FC2ブログ

記事一覧

レディオ・アンカーの幻影 第37話「交換」

d1802393.jpg
「有難とね・・」浴室から戻った由香利の艶姿は、居間のソファで寛いでいた前嶋の男心を揺らすのに十分であった。彼は 一人でいる間だけのつもりで、学生時分のアルバムを整理していたのだ。そこへ現れた女の姿は、紺色基調の彼好みのフレア・ミニのアンダーを伴う下着調のコス上下。それに同色のニーハイ・ストッキングが合わせられる。膝上から太腿にかけての 20cm近い「絶対領域」が眩しく映える。

「おおっ、素晴らしい!」思わず陸上競技で鍛えられた 締りのある美しい太腿に手を回そうとして、躊躇(ためら)う前嶋。「い・・いかん。勝手に手を伸ばせば ピシャリとやられるだろう。隣室の理乃に悟られても拙いしな・・」 間一髪で思い留まった彼は言った。「いや、今夜も由香利さんのボディ・ラインは素敵ですね」 由香利「相変わらず上手い褒め方じゃないけど、有難う。貴方はこういうのが嬉しいんでしょ?」 「仰る通り。洗い髪も魅力ですわ!」

「でも・・」今度は由香利が呟く。「はい・・」前嶋の返事を得ると、続けた。「今、私の脚に触ろうとしたでしょ?」 「ご免なさい。確かに・・」 「ちょっとなら良いわよ。ただね・・」 「感謝です。聞こえますよ」 「もしそうなら、叩いてもいい?」 「あは・・ピシャリ!てですか?」 「そうそう・・」

「よしっ、それじゃ・・」由香利の呟きを受け、前嶋は前に立つ由香利の脚から太腿にかけ、両の手でスウッと 膝の辺りから太腿にかけて撫で上げる。二度目の愛撫で「こらッ・・」短い𠮟声と共に「ピシャッ!」と軽い平手が 前嶋の左腕を捉えた。「おおっ、来たっ!」まぁ半分は、彼の望みだったと言えようか。由香利もそれが分っていて、わざと軽めにしたのだった。だからそう痛みは感じなかった。

由香利「ご免ね。痛かった?」 前嶋「あ、いやいや。気になさらんで下さい。痛いったって、大した事ありません。例えば蚊に刺されたレベルですよ」返す前嶋は笑顔だ。それを一瞥した由香利、続けた。「でも気をつけた方が良いわ。今の蚊は、これまでと違う感染症の病原を持ってるかも知れないわ」 「ご心配感謝です。確かにそう言われりゃそうですね」 「今は良いけど、電気蚊取り器とかあるの?」 「ありますよ。俺、電気通すの嫌だから、昔からある蚊取り線香を使うんです」

「ハハ、やっぱり・・」聞いた由香利は優れた笑顔。「のぞみさんって、ちょっと懐古(レトロ)っぽいとこがあるから、聞いてみたかったの。ああいう古っぽい道具(ツール)って、他にも色々好きなのがあるでしょ?」 前嶋「ええ、ありますね。他と言えば、俺の実家はここより東の三河地方なんですが、今でも井戸を使っていますからね。後、自慢じゃないけど 俺、今もナイフで鉛筆を削れますから・・」

「ああ、そうなの。それはある意味で凄いわね」由香利はそう反応した。そして「まぁ、お話が脇道にそれちゃったわね。今は何、アルバムの整理かしら?」 前嶋「そうです。今夜偶然 収納の隅から出て来たんで、貴女がシャワーの間に ちょっと整理を・・なんて思ったんですよ」 「ふぅん。ちょっと見て良いかしら?」 「えぇ、どうぞ。但しね・・」 「はい・・」 「ソファの上で、できれば膝を立ててお願いできると嬉しいですね」

「まぁ、嫌らしい!」と、由香利の呟き。しかし直ぐに思い直し「まぁ良いわ。つまり、私が貴方のアルバムを見る間、私の股間が見たいって事でしょ?」 「えぇ、まぁ・・」 「はっきり仰いよ。私は良いわ。貴方だって 本当は昔の写真を見られたくないだろうから、私のアソコと交換にしましょう。それで良いでしょ?」 「大感謝!同意です」

こうして由香利と前嶋は、座り位置を替わった。長手ソファの中程に立膝でしゃがんだ由香利が、眼前でアルバムを開き、見入っている。左脚を大きく曲げ、右足先をやや前方に出す姿態の為、フレア・ミニ奥の股間がよく臨める。「好いなぁ!」そう呟き、前嶋は由香利の右太腿にグッと顔を近づけ、股間を覗き込む。望み通りの露わなのか、それとも極小のショーツでも着けているのか、その辺りは定かではないが 曲線を帯びた臀丘から太腿にかけての流れは締りが良く、たまらなく艶めかしかった。

「ご免なさい。又、触りたくなっちゃった・・」前嶋はそう呟いた。由香利「仕様がないけど、まぁ良いわ。股間を攻めるんでなければ OKよ」 「感謝です。では・・」言葉を区切ると、前嶋は又 魅惑の曲線と太腿の間に、己の手指を往来させ始めた。「あは、貴方もこんな時代があったんだね。今みたいな貫禄はないけど、中々可愛いじゃないの」 「そう見て下さりゃ、有難いです」 「ふふ、貴方の愛撫も中々よ。あぁ、好いわぁ・・」由香利の呟きに、次第に喘ぎが混じる様に聴こえて来た。

「由香利さん、ちとお願いが・・」前嶋が、囁く様に言った。「うん、何かしら。今夜は、大抵の無理は聞くわよ」由香利が返すと 「今度はね、ソファで四つん這いみたいな恰好で 見てやって欲しいんです。そうすれば・・」 「うん。分かるわよ。そうして私がお尻を突き上げれば、貴方が後ろからじっくり眺められるもんね。それも嫌らしいけど、悪くはないわね」 「はい、有難うございます!」由香利は姿勢を変え、一度腹這いになって臀部を大きく突き上げる。フレア・アンダーから覗く下半身は露わではなく、極小の「T」を着けていた。「うん、これも好い!」突き出された臀丘の後ろに滑り込み、前嶋はその締まった丸みを飽く事なく撫で回した。由香利の喘ぎが、徐々に熱を帯びて来た様だ。

「まだ暫く、ご覧になりますか?」アルバム閲覧が区切られそうなのを見て、前嶋が言った。由香利「うん。一通り見せてもらったわ。有難と。そろそろ、貴方と隣どうしで高まりたいわね・・」 「俺は良いですよ。始めますか?」 「えぇ・・」艶やかな反応をみた前嶋は、由香利の右隣に座り、やや強引に唇を奪いにかかった。「うっ、んん・・でも好いわ。それ位、強く出て良いのよ」 「・・ですね」

舌技をも交えた、濃い接吻(キス)が数分間は続いた。「い・・好いですねぇ、こういう濃い奴。も・・もう少し貴女の舌を吸ってても良いですか?」 「私は良いわ。丁寧に味わってくれるなら・・」 「勿論・・」 囁きが区切られると、由香利は直ぐに 舌を前嶋の口内に押し入れた。「来たッ!」入って来た舌を、慈しむ一方で貪る様に 暫し吸い続ける。暫く後「今度は、貴方のも頂戴・・」 「はい、只今・・」今度は、前嶋が舌を由香利の口内へ。交互の吸い合いが数回は続いた。その間に由香利のアッパーを吊るストラップが緩められ、形の好い胸の双丘が露わになった。

「忘れん内に・・」前嶋が、呟く様に声をかけた。そして「貴女の乳房(おっぱい)にご挨拶しとかんといけませんね」 聞いた由香利は
そう・・そうよ。貴方は黙ってりゃ、お尻ばっかり攻めるんだもの。それは不満だわ!」 「どーも済みません!一度火がつくと下半身ばかりに関心が行っちゃって。これは気をつけんといけませんで」 「分かれば良いのよ。さ・・始めて」 「かしこまってござります・・」そう返した前嶋は、薄暗い照明に映える 胸の谷間に顔を埋めて行った。

「クチュッ、ジュパジュパッ・・」微かな愛撫の音を伴い、前嶋はこれまでにも増して 由香利の胸周りを丁寧に舐め回した。隣室に控える理乃の合流を間近に控え、少しでも由香利の気分を高めておく必要があったのだ。「あっ、はぁっ!ふうっ!」彼女の喘ぎも、次第に高まって来る感じだ。上体に回した両の手指が、徐々に女の下方に照準を合わせて行く。攻めの準備を進めながら、前嶋は 頭の片隅で理乃を呼ぶタイミングを計算していた。少しの後「そろそろだな・・」と、上気し始めた由香利の身体から、一瞬手指を離し、己のスマート・フォンを探る。手にすると、素早く SNSを送った。「理乃ちゃん、そろそろだ・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 西野小春
日野皓正さんの今回楽曲「ミワ・ヤマ(Miwa Yama)→ヤワ・ミワは誤りの模様」下記タイトルです。
Miwa Yama
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。