FC2ブログ

記事一覧

轍(わだち)~それから 第26話「共有」

21667.jpg
二度目の「夜の養護室」。初美の問診が続く。真紅のショーツを被った中条は、彼女を抱き上げ寝室へ。ベッドに、まずは仰向けで寝かせる。「さあ先生、問診の続きをお願いできますかな?」 「ふふ、そうね。その為には、早くあたしの上に来て欲しいわ」 「はいはい。もう少しお待ちを。ああ、貴女の白衣姿、好い眺めやわー」 「ちょっとォ、じろじろ見るの、適当にしてよ。だから貴方は、痴れ者って言われるのよ!」勿論、これは冗談だ。

中条が「ご免ご免。まあそろそろにするから、ちょっとだけ見逃してよ。貴女がもうノーパンなの、分ってるから」と言うと 「こらっ!」初美は笑って、こう返した。

暫くして彼は「さあ、じゃ、そろそろお願いするかな」ゆっくり慎重に、初美に重なる。「新(しん)さん、キスして・・」促されて、男は「はい、只今・・」下の女と、互いの両手指を絡め、濃い口づけを二十秒程。いつも通り、少し舌技も交えて。
「次はね・・」男はこう言うと、女の胸元を少しはだけ、赤いブラを下方にずらして、持って来た筆で、形の佳い中庸の乳房の頂から下へ、時計回りで渦を巻く様に撫でさすって行く。それが一わたり済むと、次は舌と唇、手指でじっくりと時間をかけ愛撫。

「ああ・・」初美の喘ぎが始まる。「もっと・・」 「はい?」 「もっと前から、こうして欲しかったわ。まあ、今が初めてだから、気持ち好いかもたげと・・」 「ああ、悪かった。初めからこうした方が良かったかな。でも、今気付いて良かったよ。これから、こうすりゃいいんだもんな」 「まあね。あの抱っことセットで、覚えといてね」 「かしこまりましてござる!」中条は、苦笑してこう返した。

「新さん」初美が呼びかけ。 「はい、何かな?」 「これから、どうせ口唇愛撫(クンニ)をするんでしょ」 「アハハ、よく読んでるな。まあ貴女らしいけど。いや、その通りやよ。これからお御脚さすって、開いてもらおうか・・なんてな!」男は、笑って応じ。

「ふふ、それ叶えてあげたいけど、条件が一つ」 「はい、何でしょう?」 「一つ、訊きたいの。踏み込んだ事よ。答えられるかしら?」 「質問内容を聞こう。貴女なら、大抵の事は答えられるけどな」 「じゃあ訊くけど、先週、小町さんと会った夜、一緒に寝たの?」聞いた中条、一瞬少しく動揺した様な風を見せるも、落ち着いて「そうです」淀みなく答え。

初美の視線に、一瞬、失望の影が射した様に見えた。が、すぐに「分った。よく隠さずに答えてくれたわ。詳しくは言わないで。言い訳に聞こえるから」 「悪かった。どんな風だったかは、貴女の想像に任せる。でも、これだけは伝えたい。あの女性(ひと)は俺を診察する内で、その行為をしたって事・・」 「まあ、そんなとこでしょうね。ついでに言うなら、あの女性は、貴方に、逆らえない言質を取る意味で、誘ったのかも知れないわよ」 「それもあるかも。まあ、そうなっても心配無用。その時は、俺が責任を負うからな」 

初美「分った。当然だけどね。でも、あたしも言うわ。あの女性とは、お医者と患者の間柄だけって事でしょ。だったら、一番大事なのはあたしよね」 中条「勿論!俺は逃げやせんよ。それに、もっと大事なのは、徹君と健(たける)を巻き込まん事やからな」 「そう、それよね。だから、一定の事は、あたしも目を瞑(つぶ)る事にしたの。さあ新さん、分ったら、又あたしに、好い夢を見させてよ」 「OK。そいじゃ、ボツボツ始めるかな」

男はこう言うと、白衣の下方を途中まで捲り上げ、女の脚を立膝にして、ゆっくり曲げ開き、その間にうずくまって控える。姿を見せた、真紅のガーター・ベルトとストッキングが、容赦なく、雄の願望を煽り立てて行く。

「じゃ、始めるね」中条、こう言って、露わになった、程良く下草に囲われた、秘花に唇を合せる。「はぁぁ・・」最初の喘ぎを確かめて、その合せ目に舌を滑り込ませ、丁寧に舐めて行く。合間に陰核(クリトリス)と菊花(肛門)を、手元の筆で撫でさする所作をも織り交ぜて、行為を進めて行く。小半時程続けると、次第に、秘花が秘液で潤い始め、喘ぎも艶を帯びて来る。頃合を見て、空いた左手指を、女の右のそれに絡みつけると、より一層歓びを伝えて来る様だ。

初美「さあ新さん、用意はいい?」 「多分いいよ。一度見てみるか?」中条が応じると、女は手招きで、男に下方を向ける様指図。彼「自身」は、勿論礼儀を正し、その時を今かと待ち構える風情。初美は、その先端に唇と舌を走らせ、もう一度励ますと、中条に頷く表情を見せ。男はこれを受け、隠し持っていた樹脂の包みを開けようとするのを、女が遮り、ひったくった。

初美「忘れたの?ゴム着けるかどうかは、あたしに任せてって!」 「ご免ご免、知ってるけど、貴女が危険期って気がしたからさ・・」と中条。「大丈夫よ。今、薬(低容量経口避妊剤)を飲んでるの。もういい加減に信じてよ」 「悪い悪い。同意だぁ~!」男はそう返して、女の曲げ開かれた脚の間に割り込み、「自身」を秘花に繋いで行く。先端の当りを確かめて、ゆっくりと奥へ滑らせ、微かに当りを感じる所が子宮口。連結が果たされた合図だ。

初美「ああ~・・、んん~!な・・何があったって、この瞬間が好いの。さあ、動いて!動くのよ!何も考えないで!」 「あ、ああ・・、分った。い・・今からな、うう~!」中条は応じ、女の上体を抱きしめ、腰を動かしにかかる。彼の背後に女の両腕、腰に両脚が組みつけられ、更にその動きを煽る様に感じられ。上下で操り操られ、小半時、熱い絡みの抱擁が続く。

それから中条「初ちゃん、疲れとらんか?一度、体位(ポーズ)変えた方が良くね?」こう言えば初美「ふふ、そうね。じゃあ、たまには貴方の願望を叶えてあげるわ。ね、後ろからしたいんでしょ?エッチ!」と、笑いながら返し。「その通り!貴女は誤魔化せんなあ。でも、今夜は張り合いがあるな。頑張れそうだ」と、これも笑いながら返し。「好いじゃないの。健康な証拠ね。さあ、じゃ、後ろから感じさせてくれるかしら?」

初美はこう言うと、一度ベッドから起き上がり、脇に置かれた補助椅子に手と肘を突き、前かがみになって、中条の前に、腰と臀丘を突き出す姿態に。「うんうん、これ、好いなあ!」白衣の裾をもう一度捲って、やや下から覗く男は、こう反応して頷き。両の手で臀丘をゆっくりと撫でさすり、一旦彼「自身」を分離して濡れそぼった秘花に、もう一度唇を重ね、合わせ目も、滑り込ませた舌でもう一度高めて行く。秘液の効きもあって、ローズ・ピンクの色合いが、いよいよ鮮やかだ。右手はもう一度筆を取り、菊花の襞(ひだ)を忠実に、ゆっくりとなぞって行く。

「んああ・・はんん・・好いわ、さあ、来て。貴方のそれを返して・・」女のこの言葉を確かめて、男は後ろに寄り添い、取り上げていた彼「自身」を、秘花をめがけ、ゆっくりと返す。「ふああ・・、んん・・」最初より、深く聞こえる喘ぎと共に、四十八手の「碁盤攻め」と言われる、後背位での行為に入る。中条、右手で初美の腰を抱え安定させ、左手は、彼女のそれに繋ぎ、一体でいる事を伝え、少しでも安心させる様図る。

手指を絡み合わせると、より良い効果がある様だ。「んん・・、んん・・、ふぅんん~!」籠った様な、二人の喘ぎと吐息が続く。初美は、後ろから繋がれると、口を閉じて喘ぐスタイルの様だ。

後背位の繋がりも、小半時程。「さあ、もう一度、ベッドに戻ろうか」中条が声をかけると「待ってたわ。最後はやっぱり、あたしが下の方が好い。正常位が一番よ」初美、こう返す。「OK!ちょっと待ってな」後ろを離れた男はこう応じ、白衣を脱いだ女を抱き上げると、仰向けで、ベッドにそっと転がしてやる。「さあ、早く来て!もう一度返して!」促されて男、もう一度上に重なり、濃い口づけを経て「自身」を秘花に返し、上体をホールド。再び腰に、女の両脚が組み付き「蟹挟み」の態勢に。少し速く、僅かに強い動きで頂を目指す。

「ああっ!ああっ!好いっ!好いわぁ!ずっと、ずっと、続けて~!」 「んん!んん!うんうん、分る!綺麗な声、歌みたい!いいよ~、続くよ~!」初美の寝技を感じ、昂りながら 中条「本当に美しい喘ぎ、流石は歌姫やな~!」改めて感心す。そして、絶頂へ。「好い!好いわぁ!行く~!」 「ああ・・、んん~!行くよ~!」ほぼ同時のその瞬間、緊張が解け、二人は笑い合った。

「ああ、今度も良かった・・」 「そう、最高になあ。やっぱり、初ちゃんが一番!」 「うんうん。有難う・・」暫くの間、上と下で、とりとめのない会話。だが、中条は、一見意味のなさそうなその事の大切さを知っていた。女にとっては、頂の後の余韻が大事なのだと言う。

十数分の後「離れていいわ」慣れた言葉だが、慣れ過ぎては拙いのも、男は知っていた。秘花に繋いだ「彼自身」を、ゆっくりと離す。今回も、秘液の分泌は盛大。「彼自身」は、幹までしっかりと濡れ、下草も水気を吸っている。少し後、濃度十分の男精が、合せ目から姿を現し。「新さん、分ってるでしょ。それ、頂戴!」初美、平然と口移しを求め。「おい、又かよ」内心そう思いながらも、男は舌で掬い取り、そのまま女に口づけ。これで三度目の「ザーメン・キス」である。ここで、彼が頭に頂いていた赤の「T」も、彼女に返され。

「今夜も、良かったね」 「そうよ。貴方のお蔭・・」行為を終え、共にシャワーを使いながら、二人でそう言い。下着だけを纏い、ベッドに入り「お休み!」の言葉の前に、少しの会話。
「しかし、彼たちを守る事と、小町さんに、あの不良趣味を諦めさせるには、俺たちも、身体を張る覚悟をせんといかんかも知れんなあ」 「まあそうかもね。ある程度考えておくわ」 「それじゃ、又、明日!」何となく気持ちを共有できた感じの二人、日付が変わって間もなく、就寝。
(つづく 本稿はフィクションであります)。

今回の人物壁紙 石原莉奈
松岡直也さんの今回楽曲「ひまわりの丘」下記タイトルです。
Himawari no Oka
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。