FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第40話「昇点」

65eda268 (1)
「ん、ん、んんん~!」上下から、黒木兄弟にじっくりと攻め上げられる麗海(れいみ)の「口」は、正直強欲といえるかも知れなかった。「上の口」のみならず「下の口」もだ。下方は、先刻から黒木の弟・存(たつる)の竿(男根)が堅く繋がり、膣奥からの水分と湿気を掻き出す様に 前後に動きながら、次第にその結合部を 双方の下草と共に濡らして行った。

一方の黒木。こちらも膝立ちで屹立した竿を 仰向けの麗海の「本当の口」が咥え込み、冒頭の 籠った喘ぎを伴いながら出し入れしていた。手を空けるのも間抜けな事。そこは彼女の露わな「胸の双丘や」腋の下に手指を回す。彼はどちらかといえば、乳房よりも 僅かな体毛を伴った腋の下を摩るのを好んだ。仕掛けられる麗海も、その事が薄々分かっている様だが、咥えっ放しでは苦しそうだし、黒木にしても「有難き幸せ」なれど、合間に息抜き位は必要を感じていたのだ。

「どう、麗海さん?」 なるべく嫌味にならぬ様気をつけながら、一旦 口元から亀頭を抜き出した黒木が訊いた。「気持ち良く、高まれそうですか?」 聞いた彼女は「うふ・・うん。かなり好い感じよ。で、貴方はちゃんと昇ってくれてるのかしら?」会話に気づいた存も、腰の動きを停め 麗海へののしかかりを緩めた様だ。

黒木「それそれ。お陰でね、ちょっと前までダメかなとも思ったけど、貴女の凄技で 又昇れそうになってきた」 麗海「別に、あたしの技はいつも通りよ。貴方の気分が昂ってるせいじゃない?」  「それもあるかも。でもやっぱり、今夜が素敵な夜だからじゃないかと思うけどね」 「ふふ、それもあり・・か。何しろあたし、今夜はお二人から攻められてるんだからね」

黒木「そう思ってくれりゃ、有難い。俺、存(タツ)の技を信じてるからさ、きっと好い感じで昇れると思うけどな。後はタイミングだね。三人一緒にイケれば理想的ってヤツ・・」 麗海「あは、そりゃそうよね。きっと 存さんは経験者だから、その辺は上手くやってくれるんじゃないんかな。ねぇ・・」 又も抱きすくめにかかった存に、麗海はそう声をかけた。

「多分・・ね」 上から一瞬笑顔を投げかけた存は、麗海にそう返した。黒木との会話中、彼も一旦 竿を秘溝から解放していた。勿論勃起は維持しながらだ。「二人、水分は良いか?」黒木からの問いに、二人「後少しで絶頂だから、その後にしたいな」との返事。

「分かった・・」黒木はそう応じると、言葉を継いだ。「遅くなるのも何だ。再開しよう・・」 それに存が頷いて応じ、再びハードな体位で麗海に重なる。下の竿も、抜かりなく秘溝を探り当て 繋がって行く。それを確かめ 黒木も己の竿を、やや強引に開けさせた 麗海の口唇にねじ込んで行った。「あ、ん、んん・・!」 竿を咥える故に、大声の出せないもどかしさを表す様な、籠った喘ぎと兄弟の荒さを増す息遣いが聴こえた。10分程後・・

「ん、ふんん!い、イクッ!」 「お・・俺達も、の・・昇るッ、うぅぅっ!」最初に 存が頂に昇り、次いで麗海と黒木が達した様だった。「フ~ッ!、フ~ッ!」まだ麗海に重なる 存の荒い息が辺りにこだまする。彼程ではないが、黒木も息を弾ませている。その竿は、まだ麗海の口内だ。

「ん、あぁ・・よ、良かったぁ・・」やや籠った感じで 麗海が呟いた。どうやら、口内に黒木が男精を放った様だ。「有難と。俺、確かに発射した様な・・」彼がそう呟くと、麗海が「そうだよ・・」とでも言いたげに 優れた笑顔で反応した。弟・存はまだ彼女を下に組み敷いている。そのまま「兄者、先に口移しをお受けなされては?」と わざと古風なモノ言いで促した。

「そうだなぁ、そういう事なら・・」黒木はそれに応じ、ゆっくりと麗海の口唇からまだ礼儀を守る竿を抜き離すと、今度は口唇を重ねにかかった。「恆(ひさし)お兄さん、一緒に味見・・しよ!」 黒木の意図を理解したかの様に、麗海も下から唇を寄せる。ぴったり重なると、黒木の口内に まだ生暖かい液体が流し込まれる。「漏らすものか!」と彼は「ジュルジュル・・」と音を伴い、それを啜(すす)り上げた。

「うんうん、良かったよ・・」 「貴方もね。発射した液も、中々美味しかったわ・・」口移しを終えると、麗海と黒木は笑顔で 再び短く唇を合わせた。そして「さぁ、次は存(タツ)の番だな・・」そう言って、女の上で向き合う弟の双肩を、交互に軽く「ポン!」と叩いた。

「OK,OK。今度は俺が、もう一度天国へ導いて進ぜよう・・」 存はそう応じ、まずは麗海への上体の重なりを解く。次いで長らく繋いでいた竿を、濡れそぼった秘溝からゆっくり 慎重に抜き離して行く。接していた双方の 湿った下草が離され、まずは幹、次いで亀頭が鈍く光りながら、膣奥の外へ放たれる。熱さを感じる 礼儀を守るその先から、湯気が出ている様にも見えた。

暫く経つと、濡れた秘溝から、存の最初と変わらぬ位 濃い男精がゆっくりと流れ出てくるのが確かめられた。「よしっ、麗海さん。一緒に味見して下さるか?」 これに彼女は、わざと言葉を発せず 黙ってコックリと頷いて見せる。これを確かめ存は「OKだな・・」 そして、依然曲げ開かれた麗海の股間に顔を埋めて行った。

存の口舌は、麗海の膣内に放たれ 逆流してきた男精を巧みに掬(すく)い取った。ここから「例の儀式」が終わるまでは言葉を発させられない。彼は仕草で、麗海に口唇を重ねる様乞う。彼女もそれが分っていて、上から降りて来るそれに合わせる。今度は目立った音も伴う事なく、口移しが叶った様だ。

「ふふ、存さん・・」 彼が上からの接吻を解くと、麗海が言った。「恆お兄さんのも、貴方のも美味しかったわ。お竿も、発射液もね・・」 「ハハ、随分変わってるかもだけど、有難うです」存も、笑って応じた。「俺も礼を言わないとね。今夜は一回だけかなとも思ったけど、二回イケたのは幸運(ラッキー)だった。しかもお相手が麗海さんだから、尚更ですよ・・」

「それも良かった。三人一緒に昇れたんだね・・」 そう返す麗海は、心底喜んでいる様だった。そして「今夜は、好い夢が見られそうだわ・・」とも。「いやいや、良かったな‥」聞いた兄弟、顔を見合わせて一瞬微笑。「さてさて・・」黒木が言った。「先にシャワーどうぞ・・」 この促しに麗海「やだ。恆お兄さんと一緒に使いたいわぁ・・」

「存(タツ)、こんな事言ってるぞ・・」 「どうする?」と訊く様に、黒木は弟に言葉を投げた。存「彼女の希望通りにしたら良い。兄者も、先にどうぞ・・」 「有難と・・」 存の理解と好意を受け、二人は浴室へ。そして、後戯ともいえる行為が暫くは繰り広げられた。麗海は、又も竿に手を出すなど 結構濃い出方をしてきた。もう欲求は果たされたも、黒木は適当に応じ、何とか凌ぎきった。

小半時を経てバス・ローブを纏い 浴室から出ると、室内はあらかた存が片付けた後だった。「悪いな・・」 「いやいや気にするな。こんなのは慣れてるから、是非任せてくれ。外は一雨来た様だな」 「そうか有難と。俺達が濡れそぼったから、天気もつき合ってくれたかな。浴室は良いのか?」 「それも OK。使ったら簡単に、中を拭いて来るだけの話だろ?」 「まぁ、そうだ・・」 笑い合いながらも、片づけを進める存の手際は 思いの他鋭さがあった。これもやはり、ホスト時代に磨いた技なのか・・?
(つづく 本稿はフィクションであります。11月分の連載は以上です)

今回の人物壁紙 AIKA
今回の「音」リンク 「レインフォレスト(Rainforest)」 by Paul Hardcastle (下記タイトルです)
Rainforest
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。