FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第55話「変意」

36e4385e.jpg
「あ、ヤバい・・」 あられもない M字型に両の脚を開いた麗海(れいみ)の股間に顔を埋めかけていた黒木は、その行為を中断せざるを得なくなった。先にシャワーを使っていた 宥海(ゆうみ)と存(たつる)が それぞれ白いバス・ローブにくるまって、居間へと戻ってきたのだ。いずれも着衣を直して出迎えたのは 言うまでもない。

「お先ね。気持ち良かったわ」笑顔の宥海に、黒木も心が和んだ様で「いやいや、良かったね」と返す。洗い髪が、少し時間を要した事を窺わせた。「宥海さん、ちょっとよろしいか?」そう呟いて 黒木が宥海に 己の隣に着座を促す。「ふふ、分かるわ。嫌らしいわね・・」少し嫌そうに返しながらも、宥海は黒木の意図が分っているらしかった。洗い髪の香りを愛でたいのである。

「兄者、やっぱり思った通りだな・・」その様を、弟の存がニヤニヤと笑みを浮かべながら見守る。「悪いな、存(タツ)・・」これも微笑み・・というよりは薄笑いで返しながら、黒木は宥海の黒髪を掻き上げ、今少し香りを愛でようと図る。が、この策は長く続かなかった。さぁもう少し・・という所で、浴室から声がかかったのである。

「ねぇ、恆(ひさし)お兄さん!」廊下や隣室にまで届きそうな大声を、先に入った麗海が発した。「あ・・あぁご免。す・・直ぐ行くからね・・」 「早くお出でよ!」 「分かった。今行くよ!」 名残惜しさをありありと残しながら、黒木はソファを立った。「宥海さん、途中になった。ご免・・」 「あたしは良いわよ。それより、麗海を黙らせてくれないかな。うるさいから・・貴方も同じでしょ?」 「あぁ、まあね・・」 黒木が浴室へ向かうと、すかさずその後に 存が座った。

脱衣し 浴室に入ると、既に全裸の麗海の姿。「ふふ・・」まずは一緒にシャワーを使いながら「お兄さんは、ホントは姉とこういう事したかったんだ。彼女 シャワーは勿論だけど、ベッドでも全裸で あの事がしたい口だからさ・・」 黒木「あぁ分かる。宥海さん、どっちかというと その方が好きみたいだからね」 途切れがちに会話を進めながらも、合間に隙を見ては 勃起しかかった竿(男根)に手を伸ばそうとする麗海であった。

「ねぇねぇ、お兄さん・・」 黒木「はい、何?」 「もう今からさ、お竿の礼儀を正しくしようよ。そうしないと、あたしの『女』と面会するの、お断りかもよ」 「あ、いや・・そりゃ困る。少しだけ待って・・」依然続くシャワーの合間にそう言って呼吸を整え少しおくと、黒木の竿は 見事に怒張して立派なそれになった。

「うん、よしよし・・」確かめた麗海、一回りは立派になった黒木の竿を、惚れ惚れと、或いはしげしげと眺め入った。「あ、あの・・」 下方を見入られた黒木、やっとの思いで「ここは、観察だけにしてくれないかな・・?」と、弱めに呟いた。「ふふ、見られるだけで良いの?」微笑みながら、竿の幹を摩り上げる麗海の表情には、これまでにない余裕が感じられた。

麗海は続けた。「どうかしら。見られるだけで興奮ってとこ?何なら一度位発射したって良いのよ。その時はね・・」 黒木「はい、何?」 「その時は折角だからさ。あたしの顔をめがけてお願い。何かね・・」 「はい・・」 「貴方の男精(ザーメン)浴びると、あたし、何かもっと綺麗になれる様な気がするの・・」 「やれやれ、そういう事か・・」

「そんな妄想は卒業しろよ!」そう叫びそうになるのを、黒木は辛うじて止めた。そして「その願い、二人だけだったら叶えたげたいんだが・・」 聞いた麗海「ハハ・・。つまり、存さんと姉がいるからダメだって言いたいんでしょ?」 「あ、あぁ・・まぁね」曖昧に返す黒木の身体に、少し熱めにしたシャワーを見舞いながら、麗海は「それ、平気よ・・」二っと笑って、 今度は竿に湯水を見舞った。「さぁ、温めたげるわよ。礼儀正しく・・ね!」

かくして、浴室で立ったまま 黒木はこの日最初の昂りを迎えた。十分に洗い流された男の身体は、清潔この上ない。勿論竿も!麗海、全裸のまま黒木にグッと身を寄せると 下方に手を伸ばし、黒木の亀頭を手でこねる様な動作を見せた。暫く続けた後、ゆっくりとしゃがみ込み 礼儀を守る竿の高さに口唇を合わせる。「やっぱり、やる気か・・」黒木が覚悟した通りの展開になった。

麗海「分かるわね、これからは・・?」 黒木「分るよ。しゃぶるんでしょ?」 「そうそう・・」そう呟くのと、麗海の口舌が亀頭を捉えるのがほぼ同時。「ふふ、覚悟なさい。食らい付いたら離れないあたしなの・・」 恐らくは、初めて浴室で見舞われる口唇愛撫(フェラチオ)の序盤で、麗海がそう呟いた様に感じられた。

浴室での口唇愛撫は、執拗を極めた。「絶対に、絶対にイかせる。それまで、ここから出さないから・・」 「ジュパッ、ジュルルル・・!」明らかに耳に届く愛撫音を伴い 激しく仕掛ける麗海の所作からは、そんな執念の様なものが感じられた。何度も、何度も押し上げられる感情を、黒木は辛うじて凌ぐ。そんな繰り返しが 10分間程続いた。

「あっ、ああっ・・だ、ダメッ!の・・昇りたくな~い!」の叫びも空しく、結局黒木は押し上げられた。ほぼ一週間に亘り閉じ込められていた性欲の堰が一気に開かれ、ダム湖の水の様に貯められていた男精が発射され、宙を舞った。見た麗海、すかさず顔面を上に向け、落ち始めた男精の多くを受け止めた。

「参ったな。ついて行けんわ・・」 一気に欲求を抜き出され 方針気味の黒木と対照的に、オパール・ホワイトの男精を顔に纏い、満面の笑みの麗海が、シャワー・ヘッドを渡してくる。「これでね、あたしの顔を流してくれる?」 「あぁ、それなら良しだ。やったげるよ」

不覚にも この夜も一度はヌかれてしまったが、顔に男精を纏った所謂「顔面シャワー」を清めてやる行為は、黒木も悪い気はしなかった。左手を添え 洗い流してやると「うん、何か前より綺麗な感じもするな」と、彼の気分も少し晴れやかになった様な。そして・・

黒木「俺、先に上がった方が良い・・かな?」 麗海「うん、それも良いよ。お兄さんがそうなら、あたし 髪洗って行くからさ。洗い髪の香り愛でるの、好きだもんね?」 「あぁ、それ、認めますよ・・」黒木がそう帰すと、麗海は一度 クスリと笑った。そして「OK。それはこの後の楽しみね」 「そうしましょう。ゆっくりしてきて良いよ」思いやりで言ったつもりだったが、振り返ると麗海は手を横に振り 「それはないよ」のサインを送って来た。

先に入った宥海と存同様、白いバス・ローブを羽織って居間に戻ると、宥海と存は 長手ソファの上で並び、既に高め合い始めていた。「あ、うん。存君、上手だね。この後、期待が持てそうだわ・・」 「俺もですよ。宥海お姉さんとは初めての夜だから、色々と教えて下さい・・」 「どうかな?あたし、良い先生になれるかしら?」 「余り意識しなくて良いですよ。俺からもね、こうしたら良いみたいなヒントを色々出して差し上げますから、気楽に行って下さい」 「分かった。宜しく・・」 「こちらこそ・・」

そんな会話の間にも、ホスト勤務などで場慣れした感じの存の手は、宥海の締まった襟元を狙い始めていた。巧妙にそれを開き、中に控える「胸の双丘」を確実に目指す。襟の開きは次第に大きくなり、程なくブラも下げられて 大きくはなくも形の好い双丘が露わに。「ふふ、存君、手際が良いわね」 「有難うございます。何やら、以前の勘が戻ってきた様です」 「良い事だわ。この後が楽しみ・・」存の右手は、宥海の背後から 左右の乳房に交互に摩りを入れ始めた。

「存(タツ)、聴こえるか?」宥海への愛撫を続ける弟に、兄が呟きかける。「聴こえるよ・・」弟が頷き返してくるのを確かめ、黒木「俺、反対側から仕掛けるわ・・」 「OK、宜しく・・」真ん中に宥海を鋏み、右側から黒木、左側から存がじっくりと 宥海に愛撫を施して行く。「もしかすると・・」一方の乳房に手を伸ばし、ゆっくりと摩りながら黒木は思った。「今夜こそは、上手くすると 宥海さんと濃い繋がりが持てるかも。まぁ成り行き次第だが、試す事だな・・」 薄暗い灯火の下、トロリとした風情の、美しい表情を愛でながら 黒木は淡い期待を抱いた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 鈴村あいり
今回の「音」リンク 「レッド・レイン (Red Rain)」 by Peter Gabriel (下記タイトルです)
Red Rain
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。