FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第20話「趣向」

ec282a5c.jpg
「いやぁ、やっぱり好いよ。これ~・・」図った様に、黒い薄手のフレア・ミニコスに着替えた宥海の姿は、正に黒木にとっての「理想のエロ」だった。ソファに並んで座り、襟元から挿し込んだ右手で 日中から通しで着けるブラをずらし、露わな胸の双丘を弄ぶ間にも、視線は下方の美脚、所謂「絶対領域」に囚われがちだった。

「下の方も気になるけど・・」双丘を片側ずつ 交互にスリスリとやりながら、黒木は呟いた。「宥海さんの乳房(おっぱい)の感触も好い感じだわ。よしゃ、今夜はじっくり丁寧に味わわせてもらおうか・・」しつこいとは思いながら、この夜の彼は これまで以上に入念に、胸への愛撫も施した。合間に開かれた上腕の陰には、薄い腋毛も認められた。これが又 好い感じだ。

「あぁ、好いわ・・」時折軽く掴まれる様な出方を交え、胸への緩いマッサージの攻めを受けた宥海は、喘ぎ交じりの反応を見せる。そして「嬉しいね。これまでで一番丁寧だわ」 聞いた黒木は「ハハ、有難うです。そうだね・・俺、お尻の方が気になって、胸の方のお触りが雑だった気がするの。これつまり『反省』て事ですよ」 「ふふ、嫌らしい『反省』ね。実行したら一段と『H』になるって事よ。いや、危ない・・かな」 「それは大丈夫。俺は決して危なくなる出方はしないからね」 これを聞いた宥海は頷いて返した。ここは黒木を信じようと思ったのだ。

「じゃあ、次ね・・」ずらしていたブラを一旦戻し、10分間超の 胸への愛撫を区切った黒木は、軽い接吻(キス)を経て言った。「これから少し、下の感触(フィール)を確かめようと思うのね」 「ハハ・・今夜は一歩ずつ、嫌らしい度合を進めるって寸法ね。貴方にそんな余裕があるのかないのか、よく分からないけど・・」ほんの少し挑発する感じで、宥海が応じた。黒木「そうです。今夜はね、焦らずに徐々に昇って行こうかな・・なぁんて」 「何となく分かるわ。あたしも本当はその方が好いの。でも、貴方の下方は随分帯熱(ヒート)してるんじゃないかしら?」そう言って指差す先のボクサー・パンツは明らかに盛り上がっていた。

「ハハ、誤魔化せないね。でも大丈夫。それ位は持たせられるから・・黒木はそう続けると、今度は右腕を宥海の腰辺りに回し、左手指をフレア・アンダーの下に滑るが如く侵入させる。サスペンダー型のパンスト越しに膝から太腿にかけて撫で回し、次いで「モノの弾み」を装って、フレア・アンダーの中へと手を滑り込ます。「嫌らしいわね!」宥海の、少し鋭い一声。そして「今、わざと手を入れたでしょ?」

「ご免。分かるかな?」股間まで挿し入れていた手指を一旦緩め、笑顔の黒木は宥海と目を合わせ、一度「ペコリ」と謝罪の風情。見た宥海は「分かれば良いの。嫌らしいけど嫌じゃない。さぁ、続けたいてしょ?」 「そーですねー。悪い、それが本音ですぅ・・」もう一度会釈した黒木は、又 左手指をフレア・アンダーの下に滑り込ませ、太腿から股間の辺りに摩りを見舞った。暫く続けていると、宥海「あっ・・もういいわ。貴方から中身がよく見える様にしたげるから・・」喘ぎ交じりにそう言って、股間を狙う左手を押し戻した。

「さぁ 恆(ひさし)さん」 シャワーの後は妖艶な下し髪に変えた宥海はそう言うと、黒木の左手を排した両の膝を持ち上げて M字型に開き、両足先をソファの縁に乗せて フレア・アンダーの奥が覗き易い様にしてやるのだった。「おー、素晴らしい。M字開脚、キター!」黒木はもう、狂喜していた。いきなり「グッ」と上体を屈めると、開かれた太腿から股間へと 顔を近づけて行った。

「いやぁ、好いよ~。素晴らしいよ~!この『T』の食い込み、絶対に忘れられんわ。立ち上る芳香も堪んないなぁ~!」 劇場の幕の様に開かれたフレア・アンダーから覗いた太腿と、申し訳程度に秘溝に食い込んだ Tバック、当然の様に誇らしく露わにされた白い臀丘は、正に黒木にとり至高の「エロ」だった。彼の鼻先と、僅かな布を纏った股間は本当に密着せんばかりの至近距離だ。

「構わん。始めるか・・」ひとしきり 股間の芳香を愛でた黒木は、今度はそこへ唇を寄せて行った。気分はもう、炎の様に昇り始めていた。何度か 音もなく接吻を経て、口舌でショーツ越しに股間を舐め回し始めた。直に秘溝を責める「クン二リングス」も楽しみであったが、それはもう少し後にする事にしたのだ。少し愛撫が進むと「あぁ・・」 宥海は、甘い喘ぎで応えてくれた。

「ねぇ、恆さん・・」合間に彼女の声がかかる。「はい・・」短く返すと 「今夜は、随分変わった出方ね。ショーツ越しに舐めるのって、そんなに昂奮する?」 「ご免ご免。俺的には随分高まるんですよ。でも余り、しつこくない方が良い・・かな?」 「うん。あたしは好い感じに刺激されて それは良いけど、貴方は更に昂ってるじゃないかなって。それに狡いわよ。そろそろあたしにも、悪戯させてよ」 「あぁ悪戯ね。何となく分かるな。場所はここで良いの?」 「良いわよ。あたしと入れ替わって、普通に座って・・」

これを聞いた黒木は、宥海の意図を直ぐに理解した。つまり彼女は、竿を愛撫したかったのだ。「つまり、フェラチオって事ね。分かった・・」促されるまま、彼は入れ替わりに着座する。そして、アンダーの前開きから竿を露出しようとするのを止められた。「あ、ダメ!気を遣わなくて良いの。それ、あたしがするのが面白いんだからね」 「そういう事なら・・」そう返した彼は、この愛撫の局面(フェーズ)を 全て宥海に任せる事にした。

「さぁ、出ておいで・・」 緩い下方の前開きに、宥海の白いなよやかな右手指が侵入し、返しで浅黒い 僅かに小ぶりな竿(男根)を外に連れ出す。「美女への礼儀」を主張するかの様に、それは既に怒張し 堅さを守っている。「ふふ、今夜も好いわぁ・・」少し薄気味悪さを帯びた微笑を見せた宥海は、亀頭から軸、濃いめの下草を纏う陰嚢へと 摩りの手指を走らせる。「ゆ、宥海さん・・上手だ。この前より進歩してる。お、俺は・・あ、あぁぁ」程好い刺激に、黒木は堪らず射精しそうになった。

「恆さん・・」 昂る黒木の様を見透かした様に、宥海が言った。「我慢しないで、このまま発射オーライよ」 「いや、ち・・ちょっと待ったぁ~!」聞いた黒木は、ギリギリの所で踏み留まっている。既に「ジュパッ」とか「ジュルル・・」などと耳障りな愛撫音を立て進むフェラチオの前に、彼の竿はかなりの透明な我慢汁を発している。「ふふふ・・」一旦その口舌から竿を解放した宥海は、嬉々として濡れて屹立する亀頭を眺めてこう言った。「何かね、お竿があたしのお口の中で嬉し泣きしてる感じなの。ほら、こんなに涙を流してるわ・・」 「あぁ、涙ね・・」聞いた黒木は、思わず苦笑してしまった。そして「それも悪いね。もしかして、涙を流す場所 間違えたかな?」

「あは、そう言われりゃそうかも・・」宥海は、遂に弾ける様な笑顔を見せた。そして「このお竿の涙、もしかして あたしの『女』に繋いでから流すものかも知れないわね。本当は・・」聞いた黒木は、目の覚める思いがした。 「そうか、そういう受け止めがあったか!」本当に「目から鱗」の気持ちになったものだ。

数度に亘り 昂らされるも辛うじて「寸止め」で暴発を免れた黒木であった。宥海の口唇愛撫(フェラチオ)は これまでにない濃厚で巧妙なもの。前回の様な粗い所が影を潜め、気を緩めていると 本当に射精しかねない程の昂奮をもたらすものになっていた。

「ホント、彼女は向上心が高いな。仕事や勉強もだろうが、性技にも抜かりがない。俺の『こうして欲しい』てとこの殆どを察知してるんじゃないか。嬉しい。でもちょっと気味が悪かったりして・・」 そう思いながらも 彼は更に高みへと押し上げられて行く。「そ、そろそろ・・彼女にお返しせんといかん。さっきの続き、口唇愛撫(クン二リングス)だ。さて彼女、場所はどっちが良いんだろ。このソファか、それとも寝室のベッドか・・?」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 皆瀬杏樹
今回の「音」リンク 「シャンパン・レイン(Champagne Rain)」 by 日野皓正 (下記タイトルです)
Champagne Rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。