FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第38話「昂察」

julia-002.jpg
「あ・・はぁっ。や、やっぱり・・今夜も好い。た・・存(たつる)さん、上手・・」 両の脚を妖しく開き、半脱ぎの状態で仰向けに臥して喘ぐ麗海(れいみ)の股間に顔を埋め、口唇愛撫(クン二リングス)を試す 存の技は、微妙に兄・黒木のそれを上回るレベルの様だ。

麗海の性器の形、まずは大陰唇の形を外側から頭に叩き込む様に、じっくりと舌を這わせて覚えようとする様な仕草は、黒木のそれとは少し趣が異なる様で、又その事が 麗海を昂らせ、魅了した。「さ・・さっきより、高まるけれど嫌らしくない。この虫、な・・何か このまま中に招き入れたい感じ。ホント『さぁ、這入っておいで!』で感じで。あぁぁ・・!」

這い回る虫を意識した 存の舌遣いは、まず一番外の大陰唇への愛撫(マッサージ)を区切ると、次にはまるで薔薇(ばら)の花弁を押し分ける様に 内側の小陰唇へと移って行った。軽く秘溝に押し入り、堅さをつけた舌を柔らかく しかし執拗に出し入れする。その動作が、更に麗海を昂らせた。「あはぁっ!存さん、ただただ上手。あたし、もう攻め込まれても良いわぁ~!」

麗海の脳裏に、もう多分に「繋がれても良い」衝動が伝わっいている事は、存も知っていた。だがしかし・・もう少し興奮を引っ張ってから「結合」に及んだ方が良いと彼は踏んでいた。その心づもりは、麗海の腋など上体の愛撫に勤しむ黒木にも 少しは伝わった様だった。

「なる程、あいつ・・」黒木は思った。「麗海さんが昂っても、直ぐには繋がらないつもりだな。もしかすると、一度位イカせてから 事に及ぶつもりかな?勿論、一々訊く事じゃないが・・」 とに角ここは、なるべく麗海に気持ち良さを味わわせながら、様子を見た方が良かろう・・などと思ったりしたものだ。

兄に進言もした手前、存も又 麗海の秘溝に指を挿し入れたりする様な真似はしなかった。ここは終始 口舌だけで高まるだろうと 黒木は踏んでいた。そして・・「あぁ、あぁ、あたしはもうあぁ!イク、イク~ッ!」 存の竿(男根)を咥える前に、二度目の頂に達した様だ。

「麗海さん・・」囁く様に、存が声をかけた。「昇ってくれたみたいね。有難と・・」 「うんうん、とても良かった。でも・・」 「あぁ、言わなくても分かりますよ」 「なら良いわ。まだ続きがあるからね・・」 「あぁ続きね。分かります・・」シーツ上は、麗海が昂奮の余り射出した「潮」の跡が飛び散っていた。

黒木「いやいや、麗海さん、ホントに昇ったのやな・・」 麗海「ふふ、ご免なさい。だって、とても気持ち良かったんだもの・・」 「あぁ、いやいや、謝らなくたって良い。この部屋は、俺が全部見てるから、安心して昇ってくれりゃ良いんだ」 「そうかぁ、分かった。まだまだ、存さんとは昇らなきゃならないとこがあるもの。ねぇ・・」 「あは、・・ですね。丁度良いタイミング・・かな?」

実は存、ここへ来て秘かに黒木に対する謝意を抱き始めていた。前戯の「尺」でヌカれてから、先に兄が麗美と交わっていた時、少しの間 休憩が取れた事で、体力と精力が少し回復できたのだ。「幾ら若いからって・・」の兄の言葉が、今は有難く響いても来たものだ。

「水入りにしよう・・」黒木はそう言い、上体を起こした麗海と弟に それぞれ冷茶のペット・ボトルを回す。「有難うです!」昂った空気をなるべく損ねぬ様 会話を控えながら、黒木は次の場面に繋ごうとしていた。その場面とは 勿論、麗海と存の交合だ。「さぁ、次へ・・」 「うん、その時ね・・」どちらからともなくそう言い、又 重なり合って行った。

最初の交合は、黒木の時と同じ正常位で始まった。「あ・・、ん、ん・・」上と下で唇を合わせながらとはいえ、半分はわざとだろう。籠った様な喘ぎで、麗海は歓喜を表している様だ。堅く礼儀を守る 存の竿が麗海の秘溝を捉え、亀頭からゆっくりと吸い込まれる様は、黒木の視界にもくっきりと入った。兄より少しだけ大ぶりな弟の竿が 女芯に出たり入ったりする様は、平静を装う黒木の脳裏を又も揺さぶったのも事実だった。

「いや確かに・・」彼は呟いた。「さっきは俺もこの体位で交わったんだが 麗海さん、存(タツ)との絡みも見ごたえ有りだな。この位置から見る尻肌と菊花(肛門)も綺麗だし・・」 上下に摺動を繰り返す結合部は 次第に湿度を増し、光る様子が黒木の目にも認められる様になった。そして「あっ、ふうっ、い・・好い~っ!」昂りに比例する様に、麗海の喘ぎも高まって行く様だった。黒木は敢えて結合部に手を出さず、再びの己の勃起と闘いながら 専ら観察を心がけた。

熱い正常位の行為が 20分間程続くと、存は麗海に「このままだと疲れるでしょう。兄者の時がこうだったし。一度 体位を替えて気分一新しやしょう・・」 この持ちかけに彼女も「うん、今度は良いね。まずは上下入れ替えかしら?」 「あぁ好いね。跨って、アソコを見せてくれるの?」 「ふふ、まぁそんなとこよ。期待してて・・」

言葉を区切ると、一旦 存が麗美への重なりを解く。秘溝に繋がり、湿度を得た竿も抜き離される。先に身体を起こした存が、続いて起き上がる麗海に右手を差し出す。上下が替わり、今度は存が仰向けに臥し、その上に下着の様な黒コスのアンダーを捲った麗海が、パックリと股間を開いて 天を仰ぎ屹立する竿に跨り、再び呑み込んで行く。根本まで「収容」を果たすと「うっ、ううっ・・」と籠り気味の喘ぎを発して、又 腰の運動を再開した。

「あぁ、好いよ。麗海さん・・」両の手で 動く麗海の太腿と臀丘を支えてやりながら、存は呟いた。「そうそう、こんな感じで、う・・動いて動いて。うぅぅ・・」 麗海がものの数分も運動を続けると、又も存は 射精の衝動に駆られる様になった。「あ、うう。き・・効くなぁ、この動き。油断して、発射せんようにしないと・・」 下から麗海の上体を支えながら、存は真摯にその衝動と対峙した。

10分間程の騎乗位での動きは 存を大いに追い込んだが、どうにか射精の衝動はかわす事ができた。次は、存が大いに試したいと思い続けてきた後背位(バック)だ。又も体位を入れ替え、今度は麗海が臀丘を突き上げた四つん這いの姿態になる。アンダー・ウェアの裾から覗く臀丘が特に見事だ。「うん、これはそそられる・・なぁ!」後ろから覗き込んだ存は、思わずそう呟いた。

「おい、存(タツ)・・」 麗海の背後に回った存は、傍らで観察を続ける黒木と間近になった。彼は続けた。「お前、この体位 狙ってたんだろ?」 存「いやまぁ、狙ってた・・までは行かないけどな・・」 「ハハ、そうか。俺は終始正常位だったが、もしかしてお前は、この姿態(ポーズ)で昇るんかな?なんて思った訳よ」 「ハハ、そうか。そりゃこの体位で昇れりゃ良いが・・」 「そうは言っても、試すんだろ?」 「あぁ、まぁね・・」曖昧に返しながら、存は又 麗海の背後に寄り添った。

「は、早く返して。存さん、お竿返して!」兄弟に向け 優れた臀丘を誇る様に晒しながら、麗海がそう求めて来る。「OK, OK。今、返しに行くからね・・」両の脚を少し開いて 麗海の背後に戻ると、存は竿を 今一度 まだ熱い秘溝に返して行く。亀頭➡幹➡陰嚢傍の根本まで、滑る様に秘溝に収まって行き、最後に「あぁぁ~っ!」と、何度目かの喘ぎと共に、又連結が果たされた様だ。黒木は、後ろを存に攻め立てられる麗海の前へ行き、無理を承知で己の竿を眼前に晒し、希望を伝えた。「もう一度、しゃぶって頂けませんか?」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 JULIA
今回の「音」リンク 「フー・レット・イン・ザ・レイン (Who let in The rain) by Cyndi Lauper (下記タイトルです)
Who let in The rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。