FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第22話「部屋」

3e02784b.jpg
(佐分利)学院高等科一年次の強化学級に加わるべく、南へ向かった養護主任 小町を見送った中条は、散歩を兼ねた休日恒例の円頓寺(えんどうじ)商店街・丸万ストアでの買い物の後、そのまま徒歩で居所へと戻って来た。朝からの曇天。帰って間もなく、降雨となった。

雨の日は、斜め向かいの某商家の屋上に、癖の悪い飼い犬「Kuso犬」が現れる事はまずない。「今日は、静かな夕方かな・・」と思いきや、突如、降りしきる雨間の、件の屋上にそいつが現れた。

「一体、何しに来たんや?」アイス・コーヒーのグラス片手にボンヤリと目を遣っていると、一声も吠えない代わりに、衆目のないのを幸い、片足を上げ、その場に「ジョ~!」と小水撒きの挙に。しっとりした雨情も、これで吹っ飛び。「消えろ、この~!最低の雨情だわ!」思わず、罵る男。それが聞こえたのか、犬はそのまま、そそくさと階下に消えた。

この日は、ほぼ日曜恒例の、親許への用事もなし。彼の両親はこの日、母方の実家のある、「三河」と呼ばれる、A県東方へ私用で出かけていた。帰りは二日後の予定だ。もう外出するつもりもなく、ボツボツと、洗濯した衣類の収納、入浴や夕食の準備とかを進める事にした。

甥と共に応援する、地元プロ野球 NCドラゴンズはこの日、西方へロード中。関西の勇者 HEタイガースと、日本野球ゆかりの球場で、ナイト・ゲームの対戦をする事になっていた。TV番組「笑点」のすぐ後、午後6時からラジオ中継開始。聞きながら夕食準備を進め、食し始めた所で、スマート・ホンにSMS着信があった。初美からだ。

「新(しん)さん、暫くね。今、親許から帰ったわ」 「それはそれは、お疲れです。親御さんはお元気?」 「ええ、お蔭で変わりなしよ。貴方は?」 「こちらもお蔭で、右に同じです。俺自身もね」 「そりゃ好いわね。所で、例の話をしないといけないわね」 「そうだな。来週半ばには、彼(あいつ)たちも帰って来るから、俺たちもそれに備えんといかんだろうな」 「今度の土曜は、どうなの?」 「俺は、午後は大丈夫。当日の時間とかは、貴女の都合で進めていい」 「有難う。又、いつも通り夕方前の待ち合わせになるわね。場所は、近づいたらにしようかしら」 「OK。明日からの仕事、つつがなく」 「お互いに」勿論、次の「絡み」への期待を持ちつつ交信終了。

豊(ゆたか)に徹、甥の健(たける)の三少年が、それぞれの強化学級から戻ると、すぐ盆の期間になる。中条は、盆明けにも彼たちを呼び、小町の芳しからぬ欲望から守る為の、方策を話し合いたいと思い始めた所であった。その為に、その前に初美と会って、彼女の知恵や意見も拝したかったのである。多言はできないが、彼女は、既に甥と徹と、一度は関係を持ってもいるのだ。
肉野菜炒めや吸い物に米飯、缶ビールに果物などの夕食を済ませ、ザッと入浴。家事を終わる頃には、残念ながら、対戦相手に逆転を許したドラゴンズの敗色は濃厚になっていた。

一方の小町。中条に見送られ、近参こと近畿参宮電鉄の特急列車で、一路Z市へ。JRのN市中央駅地下に位置する、近参名南線の起点を発った列車は、JRの操車場、倉庫地帯と住宅地を左右に見ながら、暫くは西進。田園と住宅地が入交る所を一走り。堂々たる広さを誇る、木曾三川(きそさんせん)を長い鉄橋で越え、M県へ。

県境を越え、暫くすると、最近人気の「工場夜景」でも知られる、Y工業地帯を左に見ながら、南寄りに進路を変え。ここは、M県最大の都市でもある。その後、概ね田園の中に市街地や住宅地が点在する風景を見ながら、約一時間強でZ市へ。小町が列車を降りたのは、夕方前。集改札口を出た所で、高等科の強化学級に参加中の、豊の出迎えを受ける。

「お疲れ様です!宜しく、お願いします」 「お家では、ゆっくりできた?」 「ええ、お蔭様で、まあリフレッシュですよ」 「それは良かった。又、明日から頑張って」 「はい、頑張りますよ!」 「元気でよろしい。今日の夕飯は、期待してて」 「有難うございます!」

JRの列車も乗り入れる、Z市駅に隣接するホテルに、チェック・インす。当然の事だが、二人はお忍びだ。小町はこの日、別の用事で、一人で前泊と言う事になっているし、豊は、この日はまだ実家にいる事になっている。部屋は広めのダブルだが、学院に対してはシングル泊りとしてあるし、領収書もそうなっていた。差額、そして食事代の多くは小町の自腹だが、この後の欲望を遂げる為には、大した出費ではないかも知れない。ここで一泊。明朝、理事長や他の講師、生徒たちと合流、強化学級の学舎 勢奥荘(せいおうそう)へと向かう予定である。

こちらは、何とか降雨を免れ。一度部屋に落ち着き、手回り品を置くと、二人は、城址や有名な国学者の居所跡、それに点在する寺社などを巡り、一時間余り軽く散策。明朝の出発が早いため、このタイミングでしか見物できないのだ。宿の辺りへ戻ると、着いた時電話予約した、由緒ある肉料理の店で、夕食。この街の山沿いは、我国屈指の、高級牛肉の大産地である。

「豊、ホントはね」小町が言う。「君と、思いっきりステーキや焼き肉を食べたいんだけど、明日から、又(強化)学級でしょう。幾ら何でも、煙とか大蒜(にんにく)の匂いがすると拙いから、今夜は『しゃぶしゃぶ』で我慢してくれない?悪いわね」 「いやいや、とんでもない!『しゃぶしゃぶ』好いじゃないですか。俺は大歓迎ですよ。大体、何度も来れるとこじゃないですから」豊、こう返す。「有難う。じゃ、あたしも、今夜はお酒飲まないからね」 「はい。まあ、先生は、良けりゃ飲んで下さっても好いですが」教え子から、こうフォローされるも、未成年で飲酒が許されない事を考え、二人は、ペリエとジンジャー・エールで乾杯した。

極上和牛のしゃぶしゃぶコースは、女医と生徒の若者を満足させるに十分過ぎる内容だった。食後のコーヒーを嗜むべく、喫茶店に立ち寄り、満たされた気分で、二人、宿へ戻る。一時おいて、小町は豊に言った。「さ、二人で一緒に、シャワー行こうか」豊、一瞬戸惑った風だったが「はい、好いですよ。喜んで」率先して衣服を脱ぎ、いそいそと浴室へ。 「ふふ、スケベね」そう思いながらも、小町も続く。暫く、互いのボディ・ウォッシュや背の流し合いなどして過ごす。豊はこの折、洗髪もした。

「小町さんは、髪洗われますか?」頃合を見た豊、名前で呼んで訊いてみる。「そうね。ちょっとの間かかるから、君は先に出ていてくれるかな?」彼女は、そう返した。
日曜の夜と言う事で、TVも、余り面白い番組はなさそうだ。豊は、小町を待つ間、持って来たタブレットで、インター・ネットの芸能ニュースなどを見て過ごす事にした。下着を替え、浴衣を纏うと、ようやく寛いだ気になれた。小半時程して、同じく浴衣を纏う小町が部屋に戻り。

持ち込んだ飲料などを嗜み、暫く後「豊、今夜は」小町が切り出す。「はい、何でしょう?」 「君は、今夜寝るまでに、あたしの特別補習があるのは分ってるわね」そう言うと、向き合う小さ目のソファの一つに腰掛け、既に座る豊と向き合い、脚を開いてスポーツ座りの体になった。上方は、浴衣の合わせ目から胸の谷間が窺え、下方は素足に「T」を着けるのみ。立膝で、豊からはその辺りが露わに見える。「わわ、これは・・」彼の下方が熱くなり「少年自身」が勃起したいと訴える。

小町「ふふ、素直でよろしい。さあ、そろそろ始めようかしら。少しお話ししてからになるけど、君の理性は、何分もつかしら?」
豊「ああ、いやいや・・俺、余り自信ないっすよ。小町さん、挑発されると何か暴発しちゃいそうで、心配です」返す。
「そうかしら?我慢しなくていいわよ。何なら、あたしに飛びかかって押し倒すってのも、若者らしくていいんじゃない?」 「マジですか?際どいですね。ホントにやったら、暴力スレスレって線なんじゃ?」 「まあ、それもそうね」わざと股間が見える様、小町の挑発が続く。

豊「・・ですが、さっきより、ちょっと余裕が持てるかな。貴女の、素敵なお尻(ヒップ)の線が、じっくり見られる様になりまして。あの・・浴衣って素敵ですね。はだけた下の感じが、超エロいです。フル・ヌードより、断然素敵です!」 小町「そう?有難う。洗い髪も、好い感じでしょう」 「そうそう!・・ですね!洗い髪と浴衣って、最高のコラボですよね」豊、こう言って、小町の黒髪と、下をはだけ、脚を露わにした浴衣姿を称え。

「ハハ、スケベね!」 「済いません。本音ですよ」言葉の戯れ合いが暫し続いた後「さあ、じゃ、遅くならない内に、深い事始めようね」 「はい、お願いします」ソファを立った師弟、互いに背後に腕を回し、舌をも使った、深く濃い開始の口づけを交わす。まだ、夜はこれからだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 天使もえ
松岡直也さんの今回楽曲「サン・ダウン(Sun Down)」下記タイトルです。
Sun Down
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。