FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第39話「加減」

IMG_0981.jpg
「もう一度、しゃぶって頂けませんか?」 ベッド上で 後ろから弟・存(たつる)の攻めを受け昂って行く麗海の眼前に膝立ちした黒木の脳裏には、こんな思いつきが過っていた。「今夜は、少し攻め気味に進めても良いかもな・・」

姉の宥海に対してもそうだったが、麗海にも彼は 接吻(キス)で始まる前戯から、概ね慎重に丁寧に扱い 事を進める様心がけていた。為に 時に宥海からは「もっと攻める感じでも良いわよ」などと注文をつけられたりもしたのだ。「そうか・・」この様を見ながら、彼は想った。「乱暴って訳じゃないが、もう少し上手く攻める感じがあっても良いって事だな・・」

「それならば・・」 冒頭の言葉を発し、それに喘ぐ麗海が応じる仕草を見せると、彼は露わな下方の竿(男根)を グッと麗海の眼前に、少し強引に近づけた。「あっ、ふぅぅっ・・ひ、恆(ひさし)お兄さんのお竿も素敵よ。今、叶えたげる・・」 黒木の強気を察したのだろうか。麗海も、食らいつく様に 竿を咥え込んだ。

「あっ、うぅぅっ・・い、好いよ。その感じで、続けて欲しい。あうっ・・!」 屹立した朝黒の竿が、美麗な口唇に吸い込まれる。「ジュパッ、ジュルル・・!」の愛撫音に交じり「ん、んん・・」の、籠った喘ぎも届いてくる。後方では依然、存が前後に腰を使っている様だ。

「恆お兄さん・・」 一瞬、竿を口内から解放した麗海が呟く。「うん、聞こえるよ‥」黒木が返すと 「存さんみたいに、二度目の昇りが見たいわ」 「あぁ、それね。できる様に努力してみるけど・・」 「やだ。自信がないの?」 「うーん、微妙だからね・・」 「そんな事言わないで、昇って欲しいわ。あっ、ふぅぅっ・・!」前後の衝動が、黒木の下方にまで伝わってきた。後ろの存が、明らかに動きを強めた様だ。

「麗海さん、聞こえる?」後ろから、存が声をかけてきた。「あぁっ、はい、何・・?」仕掛けられ 息を荒げながら、何とか返す。一旦 腰の動きを停めた存が続けた。「俺、このまま貴女の後ろが昇っちゃって良いかな?それとも、もう一度変位(チェンジ)してみる?」 

「うーん、どうしようかしら?」荒かった息遣いの少し収まった麗海は、ちょっと迷っている様だった。「このまま、顔が見えない昂奮で昇っても良いけど、やっぱり・・」 存「やっぱりですか。で、どうなのかな?」 「うん。やっばりね、貴方の顔見ながら昇りたいな。できたら、あたしが下の方が良い。守られてる感じって好きなのよ」 「分かりやした。つまり、正常位って事ですな?」

麗海「そうそう。それでね・・」 存「はい・・」 「ついでに言えば、着衣(ウェア)が乱れ切ってるから、いっその事 貴方もあたしも全部脱いでって事にしない?」 「あぁ全裸(スッポンポン)ね。俺は良いよ。あの頃も、よくそうしてたし」 「ふふ・・あの頃って、ホストだった頃?」 「ええ、まぁね」 「あは、そいじゃ、技が楽しみだわ」 「まぁ、余り期待しないで欲しい。忘れちゃった事も多いしね・・」

「う~ん・・」二人のこの会話を傍らで聞いた黒木は、正直些かの失望と落胆を禁じ得なかった。麗海の この乱れた着衣にこそ、彼はそこはかとない昂奮を覚えていたのだ。恐らくは女に合わせるだろう 弟・存の志向を知っていた彼は、叶うなら二人共半脱ぎの状態で昇って欲しかったのだが。

「よーし、それでは・・」麗海と共に冷茶を呑み、一息入れた存が言った。麗海さんのご希望通り、仕上げに行きましょ。今度はね、ちょっとハードになるけど よろしいか?」 「ふふ、何となく分るよ」と、麗海が返して来る。「ちょっとね、あたしが海老サンみたいに曲がった感じになるんでしょ。そうすりゃ、貴方の腰を脚で締める事もできないしね・・」 「仰る通りです!」

「よしっ、そういう事なら・・」呟いた麗海は、己から存を促した。「さ、始めよ!」そして着衣を全て脱ぎ、進んでベッドに臥した。「あぁ、いやいや・・」それを見た兄弟は、似た様な感じを抱いていた。途中からしか覚えがないが「月の光に玉の肌 晒してしまえば気前良くなる」の下りそのものだったからだ。この夜は曇天。月光は拝めないが、麗海の生態は正にこの言葉通りだった。

「素敵ですね。綺麗な肌だ・・」と、存は慣れた感じで 麗海の裸体を称える。「ふふ、有難と。これから、好い夢が見られそうだわ」 「そうなる様、俺も心掛けます。頑張りじゃなくて、心がけね・・」 「うんうん、分かるわ・・」 重なり合った裸体二つ、まずは改めての接吻。次第に舌技も使った濃いものに移り、次いで首回りから腋む、胸の双丘にかけての愛撫を復習だ。

「さて・・」この様を観察していた黒木は呟いた。「再びの交合ができたら、俺は後に回って 麗海さんの菊花(肛門)の感じを味わわせてもらおうかな。勿論乱暴なのじゃないが、ここに筆やら綿棒を用意してある。これで存(タツ)と繋がって昂ってる間、じっくりとおいじりさせてもらおうって事さね・・」

些かの兄の嫉妬をも招く 存の巧みな愛撫は上体から下方に移り、麗海の再びの喘ぎも高まってきた。そして「存さん、繋がろ・・」 呟く様に、行為を促してきた。存も分かっていて、再び麗海の上に戻ると「じゃあ、這入ります・・」の一言に続き、両の美脚を大きく抱え込むと 屈曲の大きい正常位で 又連結。「あっ、はぁぁっ!」一際大きい喘ぎで、仕上げの動きへと進んだ。

「よしよし、もっと良く見えるぞ・・」 二人の交合を確かめた黒木は、後方への移動を図る。勿論又「ハメ撮り」の位置から結合部の様子を観察するためだ。そして 少しおいて、麗海の美肛に筆や綿棒で仕掛けられたら理想・・とも思ったのだ。全裸の様にも思われたが、黒いメッシュのニーハイだけは脱がなかったのが、些かの救いと言えなくもなかった。

薄暗い照明の届き難い結合部を ペンライトで照らすと、件の美肛とその上で力強く上下動を繰り広げる、弟の竿の動きがよく視界に入った。「うんうん、好いぞ好いぞ。二人、なるべくゆっくり昇ってくれな。俺、少しでも長く この結合を見ていたいんや・・」これが、黒木の芳しからぬ願望であった。

或いは、この結合は 10分間程度で終わって・・と言うより果ててしまうかも知れない。「少し早めが良いよな・・」手早く、手元に筆と綿棒を用意、頃合いを見て美肛に仕掛けようと 様子を見始めた。その時・・「ちょっと存さん、停めてくれるかしら?」意外に冷静な、麗海の声が聞こえた。

「恆お兄さん、ダメよ・・」 鋭さを伴った落ち着いた声で、麗海が続けた。「存さんと繋がってる時に、あたしの菊花(おしりあな)に仕掛けようとしたでしょ。それダメ。今夜は、あたしにお竿を頂戴」 「あぁ、それね。まぁ、そうしようか・・」余り気の進まない事ではあったが、黒木は応じる事に。

「今夜はね、菊花への攻めはダメ。それに、お兄さんから『しゃぶって欲しい』て言ったんだからね。あたしにしゃぶらせる以上は、もう一度 ちゃんと昇ってもらうわ」 「了解。まぁ良いでしょう・・」 麗海の竿を咥えさせる事自体 無上の喜びのはずだが、美肛に手を出せない事が、どうも黒木には心残りの様だ。

「その事は分かってるわよ」麗海は言った。「でも、今夜はダメ。今夜はね、恆お兄さんのお竿にお仕置きをするの。このお竿は、あたしの処女を奪った『悪い虫』よ。だからあたしが納得するまでお仕置きって事。それはね、貴方がもう一度昇れば良いのよ」 黒木「あぁもう一度ね。よろしい、何とかしましょう!」 「約束よ」

かくして、少しハードな正常位で麗海と存は昇って行った。麗海の口元に黒木が絡み、その竿を美唇が咥え込む。甲高さを増す喘ぎと、上下で繋がる兄弟の 籠った様な呻きが交錯し、ゆっくりと しかし確実に頂へと昇って行った。暗い窓外は、雨の止み間が続いている様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 雨の JR名古屋駅南詰の画像もう一枚 2020=R2,9 撮影、筆者
今回の「音」リンク 「東京は雨の夜 (Rainy Night in Tokyo)」 by Michael Franks (下記タイトルです)
Rainy Night in Tokyo
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。