FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第12話「検討」

360afb72.jpg
この日の就活を区切り、金盛副都心近くの 伯父の不動産事務所に赴いたのは 5pm近かった。既に前振りはしてあったのだが、正装のままの黒木は伯父に、己の居所も入る高層マンションのモデル・ルームを麗海に案内する為の段取りをしていた。「彼女、名目は住むって事だよな?」 「そうです。それで住民票も移す様な事を言ってましたからね」 黒木は、そう返した。

「まぁよ、N市内の住人で、住むのがメインで電話やネットの連絡程度なら、なら別に移さなくても良いんだけどな・・」と伯父。聞いた黒木は「あぁ、なる程ね。まぁ、そのレベルでしょう。それ この後、彼女にも伝えておくべきかな・・」 「まあ平(麗海)さん次第だが、黙っとくよりは良いだろうな・・」 そうこうする内「今日は。宜しくお願いしまぁ~す!」明るい女声が背後に聴こえた。

「お~、いらっしゃいませ!お待ちしてました!」直ちに伯父と共に振り返った黒木、一声と共に最敬礼をした。「恆(ひさし)、遠くないけど、車空いてるから乗ってくか?」伯父に訊かれた彼は「あぁ、有難い。そいじゃ、乗って行きます」と応じ。「駐車場の番号は分かってるな。EVからはちと遠いが、奥の方の〇×番な」 「分かりました。済んだら一度返しに来ないとね・・」 「いや、明日午前で良い。お前、例の列車の写真撮りしてから来るんだろ?それからで良いよ」 「有難うございます。じゃあ、その時に・・」

この日の用件は、麗海にモデル・ルームを見せるだけで直退を許された訳だが、この事がその後、ちょっと波紋を呼ぶ事になる。「じゃあ、行きましょうか・・」伯父を交えて簡単な打ち合わせを終え、冷茶を飲み干した黒木は 麗海を促して社用車のトヨタ・サクシードで居所へと戻る形となった。

地階に二層ある駐車場の深い方の所定位置に車を停め、EVで上階へ。解錠して足を踏み入れるモデル・ルームは黒木の住む 7Fから更に上方の 10F。向きは同じ東だった。「うんうん。ここからだと眺めも中々だね・・」 麗海の第一印象は、悪くなさそうだ。「有難うです。そうだね、ここは晴れれば朝陽がよく入りますよ」 己の住む直上だけに、黒木の説明にも少し余裕があった。

「所で・・」彼は続けた。「広さがちと気になってたんだけど、それは良いですか?」 聞いた麗海「えぇ、まぁ不足はないわね。あたしが扱う商品は、アクセサリーが主だから そんなに場所を取る事はないの。モノによっては、在庫を持たずに仕入先→お客さん宛て直送ってのも有りだからね」 「あぁ、そうなの。物流(ロジスティクス)の事は余り知らないけど、今は直送するケースって、結構多いみたいね」 「そうですよ。そういうのをなるべく増やすと、在庫を抑える事もできるしね」 暫しの間、麗海の仕事の話が続いた。

若干の家具やソファなとが配されるだけの、広めに見えるモデル・ルームの東側窓際に再び戻った麗海の黒木は、又夕闇迫るバルコニーに出ていた。既に通りを行き交う車列は、前後の灯火を入れている。黒木は、上階からのこの眺めも好きだった。「結論は急ぎません。ゆっくり時間を取ってご検討を。遅くなるといかんから、そろそろ送らんといけませんね」黒木のこの言葉を遮る様に、麗海が反応した。

「だと思うでしょ。違うんだな、それが・・。あたし、今夜は帰る必要がない様にしてきたのよ」 黒木「ありゃりゃ、そういう事か。じゃあこれから一緒に飲めるって事だよね」 「そうそう・・」 「分りやした。そういう事なら・・」言葉を区切った黒木はスマート・フォンを取り出し、麗海を伴って行く為の酒食処を探しにかかった。そこへ又、彼女が割って入った。

「ところでさぁ、黒木さん・・」 「はい・・」 「このお部屋って、もう電気やガスとか水道は来てるの?」 「はい、ガスは停まってるけど、電気と水道なら通ってますよ。お湯は電気温水器でって事で・・」 「ふふ、なる程。ねぇ、所で・・」 「はい・・」返事が半ばの内に、麗海がぐっと近寄って来た。「わわっ、まさか・・!」

「ねぇ、黒木さん・・じゃなくて、恆(ひさし)さん・・」 そう出てきた麗海の距離は、もう吐息が吹きかかる程至近だった。そして「途中まででも良いからさぁ、あの事がしたいわ・・」 「!・・」こんな言葉を聴けば、黒木も悪い気のするはずがなかった。「あったら良いな」の正にそれが現(うつつ)になり始めているのである。「麗海さん、ホント嬉しいけどさ・・」黒木はそう返すと「ちょっと、顔洗っていい?」 展開は分かっていた。汗と脂が浮いたままの面では、この後のなりゆきが ちと失礼かとも思ったのだ。

「良いわ。洗っといでよ・・」そう返す麗海の言葉は、些かぶっきらぼうだった。「ま、それは良い。許す・・」そう思いながら、黒木は出窓の所を一度外すと、素早く洗顔して戻る。「好いわぁ、綺麗好きなんだね・・」 そう呟きながら、麗海は黒木に唇をゆっくり寄せて来た。「宥海ちゃん、一度だけ、ご免・・」 そうは思いながら 黒木、行為の方は麗海のそれを素直に受け入れ、唇を合わせて行く。本音では望んでいる「姉妹味比べ」に又一歩近づいた瞬間であった。麗海は、更に続く行為に入りたい風情だったが、黒木はそれは認めたくなかった。「この先の事は、場所を替えましょう・・」促すと、唇を重ねたまま、麗海は頷いた様だった。

数分に近い 深く濃い接吻(キス)が区切られた。黒木は「金盛副都心辺りは、どの店もまだ余裕みたいだけど、どこか行きたいとこはありますか?」 念の為訊くと、麗海は「お店も良いけど、あたし 今夜は内飲みがしたいわ」と来た。「内飲み・・ですか。どこで?」の問いには 「嫌だわ。場所は勿論、貴方のとこよ・・」 「俺んちか。そうか、分かった・・」 意外や意外、麗海は、黒木の居所での酒食を望んだのだ。

「そういう事なら・・」 黒木は気分を変えた。「落ち着く前に、ちと買い物に行きますかな。少し補充したい食材もあるしね」 「それ良いわね。お店は近所なの?」 「ええ。量が多けりゃ車の方が都合好いけど、少なければ歩いても良いかな」 「近そうだから歩こうか。今夜は雨じゃないしさ・・」 「了解、そうしやしょう・・」

黒木の居所から、宥海の出入りする TV局とは反対方向へ数分も歩くと、大手系の商業施設に達する。夕刻で賑わう店内で、麗海と黒木は手早く買い物を進めた。普段は飲む機会のない赤ワインや、その佳き相手のチーズが何種か。セロリや胡瓜、人参などの野菜やフランス・パン、ロースト・ビーフやツナ・サラダなどなど。居所へ戻ると、黒木が準備を進める間に、麗海が先に入浴・・と言ってもシャワーだけだが。

「お先に・・」小半時程して、浴室を出たらしい麗海に声をかけられた黒木は、居所に落ち着いた彼女の様子を確かめる事なく浴室へ。洗髪やボディ洗いを進めながら、一方では彼女の痴態を想像したりもして。「いやいかん!それは酒食が終わってからだろ・・」そう己に言い聞かせながらのシャワー。それを区切ると、トレーナー上下に着替えて、再び厨房(キッチン)へ。そこで見たものは・・。

「勝手にいじるのも何かとは思ったけどね・・」 居間から立ってきた麗海が、黒木の大皿へ 冷製の料理を盛り付けている所・・は良かったが、装いを見て昂奮したのも事実だった。「麗海さん、そういうのも似合ってるなぁ・・」感嘆する黒木に「ふふ・・こういうの好いでしょう。後ろで見てるのも退屈しなくてさ」 「そうですね・・例えばこうして、しゃがんで見上げると・・あぁ、昂奮しちゃうなぁ!」 「あは、もうその気なんだ。下の方も熱いでしょ?」 「は・・はい。そりゃもう・・」そう返した黒木、更に「そうです。私が、スケベな男です!」と、志村けんに似た台詞を発するのであった。
(つづく 本稿はフィクションであります。喜劇俳優・志村けんさんは今春逝去されました。改めて、ご冥福をお祈り致します)

今回の人物壁紙 三田羽衣
今回の「音」リンク 「ユァ・アズ・ライト・アズ・レイン (You're as Righit as Rain)」 by Bob James (下記タイトルです)
You're as Right as Rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。