FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第46話「対峙」


9f5327ea.jpg
「困った事だが・・」上体を預けてきた 麗海(れいみ)の口舌を受け入れながら、一方で黒木はこうも感じていた。「俺は・・俺はいつも、こういう場面になると どうなってくのか気づくのが遅いのだ。いや、女が相手の時ばっかりじゃない・・」

つまり「一事が万事」に近いという事を 今更の様に認めざるを得ないという事かも知れない。幼少の頃、時に両親から虐待まがいの扱いをされた記憶もあるだろうが、学生時分・・そして社会人になった後も、彼の軌跡は何となく要領が悪かった。想えば 以前の勤務先を辞したのも、そうした事が一因といえるかも知れなかった。それはさておき・・

「ふふ・・」随分濃厚な、黒木に見舞った接吻(キス)を区切ると、麗海は 美しくも少し陰のある笑みを浮かべた。「今度はね、下の方に接吻したいな。ねぇ恆(ひさし)お兄さん、こっちの方は、あたしの希望(リクエスト)通りよね?」そう続けながら、黒木の 緩く纏うバス・ローブの低い合わせ目に手指を伸ばしてきた。

それは、希望としいうより命令(オーダー)に近かった。「つまり・・」籠りながら、彼は応じた。「俺はノーパンかって事だよね?」 聞いた麗海は「いかにも左様!」と古風に言い、合わせ目に滑り込ませた手指をまさぐる様に動かす。「何だよ、これ・・」些かついて行けない風情の黒木であった。「普通はだよ。こんなのは、男が女に向かって訊く事だよな。手の出し方も。今、全く立場が逆になってる。う~ん、これで良いのか悪いのか・・」

そうする間に、麗海の白い手指に促された 勃起した竿が姿を現す。「さぁ、お兄さん!」座下黒木の面前にかがみ込んだ麗海は、まずは見事に礼儀を正した竿(男根)の先端(亀頭)に ゆるりと手指を走らせる。ソフトだが大変な刺激。改めて「ど・・何処で覚えた?」黒木にそう問わせずにはいられない 快い感触を及ぼした。

「もう・・」緩く揉みしだく様に、亀頭を愛撫しながら麗海「そんな事、どうだって良いじゃないの。それよりさ、この中に貴方の悪い虫が住んでるんだよね。『悪い虫』って言うより『狡い虫』かもよ。こんなにあたしが、優しく愛したげてるのに、全然お顔を出さないなんて失礼だわ。でも分かってる。この虫、あたしが手や口で試してる間は、奥で様子を見てるんだ。そしてね、お竿があたしの女に繋がると、初めて動き出して攻め込んで来るのよ。あぁ、考えるだけでも嫌らしい!」

「あぁ、そう感じる?俺、言われて初めて気がついたんだけどさ・・」と、この期に及んでも鈍さ変わらぬ黒木であった。「あ・・あの時になるとさ、俺も頭ん中が真っ白だから、そういうとこまで考えが回らないんだよね。まぁ悪いかもだが、どうにもならんとこもあってね・・」 麗海「まぁ良いわ。ご心配なく。男はそれで良いかもだし・・」 「ご理解有難と。あっ、余り力を籠めないでね。俺、い・・今、発射しそうになっちゃった。うぅぅ・・」

麗海「ふふ、流石は存(たつる)さんのお兄さんだわ。我慢しないで 堂々とあたしの顔に出して良いのよ。期待してるわ。あの白い液(ジュース)は美容にも良いらしいんだって!」 黒木「ハハ、なる程ね。でも貴女はもう十分美しいから、無理しなくて良いんじゃ・・?」 「まぁ良いじゃないの。合体前に一度位発射したってさ。まさか、出し惜しみって訳じゃないよね。そのつもりなら、あたしにも考えがあるんだけどな・・」言葉を区切ると 麗海、今度は紅潮した黒木の亀頭に食らいついた。

「うぁ、わわわ・・!」危うく射精に追い込まれそうになった。「こ・・ここで出しちまうと、繋がって昇った時の絶頂感が大きく違うからな。叶えば、何とかもたせたい訳よ・・」 勿論、亀頭から幹、陰嚢へと口舌を走らせる麗海の意図とは違う。「ん、ん・・」低い呻きの様な声と「クチュクチュ・・」微かな愛撫音を伴い、麗海「ねぇお兄さん、さっきから言ってるでしょ。我慢しないで あたしの顔にぶっかけてよぉ・・」 ビクンビクン・・と脈打つ幹に、執拗に口舌を走らせ続ける。そして・・

「あ・・ああっ、ダ・・ダメッ、の・・昇るぅ~っ!」最初の絶頂に押し上げられた黒木、遂に溜まらず発射した。「おしおし(良し良し)・・」宙を飛んだ男精を、麗海はすかさず顔面で捉えた。「狙い通りだわ。ふっふっふっ・・」 「呆れたな・・」まだ息を荒げながら、半ば放心してその様を眺める彼に、更なる言葉が飛んだ。

「ねぇ、お兄さん・・」甘えた様な この出方をされると、黒木は麗海の求めを全て断れなくなる気がしたものだ。それを見透かした様に、彼女が続けた。「これ、舐めて欲しいわ・・」 「な・・何と!」驚き呆れた感情を飛び越え、最早疲労感さえ抱き始めた黒木であった。

「あぁ、分かった。今からね・・」 深呼吸一つ、気を取り直した彼は、くっきりした美しさを誇る両眼の下辺りに降臨した男精を、己の舌でなるべく丁寧に掬い取った。すると麗海、言葉を発せないのを察して、その口内を指さす。「口移しをせよ」との要求だ。「あは、そういう事ね・・」半分は内心で呟きながら、黒木は麗海に、唇を合わせて行った。

「ふふ、ご馳走様!」まだ生暖かさの残る男精を全て飲み下すと、麗海は又 輝く様な笑みを見せた。そして「実はね、今の液(ジュース)が飲めると、あたしの下方(アンダー)がカッカと燃えてくる様な気がするの。貴方、このお熱を下げてくれるよね?」 黒木「あぁ、勿論。望むとこですよ。でもね・・」 「はい・・」 「それやって、お熱が下がらないかもだけど、良いの?」 「それはその時次第。お熱が上がったら、その時はその時よ」 「了解!それなら・・」少しの勇気を得た黒木は、長手ソファ上に麗海を寝かせ気味に座らせると、その両脚をグッと押し開いた。

「おー、貴女もノーパンだったか?」黒いフレア・ミニのアンダーが脚と一緒に開かれ、露わになった麗海の下方も又 一糸纏わぬそれだった。「貴方に合わせたのよ。要求しといて、あたしだけショーツ着けてたら、公正(フェア)じゃないでしょ。それとも何かしら?貴方が脱がす楽しみがあったなら、ご免なさいね」 黒木「あ、いやいや・・そういう意図なら理解しますよって。でも、そうだね。脱がす楽しみって確かにあるなぁ」

麗海「そぅ・・それは悪かったし、惜しかったわね」 黒木「まぁ、良いでしょう。そいつは 又今度の楽しみにしとくよ」 「ご理解有難と。ところでどう?あたしのアソコ、しっかり燃えてるでしょ?」 「うんうん、素晴らしいよ。燃えてるってよりは、輝いてるって感じ。ホント、宝石だな」 「貴方も、褒めるの上手くなったね。どう?眺めるだけじゃなくて、味もみてくれないかしら?」 「勿論!そうさせてもらいます」

M字に開かれ、輝きと湿度を併せ持つ麗海の秘溝は、後少しで連結の頃合いに達する風情だった。適度に滴る秘液が、薄く周囲を取り巻く下草を潤わせる。「うんうん、今夜も素晴らしいぞ。よしっ、まずは挨拶・・と行くかな」 又一つ深呼吸・・気合を整えた黒木は 今度は上体を前傾させ、手指で臀丘の優れた肌の感触を愛でながら 麗海の秘溝の外周・大陰唇に口舌を合わせて行く。

「ん、ふうっ!」低く籠った喘ぎを確かめると、まずは外周に一回り 丁寧に舌を走らせる。次いでその奥の小陰唇への接吻を経て、微妙に舌先を走らせる。「ん・・ああっ!」麗海の喘ぎが、音階(トーン)を上げるのが分った。「それでは・・」黒木、様子を見て 今度は舌先を固め、麗海の秘溝にゆっくりと繰り返しの出し入れを試みた。「あはぁっ、あっ、あっ、い、好い~ッ!」この夜、最も甲高い喘ぎ。しかしそうした声を発しながらも、麗海の頭脳は一方で 何か醒めた様な冷静さを守る所があった。「どう?お兄さん。姉への想いが、これで随分揺れてるでしょ・・」とでも問う様に。
(つづく 本稿はフィクションであります。2020=令和 2年の拙連載ここまで。各位どうか良いお年を)

今回の人物壁紙 明里つむぎ
今回の「音」リンク 「シャイン・オン (Shine On)」 by George Duke 故人、ご冥福をお祈り致します。下記タイトルです。
Shine On
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。