FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第16話「新歓」

av-31457.jpg
「もう、お尻ばっかりは嫌!少しは、こっちも構ってよ。この痴れ者!」 「は~い、ご免なせぇ。それじゃ・・」日付が変わる直前の、中条 新(なかじょう・しん)の居室ソファの上で、彼と、甥の元恩師 伊野初美(いの・はつみ)の睦み合いが続く。

黙っておれば、すぐ下方に延びがちな男の右手を女が掴み、胸の双丘へと誘(いざな)う。白いキャミソールの胸元を少しだけ下へずらしてブラを外し、姿を見せた、中庸で好い形の乳房へと、男の手を導く。彼は応じ、双丘の裾から、高みに聳える乳首へと、渦を巻く様にじっくりと愛撫して行く。漂う女の香料が、二人の気分を盛り上げて行く様だ。

初美「ああ、好いわ。新さん、やればできるじゃないの。これからは、まず胸を目指して欲しいわ」こう求めると「ご免ご免。これからは、そうせんとな・・」中条も、一応は同意す。ただ、実際の行為は、その時にならなければ分らないのも事実だ。

「初ちゃん」中条、声かけ。「はい、何かしら?」 「今、ふと思ったんだが、筆で貴女の胸を高めるってのはどう?」 「ふふ、又嫌らしい事を。でも、電マ器より好いわ。試してみる?」 「そうだね。よし、やろう」

中条は、机の引き出しから例の筆を取り出すと、ソファに戻り、並んで座る初美の、はだけた双丘の頂から、穂先で愛撫を始める。
「んん・・好い感じ。続けて・・」恍惚の表情を浮かべ、女は反応す。先程の、電マ器で仕掛けられていた苦痛のそれから、一転しての美しさだ。

「うんうん。これがこの女の、本当の魅力やね」男もそう感じ。手を休めず、乳首から双丘の裾まで、時計回り、又は逆時計回りでじっくりと高めて行く。「中々好いね、この悪戯(いたずら)感覚も。慣れると、癖になりそうだ」そう思いながら、行為を続ける。

「中々熱心じゃないの。所謂『食わず嫌い』よね」引き続いて、筆で双丘を撫で回されながら、初美はそう反応す。「残念ながら事実やね。これ、中々楽しめるよ」中条が応じれば「そう言っといて、初めから好きだったんじゃないの?」 「ハハ、自分が気づかなんだだけで、そうなんかも知れんな」男は、こう返した。

「さあ、新さん」女が言う。「あたしを、ベッドへ連れてって」 「かしこまってござる」男は再び、女が喜ぶ「お姫様抱っこ」の姿態(ポーズ)で寝室へ。「これ嬉しい。毎回してくれるかしら?」 「好いよ。何なら一生な」 「ふふ、できたらね」そんな会話を挟みながら。

まずは、希望通り仰向けに横たえられる初美。「さあ、上に来て」 「OK!」下肢を曲げ開いて招く女。促されるままに、その上に重なり、右手で上体を抱き、左手指を彼女の右手指と絡めながら、上から唇を合せ。舌技も使い、三十秒程かけての開始合図。中条、もう一度筆で、胸の双丘を、その頂から裾へ、一渡り撫でて行く。次いで隣に横たわり、女の腋から腹へと筆を走らせた後、今度は手指で上体を万遍なく愛撫。四十八手に言う「寄り添い」に近い姿態を取る。

「・・これも好い。ずっと、ずっと続くと好いわ」初美、こう感じ。「いやいや、いつまでもじゃ飽きるでしょ。そろそろ一度、入れ替わろうか」中条、促す。初美、応じて「好いでしょう。貴方、又あの事をして欲しいんでしょう」 「そうだね。されたかねぇけど、されたい・・かな」二人は笑った。

仰向けの男に女が跨って、前回と同じく、乳輪から腋、腹周りへと、指と唇、舌を巧みに使って高めて行く。腋の辺りは、特に敏感。「うう・・感じる・・でも、好い・・」男は、思わず身を捩らせて反応す。「ダメねぇ。もう少し頑張れる様にしなきゃ!」苦笑しながら、女が諭す。「ハハ、そうせんといかんのは分ってるけど、中々ねぇ」男も、苦笑で返す。

次に男は「初ちゃん。今度は、前後で入れ替わって欲しいよ」こう望む。「・・だろうと思いました。貴方得意の、お尻いじりでしょう。嫌らしいわね」こう言いながらも、女は、それが男の本音である事を知っていた。「仕様がないわねぇ。でも・・」と前後を入替え、男の顔に臀丘を向ける「二つ巴」の姿態に。二人の下方は、既に露出している。

まず、中条の「自身」が、初美の愛撫を受ける。「鈴口」と呼ばれる先端辺りに、女の舌と唇が纏いつき、亀頭部を咥え込んで行く。下草に囲われた陰嚢には、しなやかでなよやかな手指が取りつき、その裏側を、蠢く虫の様に高めて行く。

「ああ、何度見ても好い。絶景や・・」「女の真実」と向き合う男、感嘆す。魅惑の二ーハイを装う美脚、そして、ほんの少し捲れたフレア٠ミニスカの裾から覗く臀丘に囲われ、程良い下草、鮮やかな秘花、整った菊花(肛門)が、ほぼ下から上へと整列する。まずは、菊花に筆を当て、高める。綺麗に放射線を描く、その襞の一本ずつを愛で、慈しむ様に、穂先を当てて行く。左の手は、憧れの臀丘に添えられる。

「ああ、好い。好いけど、今度は、あたしの『核心』にもして欲しいわ」 「分った。でもさ、合わせ目にかかると、貴女の秘液で濡れちゃって、具合が悪いんだよなぁ」 「いや、そうじゃなくて、もっと大事な所があるでしょ」 「大事なね・・さあ、それはどこでしょう?」

「ちょっと、とぼけないでよ。知ってる癖に。さあ、仰い!どれかしら?」 「え~と、それはですね」たじろいだ中条、一呼吸の後「陰核(クリトリス)だと思います」こう答え。初美「ピンポ~ン!さあ、試してみて」そう言いながら、男の顔面に、グッと下方を寄せる。

「わ・・分った、只今ね」彼はそう言い、眼前スレスレに迫った陰核に、筆の穂先を当て、ゆっくりとその輪郭をなぞり始める。「あぁ~ん!ふぅぅ~ん!」中条の「自身」と陰嚢への愛撫の手を緩めぬ初美、一際大きい喘ぎで反応す。周囲まで漏れやしないか、心配になる程のレベルだ。
「そんなに好いのか。暫く、続けるかな」彼は、左手で臀丘を感じながら、引き続いて穂先で陰核を愛で続ける。寄せては返す波の様な女の喘ぎが、続いて来る。

「ああ・・ああ・・はぁぁ~ん!思った通り、とてもい・・好いわぁ~!」初美、まだ余韻に酔う。去年の夏、その時の教え子たちに開発されたのとは別の歓びが、今、中条と言う大人の男によって、導かれ、開かれようとしている気がした。「ハハ、導く・・か。俺はそんな、大それたつもりはねぇのやけど」思う一方「やっぱりさ。男と女じゃ、その時の感じ方って、違うのかもな」そんな想いも過る、彼だった。

「新さん」再び仰向けの初美が呼ぶ。「準備OKだわ。さあ、もっと深い所へ行くわよ」 「好いでしょう。それじゃ、上と下で、高め合うかな」 「そうしよう。さあ、来て」 「はい。只今ね」応じる中条、曲げ開かれる女の下方に腰を添え「進入」の態勢を整える。「ゴム(コンドーム)」の事は、もう訊かない事にしていた。「着けるか、着けないか。それは、あたしに決めさせて」の一言が、強く耳に残る。この夜、初美は、その事を語らなかった。

男は、静かに腰を沈めにかかる。彼「自身」が女の肉壁に迎え撃たれ、ヌメリと滑り込む様に進んで行く。そして・・その先端が、微かに何かに当たる様な感触を得る。締まる感じと共に「あぅぅ~、はぅぅ~ん!」喘ぎの一声。連結の合図だ。

彼は、女の上体をしっかりと抱き、その背後に彼女の腕が回り、沈められた腰には美脚がガッシリと組みつけられ、一体となって行く。「いつもながら、凄い脚力だわ」男は、改めて感じる。更なる深みへ向かう、準備が整った様だ。

「ああ・・うぅん、新さん!」 「初ちゃん、何かな?俺はここだよ」 「うん、さあ行こうね。二人だけで行ける、深い所よ」 「分る分る。今から動くから」 「お願いね・・」中条、これを受け、ゆっくり慎重に「スロー・ピストン」の要領で動き出す。「貴女は、もの足りんかもだが、初めはこれが一番だ。先を焦ると、長続きせんぞ」そう彼女と、彼自身に言い聞かせながら。
その事の歓びは、喘ぐ初美にも少し分り出していた。「新さん、分るわ。もの足りない位ゆっくりなのは、あたしを心から想ってくれての事って・・」

(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 市川まさみ
松岡直也さんの今回楽曲「ミ・アモーレ(Mi Amore)下記タイトルです。
Mi Amore
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。