FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第43話「試案」

a9e9aebd.jpg
「この事は・・」先程までの行為を終え、シャワーを前に 依然として下方を露出したまま 黒木が言った。「ええ、続けて。手短に済ますんでしょ?」長手ソファ上で 同じく下方を露わにした宥海(ゆうみ)が 両の脚を開いて寛ぎながら返してきた。黒木は続けた。「つまり、麗海(れいみ)ちゃんの関心を なるべく早く俺からそらす為に、ちょっと試したい事があってね」

宥海「良いわ。聞きましょう」 黒木「はい、それで・・」 「それで・・何かしら?」 ここで黒木は言葉を継ぐ前に 一つ深呼吸をした。そして「この前、麗海(れいみ)ちゃんと会った時に、弟の存(タツ)を加わらせた事から 少し分ってくれるかな・・とは思うんだけど・・」 「はい・・」 ここまで聞くと、口には出さずも 宥海は「何をまどろっこしい出方してるの?」という風情で、イライラ感を少し出してきた。

黒木「その事。つまり、俺と存、貴女と麗海(かのじょ)で 一度あの事を交代してやってみようって事かな。言ってしまえば・・」 宥海「まあ、それって云わば『スワッピング』みたいな事ね?」 「まぁ、そういう事になるかな。あれは本来『夫婦交換』て言って、既婚者どうしで実行するものらしいけど、俺はそれを応用して ちと様子見がしたいって事ですよ」

それを聞いた宥海は、暫くの間 考え込んでいる様だった。確かに無理もない事かも知れない。妹・麗海が事実上、この兄弟の間を「回った」という報に接したのも少なからぬ衝撃ではあったが、今度は彼女自身が「交換」の当事者になるかも知れない。その場合の相手は当然 黒木の弟、存(たつる)という事になる。

「良いでしょう・・」数分間程をおいて、宥海が返してきた。「でも、もしもよ。あたしが存君の『男』に嵌ったら、恆(ひさし)さんはどう思うの?あたしが貴方から離れるかも知れないって覚悟はあるの?」 黒木「そう・・不動の覚悟があるかって言われりゃ嘘になる。不安はあるよ。でも・・」 「でも・・何なの?」 「荒っぽい方法ってのは分かってるけど、一度試す価値はあるかなって思う訳ですよ」

「ふぅん・・」宥海、溜息の様な反応を返してきた。聞いた黒木「貴女が余り感心しないのは覚悟してた。でもこれ、試してみないと分からないとこもあると思うんだよね。一度で良いから、許してくれると有難いんだけど・・」 「その一回が、取り返しのつかない事になる可能性もあるわよ」 「あぁ、分かる。しかし、実行してみなきゃ分からんのも事実だし・・」後少しで口論になりそうな所を、辛うじて抑える彼であった。

宥海「分かった。まぁ、それは良しとしましょう」 黒木「理解有難と。麗海(かのじょ)も存(タツ)も、概ね同意だと思うんだ。うん、これで後は 貴女達の体調をみた上で、日取り決める事だね・・」 「まぁ、良いでしょう。体調の事は、又近づいたら知らせる様にするわ。少し先でしょ?」 「はい、まぁ・・そういう事ですな」こう返した黒木は、続いて「シャワーお待たせ。先にどうぞ」と、宥海に勧めた。

雨がちの 7月だったが、それでも下旬に入ると 少しずつ真夏の足音も聴こえて来る様になった。最低気温は 25℃超の熱帯夜、最高気温に至っては 35℃前後以上の真夏日が続き、夜間も空調が欠かせなくなってくる。その頃唯一の雨天となった同月の最終土曜日、久々に予定の合った宥海、麗海の姉妹は N市中心部・栄町の とある特異な喫茶店へと流れていた。双方、夏らしい淡色のブラウスにパンツ、サンダルの装い。当地の若い女達が 隠れ家の様に出入りする、路地裏にひっそりと建つ 雑居ビルの中程のフロアに入る 地味目の店だ。

「それでね、麗海・・」揃いのトロピカル・ドリンクを嗜みながら、宥海が切り出した。聞いた麗海は「あぁ何?あたしが あの兄弟と絡んだ事、まだ根に持ってんの?」と、ぶっきらぼうに返した。宥海「いや、そうじゃなくて。そんな事は貴女個人の問題だから、どうこう言わない。聞きたいのはね・・」 「はい・・」 「恆さんの弟、存君の事よ」 「あは・・彼、ホスト上がりで洒落てるから、お姉ちゃんも気になってたんだね?」

宥海「まぁ、何とでも思ってくれりゃ良い。そりゃ、あたしだって全然気にならない訳じゃない。そこで・・」曖昧に言葉を区切ると、宥海の語調は 急に静かになった。「うんうん、何が訊きたいの?」それに気づいた麗海は、合わせる様に声量を落としてきた。

宥海「あの兄弟と貴女の事は、盗んだおカネを返したかという所も含めて、今は糾さない。それより・・」 麗海「うん、何?」 「ちょっとね、存君の『男』の事を訊きたいのよ。彼は以前 ホストだったらしいから、あたし達への当たりが好いのは期待してる。それでね・・」 「はい・・」 「貴女は、存君とも交わったんでしょ?どう思ったの?」

麗海「うん、そりゃ素敵よ。恆(ひさし)お兄さんも好い感じだけど、彼はもう少し大きめで あたしを気分よく昇らせてくれたわね。流石はホストが前職だなって感じでね・・」 「ふふ・・それ聞いて、ちょっと安心したわ。恆さんはとても良く当たってくれるけど、どうかしら・・まだちょっと粗さもあるかなって感じで。でも、存君がそういう風なら、今から期待が持てるなぁ・・」 「うん、まぁね。お姉ちゃんがそういう気持ちなら、きっと上手く行くんじゃない?」

同じ日の夜、黒木と弟・存も夕食を交えて金盛副都心で会っていた。こちらの兄弟も 夏の平装。以前も入ったインド料理店で、こちらも「あの姉妹」の話題が出ていた。予想通り、存からは 姉・宥海についての質問が出た。「お姉さんは、どんな感じの女性(ひと)かな?」 黒木「あぁ、そりゃ素敵な女性だ。麗海さん程の『華(はな)』はないけどな」

存「そうか、麗海さん程の華はなしか。でも・・」 黒木「はい、何だろ?」 「それはとりも直さず、清楚な魅力って事だよね?」 「あぁ、アハハ・・ま、そういう事になる・・かな?」 「兄者、この期(ご)に及んで誤魔化さなくたって良いじゃないか。それが本当(マジ)なら、ズバッと言ってくれた方が納得だな」 「そうか、悪かった。そういう事なら、宥海さんはホント、清楚が魅力だよ」

存「そうか、分かった。ついでに兄者の考えも・・な」 黒木「ほう、何が分った?」 「つまり、兄者の考えってのは、麗海さんが中々兄者のとこから離れてくれんので、俺が彼女に近づき始めた様に見えるってとこで、宥海さんと事に及ばせて、麗海さんを動揺させようって事じゃないかね?」 「中々好い理解をしてくれたな。全部じゃないが・・」 「まぁね。兄者の顔見りゃ、大まかな考えってのが分るって事で・・」

「とに角・・」黒木は続けた。「その俺達兄弟と彼女達姉妹で、一度所謂スワッピングみたいな交換行為をしてみようって事で、一応了解もらったんだ。勿論 彼女達の体調の良い日に あの事をやるつもりだが。まぁもう少し先、8月の真夏になるかも知れんが・・」 「分かったよ。中々面白い案じゃないか。まぁ 8月といえば、夜も相当暑くなってるとは思うが、兄者も俺も それは気にしない質だから良い。後はそう、彼女達次第だね?」

黒木「まぁ、そんなとこだな。それにお前は 麗海さんと中々好い感じで接してるから、俺もそいつを後押しできたらと思うんだ」 存「まぁ、大きなお世話にならない事を祈るわ。兄者は 麗海さんの方を遠ざけたい風だから、そこのとこは俺も手伝わせてもらうよ。後 日取りはそう、全員が都合良い日はそうそうはないから、気を付けて固める様にせんとな・・」 「そうそう。だから月内はもう押し詰まってるから、多分真夏の来月・・かな?」 そう言葉を継ぐと、黒木は思わず苦笑した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 中島カノン
今回の「音」リンク 「ストーミー (Stormy)」 by Santana (下記タイトルです)
Stormy
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。