FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第37話「差異」

4a8019cb.jpg
「恆(ひさし)お兄さん。さ、早く来て・・」 交合を区切り、少し離れて弟・存(たつる)と小声で会話している黒木に、ベッドに臥し、両の脚を開いて下方を露わにしたままの麗海(れいみ)が、痺(しび)れを切らした様に声をかけて来た。その秘溝からは、黒木が膣内に放った男精がトロリと流れ出、直下の菊花(肛門)まで達している。

「あぁご免。今、ご希望にお応えしますわな・・」軽く頭を下げて返す黒木。その低頭のまま、麗海の開かれた秘溝に顔を埋め、股間全体に行き渡った感のある男精を丁寧に舐め取って行く。そして・・

「こっちよ。こっち・・」控え目なるも美しいピンクの口唇を半開にして、麗海が黒木に、その上に彼の口唇を重ねる様 促す。拒めない彼は、言われるままに麗海の口唇に己のそれを重ね、中の男精を慎重に口移しで流し込む。目的を遂げると、麗海は又 優れた微笑で応えた。「有難と。美味しかったよ」 「ハハ・・こちらこそお粗末様」 傍らで見ている存の表情には「このHENTAI!」の文字がありありと浮かぶも、簡単に揶揄できないのも又事実だった。

「さてさて、存(タツ)・・」ウェット・ティッシュで股間を清めた後 一旦上体を起こした麗海の着衣を整えてやりながら、黒木が言った。そして「これでさ、最初の格好にリセットしたぞ。後はほれ、お前の好い様に進めろや。俺は様子をみて、参加させてもらうかどうか決めるからな」 存「あぁ分かった。それにしても、兄者は着せたままやるのが好きってのが良く分かった。俺は必ずしもそうじゃないが、麗海さんはどう?」

麗海「あたしはどっちでも良いわ。存さんは以前ホストされてたみたいだけど、相手の女性は色々だったんでしょ?」 存「まぁ、そういう事ですね。で、兄者はそれ・・ちょっと変わってるからさ。貴女のパンティだけ剥ぎ取って、後は着せたままやっちゃった訳だけど、俺はどっちにも転べるよ。全部脱ぐスッポンポンならそれでも良いし、俺もつき合いますよ」 「それは有難と。でも・・」 「はい・・」 「やっぱりその辺は、成り行き次第で良いわよ」 「分かりやした。そいじゃ初めは、兄者がしたみたいに、着たままで行くね」 「良いわよ。それじゃ・・」再びベッドに臥す前に、上体を起こして 麗海と存は、唇を合わせた。

黒木の時より濃いかも知れぬ接吻(キス)が 10分間程続くと、存は右腕を麗海の背後に回し、巧みに仰向けに臥す様促す。「ふふ、素敵よ・・」そう反応するは、あながち世辞だけではなさそうだ。ソフトとはいえ、やはり不慣れな粗さも残る黒木に比べ、余りそうした所を感じさせない 存の流麗ともいえる出方は、やはり短期といえど ホストの経験が活きているのかも知れなかった。

「じゃあ麗海さん・・」 「うんうん、始まるんでしょ」 「・・ですね。でも核心はまだだよ」 「分かる分かる。まだ色々マッサージしてからだよね?」 「そういう事です・・」 臥した麗海に重なる様に、存は首筋から胸周り、腋の下からウェストの縊(くび)れにかけて、巧みに愛撫を進めて行く。途中からは「あぁ、好いわぁ・・」の喘ぎ交じりの反応もみられる様に・・。

「こういう事は・・」傍らで観察する黒木は、思わず呟いた。「こういう事だけは、存(タツ)に敵(かな)わんな。ま、逆に言えば そんだけ勉強になる訳だが・・」 存の愛撫が下半身に移る頃合いを見て、再び麗海の唇を奪いに行く。姉の宥海(ゆうみ)より 明らかに華・・つまり夜の街の様な煌(きら)びやかさを感じさせる麗海だったが、それでいて口元は姉同様の抑えた感じの所に、黒木は一つ魅せられていたのだ。

「あ、んん・・。恆お兄さん、お帰り・・」 「はい、只今・・」黒木が唇を重ねると、下から存に摩られ温められている麗海は、少し籠った様な喘ぎで応えてくれた。数分間に亘る接吻が区切られると、黒木は 胸の双丘に手指を伸ばす・・前に彼女の腋(わき)の下を少しだけ攻める事にした。

「腋が甘く」なった所でさり気なく観察すると、そこには極く浅い 産毛の様な体毛が認められた。「好いなぁ、この加減・・。そういえば、宥海さんの腋もこんな風だったかな・・」と、姉の腋の下も思い起こす彼だった。「よしっ 麗海さん。俺、ここから行くね・・」静かに声をかけると「あら、恆お兄さん、腋の下も好きなの?」と意外そうな反応が返ってきた、

黒木「ハハ、さっきは飛ばしてご免。余り昂奮してたから、一瞬忘れてたみたいね」 麗海「思い出して良かったね。所でさぁ・・」 「はい・・」 「又、香りとか愛でるの?シャワーの後だから、余りしないかもだけど・・」 「あぁ、それもしないとね。そいじゃ・・」曖昧に言葉を区切ると、黒木は 麗海のノー・スリーブのアッパーから覗く 腋の下に手指を滑り込ませた。

「ふふ、恆お兄さん、あたしに何か試してるね?」 黒木「あぁ分かる?うんうん。腋の下にマッサージを仕掛けて、貴女の性感がどんなかを試したいと思ってね」 「ふふ、何となく好い。さっき、存さんもちょっとやってくれたけど、お兄さんのも好いなぁ・・」 「OK。存(タツ)が繋がって来るのはもう少し後だから、これで高まれると良いね・・」 「そうそう。それ、貴方が上手くしてくれれば、あたし 欲しくなっちゃうかも・・」 「ハハ、そりゃ良いや。そうなる様に努力してみるかな・・」 黒木の 腋の下へのマッサージが暫く続いた。

摩(さす)りを続けながら、黒木は抜かりなく 麗海の腋臭(わきが)の残滓を探り続けた。確かにシャワーの効果もあって 大方洗い流されてはいたも、よく鼻を凝らして確かめると、腋の奥、微かな体毛の奥に 甘酸っぱい微かな香りが認められた。「うん、これだ。一度位 シャワーなしの汗のままで愛でてみたい気もするな・・」 この時の黒木、開かれた麗海の腋の下に、すっかり顔を埋める格好になっていた。

「ハハ、恆お兄さん・・」下した少しだけウェーヴがかったブルネットの長い髪を揺らし、笑いながら麗海が反応した。「やっぱりさ、腋とかお股の匂いって気になるの?」 黒木「あぁ、まぁそんなとこですね。俺、どうしてもこういう場所の香りって気になっちゃってね・・」 「何となく分る。・・で、姉にもこんな事してるの?」 「うん、まぁ ちょっとね・・」 「やっぱり。で、姉とあたしと、あの匂いって違うものかしら?」 「あは、難しい問いだね。まぁ概ね同じだけど、ほんの僅か違う・・かな?」

そうこうする内、黒木の手指の攻勢は 麗海の腋から胸の双丘へと移って行った。彼女もそれが分っていて「そろそろ、来ると思ったわ。貴方も、腋の下だけじゃ飽きるんでしょ?」 黒木「まぁ それもあるけど、やはり胸周りへ行く前に、ちょいと腋の下へ寄り道したかった訳。その方が、ゆっくり貴女に高まってもらうにも具合が良さそうだし・・」

麗海「お気遣い有難と。確かにその方が、気持ち良く高まれる気がするなぁ。あっ、存さんのマッサージも素敵よ。聞こえるかしら?」黒木が上体に手指を走らせている間に、弟の存は 麗海の下方の摩りを区切り、両の脚をじっくり攻め始めていた。足先から膝にかけ、次いでそこから太腿にかけての「絶対領域」をじっくり攻めて行く。脚部のマッサージを仕掛けられると、麗海の喘ぎが 又増した様だった。

「綺麗な肌だなぁ。後 胸と乳輪の形と色もね・・」手指で愛撫を続けながら、黒木は率直に言った。「あは、存さんとはちょっと違うけど、恆お兄さんの『おいじり』も素敵。気持ち良く高まれそう。そして・・あっ、あっ、存さんのマッサージも。あぁ、何か、繋がる前にイくかも。あぁぁ~っ!」胸周りをはだけ、両の脚を曲げ開いた麗海の喘ぎが 又一段と大きくなった。いよいよ存が彼女の股間に顔を埋め、口舌で秘溝への攻めに入った様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 白石みずほ
今回の「音」リンク 「虹をつかもう (Catch The Rainbow)」by Ritchie Blockmore's Rainbow (下記タイトルです)
Catch The Rainbow
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。