FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第30話「計略」

22fb3573.jpg
株主総会、四半期毎の棚卸など 6月下旬の煩わしい本業の事共を、何とか無難にこなした前嶋は、この月最後の二日間 土・日曜日をほぼ平穏に過ごす事が叶った。「ほぼ」と記したのは、初め 6/30日曜のみ会おうと思っていた職場の同僚、理乃が意外にも前日の土曜午後から 彼の居所に投宿したからである。

6/29土曜午後から、金盛副都心で落ち合って映画二本を観終わると もう夕方。前嶋馴染みの和食処で夕食の後、暫しの間ネット・カフェに流れ、一応周囲に気をつけながら、そこから遠くない前嶋の居所に案内したのが 10pm近く。二人一緒のシャワーを経て、彼は初め 理乃と深い行為に及ぶつもりはなかったのだが「今日は安全日なの」の彼女の言葉に、二つ返事で予定変更となった次第。

既に述べたが、前嶋は着衣のままで行為に及ぶ事を好んだ。理乃もそれが分っていて、戸外では 彼のに近いノーマルなアッパーにジーンズ、ウォーキング靴といった地味な装いなるも、一度部屋に入ってシャワーを経ると、前嶋には刺激十分の 白の下着調ミニコスとニーハイのストッキングに着替えて挑発してきた。迎える男も、上方の上シャツはそのままに 下方のトランクスを脱いで「闘い」に備える。

「ハハ、理乃ちゃん。この恰好じゃ、決めん訳にはいけませんなぁ!」表では控え目ながら、内心本音では「万歳三唱!」ものの気持ちを抱く前嶋。「だからぁ、安全日だって言ったでしょ」 完全に挑発モードの理乃であった。スコッチのティーチャーズで寝酒を嗜みながら、彼は甘いコアントロー・リキュールのソーダ割を作ってやり、嗜んで少しく酔った理乃に、じっくりと攻勢を仕掛けて行った。

「あぁ、やっぱり好いわぁ・・」初めの接吻と舌吸い、胸の双丘を狙った手指の愛撫、その答礼ともいえる 下方の竿へのなよやかな手指の攻めを受け、二人は又 昂って行った。「理乃ちゃん、分かるよね。好い事をしながら 来月の『あの事』に備えて話がしたい訳ですよ」 「あぁ、それそれ!その為に今夜は泊まるんだからね」そう言葉を交わすと、既にベッド上で正常位の態勢に入った二人は、上と下で口唇を合わせた。

二度目の挨拶を終えると、前嶋は理乃の肩ストラップを緩め、アッパーを下にずらして露わにした「胸の双丘」に、交互に丁寧な挨拶を見舞った。「チュッ、ジュパッ・・」微かな愛撫音を伴い、色好い左右の乳輪に口唇を合わせて交互に吸い、じっくりと高めて行く。三回程繰り返すと「あ、んん、好い・・」 喘ぎ交じりの呟きが返って来た。

「のぞみさん、聴こえる?」下に組み敷かれた理乃が、声をかけた。「はい、聴こえてますよ」上から前嶋がニッコリした笑顔で応じると 「まだ夜はこれからよ。暫く高め合ってから、あのお話をしましょう」 「OK。意味分かります。そだね、一度高まってから話した方が良いな。ゴムはなしで良い日だよね?」既に分かってはいたが、念の為・・の想いで彼は訊いた。理乃はこっくり頷いて返した。

「よしっ、それじゃ・・」 胸の双丘の愛撫挨拶を区切ると、前嶋はその上に跨り、己の竿が理乃の視界に入る様 中腰の姿勢をとる。「ハハ、今夜も元気ね。お竿(チンポ)で何がしたいの?」 仰向けの姿勢で、理乃が笑って訊いて来る。前嶋「うん。これからちょっと試したい事があってね・・」そう返すと、両の乳房を両手で寄せ、その間に竿を滑り込ませた。

「分かるかな?俗に言う『パイズリ』て奴・・」 前嶋は、己の意図を理乃に説明した。「ハハ、好き者のしそうな事だね。もしかして貴方、その技でイっちゃう訳?」 「イっちゃう・・か。あ、いやいや・・そんな事ありませんよ。この後できりゃ、貴女にちょっとは舐めて欲しいしね」 「ほら、やっぱり。あたしのフェラチオも中々だって事ね」 「その通り!貴女の舌技も素敵だからね」 腰を前後に動かしながら、その様に言葉を継ぐ前嶋だったが、時折の強い刺激に「あっ、あっ、いかん!だ・・出しちゃダメだぁ!」油断すると、不用意に射精しかねない程の快感であった。少しの後・・

「それじゃ、そろそろ・・」呟く様な理乃の言葉に、前嶋が「はい・・」反応した。「貴方のご希望通り、少しだけ舐めてあげるわ」 「あぁ、有難うです。体位入れ替わろうかね」 「うんうん。体位は貴方が下の方が良い?」 「貴女、ずっと下だと疲れるでしょ。俺の上から仕掛けた方が良くね?」 「そういう事なら・・」と、理乃は差し出された右手に掴まると、上体を起こした。

今度は、前嶋が仰向けに臥した 逆騎乗位に近い体位だ。今度は理乃の下方、臀丘と股間の核心が拝める。とは言っても、まだ極小のショーツが着けられたままだ。前嶋はその両端ストラップに両手指をかけ、慎重に下すと左脚を抜けさせ、右脚太腿の辺りに なくさない様残してやった。理乃は直ぐ、前嶋の竿と陰嚢に 交互に口舌を走らせ始めた。「ジュプッ、ジュパッ、ジュルルル・・」些か品性の悪い愛撫音が辺りに聴こえる。それを確かめ、前嶋は理乃の股間に、これも口舌を走らせて答礼した。

「あはぁっ!のぞみさん、上達したね。上手くなったね。あぁぁ~!」 秘溝を攻められた理乃が、思わず喘ぎ声を発した。「貴女もです。理乃ちゃんの舌技は一番だ。由香利さんより上ですぜ~!うぅぅ~っ!」微かな、しかし耳障りな愛撫音を伴い、二人は口舌の技を交互に出し合い 昇って行く。

「理乃ちゃん。モノは相談・・」 攻められ昂らされ、この夜二度目の「暴発」を辛うじて抑え切った前嶋が訊いた。「はい、何?」陰嚢への口舌攻勢を区切った理乃が返すと 「こんな風だけど、合間に話ができるかな?」と続けた。「まぁそれは、貴方次第よ。あたしはいつでもお話できる。でも・・」 「はい・・」 「叶うなら、この後繋がって性交(セックス)のはずだから、その前に少しできると良いね」 「了解、それじゃ・・」ぴったりと顔を着けていた臀丘から離れると、前嶋は言葉を継いだ。

「来月の、例の事だけど・・」 「うんうん。7月の第二金曜夜だよね?」 「そうです。第二金曜の夜、ここへお越しか外泊かってとこだね」 「どっちになるかは、寸前まで分からない・・と」 「そう。だから当日は、俺達二人で夕飯済ませといた方が良いって思うんですよ」 「なる程ね。そして会ったら、なるべくシャワー位で行動開始って事?」 「まぁそんなとこですね。もしかすると、ここになるかもだけど」 「アハハ、ここかぁ。それも良いよね」前嶋の腹上に跨ったまま、理乃は笑顔で応じた。

「今の笑顔、とても素敵だよ」 「有難う。それでね・・」 「はい・・」 「来月の、その夜も あたしがこうして笑える様にして欲しいわ」 「はい・・ですね。そこは鋭意努力します!」笑って返す前嶋に、理乃は「貴方の笑顔も好いよ。そういう時だけは!」と笑顔で続けた。前嶋「ご免ご免!図星までは行かんけど、中々痛いとこ突くなぁ!」返事は苦笑と共にした。「それでね・・」と理乃は続けた。

「由香利さんと貴方が事に及んでる時、あたしは少し悪戯(いたずら)しても良いかしら?」 前嶋「少しなら良いんじゃね?ただ・・」「はい、何?」 「もう知ってると思うけど、大人のおもちゃを使うみたいな露骨な事はしない方が良いかもね」 「まぁ、そこは任せて。あたしにも考えがあるのよ」 「ほう、考えね。そりゃ、当日まで訊かん方がよろしいか?」 「そうしてもらえると嬉しいわ」

前嶋「よしゃ!そういう事で、さっきの続きに戻りやしょう。貴女、今夜は本当にゴムなしで良いの?」 理乃「勿論!今夜は間違いなく安全日。だからこうして、泊ってるんじゃないの」 「そりゃ感謝です。それじゃ、どう繋がろうね?」 「のぞみさん、いつも初めは正常位だよね。なら今夜も、それで行きましょう」 「了解!じゃあ これへ・・」

一旦起き上がった前嶋は、臥していた場所へ理乃を招じ入れ。応じて仰向けに下方を曲げ開いた上に、彼は重なって行く。竿の勃起を確かめ、昂らせて十分に熱くなった秘溝に、亀頭を合わせて行く。肉壁に導かれ、奥で子宮口に達した感触が得られると「う・・あぁぁ・・」低い喘ぎが聴こえた。「繋がったな・・」 確信を持った前嶋は、ゆっくり前後に腰を動かしにかかる。まだ微かな動きで、ベッドの軋む様な音は聴こえない。聴こえるのは 男の腰に両の脚を組付けた女の微かな喘ぎと、二人の息遣い。あぁもう一つ。戸外を濡らす雨音が始まった様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります。)

今回の人物壁紙 小島みなみ
日野皓正さんの今回楽曲「シャンパン・レイン(Champagne Rain)下記タイトルです。
Champagne Rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。