FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第50話「見立(みたて)」

9cf9753b.jpg
近頃はめっきり減った、音声での通話を以て 黒木は巽(たつみ)弁護士に JR金盛駅にいる事を伝えた。「で、買い物は済んだのかね?」の問いに黒木「いえ、これからです」 聞いた巽は「丁度良かった。実はさ、今夜の夕飯 自分で都合しなきゃいけなくなったんだ。家族が皆 出かけちまってね」 「そうですか。自分はよろしいですが、じゃあいつものとこでお待ちしましょうか?」 「そうしてくれりゃ、有難い。後少しで出られると思うけど、もし遅れる様なら堪忍な。その時ゃ又 連絡するからさ」 「了解しました。お気をつけてどうぞ!」

「こりゃ又、ご馳走になるコースかな。ただ今日は、存(タツ)を呼べない事情があるからな・・」 後述する事情と 急だった事もあり、巽と会う事を まだ弟の存(たつる)には伝えていない。少しく心外ではあるが、この日は黒木のみで巽と会う事にしたのだ。

JRに名豊電鉄、それに N市営地下鉄が乗り入れる 金盛総合駅の向かいには、黒木が折々買い物に訪れる 大手系の商業施設ショッピング・モールがある。よく郊外で見られる程広大ではないが、ここの 3Fに 時折訪れる喫茶店があり、一度や二度は、宥海(ゆうみ)、麗海の姉妹をそれぞれ案内した事もあった。そして巽弁護士も休憩を兼ねて用務をこなしに来る事があり、この夕刻は、この店が待ち合わせ場所になったという事だ。

「悪いね、お待たせ!」 「いえ、とんでもない。ご苦労様です!」 アイス・コーヒーをゆっくり嗜みながら 窓際のカウンター席でぼんやりと外に目を遣っていた黒木の処に、締まった足取りで 後着の巽が現れた。この日は黒木とそう変わらぬ平装。「日曜のとこ、有難うございます!」黒木が一旦立って一礼すると 「こちらこそ。相変わらず暑いなぁ。大丈夫?」巽の方が気遣っている風情だ。

黒木「はい。まぁ、お蔭様で何とかやってます。若いですから決して弱音は吐けませんからね。先生も、無理されない様に・・」 巽「あぁ、有難う。もう長年の経験で、加減は分かるつもりだから。でも年毎に暑さが増してる感じがするのは事実だね」 「ホント、そうですよ。よく言われる『茹で蛙』の例えみたいに、変に慣れない様に気をつけないといけませんね」 「おー、それそれ。何かね、齢(とし)を重ねると、暑い寒いの感覚が鈍るらしいから、要注意だな」 巽もアイス・コーヒーを嗜み、暫しの雑談。

巽「恆(ひさし)君は何・・金盛界隈は詳しいのかな?」 黒木「いえ、詳しいレベルではないですよ。自分、休みの日やその前は、主にここのスーパーで食材買って 自分とこでの食事が多いです。ネットとかしながらできますからね。まぁ片付けがちょっと鬱陶しいのは事実ですが・・」 「あぁ ネットね。そうか、PCやスマホ、タブの画面見ながら食事って事かね?」 「しょっちゅうって訳じゃないですが、そういう場合もありますね」 「そうか。今の若い世代って、以前よりは飲み歩かないらしいって話を聞いたけど、あながち間違いじゃなさそうだな・・」 少しおいて・・

巽「今日、恆君と会えたのは良かった。ほれ、君達兄弟のカネを盗った 綺麗な彼女の事をさ、ちょっと聞いておきたかったって事でね・・」 黒木「やっぱり・・そう来られるだろうと思いました。ここでも良いけど、場所を変えてお話した方が良いかな?」 「それも良いね。所で、存君も呼ぶのかな?」 

黒木「それです先生。今日は彼(アイツ)を呼ばん方が良いかなと思うんです。無理すりゃできますがね」 巽「いや・・恆君が不都合なら、一対一でも良い。どこか好いとこは、知ってるの?」 「それです。先生はどんなメニューがお好みですか?」 「そう来たか。正直、生モノでない方が良いな」 「分かりました。じゃあ、インド・カレーは?」 「あぁ、好いねぇ。それで決まりだ」 「有難うございます。席だけ押えますね」 黒木、又も音声で馴染みのインド料理店の予約を入れ「OKです。ゆっくり目で良いでしょう」と笑って巽に伝えた。

辛口が反って夏場に相応しい、カレー料理のコースを嗜みながら、黒木と巽は 麗海についての情報をやり取りした。盗んだカネは、黒木には返したが 存のはまだである事も正確に伝えた。「そうか・・」黒木の話を、巽は冷静に捉えた。「それで 存君が同席しない方が良いと・・」 黒木「まぁ、そんなとこですね。まぁ彼(アイツ)から盗った分も、この週末に必ず返すって事を言ってますね」そう返した。

巽は続けた。「実はさ、今回の件 多分示談かなと思って一応準備してた訳よ。まぁ知ってると思うけど、彼女は初犯該当だから 立件や起訴されても刑は執行猶予になる。でも君ら兄弟の希望は、彼女の手に縄をかけない事だったもんな?」 黒木「そうです。それだけは絶対に避けたかったんですよね。これは存(タツ)も同意見です」

巽「よしっ、状況は分かった。もう示談にもしなくて良さそうなレベルだな。後はまぁ 大人の事情もあるだろう事は分かるが、存君に必ずカネが返る様 恆君も目視で確かめるの忘れん様にね」 「ええ、勿論!それは先日 彼女と会った時・・つまり自分の盗られたカネが返った時に、はっきり聞きましたので必ず実行するつもりです」 「くれぐれも宜しく。それと、全部解決したら、口頭で良いから 報告が欲しいな」 「それも勿論です。遅くとも来週初めには全て解決のはずですから、必ずお知らせしますよ」

麗海の件が区切られると、丁度食後のアイス・ティーがやって来た。店内の BGMは、巽と黒木の双方が好むジャズ系がメイン。「本当はさ・・」と巽。「はい・・」黒木が短く返すと 「この後で、例のジャズ・スポットへ流れようかと思ってたんだけど、行かずに済みそうだ」 「あぁ、その方が良いんじゃないですか。明日がありますから。何せ 一番キツい月曜ですからね」 「ハハ・・所謂『ブルー・マンデー』かね?」 「残念ながら、事実です・・」 二人はそう言葉を交わすと、図った様に顔を見合わせ笑った。苦笑かも知れなかったが。

「恆君、これは気が進まなければ答えなくて良い」と前置きした上で、巽が訊いた。「彼女とは、深い仲なの?」 黒木「あぁ、その方ですね。まぁ、表だけのお付き合いよりは、ちと進んでるかなってとこです。実は姉妹だってのは、先生にもお話しましたよね?」 「ああ、聞いてるよ。君の本命は、お姉さんの方だった様な・・」 「実は・・そうです。自分は宥海さんの方が好感でして・・」 「うんうん、立ち入った様で悪かった。まぁ先方には、本当の気持ちを伝えた方が良いな。姉妹さんだと言っても、間違った信号(シグナル)は出さん方が良いからさ」 「・・ですよね。ホント、ここは気をつけないと・・」 「まぁ、そこは上手くやってくれ」

「良いぞ。今夜も任せとけ!」 「どーも済みません。又もやご馳走様です!」 半ば想像した通り、この夜も奢(おご)られた黒木。
巽がこの後も用務を抱えている事は分かっていたので、ここで辞して帰る事にしていた。勿論、弟・存や宥海、麗海との連絡も必要だったからだが。別れ際「目途が立って良かったけど、何かあったら 又連絡を・・な!」の巽の言葉に「はい、有難うございます!できるだけない様 心がけますが、その時は 又宜しくお願いします!」夕方の合流時より深い一礼で、帰る巽を見送った。

居所へ戻ると、軽いシャワーを経て 居間で TV番組相手に寝酒を煽りながら、まずは存に LINE送り。「存(タツ)、例の示談はなしな。巽先生にも報告した。これで麗海さんが問責される事はなくなった。カネは今週末、必ず返る」 程なく返信あり。「兄者、ご苦労だった。カネの件は信じる。それより今度の週末、心おきなく姉妹さんとも会える訳ね?」 「そうそう。集合時刻や場所とかは、直前で詰めるからな」 「了解!」 存との交信が終わると、次は宥海、麗海の姉妹に送信。「今度の金曜夜は、宜しくです」 姉妹からは 前後して「了解した。不都合なし」の意の返信があった。ここまでは、概ね黒木の見立て通りだ。途中から思惑通り行くかどうかは不明だが。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 辻本 杏
今回の「音」リンク 「キャン・ユー・スタンド・ザ・レイン (Can You stand The rain)」 by New Edition (下記タイトルです)
Can You stand The rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。