FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第14話「懸念」

IMG_2531.jpg
7月23日の土曜、曇りの朝。前夜、諸々の相談事や、AVチェックなどで盛り上がった後、爆睡した中条 新(なかじょう・しん)と二少年 健(たける)、徹は、甲高い咆哮で目を覚ます。時は午前7時前。「お早うございます!」 「ああ、お早う」

「あ~あ、今朝も始まりやがった」欠伸(あくび)交じりの中条、嘆く様に言う。ほぼ毎朝の事だが、斜め向い家の屋上にKuso犬が現れ、下道を通る通行人に、喧嘩を売っているのだ。
健「伯父さん、確かに聴き様によっては、屁~こいてる様にも聴こえるね」こう言うと「そうだろう。俺はもう、そうとしか聴こえんけどな」中条、苦笑しながら応じ。
徹、それらを聞きながら「どれどれ、その『口から屁』をちょいと見せてもらおうかな」と、持って来た高倍率双眼鏡を胸に、ヴェランダへ出ようとするのを、健が制す。「徹!見ない方がいい」 「見たら後悔するぞ~!」中条も応じ。だが・・

少年にとり、前夜のAVなどもそうだが「見るな!」と強く言われると、逆に好奇心を煽られ、余計見てみたくなるものだ。ヴェランダのサンダルをつっかけた徹は、双眼鏡を携え、件の屋上の方を向く。ひとまず静まったKuso犬が、前半身を屋上の縁に乗り出したまま、こちらを向いている。「ああ、分りやした。確かに、どうしようもない間抜け面してますね」 「・・だろう。だから違う意味で、目の毒なのよ」中条も健も、ため息交じりにこう返す。

徹「でも、どうかな。次にどんなバカをやってくれるか、楽しみなとこもあったりしてね・・」と言った直後「あっ、やった!」彼はある意味、見てはならないものを見てしまったのかも知れない。眼前で、不心得者が突如腰をストン!と落とし「ブブ・・ブブ・・」と排泄の挙に出たのである。

徹、失笑して「これ何よ?随分ぶっとく見えるんだよなあ。直径5cm位ありゃせんか?」呻く様に言えば、健も「お前も、よく見てるなあ。そこからデカい小さいなんて、分るんか?」と呆れる様に応じ。「いやまあ、そんな風に見えたって事さね」 「お前、双眼鏡持ってんだろ。だったら、はっきり見えたんでないの?」 「いや、そりゃ無理だわ。尻尾の陰まではちょっとなあ・・」 「そうかぁ。だけど、5cm径なんて言ったら、絶対あり得んぜ。あいつの肛径、そんなにある訳がない!」 「・・だよなあ。そうすると、縦にとぐろを巻いてるとかってかよ?」

これを聞いた健、思わず言葉を失って「徹・・ちょっと来い」 「はい、何か?」居室の出窓際まで戻ると「何と言う想像や!」呟き、二人して、ひとしきり声を押し殺して失笑し合うのであった。
「全く・・バカな事を・・」二少年のあり様を見守りながら、中条は、ふとその胸に去来するものがあった。はっきり言って「懸念」である。それは・・

前夜、徹から聞いた、学院養護主任の小町が、彼に会いたがっている件の事だ。それに、伝令役とは言え、上級生 豊も絡んで来ている。もし、小町の望み通りにしたら、どうなるか?前年の夏 特別林間学級のある一夜、甥と共に遭遇した、彼女との異常なやり取りが、豊に知られる事になってしまう。そればかりではない。彼女以上に濃い関係にあった、元講師 初美との情交も明るみに出てしまうではないか!

「拙い!それだけは絶対に避けねえと・・」彼は思った。「その為にも、徹君には、強化学級が終わるまでの日数を稼いで欲しい。その間に、小町さんを彼に近づけん策を考えんとって事だ。ここは近く、初美の知恵も借りるべきだろうな」などと思案を巡らせた。

「伯父さん」暫く後、二少年がヴェランダから戻る。「ありゃ、確かにKuso犬だね。よく分った」 「そうだろう。俺ぁ、毎日あいつの狼藉を見せつけられてる訳でさ」 「でもさ」健は、笑いながら言った。「あいつのお蔭で、伯父さんは、会社の遅刻を免れてるってとこもあったりしないかな?」 「まあな。残念やが、そう言うとこもありかな」中条、苦笑しながら返す。徹も「ハハ、なる程。じゃあ、少しは役立ってるとこがある訳ですね」 「まあ、そんなとこだ」三人、改めて笑い合った。

中条は、二少年を促し、馴染みの喫茶店へ朝食に。その席で、前夜の相談で決まった事柄の再確認と、途中でラジオ中継を聴くのをやめた、プロ野球NCドラゴンズの試合結果の事などを話した。この夜は惜敗。その席で徹は、強化学級の準備もあって、M県下の実家帰省中の豊に、中条の指示通りSMS送信。折り返し、小町宛て伝える旨、返信を得る。

一旦戻り、翌日からの強化学級の準備に入る二少年を、車でそれぞれの家まで送る。「じゃ、健は明朝 学院の前で。伯父さん、有難うございました!」 「気をつけてな!」まず徹を帰し、次いで勤務先でもある、健の家へ回り、一緒に昼食の後帰宅。「お前も気をつけて!」 「有難う!」

1pm 頃戻る。「しかし・・」男は思った。「何なんだよ、あいつら。困り事相談に来たのか、AV見に来たのか、よう分らんな」まあ、どっちでも良いか。とまれ、随分久し振りの土曜休みだ。「本当に、二日連休は寛げるな」彼は、しみじみそう感じ。

今夜は、一応人に会う予定はない。まずは、洗濯や掃除などの雑用をこなし、3pm 開始の、プロ野球NCドラゴンズの試合をラジオで聴きながら、夜どうするかを考える事にした。JRのN市中央駅近くの、馴染みの居酒屋のカウンター席へ行っても好いし、昔の知友と、中心街の栄町へ出る方途も少しはあった。そんな事より、前日敗れた首都圏の勇者 CYスワローズに連敗を喫する事がない様、祈る中条であった。「まあ、それもこれも、試合展開を聞いてからって事で」

だが直後、状況が急変する。プレイ・ボールが告げられ、コーヒーを入れに立った中条の背に、インター・ホンの呼び出し音が響く。
彼の住むマンションも、最近の建物の多くがそうである様に、暗証番号の入力を要する、セキュリティ装備があった。稀に、住人の直後について、不正に立ち入る芳しからぬ輩がない訳ではないが、土曜日とは言え、日中そんな事は大いにやり難いはずだ。

「俺んちの暗証番号を知ってる奴って言えば・・」男の脳裏には、高校時分の悪友の顔が、一人二人浮かんでいた。だが、土曜の日中に訪れる事は考え難かった。「もしや・・」彼は、わざと声の応対を飛ばし、アイ・スコープ越しに戸外を窺う。廊下にいたのは・・
「初ちゃん!」直ちに解錠、中へと招じ入れる。「どうした?何かあったんか?」対する女、ニヤニヤしながら「ふふ、来ちゃった!予告なしで・・」 「何だ、そう言う事かよ」ホッと胸をなで降ろす中条であった。

「冗談はさておき、迷惑じゃなかった?」 「ああ、いやいや、大丈夫。いつも、土曜午後は大抵OKだからな。でも、今日の貴女はいつも以上に素敵だから、戸惑っちゃったよ」 「そうかぁ。それは有難う」この日の初美は、ゆったり目の白黒 水玉大小を配したノー・スリーブのワンピース。アンダーは膝位までながら、中条の喜ぶフレアのデザインだ。「嬉しいでしょう!」女が突っ込みを入れると「今は言えませんわ~!」男はこう逃げを打った。

中条、コーヒーを二杯に入れ直して、初美にも勧める。茶菓は、前夜少年たちに振る舞った残りを盛り直してだったが、不満がられたりする事はなかった。が、しかし・・
「新さん」ラジオのプロ野球中継に気を取られていた中条に、初美が声かけ。「これは一体、何でしょう?」 「ヤバい、しまった!」前夜、相談事が終わった所で、二少年が見ていた18禁雑誌が、棚に戻されないままになっていたのだ。
一読した女は、こう反応す。「ふぅーん、附録って、こんな袋に綴じてあるのね。だから『袋綴じ』って」そう言いながら、開封して現れたのは、鮮やかな赤のデザイン柄「Tバック」であった。

「中々好い感じじゃないの。新さん、このショーツ、頂戴!」着させる女が、他にいない事を弁えた上でこう言ったのは勿論だ。
「仕方ねえ」と思いながら中条「ああ、いいよ。どうぞ」納めさせる事にした。
「さあ、今夜はどうしようかなあ」 「ん?あたしは、この前の辺りへ飲みに行ってもいいわよ」 「そうだな。でも、買い物とかで、どの道出かけないかんだろう」 「そうよね。もう少し考えようかしら」
「貴女、今夜もここ泊まりか?」もう今更、そんな野暮な事は訊けん・・男はそう思った。
(つづく 本稿はフィクションであります。無断転載等は、法令で禁じられております)。

今回の壁紙 「Kuso犬」のイメージ 名古屋市内 2015=H27,11 撮影 筆者
松岡直也さんの今回楽曲「サマー・ノイズ(Summer Noise)」下記タイトルです。
Summer Noise
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。