FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第12話「記憶」

av-30819.jpg
7月16日の土曜。佐分利学院の中等科生 健(たける)の元恩師 伊野初美(いの・はつみ)と、伯父たる中条 新(なかじょう・しん)の、熱い逢瀬も二限目に入っていた。民放TVの報道番組をチェックしながらの、ソファにての睦みが続く。

「新さん」手指を絡ませながら、バス・ローブを纏う初美が言った。「今のキス、良かったわ。もう一度くれるかしら?」 「OK。もう少し熱くて濃いのが好いかな?」下着上下の中条はこう返し、初美の背後に腕を回して、舌も使った先程より濃い口づけを、数十秒に亘って致す。

「ああ、これも好い。今夜は、この前みたいなエッチな出方はなしよ。もう少し、本気で愛し合いたいの」 「好いでしょう。ただね、一つだけ試したい事があるんだけど、よろしいか?」 「はい、何かしら?」 「それはね・・」中条は、一寸ソファを離れると、ノート・パソコンの乗った机の引き出しを開け、初美も見覚えのある、字筆を持ち出して来た。「それは・・」

女は、その筆に見覚えがあった。それは前年の夏の、G県下 中山荘(ちゅうざんそう)での特別林間学級の折、教え子の健が、穂先の劣化を理由に、彼女に提出したものだった。情熱の「夜の補習」の折、彼の師だった女は、教え子たちに、その使い方を教えた。筆を使った、女の胸や下方への早過ぎる愛撫の事共をだ。そして、彼女自身も、新しい歓びを、まだ小6だった二少年によって開発され、もたらされたのである。

「ああ・・」女は、喘ぐ様な声を上げる。「あの時の感触が、昨日の様に蘇るわ。新さん、同じ事をしようと思ってるんでしょ。正直に仰い」 「ああ、ほぼ同じと思ってもらって好いでしょうな。まあ、分ってくれてると思うし、スケベも承知やけど、俺は絶対、粗っぽい出方はせんよ」 「うんうん。それはあたしも分ってるわよ。さあ、そろそろベッドへ移ろうかしら」二人、言葉を交わしてベッドに臥す。

中条「初ちゃん。この前の続きから行こうや。初め、俺の上から仕掛けてくれんかな?」 初美「それは嫌よ。まず、新さんがあたしに重なって、上からキスをくれなきゃ」 「アハハ、そうか。じゃ、まずそれで行こうか」中条、こう言うと、仰向けの初美に重なり、先程と同じ、舌も使った濃い口づけを致す。初美の香料、某メーカー★番が、香しく漂い、中条をも酔わす。

上下を入れ替わり、臥した中条の上から、初美が愛撫を加えて行く。男の弱みは、小ぶりな乳輪周りと脇腹だ。女も、もう分っていて、強い刺激が長く続く様、舌と唇で乳輪を、手指で脇腹を細かくさすって行く。「ああ・・、んんん・・、か・・感じるぅ」波の様な刺激に見舞われ、中条は心穏やかではなくなって行く。「ふふ、これだけで行けそうね。試そうかしら・・」初美、些か薄気味悪い、美しい笑みを浮かべ、舌と手指を動かして行く。

「初ちゃん」中条、声かけ。「はい、何かしら?」 「そろそろ、後ろ向いてくれんかな?」 「好いけど、この前は貴方が下だったでしょ。受け身ばかりで狡いわよ。今度は、あたしを下にして。それならいいわよ」 初美、こう応じ。「仕方がねえ。じゃ、それで行くか」再び、初美が仰向けに臥して脚を曲げ、所謂「69」の要領で、中条が後ろを向いて重なる。四十八手中の「椋鳥(むくどり)」と呼ばれる姿態(ポーズ)だ。

互いに、下方のショーツとトランクスを脱がせ、それぞれの「自身」に、舌と指を使い愛撫を加える。中条は、初美の秘花と下草に口唇愛撫(クンニリングス)を施しながら、菊花(肛門)を、筆を使って刺激して行く。「ああ・・、うぅぅ、好い、好いわぁ・・」初美、喘ぎ反応す。前年の夏の、あの「夜の補習」の興奮が、女に再びもたらされる一時であった。

引き続き、筆先で、菊花の襞をなぞる様にさすって行く。中条の「自身」も咥え込まれ、陰嚢にはなよやかな手指が取りついて蠢(うごめ)く。「うう・・、好い動き・・感じるぅ・・」彼も呻く様に応える。臀丘への愛撫も交え、暫しの間「椋鳥」の姿態で、高め合って行く。次いで男は女に、彼の顔上に跨る様求める。応じる初美。中条の顔面に跨る「顔面騎乗」、四十八手中の「石清水(いわしみず)」と呼ばれる姿態で、女の秘花を高め、喘ぎを引き出す。下から両の手を伸ばし、乳房をも一通り愛で。急上昇する、秘花の温度と湿度。

「新さん」初美が声かけ。「はい、何だろう?」 「パス・ローブを脱ぐわ。今夜は、生まれたままに近い姿でしたいの。その代り、貴方の好きな物を着けてるから」バス・ローブの下には、黒のガーター・ベルトと柄のある黒ストッキングが控える。恐らくは、初めて見る下着だろう。「好いねぇ・・」男も、思わず頷く。

「さあ、もう一度だけ、高めるわよ。新さん、仰向けになったげる」中条、これを受け、臥した初美の脚を開き、筆を使った下方への愛撫を続ける。「蟻の門渡り」と言われる、秘花と菊花の間をメインに走らせて行く。「うう・・、んんん・・、好いわ。続けて・・」教え子たちに開発された歓びに再び見舞われ、初美は長いブルネットを揺らし、喘ぎながら蠢き続ける。

「さあ新さん、そろそろよ」初美、再び中条に重なる様促す。「OK。今日は、ゴムはなしかな?」 「風情のない事を訊かないの!あたしは今、安全期よ」 「分った。その言葉を信じよう」中条はこう返し、曲げ開かれた女の下方に腰を沈め、ゆっくりと「彼自身」を秘花に繋いで行く。

「うう・・、はぁぁ・・、好い、好いわぁ・・!」喘ぎと、攻め寄せる肉壁の感触と共に、連結。ゴムなしの、直に繋がる歓びを感じつつ、男の背と腰には、女の腕と脚がいつも通り絡みつけられ、強い力で、動きを求められる。男は応じ、昂ぶりを制しながら、慎重でゆっくりした「スロー・ピストン」で徐々に高めて行く。

「んん・・、うぁぁ・・、新さん」初美、喘ぎ声かけ。 「はい、何かな?」 「貴方は狡いわよ。わざとゆっくりしてるんでしょう」 「ご免ご免。そう感じたかな?でも、悪気はなしよ」 「まあ好いわ。どう?直に繋がる歓びは」 「ああ、勿論素晴らしいよ。叶えば、このまま、いつまでも一つでいたいな」 「ふふ、『できるだけ長く』ならできるかもよ」 「ああ、そうなる様にせんと・・」男と女は、上と下でこう会話しながら、行為を進めて行く。

「初ちゃん」中条が声かけ。「はい、何?」 「ちょっと、体位を変えよう。勿論、貴女好みの、向き合う姿態(ポーズ)だからね」 「ええ、それなら」請ける中条、ベッド上に起き上がり、初美が上に跨る。向き合って、腰を沈め、座位で再びゆっくり連結。これは、四十八手中の「獅子舞」だ。男が、下から仕掛ける様に下方を動かし、女も腰を上下動させて合わせる。「中々好いわ。見つめ合えるのもね」初美は、素直にそう反応する。

暫くして中条。「悪いね。一度だけ後ろからしちゃダメか?」 「仕様がないわね」初美、これに応じてベッド上に四足で陣取り、中条が後ろに控え、その秘花に「彼自身」を返す。「うぁぁ・・、んん・・、これも好い!」中条、これを確かめ前後動に入る。「鵯(ひよどり)越え」と呼ばれる後背位である。十分程動いた後「新さん」初美が呼ぶ。「はい、何?」 「やっぱりね、顔を見ながら高まりたいわ」

「好いでしょう」もう、最後の高まりだ。中条、初美の望みを容れ、その上に重なる。この日、何度目だろうか。「彼自身」が秘花に返される。再び、男の背後に腕と脚を絡み付ける女。この夜最高の喘ぎと吐息での高め合いを経て、男と女は頂へと行き着く。
「ああ、ああ、好い・・好いわぁ!」 「うんうん、そうだね。良かったね」 「暫く、このままでいて。すぐ離れちゃダメよ」 「うんうん。逃げやせん。安心おし」上と下で、歓喜の余韻に浸る。ゴムなしの、直の繋がりだけに、一入(ひとしお)だ。

暫く後「離れていいわ」 「そうしよう」中条、応じて「彼自身」を、繋いでいた初美の秘花から静かに離す。胴軸は秘液で濡れそぼり、男の下草まで湿らせていた。やがて秘花から、中に熱く放たれた男精が、ゆっくりと流れ現れ。気付いた初美「分ってるでしょう。貴方の口で掬ってもあたしに頂戴」 「信じられん。でも、まあいい」中条は、求め通りに秘花に唇と舌をあてがうと、男精を掬って、初美に口移しして行く。全てを流し込み、口づけを交わして終了だ。「ああ、このキスが好いのよ」初美、呟く。

「貴女に、こんな趣味があるとはなぁ」中条、驚愕しながらも、笑って許す。「さあ、シャワー行こうか」 「ええ、今度も一緒よ」
二人、又同時にシャワーを使い、並んで就寝。今夜も、好い夢が見られれば良いが・・。

翌7月17日の日曜。この朝も曇り。夢の余韻に浸っていたかった二人だが、突如打ち消される。理由はそう、向い家屋上に現れた「あいつ」だ。
日曜朝は、中条の居所辺りも、犬連れの散歩者が多い。その内の「一人と一匹」が、件の屋上から、放屁の様な「Kuso犬」咆哮の標的となったのである。「あ~あ、情緒も何もねぇな」中条、嘆く様に呟く。「お早う、聞こえたか?」 「ああ お早う。随分けたたましい犬ね」初美も応じる。

中条、床を出て「本当にまあ、夢も希望も何もねえ奴っちゃ。おいKuso犬、静まれや!何曜日か分ってるのか?」 「新さん、今、何て言ったの?」 「ご免、何でもねえよ」笑顔でごまかす中条であった。「いやはや、それにしても、淑女に拙いものを見られてしまったわ」

まあしかし、初美の、以下の言葉が彼を救ってくれたのも事実だ。「今日は、ここで朝食にしましょう」こう言うと、冷蔵庫にあった卵を茹でにかかった。「好いでしょう」中条も応じ、コーヒーを入れに。香しい空気と共に、手作りの朝食準備が進む。
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 明日香キララ
松岡直也さんの今回楽曲「イヴニング・タイド(Evening Tide)」下記タイトルです。
Evening Tide
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。