FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第57話「並行」

b35bd744.jpg
「ふふ・・何だか、期待しちゃうなぁ」 存(たつる)に「お姫様抱っこ」され、一度ならず臥した覚えのある 黒木愛用のセミ・ダブルベッドに静かに横たえられた宥海(ゆうみ)は、思わずそう呟いたものだった。「流石(さすが)、元ホストだわ。恆(ひさし)さんは、どうしても少し粗さがあるみたいだけど、存君には、それがない・・と言うか、感じられない」彼の丁寧な接し方、あしらい方に早くも酔い始めた感のある宥海だった。

「宥海お姉さん、有難うです。俺、あの頃を少し思い出して、少しだけ用心してたんですよ。ほら・・やっぱり初めての方って、ちょっと緊張するじゃないですか」存がそう出た。宥海「ハハ・・あれで緊張してた・・か。ちっともそんな風には見えなかったし、感じられなかったわ。普段通りって言うの?とても自然にスウッて感じでね」 「ああ、そりゃ有難い。あの(ホストの)経験も、無駄じゃなかったんだ」 「何でも経験しといて、無駄じゃないんじゃない?」 「・・ですね。そう思う事にしましょう」そう言葉を継ぐと、存は仰向けの宥海の上に、静かに重なって行った。

宥海「恆さんに悟られないかしらね?」 存「ご心配なく!こう申してはとも思うが、兄者の心は 完全に麗海さんの方へ行ってるでしょう。俺より年下だけど、彼女 ホントに兄者をよく制御(コントロール)できてるなって感心しましたよ。勿論、ご存知の様に 着エロが大好きだから、その辺りもあるとは思いますけど」

存にそういう言葉で出られても、不思議に不興を感じない宥海であった。「そうだね。確かに彼、あたしと寝る時も、中々脱がさないんだよね。あたしはその辺が余りどうかなって思うんだけど、あたしの思う通りに進んだ事って、余りなかった覚えがあるのよね」

存「余り思う通りに進まなかった・・ですか。それはつまり・・」 宥海「はい・・」 「つまり、全部脱いで、生まれたままの恰好で昇ってみたいって事ですか?」 「いかにも!その通りよ」 「前から申そうと思ってたんですが」 「うん、聞いてるよ」 「俺もそれが好いんです。兄者と違って・・」 「そうかぁ。尚具合が良いわね」 「ですが、のっけからひん剥くのも何かと思います」 「そりゃ分かってるわよ。じゃあ・・」 「あの事から、入りますか?」会話を区切ると、存は宥海の上からゆっくりと唇を奪った。

一方の黒木。もう麗海との前戯は R1が済んでいる状態なので、良く言えば単刀直入、悪く言えば露骨に濃い愛撫へと入る。入浴前と同じ様に、再びソファに収まった麗美は 黒ミニコス姿で M字開脚の挙に。白のガーター・ベルトとストッキングの下方も魅力有だったが、やはり今度の黒ミニと 同色ニーハイの方が、黒木には昂ぶりが感じられた。

「よしよし、良いぞ良いぞ・・」 又も同じ挙に出ようとする黒木であった。「恆お兄さん、同じ出方するんじゃないかって思ったのよ」 黒木「ご免ご免。確かに同じ事になっちゃったね。でも俺、そうは言ってもやめられなくってさ・・」そう言い、性懲りもなく 麗海の股間に鼻を寄せて行く。「これね・・」彼女が言った。「はい、何?」の返事に 「実は、今日の途中まで着けてたんだ」と続けた。

黒木「おお、そうだったか。そりゃ有難と・・」と、辛うじて 黒い「T」の僅かな生地に 食い込む様に覆われた股間の「芳香」を愛でる。「ねぇねぇ・・」その様子を見ながら、麗海が返してきた。そして「もう一度、ショーツ越しに接吻(キス)してくれないかな?」と続けた。黒木「ハハ、有難と。実はそれ、俺が言おうとしてたんだ・・」 返事と共に、加湿を始めただろう股間に、唇を寄せて行った。

「ん、んん・・。い・・好いよ。続けて・・」籠った様な 麗海の反応を確かめながら、黒木は暫く ショーツ越しに舐め回す愛撫を進める。後はまぁ、いつ脱がすかだが。「でもまぁ 折角気持ち良さそうにしてるから、もう少しこのまま高めてみるか・・」との気持ちにも傾いているのも事実だった。

場面を寝室に戻す。最後の高まりは全裸が良い事を聞きはしたが、それでも存は そこまで徐々に進めるつもりでいた。接吻の挨拶の次は、又も宥海の胸元をはだけて「双丘」への口唇挨拶をひとしきり。心なしか 堅さを増したかの様な乳頭に口舌で緩く刺激を加えると「あ、あぁっ。い、好い・・」と、低い喘ぎの返事があった。

存「宥海お姉さん、気持ち良さそうで 俺も嬉しいけど、まだ全部脱がさない方が良いかな・・なんて思うんです。ここはね、ほら・・ゆっくり踏みしめる様に 昇ってくのが良いんじゃって、俺なんかは思うんですよ」 宥海「ふふ・・何となく分るわ。ここはね、存君の判断で進めて良いわよ。あたしも『全部』てのは、それ最後の所だからね」 「お分かり頂き、有難うです・・」そう続けると、もう暫く 宥海の胸の双丘の感触を味わった。暫くして・・

存「さぁ、宥海お姉さん。もう少し下の方へ移りたいと思います」 宥海「うんうん、分かるわ。少しずつね。まだ夜は長いんだし・・」 聞いた存は「しめた!」とも思ったものだ。「まだ夜は長い・・」は彼自身から言い出すつもりだった。それを宥海が言ってくれたのだ。こうなったら、胸から下方へと 丁寧に愛撫を進めて行った方が良い。もっと深い、際どい所まで進められる自信が湧いてくる様にも感じられた。

胸の直ぐ下 ウェストの縊(くび)れから腰周りへと、専ら手指での丁寧な摩(さす)りを施し、高まりを促して行く。それに宥海は「ん、ふぅぅん・・」依然として 籠った様な喘ぎで反応して行く。弱めにも聞こえるが、心地良いのは間違いなさそうは、存にも理解できた。「うんうん、前戯れは、これで良かったんだ」そう思える様になっていた。

「ねぇ存君・・」この夜初めて、宥海から声がかかった。「はい、何でしょう?」 「そろそろさ、存君の『男』の事見たいし、知りたいんだよね。これ、お風呂場のとは別だよ」 「ハハ、そうですか。分かります。すると・・」 「はい・・」 「俺の『男』をお口とか舌で確かめたいって事ですかね?」 「うん。まぁ、そうって事よね・・」

「分かりました・・」宥海の問いかけにそう答えると、存はバス・ローブ下のトランクスを下し「さぁこれで、見て頂けますよ・・」と、一旦立ち上がると麗海の枕元に立ち、礼儀を正した竿(男根)を眼前に向けた。「おお、素敵・・!恆さんのより、ちょっと立派ね」素直に反応した宥海は、勃起を遂げた存の竿(男根)に、右手指で摩りを入れる。亀頭から幹、陰嚢にかけて丁寧に摩って行く。その刺激に 彼自身も酔い痴れている様だった。が・・

存「あぁ・・い、いかん。油断すると、暴発しそう・・」 宥海「ハハ、感度抜群ね。これ位の愛撫でもイっちゃうんだ。じゃあ、お口で試したらかなり危ないかしらね?」 「そうですね、ちょっと気を抜くとって所です。でも、どうかな。少し落ち着いて、余裕が戻りました。宥海お姉さん、今度は何かって所ですが、是非試して頂けると嬉しいですね」 「分かった。じゃあ今度は、あたしがもっと深く高めたげよう・・かな」そう言葉を継ぐと上体を起こし、傍らで佇む存の 礼儀を守る一物に食らいついて行った。

「あ、あぁ。こ・・これ、い・・好い!」少しおいて、存からは押し上げられているらしい様子が見られる様になった。そして「な・・何とかもたせないといかん。い・・今は、昇る訳には行かないんだぁ~っ!」そう叫び呻く間にも、宥海の口唇愛撫 (フェラチオ) は、容赦なく進められて行く。隣の居間では、麗海と黒木の行為も昂ぶりを伴って進められている様だ。彼はこの頃、麗海の着けてきた「T」を剥ぎ取り、秘溝への口唇愛撫「クン二リングス」を始めようとする所であった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 戸田真琴
今回の「音」リンク 「スウィート・ディール (Sweet Deal)」 by 渡辺貞夫 (下記タイトルです)
Sweet Deal



スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。