FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第15話「指戯」

07367916.jpg
「好いぞぉ・・正にルビーだな、これは・・」照明を落とした居間のソファ上に、両の脚を曲げ開いて仰向けに臥した麗海(れいみ)の下方「核心部分」を押し開きながら、黒木はつくづく感心した様に呟いた。右手の親指から中指にかけての三本に、事務作業向けの所謂「指サック」を着け、これから彼女の秘溝に押し入ろうという魂胆だった。勿論、その合間に秘溝から漏れる芳香も愛でるのだ。

「あぁ・・」喘ぎ交じりに麗海が言った。「恆(ひさし)さん、あたしの中に指入れようとしてるね・・」 黒木「あは、読まれてたか。確かにね。でも、これだけは信じて」 「はい、何?」 「ほら、これ。指サックして入れるから、安心してて欲しいな」 「分かった。そういう事なら。でも・・」 「はい・・」 「お願いだから、指だけで頂上に昇らせるる事はしないでね」 「分かりやした。それは約束しまぁ~す!」 「必ずよ」

そう応じると、黒木は左手指で大陰唇を押し開き、現れた朱の秘溝に、指サックを着けた右手指を「スウ~ッ」と、陰裂の走る方向に沿ってなぞって行った。直ぐに湿度が上がり、多少の粘性を持った透明な秘液が滲んでくるのが分った。「さぁ、もう一度接吻(キス)を・・」心でそう呟きながら、吸い付く様に 秘溝に唇を押し付けて行った。

「あっ、あっ、ふっ、はぁぁっ!」唇に続き 舌を秘溝に挿し込まれた麗海が、又喘ぎ始めた。その声を聴いただけで、一服していた黒木の竿(男根)が 目覚めた様に礼儀を正した。既にトレーナーの下方を脱いでいて、竿の様子は一見して分かった。「いや、まだだ・・」はやる気持ちを抑え、黒木は己に言い聞かせた。「それは最後な。今はまだ、彼女の秘溝の中を、一定掻き回した後でするんだ・・」微かに漏れてくる芳香を確かめながら、そう呟いた。

「もしかして、処女・・?」そんな想いも、黒木の脳裏を過った。事実なら、指を一定の深さまで挿し入れると 途中で大きな抵抗があるだろう事は予測できた。「・・だとすれば」彼は思った。「今夜の収奪は、見合わせる線もあり・・か」尤も下方の竿は既に猛り立っているし「よくまぁ、そんな冷静な思考ができるな・・」などと我ながら可笑しくなるのも事実だった。

指での愛撫を数分間程も施されると、麗海の股間は随分多湿になった。秘液は更に滲出の度を増し、仰向けの臀丘の下に僅かに見える、メイド・コスのフレア・アンダーの裾辺りを濡らし始めた。「うんうん、好いぞ好いぞ」その様が、黒木には反って好ましく見えた。「麗海ちゃん、気にしなくて良い。何ならソファの座面まで濡らして構わないんだぜ・・」

外周から秘溝を撫で回す手指が、時々「ズボッ!」という感じで、秘溝の間にめり込む様になった。更に奥へと挿し込む頃合いをみていた黒木「そろそろだな・・」と、まずは指サックを着けた人差し指を「ズズ・・」という感じで滑らせて行く。「あっ、ふうっ!」すかさず麗海も、喘ぎで応じる。「随分敏感だ。ひょっとすると・・」黒木の半信半疑が続いた。

少しおくと、秘溝に挿し入れた人差し指に加え、同じく指サックを冠った中指も 愛撫の合間をみて滑り込ませる、「よしよし、二本入った。まずは指入れ成功・・かな」リズミカルに秘溝に出入りを繰り返す 右手指二本を追いながら、黒木は呟いた。秘液の滲出は更に続き、途中まで見える二本の指腹と、朱の秘溝の周りに薄く生える下草まで、はっきりと濡らしていた。

麗海「あはぁっ!ひ、恆さん・・!」 黒木「はいはい、聞いてますよ。続けて・・」 「あたし不安なの。このまま指でイカされるなんて嫌!そろそろ繋いで!」 「うんうん、そりゃ分かる。もう少し待ってくれないかな?」 「早くして欲しいわ。あたしはもう、あぁ・・!」 「分かった分かった・・」と一方で呟きながら、黒木は麗海の下方に挿し込んだ指先が 奥で何となく抵抗を拾うのを感じ取っていた。

「迷うなぁ、やっぱり処女だよ。彼女・・」先程から右手指二本を秘溝に挿し込み、掻き回し続けて得た感触。その行為が、次第に黒木の脳裏に「麗海は処女」の想いを確信へと押し上げ始めていた。「さて・・」濡れる秘溝からゆっくり指を抜き離し、一呼吸した彼は呟いた。「このまま奪うか、それとも今夜は引き返すか・・」

「接続」は簡単だった。既に欲情は上限に達している。ついでに言えば、宥海と交わった時同様 ゴムも携えており、直ぐ装着できる状態だ。「ただ・・」 「さっきの抵抗ある感触は、俺も初めてでよく分らんが、多分処女・・間違いないと思うな・・」そう思った時、下の麗海が声をかけた。

「恆さん・・」 「はい・・」 「何を迷ってるの。早く繋いでよ。今までさんざ あたしの中を指で掻き回したじゃないの。このまま終わりなんて、逃げる様なもんだわ」 「あぁご免。そんなつもりじゃなかったんだ、なら、熱い内に次行こうかな・・」 「そうそう、それよそれ・・」

既に、麗海が竿をしゃぶってくれてから半時以上が経っている。そう「鉄は熱い内に打て」とは、黒木が己に向かって言う諺のはずではないか。「よし分かった。そういう事なら・・」もうこのまま、ソファ上で行為を続ける方が良さそうだ。「ならば・・」と、一瞬麗海の視線がそれた所で、彼は竿にゴムを装着するつもりだった。「なるべくなら、気がつかれぬ内に・・」と、小さい分封を開けようとした瞬間、横から白い手指が延びてきて、遮った。「それ、しなくて良いわよ・・」


思いの他冷静な、麗海の声が聴こえた。「本当に?信じても良いの?」今度は、黒木の納得が行かなくなった風だ。一瞬手を止め 訝る彼に麗海が言った。「今夜は大丈夫。信じて!」 「分かった。そういう事なら・・」これで、黒木も決心できた様だ。後は迷わず、麗海の下方に繋がって行くだけだ。

依然として仰向けに臥す麗海の両の脚を抱えて曲げ開くと、その足先を高々と上向きにして、黒木は股間へと進んだ。そして「じゃあ、繋ぐよ・・」と一言、膝立ちの姿態(ポーズ)で亀頭を秘溝に着け「よしっ、この位置だ!」確信を得て、更にゆっくりと中へ滑り込ませ始めた。「あっ、ふうっ・・!」軽い喘ぎに出迎えられ、亀頭が全て陰唇に吸い込まれた所で、やはり先端が何かに突き当たった様な抵抗を感じた。「やはりそうだ・・」彼は一瞬 腰の前進を止め、呼吸を整えた。「このまま 繋がるべきか、それとも引き返すべきか・・」

繋がりを得た初め、黒木は亀頭だけを秘溝に繋ぎ、されを小刻みに前後動させながら愉悦を引き寄せようとした。やはり途中まで送り込むと、先端に抵抗が感じられた。「やはり、処女みたい・・」なるべくなら、陰唇に近い肉壁に亀頭を擦りつけて昇り、膣外で射精・・てのが理想かも、などと思い始めていた。勿論この繋がりは不確かだ。油断すれば、亀頭が秘溝から外れてしまう。慎重に腰を揺らしたつもりだったが「やはり」その心配が付き纏う。何度目かのグラインドで、それが現実になった。

「麗海さん・・」黒木が呼びかけた。麗海「何?貴方の動きって、何か浅い気がするんだけど・・」 「ちょっとね、用心してるんだ。ズバリ言うけど、貴女って、もしかして処女なんじゃないかって気があってね」 「それがどうしたの。気になんかしなくて良いわよ。あたしは、もしそうだとしても、後悔なんかしてない」 「ホントに?」 「勿論!」 「そうか、分かった・・」それを聞いた黒木は、更に腰の動きを強める決心ができた。そして、実行・・「あっ、ひいっ、ふぅぅ~っ!」降り続く雨に乗るかの様に、明らかに 先程より大きく甲高い喘ぎ聴こえた。どうやら、破瓜の様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 園田みおん
今回の「音」リンク 「雨の景(かげ)」 by高中正義(下記タイトルです)
Ame no Kage
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。