FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第51話「事後」

f503c6ce.jpg
前日の土曜から「事」を交えて日曜午後まで共に過ごした後、麗海(れいみ)が黒木の眼前に現れたのは、翌月曜の朝だった。この日、伯父の事務所へ応援に赴くべく 正装にて出かけようとした矢先、玄関の「ドア・チャイム」が鳴った。「何だよ、何なんだよ。朝の忙しい出がけに、一体誰だ・・?」

「はい、ちょっと待って!」些かぶっきらぼうな返事を以て、応対に出てみると、そこには普段とは異なる麗海の姿。暑い時季らしく ブルネットを後ろで纏め、淡色のサマー・スーツ上下に揃いのパンプスという 隙のない姿がいかにも「さぁ、今から仕事!」という風情だ。

麗海「お早う。朝から悪いわね」 黒木「お早うです。こちらこそ悪い!今から伯父貴のとこへ応召って感じでね」 「伯父様のお仕事でしょ。分かってるわよ。これも遅れて悪いけど、つい先日から 恆(ひさし)お兄さんのお部屋の上辺りに越して来たんでね。とりあえず、そのご挨拶よ」 「そうか、わざわざ済んません」と返して黒木は「!」と感じた。まぁこの反応も遅かったのだが。

そういえば、この 8月最初に麗海と会った第一土曜の前日、たまたま日中に帰宅した黒木の眼中に、敷地の駐車場に 引っ越し業者「H」の 2t級トラック いすゞ・エルフのアルミボディ車が入ってきているのを目にしたのだ。「誰だろう・・」位の感じはしたが、今思うと、それが麗海の引っ越し荷物を搬入する便かも知れなかった。

「これ、引っ越しのご挨拶ね・・」麗海はそう言い、小さい包装を差し出した。「あぁ、有難と。お互い忙しそうだから、良けりゃ 又夜にでも話しましょう・・」受領した黒木がそう返すと 「良いでしょう。又 今夜辺りね・・」麗海も応じ、ここは直ぐに立ち去った。挨拶の品は、丁度黒木が欲しかった 旅行用洗面セット。年に一度二度はある 遠方への撮影行にも使えそうだ。「有難い!」

「お早うございます!」予定通り 9am少し前に出社すると、伯父「あぁ お早う。今日の予定は分かってるな。所で・・」と、普段キビキビと用件の指示をしてくる伯父にしては、妙に語尾が不明朗だった。「ん?何かありました?伯父さん・・じゃなかった済みません!社長・・」 「ふむ、今朝はまぁ良い。それよりも、お前の知ってる 平 麗海さんな。今月一日付で、お前の住んでる棟に入られたの 知ってるか?」

黒木「あぁ、はい。知ってます。つい最近ですがね。まぁ 挨拶に来られて、お互いこれから宜しくですってな話はさせて頂きまして」 伯父「そうか。もう大人だから 細かくは言わんが、お客様には違いないから、一応気に留めとく様に・・」 「はい、それは勿論・・」 会話が区切られると、黒木は他の社員らと共に、伯父からその日の予定と訓示を受けるのであった。

伯父の応援は午後途中まで。その後 就活の面接一件をこなすと 6pm過ぎに居所へ。「夕飯は、麗海さんと一緒かな。でも平日は忙しいから、意外に都合はつかないかもな・・」 会えなければ、己だけで外食か、買い物に出るか・・。思案の途中で LINEが入る。

「恆お兄さん。麗海です。ご免なさい、これから会合なの。でも、遅くて良ければ顔出せそうだから、そのつもりでお願いできると嬉しいわ」 見た黒木「了解しました。業績がかかってるだろうから、会合は上手くやってね。俺の方は無理しなくて良い。今夜がダメなら明日もあるし」 「分かった。とに角行ってくる」 「ご安全に・・」

結局、買い物で食材を調達して夕食。シャワーを経て TV報道チェックやネット徘徊などで過ごしていると 9pm過ぎに又受信。麗海「今、終わりました。1Hは、かからないかな・・」 「了解。でも、本当に今夜ここへ寄るの?」 「うんうん。越してきて最初だからね。明日よりは今夜が良いわ」 「それも了解。でも月曜の夜だから、無理なくね・・」 「全然!じゃあ、後で・・」 交信ここまで。

「寝酒位、飲むかな?」とも思い、小さいリキュールのグラスを出しておく。冷蔵庫には、甘口の独産ワインも忍ばせてあるが、既に酒気が入っているなら 出番の可能性は薄いかも知れない。応接の用意を一応済ませ 更にネット画面に向かっていると、きっかり 10pmに 例のドア・チャイムが鳴った。

「今、開けるから!」外に向かい はっきり聴こえる様に返事しながら玄関へ。外からは「急がなくて良いわよ」の反応。会合から帰った麗海は どうもシャワーまで済ませたらしく、着替えた夏の普段着にサンダル、それに甘い香りの洗い髪という風情だった。

「うーん、エロいな・・」と、黒木はつい思った。えてして脚など下方にばかり視線が行きがちな彼だが、宥海(ゆうみ)、そして麗海の長い洗い髪にも 近頃は「エロ」を感じ始めていたのだ。「まぁ、水気のまま触るのもどうかってとこだな・・」とも思い、とりあえず部屋に通す。落ち着いて少しおくと「どうする?ドライヤー使う?」静かにそう訊いた。

麗海「あぁ、有難と。今ね、帰ってきて速攻でシャワー浴びて着替えてきたんだけど、ドライヤーの時間なかったのよ。でも・・」 黒木「はい、聞きましょう」 「恆お兄さん、ホントは濡れたままの洗い髪、好きなんでしょ?」 「あぁ、まぁね。でも、よく分かったね。貴女の観察力、大したもんだよ」 「だってさ・・今夜初めてこの部屋入った時の 貴方の視線って、何かネットリした感じだったもの・・」 「あ、いやいや・・。俺、そんな気で見てた訳じゃないけどね・・」 「ふふ、あたしに嘘はつけないわよ。このエッチ!」

ある意味追い込まれた黒木、もう強く否定できない風情だった。そこで 洗い髪の方はそれ以上言い返さず、話の矛先を変えた。「会合は、好い感じだったの?」 洗面台から戻った麗海「うん。まぁそんな風かな。いきなり商談って訳じゃないけど、まずは取引先の方達と 気持ちを通じられる様にってとこね」 「まぁ、そういうのも大事だよね。後々 上手く行くって事だってあるし。あ、これ・・俺の方も似た感じだからね」 黒木がそう返すと、長手ソファに並び座った二人は目を合わせて笑った。

黒木は続けて訊いた。「酒気(アルコール)は進んだの?」 麗海「それは、深入りしなかったわ。女性向けにワインやブランデーもあったけど、あたしは最初の食前酒(シェリー)を一杯だけ頂いて、後はアイス・ティー。特に男性は 飲む方は飲むんだけど、あたしは誘われても深入りしなかった。ああいう席でもさ、悪くすると 近くにお部屋とかが確保してあって、好き者の男に連れ込まれて悪さされるって例があるらしいの。ちょっと そういうのはパスだからね・・」 そして、黒木が冷蔵庫を開けるのを観察していて「あっ、そのワイン・・開けようよ。飲み直したいんだ」と、独産の白ワイン、ハーフ瓶を指示した。

黒木はそのボトルとワイン・グラス二個、それにつまみのナッツや野菜スティックをセットしながら 「ハハ、そうか。話には聞くけど、ホントにあり得るんだね。又、相手の女性も こう言っては非礼かもだが、何か『軽い』って言うかね・・そういう間柄って感じなのかな?」 麗海「その通りって訳じゃないけど、かなり近いケースはあるみたいね。でも・・」 「はい・・」 「あたしはあたしで 色々大切な事があるから、そっちの方へは近づかなかったって事よ。今週末に 大事な集まりもあるしね・・」 「あぁ、はい。ま、そんな・・ですな」

「もう一つは・・」麗海が念を押す様に続けた。「はい、何だろ?」その言葉に、黒木はなるべく明快に応じようとした。彼女の意図が、何となく読める様な気がしたからだ。「又また、宥海さんには悪いけど・・」一方で、そういう想いもありはした。そうした彼の態度を、麗海は鋭く読んでいる様だった。そして・・「もう一つはね、やっぱり恆お兄さん、貴方の事よ・・」

曖昧に言葉を区切ると、麗海は更に「グッ」と右方の黒木に近づき、右手を彼のバス・ローブの下方合わせ目に滑り込ませてきた。目的は一つ。又も 彼の「竿(男根)」を狙っている様だ。「あ、あの・・。一昨日、昂ったばかりだ。お・・俺は、まだ回復してないと思うんだけどな」何とか言い訳を・・とも思うが、この夜の麗海も 聞く耳を持ち合わせていない様だ。「ふふ、言い訳は聞きたくないわ。男らしくなくてね。普通、二日もあれば十分回復じゃないかしら?」 麗海の白くなよやかな手指は、更にバス・ローブの奥を窺う仕草を見せてくる。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 吉永佳純
今回の「音」リンク 「メイキング・ラヴ・イン・ザ・レイン (Making love in The rain)」 by Herb Alpert (下記タイトルです)
Making love in The rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。