FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第18話「予兆」

eb0e9853.jpg
甥の健(たける)が、伝えて来た事は本当だった。7月29日の金曜夜、まあ順調に仕事を終え、夏の強化学級から一時帰宅の甥、そしてその一家と夕食を共にし、そろそろ帰宅と言う風情の、中条のスマート・ホンにSMS着信。予想通り、佐分利学院の養護主任 本荘小町(ほんじょう・こまち)からだ。

「遅くに失礼。中条さん、暫く」 「いいえ、こちらこそ。健や例の連中がお世話になってます」 「貴方や親御さんのご指導が良いから、彼たちは元気で優秀ですよ。笑」 「感謝です。小町先生のそのお言葉で安心しますた」 「こちらこそ。中条さん、それでね・・」 「はい、何でしょう?」 「急で悪いですけど、明日午後、お会いできないかしら?」 「ちょっとお待ちを・・。(タブレットの予定表を見て)ああ、明日なら好いでしょう。場所と時間はどうすればよろしいか?」 「有難う。そしたら、JRの中央駅・新幹線側の大きなカメラ屋隣の、ホテルのロビーで午後4時ってのはどうかしら?」 「俺はOKです。じゃ、それで行きますか」 「了解よ。明日午後は宜しくね!」交信ここまで。

「健」中条は言った。「はい」甥、まず返事。中条「来るものが来たわ。明日午後、小町先生と会う事になったぞ」 健「そうですか。伯父さん、悪いけど、なるべく徹も俺も、もうあの事では呼ばれない様にしてくれると好いな。第一、何かあった時に、養護室へ行き難くなってしまうし、勉強に打ち込めなくなるかもだしね」

 中条「ああ、分る分る。その辺りは、まずは任せておけ。お前の心配する様な風にはせんよ。だからお前たちは、安心して勉強に集中しろ。さあ、邪魔になってもいかん。俺はそろそろ帰るわ。明日は草サッカークラブの会合なんだろ。徹君にも宜しく言ってくれ」 健「ああ、分りやした。面倒かけるけど、そっちは宜しくね」 「分った。じゃ、お休み!」 「お疲れ様でした!」9時頃、男は帰途に。

「相変わらず、屁垂れた声しやがって!」翌29日の土曜、例によって、斜め向い家に巣食うKuso犬の咆哮で目を覚ました中条。この日と翌日、初美は、彼女の親許事情で、近隣のF県下へ帰省していた。

自ら朝食とコーヒーを用意、午前中は週明けの準備で出社。この日、健は前述の会合で不在の為会えず、妹夫妻らと昼食の後、帰宅。掃除洗濯など雑用の後、午後3時過ぎ、浅間町(せんげんちょう)の駅より、N市営地下鉄にてJR中央駅へ。同駅自由通路を東から西へ抜け、大手カメラ店横の、名豊電鉄系都市ホテルのロビーが、小町との待ち合わせ場所だ。予定より僅かに早着。

「中条さん、お待たせ!」「こんちはー、宜しくです」午後4時、約束の時刻きっかりに、彼女は現れた。女医とも思えない、中条と似た様な半袖上シャツにジーンズと言う、普段着そのものの出で立ち。靴もスニーカーである。「今、学院が終わったの。待った?」 「ああ、いやいや、俺もついさっき来たとこだから。余りホテルでの待ち合わせらしからん風情かな。でも貴女、そう言うのも似合ってますね」中条、苦笑交じりに言う。

小町、続けて「まあ、初めから、ホテルで他の用事とかがあれば、スーツみたくなんだけど、高等科の(強化)学級から戻ったまんまなの。それに今日は待ち合わせだけだからね。さあ、落ち着いたら場所を変えましょう」 「好いですよ。とりあえずは、どこへ行きますか?」 「貴方の知ってるとこで好いわよ」 「了解です!」中条はこれを受け、小町とも示し合せて、大手カメラ店で写真用材などを一通り下見した後、5時過ぎ、中央駅新幹線口傍の、もう一軒の居酒屋へ。先月、初美と共に行ったのとは、別の店だ。

小町の酒の好みは、中条とも近かった。初めに、生ビールの大ジョッキで乾杯の後、冷酒を二献程。肴は、生ものを余り食せず、天ぷら盛り合わせやゲソ揚げ、ノドグロの煮物、手羽先などなど。中条は、それに加えて自身用に、鰤と鮪の造り、それにもずくとかを少し加え、最後に焼きおにぎりとお茶で締めくくりと言う感じだった。

「健君は、お家の方でも元気かしら?」 「ええ。まあ、そんなとこですね。今はご存じの強化学級中で、昨夜から明日まで一度帰ってるけど、結構楽しそうですね」 「それは良かった。あたしね、今週と来週初めは高等科の方の学級へ行くので、中等科の方は、来週の後半しか行けないのよね。だから、どんな風かと思って・・」 「ご心配分ります。でも、今んとこは、案ずる程じゃないかなって感じですね」 「有難う」その後、世間一般や経済、健康の話題などが続き、二時間弱が過ぎた所で・・

小町「中条さん、悪いわね。お酒は程ほどにしましょう」 「程ほどに・・分ります。今夜は店も混んでるし、迷惑になってもいかんからね」中条、こう応じ。 「でね・・これからだけど、あたしと、内飲みしません?」 「はい。俺は好いけど、場所は何処で?」 「勿論、あたしのとこよ」 「いいんですか?」 「大丈夫よ。貴方、今夜はもう用事とか大丈夫なんでしょ」 「ええ、まあね」 「OK。じゃ、それで決まりよ!」二人は、勘定を済ますと、店玄関の前で待機していたタクシーに乗り、N城址近くの小町の居所へ。

中条の居所同様、傍らに駐輪場のある、セキュリティ完備の玄関ロビーを通り、高層マンション11階 南東向きの区画が、小町の居所だ。普通の住居の3LDK並みにゆったりした2LDKの間取りで、内一室は、OA機器と医療関連の文献や資料などに、半ば占領されている状態。その中にあって、顕微鏡とか若干の器具類が備えられている。実はこの中には、婦人科向けの、所謂「クスコ」と呼ばれる「女性自身」の内外を診る診察器具もあったのだが、この事は後程触れたい。

着くとすぐ、小町からこの部屋の事を告げられた中条だったが「まあ暑いから、まずはシャワーでもお使いになって」と促され、その言葉に甘える事に。終って戻ると、彼女は男に、浴衣を勧めた。

「有難うです。やっぱり、好い感じッスねぇ。」中条、こう言って喜ぶ。「どう致しまして。知っての通り、あたしは女医よ。さあ、今夜は遅くまで、診察につき合ってもらおうかしら。ふふ・・」 「そう来たか?そう言う事なら、まあ覚悟を決めてっと!」(この時、男は「全く、忍者ゴッコに医者ゴッコ・・か。身分違いやけど、大丈夫かな。もしそうなら、初ちゃん、御免な・・」と一瞬思ったものだが) 「まあ、初めは飲み直しましょうよ。実はね、貴方に是非味見して欲しいお酒があるの」 「それ好いですね。何だろ?」

「これこれ、これよ」中条の眼前に現れたのは、欧州屈指の銘酒、マーテルのコニャック「コルドン・ブルー」だ。「こりゃ凄い!こんなの一生、口に入らんぞ。流石はお医者様、次元が違うな・・」中条は思った。ロックで嗜む。「あたしは、余り強くない方が好いから」

そう言う小町は、クレーム・ド・カシスのソーダ割りの後、これもリキュールの銘酒 シャルトルーズを、同じくロックで。「ジョーヌ」と呼ばれる、蜂蜜の配合から来る、黄色みのある甘口の酒だ。「因みに初美は、グラン・マルニエって銘柄が好みよ。彼女(あいつ)と一緒は、ちょっと嫌だからねぇ」 聞いた中条「それ今、俺んちにあるな・・」しかし、思っていても言えない事だった。

「じゃ、又乾杯!」杯を交わし、二巡目の酔いが来始めた所で、小町が切り出す。「中条さんね、健君の親友で、箕輪 徹(みのわ・とおる)君の事はよく知ってるわね」 「ああ・・まあ、それは程ほどにってとこですかね」 「それじゃ、彼と親しく話したりする事とかもある訳よね」 「まあ、ありますね」ここまで中条、余り深入りする事を避け、適当に答えてかわそうと考えた。が、しかし・・

「まあ好いわ。もう少ししたら、徹君の事で、もう少し貴方の力を借りたいの。それはね・・」こう囁く様に声をかける頃には、中条は、かなりの眠気に襲われていた。実は小町は、少量だが彼に振る舞ったブランデーに、睡眠薬をしのばせていたのだ。小町の居所での二次会が始まって小一時間後、中条は、一時記憶を失う。そして、更に小一時間後、気を取り戻したこの男の眼前に現れたのは・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 めぐり
松岡直也さんの今回楽曲「ホワイト・オレアンダー(A White Oleander)」下記タイトルです。
A White Oleander
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。