FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第25話「手癖」

cf4a765a.jpg
もうすぐ、日付が替わろうとしていた。窓外は依然 耳に届く位の雨音が続いている。奇しくもこの頃、ほぼ時を同じくして黒木兄弟と平(たいら)姉妹は 姉の宥海(ゆうみ)と兄の恆(ひさし)、妹の麗海(;れいみ)と弟の存(たつる)の各ペアが場所こそ違え、似た様な後背位(バック)で絡み合っていた。前者はベッドから立ち上がり、大鏡の前で立ちバック、後者はベッド上で鏡を向いての行為だったが。

「あっ、ああっ・・と、とても好い。でも・・」引き続き後ろから存に攻められながら、短い着衣の下半身のみはだけたあられもない姿で喘ぎながらも、麗海の両眼はしっかりとクローゼットの方を捉えていた。「多分、あそこに彼の貴重品があるはず。今夜どんなに攻められても、どんなに昂らされても、その後の狙いは 外さないわ・・」

ゴムを着けるを止めさせた 存の竿は申し分のない太さと堅さ。多分、兄のそれより一回り弱位 太いだけなのだが、その先端 亀頭の肉壁、そして粘膜への絶妙な当たりと感触が、麗海をこよなく酔わせた。「好い!好い!ずっとずっと、続けて。あぁぁ~っ!」心底から上がる様な、甲高くも深みのある喘ぎ。

麗海の好ましい反応は、後ろの存にも伝わっていた。「よしよし、随分感じてるって事だな。分かった。暫くは前後動でお付き合いするからね・・」浴衣の捲れを途中まで戻し、わざと結合部が直に見られない様にして 麗海の腰を両の手で支えた存は もう暫くその後ろで高まるべく動き続ける事に。

さてもう一方の 宥海と黒木。大鏡の前での、局部を映しての立ちバックは大いに昂奮も、少し気を緩めると暴発しかねない風情。「宥海さん、又一休みね・・」黒木が声をかけると、やや不満そうだ。「又お休み?そろそろ高まろうよ。長くしたかったら、一度発射しちゃえば良いじゃないの・・」

「ご免ご免。分かるよ。でも・・」焦れた様な宥海の反応に、黒木はこう返した。「折角、好い感じで昇ってきてるんだよね。だから、もう一回一休みして、絶頂へ行くからね」 「まぁ、仕様がないわね。よしっ、こうなったら絶対に気持ち良くならないと嫌よ!」 「分かりやした。そこは万全で行くから、期待してて・・」 十数分間は続いた、立ちバックの結合を解くと、黒木は前傾したままの宥海の下方を クルリと立ち鏡の前に晒して朱(あけ)の秘部がよく観察できる様にした。

「うんうん・・」彼は頷いた。「いや~素敵だ。女陰の濡れ具合がとても好い。下草まで好く湿ってるな。次の結合まで、暫く指で摩って高めたい・・なぁ」 宥海「もう・・余り長いこと悪戯(いたずら)しないでよ」 「あぁ分かった。ほんの少し、触りだけで良いんですぅ・・」 「遅い!貴方はもう、そう言う傍(そば)から あたしの『女』の間に指を滑り込ませてるわ。あぁ狡い。手指でイかせようったって、そうはさせないわよ。あっ、はぁぁっ!」

立ちバックの次に もう一度屈曲の大きい正常位に戻って、黒木は宥海を絶頂に導こうとするつもりだった。だがもう一度水入りにする事で、彼女の愉悦を長引かせる事と、己の「暴発」を何とか避けたいと 彼は願っていたのだ。それで 生憎の雨ではあったが「窓の月」に近い横向きの楽な体位で、暫くは宥海の下方への悪戯(いたずら)を、彼はじっくり攻める事にしたのだ。「これで何とか、昂りが続いてくれると良いな・・」

その事への宥海の反応は「狙い通り」良好だった。手指の摩りや出し入れだけで女を昂らせる、所謂「手マン」にも、宥海は鋭い優れた反応を見せた。「うんうん、好い感じだ。もう少し続ければ、これからきっと、二人共気持ち良く 絶頂へと昇れるだろう・・」この体位の仕上げに、もう一度下し髪から首筋、その下方にかけてざっと撫でてやり、最後の高みへと繋げた。

「さぁ、そろそろ・・」宥海が頷いたのを確かめて、黒木が言った。「お待たせ。そろそろ、二人して高みへ昇ろうって事で・・」 「随分待たせたわね。でも良いわ。その分、昂奮が増してる感じだし・・」 それを聞くと、宥海のその想いを何とか受け止めようという気にもなるのだった。「大丈夫。必ず歓ばせるからさ・・」

「又、最初の体位に戻るんだよね?」の宥海の問いに、黒木「大体そうです。でもちょっと、曲がりが大きいからキツい・・かな?」 「あたしの身体の屈曲の事よね。少し位良いわ。でも・・」 「はい・・」 「問題は 男女の繋がりよ。貴方のお竿の繋がり方が、最初より浅いのは嫌だわ」 

黒木「はい了解。それはきっと深く繋がる様にしますよ」 宥海「分かった。それとね・・」 「はい、聞いてますよ」 「頂上(クライマックス)の時、貴方の男精(ザーメン)、全部あたしの中に出して欲しいの」 「う・・うん。そ・・それはきっと、そうします」 「約束だよ」 「はい、必ず・・」

言葉が区切られると、黒木は再び宥海を仰向けにして、両の脚を曲げ開いて行った。結局、浴衣は最後まで着せたままだ。「よしっ、行こう・・」 今度は、脚で腰を捉えられる「蟹鋏み」ができない様 両の腕で両の脚を抱え込み、黒木は上体を宥海のそれに重ねて行った。「早く返して・・」半ば喘ぎの呟きに導かれる様に、竿を秘溝へと返す。最初の結合より一層、亀頭への肉壁と粘膜のぬめりが大きく感じられ。「あ、はぁ。動いて・・」続いて促され、黒木は求められるがままに腰を上下に動かした。

「ふっ、はあっ、ふぅぅっ!」 最初より大きな喘ぎを確かめながら、行為を進めて行った。雨脚が強まった様で、少し位の大声は、近隣に易々とは伝わらなくなっていた。宥海の喘ぎも、案外そうした所を察知し計算した上での事かも知れず、その事が黒木に「流石(さすが)は気象予報士。部屋でこうなった場合の対処まで知ってるのか」とも思わせたものだ。

下し髪や首筋、露わな胸の双丘周りへの愛撫を伴う 熱い正常位の行為が 20分間近く。「あ、ああっ・・こ、今度こそ、出る~ぅッ!」静かな、しかし叫ぶ様な喘ぎを伴って、宥海と黒木は頂へと押し上げられた。暫し 上下で重なり合ったまま余韻を味わう。「い、好い感じ。ずっとこのままでいたい・・なぁ」黒木は素直にそう思った。それを察したかの様な 宥海の反応。「直ぐに 離れちゃダメよ・・」 真に受けたくはなかったが、黒木にはそうした受け止めも必要かも知れなかった。

昇ってから更に 10分間近く、宥海と黒木は重なり合っていた。「あぁ、良かった」 「こちらもです」 軽い接吻(キス)を交え、暫く後に 行為が区切られる時が来た。何度も様子をみて、黒木は宥海に確かめた。「そろそろ、離れても良いかな?」 「良いよ。ゆっくりね・・」の返事を確かめ、彼はゆっくり女の上体への重なりを解き、次いで慎重に、秘溝に繋いでいた竿の抜き離しにかかった。加湿十分の秘溝から まず竿の幹、次いで赤味を増した亀頭が現れ、少しおいて白みの乗った 濃い男精がトロリと姿を現した。

「恆さん、分かってるわね・・」両の脚を開いて仰向けに臥したまま、宥海は笑みを浮かべて言った。「分かりますよ・・」そう返した黒木、又も宥海の股間に顔を埋め、表出した男精を舐めとり、宥海に口移しで与えてやった。「ふふ、美味しい。好い感じだわ・・」微笑みよりは薄笑い、という感じで 宥海は応じた。これを見た黒木、もう一度唇を合わせて行く。後戯の佳き余韻を感じながら、宥海は ふと妹・麗海の事を想っていた。恆の弟・存との逢瀬は知っていた。そこで「あの手癖が出なければ良いけど・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 黒木いくみ
今回の「音」リンク 「タイガー・イン・ザ・レイン(Tiger im The rain)」 by Michael Franks (下記タイトルです)
Tiger in The rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。