FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第53話「疑念」


同じ頃・・黒木の「本命」たる宥海(ゆうみ)は、出演する N.G.T.Vのキャスターや関係者が交代で夏休みに入る時期もあって、連日の出局となっていた。両親と住む実家への帰りは夜遅くもままあり、タクシーに乗ってのそれも多かった。勿論週に一日位の休みは確保していたのだが、梅雨の頃の様に、ゆっくり黒木の居所を訪ねる程の余裕には恵まれない日々だった。

そんな姉の多忙を見透かした様に、妹・麗海(れいみ)が実家を出て、あろう事か 黒木の居所直上の部屋へ引っ越した事は、彼からの LINE連絡で知った。「もう・・」第一報に接した宥海は、思わず嘆く様に呟いた。「近い内に引っ越すとは聞いてたけど、よりによって 恆(ひさし)さんちの直ぐ上なんて・・どういう考えなの・・?」

これまでの付き合いで、黒木の呑気さとアバウトな性癖は分かりかけていた。だからこそ、一度は麗海にカネを盗られた事も、そうした所が絡んでいるのだと理解していた。もう一つ懸念されるのが・・そう、麗海が黒木の居所に出入りし易くなる事だ。

「彼女(あいつ)、何故か恆さんの『男』に異常に執着するのよね。ま、ある程度は分かる様な気もするけど・・」その辺りは、黒木が麗海と最初の「間違い」を起こした事とも関連するだろう。成り行きで深みに嵌り、結果 麗海の処女を奪った事に、後々になって気がつく 救いがたい鈍さ。麗海は以後、それをネタに 何となく黒木に付き纏う挙に出ている様に見えて 仕方がなかった。

前月の 7月下旬某日、宥海は 引っ越しを間近に控えた麗海と、その辺りの話をする機会を得た。N市の中心部、栄町近辺にある 若い女達の隠れ家的な レトロ風喫茶店に流れた時の事だ。「貴女、恆さんをどう思ってるの?」姉妹共にアイス・ティーを嗜みながら、宥海は割と直(ダイレクト)に、麗海に質(ただ)した。

麗海は、これも割合率直に返してきた。「恆お兄さんは、お姉ちゃんの本命だよね。それ自体に異議はないの。お兄さんの進路さえ決まって 決まった収入がある様になれば 今後の事(つまり結婚の事ね)も安心だろうし。でも・・」 「でも、何よ?」 「その事よ。余り大声じゃ言えないけどね・・」そう言葉を継ぐと、麗海は一旦席を立ち、姉妹対面で使っていた 四人用ブースの 宥海の隣席に移ってきて、その髪を無遠慮に押し分けて、露わになった耳にひそひそと囁きかけるのであった。

「分かってるでしょ。お兄さんの男・・つまりお竿(男根)ね。その立派なモンは、あたしの処女を奪った悪い虫よ。あたしね、お姉ちゃんがお兄さんと深い仲になる前に、もう少しその虫を懲らしめて納得したいわけ。もう一つは、お兄さんのお竿の感触って、あたしも好きなんだ。だから、いつまでもとは言わない。もう少しだけ、お姉ちゃんと お兄さんの『男』を共有したいって事よ・・」

「ホントにまぁ・・」随分と身勝手に思える 妹の囁きを聞いた宥海はしかし、ギリギリの所で苛立ちを抑えた。「もう、貴女(アンタ)って娘(コ)は・・」そう叫び出したい所を、何とか踏みとどまったという事だ。「分かったよ。ただね・・」憤りに近い気持ちを抑えながら、宥海は努めて静かに言ったものだ。そんな気持ちを意にかける事もなく、麗海は「うん、何よ?」と 軽い感じで返す。「近所になるからって、恆さんに迷惑になる出方をしちゃダメよ。ただでさえ、あの一件があるんだから・・!」 「分かってます。あの時のおカネは、もう返せる様に用意したわ。存(たつる)さんの分もね」 「そういう事なら・・」 「そういう事よ」

そして麗海は どこで覚えたのか、遥か以前に喜劇俳優の故・植木 等が歌ったコミック・ソングの節で替え歌を始めた。「一言文句を言う前に、それお姉ちゃん、それお姉ちゃん。貴女(アンタ)の妹信じなさい、それ信じなさい、それ信じなさい・・」とやった。「フン!」と鼻鳴らしで返してやりたい 些か屈辱の匂いのする出方だったが、宥海はこれも何とか堪(こら)えて凌ぎきった。

宥海「その歌なら、恆さんちで何度か聴いた事があるわね。昔あった元歌だけど・・」 麗海「そうそう。彼、植木さんの CDを何枚か集めてて、ホント 随分昔のだけど、結構面白いんだよね」 「ふぅん、貴女(アンタ)も聴いたんだ?」 「まぁね。全部じゃないけど。それに ネットで昔の動画も上がってて、今のとは違った面白みがあって、結構好い感じじゃん・・なんて思ったね」 思わぬ接点があって、姉妹は暫く そうした話題で過ごしたのだった。そうはしても、姉の抱く 妹への疑念は、そう簡単に拭えるものでもなかったのだが。

「それは良いとして・・」今は妹と距離を置く宥海は、夜の自室でそう呟いた。「放っておくと、更に厄介な事になるかも。何とか麗海を遠ざけられる様、恆さんにも考えて欲しいわ・・」 一呼吸おいて「あっ、そうだ・・」 そして「今、考えてた事を、恆さんに送っとこうかな・・」そして LINEアプリを立ち上げた。

「恆さん、今晩は。この文は、本当に時間のある時に落ち着いて読んでね。麗海が直ぐ傍へ引っ越した件、むしろ余り構わないでやってくれると嬉しいわ。もしアイツから訪ねて行ったら、その時は適当にあしらっておいて。何しろ 今度の金曜に良い事がある様、祈ってるわ。麗海も顔位出すだろうけど、存君も来るって聞いてるから その辺は上手く・・ね」

送信して暫く後、折り返す様に 黒木から返信。「有難う。忙しい様だけど、元気そうで安心です。そうだね、俺も下手し易いけど、話は了解です。麗海さんも そろそろ手を引いて欲しいから、俺も何とかそう仕向ける様にします。少しだけ時間をもらいたいのは申し訳ないけどね」

8月の第ニ金曜になった。当日はやはり、猛暑の晴天。TV出演などが重なって忙しかった宥海も、この日午後から日曜までは休日にしてあった。親達には 同級生と関西方面へ旅行という事にしてあった。夕方前、薄い夏のアッパーにパンツ、スニーカーという当たり障りのない出で立ちに、洗面具などを入れたポーチと やはり少し着替えなどの肩バッグを携えて出かける。もしかして、黒木と交わる場合の事を考えての事だ。

一方の黒木。彼も 伯父の事務所の応援は午前まで。昼食を鋏み 偶然入った就活一件をこなし、夕方前には手を空けて、待ち合わせ場所の 弟・存が行きつけの居酒屋へと向かう手筈を整える。四人が集まる場合も考えて、居所は 寝室のベッドや居間のソファ周り、浴室やトイレなど ざっと掃除しておいたが・・。

夕方 6pmの集合まで小半時。「もう少し、時間があるな・・」そう思い、オーディオで FMを聴きながら アイス・コーヒーで一息入れて暫く後、玄関の「JR」ドア・チャイムが鳴った。「おー、ちと早いな・・」そう思いながら応対に出ると、いかにも夏らしい 白っぽい薄手の装いで決めた 麗海の姿があった。「恆お兄さん、行くよ!」ゆったりしたノー・スリーヴのアッパーに、これも緩い長めのアンダーにサンダルという姿。これだけでも「あぁ、いかん・・」黒木は、下方の昂りを禁じ得なかった。

「ホント、ここで押し倒したい位・・だなぁ」 そう思いながらも「まだ少し時間がある。まぁ上がれよ」と促す。「そういう事なら・・」こっくり頷いて、サンダルを脱いだ麗海も上がって来る・・と思いきや、傍らに小ぶりのキャリー・バッグを携えている。そして「これは集まりに持ってかないから、預かってくれる?」ときた。「よしよし、良いでしょう・・」と返しながらも、黒木の脳裏には 芳しからぬ想像が宿り始めていた。「もしかして彼女、夜向けの『勝負衣装(コス)』でも入れてるのか?」 そして毎度の事ながら「アッパーは今のと同じノー・スリーヴ、アンダーはフレア・ミニにニーハイとかだと良いなぁ・・」などと良からぬ想像を巡らしたりするのであった。
(つづく 本稿はフィクションであります。1月分の連載ここまで)

今回の人物壁紙 相羽のどか
今回の「音」リンク 「縦書きの雨」 by 東京スカ・パラダイスオーケストラ (中納良恵さんとの共演。下記タイトルです)
Tategaki no Ame
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。