FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第36話「思慮」

06ca447b.jpg
「あはぁっ、こ・・この動き、と・・とても好い!恆(ひさし)お兄さん、これよ、これ!ずっと、ずっと続けて!ふぅぅっ!」モデル・ルームの寝室、セミダブルベッド上で黒木に組み敷かれ、下方に堅く這入り込まれた麗海(れいみ)は、両の美脚を彼の腰に回し、ガッシリと力を込めて捉えた。勿論 曲げ開きだから、下方から見守る弟・存(たつる)からは 下方の「結合部」がよく見えた。

黒木「あっ、うんん。それ、俺もですよ。麗海さん、ホント締めるの上手いんだから、堪んない。お脚もアソコも・・」 麗海「ふふ、有難と。何かね、貴方の『嫌らしい虫』があたしの女の中に攻め込んできてから、何かね・・力の込め方が少し分ってきた気がするの」 「そうですか。そりゃ好い。こうやって、俺の腰をお脚で掴むのを『蟹挟み」て言うらしいんだけど、貴女は上手いな・・」 

麗海「何か変な褒め方だけど、まぁ嬉しいわ。これで面白くなりそうだし・・」 黒木「じゃあ、今夜はその辺りを極めたい気もするな。肉壁と粘膜の感じも、とても好いし。おおっと、腰の動きを止めちゃダメだね」 「そうですよ。折角気持ち良く昇り始めたのに、止まられちゃ興醒めだわ」 「ご免ご免。そいじゃ、悪い虫 又動きます・・」そう区切ると、黒木は又 腰の動きを慎重に再開した。

「うんうん、好いぞ好いぞ。麗海さんも兄者も、せいぜい一つになった事だ。まぁ高まってくれよ。俺、さっき 有難い『お尺』でヌかれちまったからさ。兄者が昇ったら、入れ替わりで麗海さんに繋がろうかなって思う訳よ・・」 ネットリした視線を、正常位で交わる二人の下方に投げかけていた存だったが、少しおくと「折角だ。俺も繋がる前に、少し参加させてもらうよ」そう呟き、麗海の上で腰を使い続ける兄の臀丘を「もしもし・・」とでも言う様に 軽く「ポンポン」と叩いて合図した。

「お昇り中 邪魔して悪いな。兄者、聞こえるか?」 黒木「ハハ、まぁ予期してた事だ。気にせんよ。で、何だ?」 「まぁね、お二人の絡み見させてもらうのも勉強になって良いんだが、それだけじゃ能がないんで、俺もちょっと参加しようって気になったって訳よ」 「ハハ、成る程ね。で、お前は麗海(かのじょ)の『もう一つの穴』でも狙うって事か?」 「まぁ、言っちまえばそういう事かな。勿論 粗暴(ワイルド)なのじゃないよ。それこそさ、触られてるかどうか分らん位のソフトな奴だ」 「あぁ、それね。そういう事なら、お前に任せる。少なくとも・・」 「うん、何かな?」

黒木は続けた。「少なくとも、見てて堪らず自慰(オナニー)こく様な、猿みたいな出方よりは良いだろう」 存「あぁ、大丈夫だ。俺はそんな猿まがいの下等な事はせんよ」 「分かった。後はそっちの判断で・・な」 「有難と。そいじゃ・・」 言葉を区切った存は、黒木の竿(男根)が麗海の「中」に消える下に咲く菊花(肛門)にそっと手指を伸ばした。

ほんの僅か、産毛を思わせる極薄の下草に囲われた菊花は 些かの荒れもなく、見事な薄紫の 放射状の花を咲かせていた。「素晴らしい!」一年程のホスト経験で、何人かの女の菊花とも向き合う機会あった存だが、それにしてもこれ程の美花は見た事がなかった。「いやいや、想像を上回る美肛だわ。これはこれは・・俺の不注意で散らしたりせん様にっと・・」そう呟きながら、まずは菊花の周囲を「スウッ」と、右手指でなぞって行った。その上では、兄が引き続き腰を使っている。

「あっ、ふうっ・・。ねぇ、恆お兄さん」 「はい、何ぞ?」 「何かね、嫌らしい虫がもう一匹来てるみたい」 「ほう、もう一匹ね。何処に?」 「嫌ねぇ!分かってんでしょ。あたしの『女』の方は貴方の『男』が繋がってるから、当然菊のお花の方よ」 「あぁ、そりゃ大変だ。両方の『穴』が標的(ターゲット)になってる訳ね?」 「あっ、あっ・・そうそう。あふぅ~っ!」喘ぎ交じりに、麗海はそう応じた。

菊花の周囲への摩りを区切った存は、今度は口唇愛撫に入った。細かな襞の一筋ずつ 丁寧に舌でなぞり、秘溝に対するのとほぼ同じ口唇愛撫(クン二リングス)の要領で 丁寧にマッサージし続けた。「あぁぁっ・・」時折発せられる、麗海の甲高い愉悦の声が、勿論 存の耳にも届いていた。

「さて、今度は・・」と、存がそろそろ 麗海の菊花に右手人差し指を埋め込もうと画策し始めた頃、上の黒木は彼女に「同じ体位じゃ飽きるでしょ。そろそろ入れ替わろうか?」と、飽きさせない意味もあって 訊いてみた。その反応は・・「有難と。でも・・」 「うん、何ですかな?」 「あたし、今夜はずっと下の方が良いな。だって、恆(おにい)さんが上にいてくれると 何かね、守られてる様で安心できるの」

「分かりやした。そういう事なら・・」 会話を区切った黒木は、右手招きで 後ろに控える存を呼んだ。耳元まで近づくと、彼は囁いた。「麗海ちゃん、今夜の体位はこのままだ。変更なし」 「了解。そういう事なら・・」再び下方に回ると、存は麗海の菊花を、更に深くソフトに攻めて行った。

右手人差し指に 黒木の持っていたローションをまぶし、それを麗海の花芯にそっと突き立てる。次いで なるべく抵抗がない様、ゆっくり静かに第一関節の辺りまで滑り込ませ。少しおくと 再び用心深く抜き離す。それを何度か繰り返した。「あっ、はぁぁっ!菊のお花、完全に攻められてる。嫌らしい虫が、二匹もあたしの『女』を狙ってるわ。あぁぁっ・・!」

一度に性器の秘溝と肛門の菊花を攻められ、麗海の喘ぎは甲高さと緊張感を増して行った。その声が、一段と黒木兄弟の昂奮を煽った。引き続き麗海を抱き、その「女」に繋がった兄が、なるべく発射を遅らせる努力をする一方で、弟は依然 麗海の菊花への濃厚マッサージに耽っていた。

時折の 濃い接吻(キス)を交えながらの、これも濃い正常位を守っての「交為」が一時間近く続いた。時折見舞われる どうしようもない射精への衝動を抑えながら なるべく昂奮が長続きする様努めたも、どうやら昇る時が近づいた様だ。「あっ、いやっ・・暫く昇らなかったから、何回分もが一度に噴き出してくるかもな。と・・とに角、腰を慎重に動かさんと・・あっ、いや、うぅぅ~っ!」

何とか慎重に、丁寧に麗海を昇らせ、かつ己も昇りたい所ではあったが、どうやら射精の衝動の方が上回った様だ。もう少ししてから・・と思った手前で、黒木は頂きに昇った。下の麗海は、まだ昇り切っていない様にも見えたが「ご・・ご免。昇っちゃった」と囁くと「ふふ、良いよ。あたしも昇ったから」と微笑み返してくれた。

「暫く、このままが良いよね?」黒木が訊くと、麗海「うんうん、勿論よ」そう返し、一旦緩めていた両の脚を再び腰に組付けて グッと締め直してきた。「ハハ、これで又暫く、拘束だな・・」黒木はもう、苦笑モードである。昇り切ってからも、麗海と黒木の結合は、十数分間は続いた。

「いやいや、今夜は兄者もエラく濃厚だな・・」様子を見て、菊花への愛撫を区切った存が呟いた。黒木「まぁ、そんなとこかな。もう少し引っ張ろうとかとも思ったが、残念ながら 俺の昇りが先だったわ」 まだ麗海の下方に繋がったまま、兄はそう言った。少しおいて・・

麗海「恆お兄さん、そろそろ離れても良いわよ」 黒木「あぁ、そうしようか・・」短い返事と共に、黒木は 麗海に繋いでいた竿をゆっくりと抜き離す。暫くおくと、麗海の開かれた秘溝から、黒木が放った男精がゆっくりと流れ出て来た。「ハハ、兄者も今夜は量が多そうだな」 存が笑って反応した。聞いた黒木も「あぁ。まぁ何日かぶりだからな・・」と応じ。 

視線を上げると、麗海が笑顔で 現れた男精を口移しして欲しいと合図を送って来る。「あぁ、分かりやした。ちょっと待ってね・・」黒木も、笑って返す。その前に 存に「待たせて悪かったな」と一言。「お前、さっき『お尺』でヌかれてたから、少し間をおいた方が良いと思ったのさ。ま、気遣いっちゅうか、思いやりってか・・」 「ハハ、そんな気遣いや思いやりがあるもんかねぇ?」存は薄笑いで返した。黒木「まぁ、それもあるな。幾らお前が若いって言っても、この行為は少し間を置いた方が良いかも知れんし・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 近藤あさみ
今回の「音」リンク 「ジョージアは雨の夜 (Rainy nighit in Georgia)」 by Randy Crowford (下記タイトルです)
Rainy nighit in Georgia
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。