれ、多分イケるでしょう。もしかして、貴女も彼女に少し悪戯(いたいずら)とかしてみたい訳?」 理乃「まぁ、そんなとこね。今夜も遅いから、その辺の踏み込んだとこは、又 直に会って話をしましょう。今月末の日曜は良いの?」 「OKですよ。そこで決めますか?」 「うんうん。場所と時間は明日にでも・・」どちらからともなく、SNS会話が区切られた。二人の背後には、番組を進める由香利の美声が流れ・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線・ささしまライブ駅北詰。2019=R1,6 名古屋市中村区 撮影 筆者
日野皓正さんの今回楽曲「ゴーイング・フォー・ゴールド(Going for Gold)下記タイトルです。
Going for Gold
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。